FC2ブログ

強制帰国

母娘フィジー旅行から、着の身着のまま日本に帰ってきました😂

駐在国は未だ感染者ゼロ。
しかし、医療事情が脆弱過ぎる為、夫の職場から家族は帰国を命じられました。。
残るという選択肢は与えられませんでした。

現在、駐在国と国外を結ぶフライトはゼロ!
夫は島に取り残されています。


3月17日 予定通りフィジー→成田の直行便に母搭乗。

私が駐在国へ戻るフライトは2日後の3月19日。

駐在国で手に入らない食材を調達したり、食事を楽しんだりしていました。

そんな時、いきなり夫から退避メールが。。。

お野菜やお肉などの生鮮食品を調達前だったことがせめてもの救い!

母が運んでくれた30kg分の日本食材や日用品、私がフィジーで調達済の食材の行方はというと、、、

フィジーのレストランでたまったま駐在先のコリアン友に遭遇。
本来私が乗る予定だったフライトで駐在国へ戻ると言うので、彼に駐在国まで運んで頂きました。

夫の職場が手配してくれた日本行きのフライトは、
3月20日 フィジー→成田 直行便。

しかし!!
このフライトからフィジー航空は全便運休に入ったのです😨
(母を直行便で帰せたことが本当に奇跡!)

フィジー→シドニー→羽田というフライトを夫の職場は探し出し、3月21日 日本到着。
(フライトが見つからず、フィジー残留を期待していたのにー!)

この頃、日本はまだまだ日常生活を送っていました。

着の身着のままだった為、マキシ姿で3月の日本を移動😅
「寒くないのかな?」なんて声もチラホラ聞こえてきました。
寒いわ!ボケっ!

母娘フィジー旅行の本来の目的は、日本から新しいカメラを運んでもらうこと。
しかし、海外旅行へ行けなくなった今となっては、このタイミングでカメラを新調したことは大失敗。
新機種が次から次へと出るもんね。。

母が運んでくれた日本食材は今頃駐在国で賞味期限が切れてるよ。。

フィジーに行ってなければ夫の職場から交通費が支給されたのに、駐在国→フィジー間は自腹になったよ。。

毎年恒例のバースデートラベル。
今年はハワイとマーシャル諸島の予定でした。
1月にホテルやフライトを予約。
このコロナ騒動が嫌な予感がしたので全てキャンセル無料プランにしていたことは、唯一正解でした😂

てゆうか海外旅行どころか、夫とすら一緒に過ごせない今年のお誕生日😱

母娘旅行へ行く時、「じゃあ1週間後ね!」と空港でお別れした私たち。
かれこれ2か月お別れ中😂

夫が脱出できる日はいつになるのかな〜?
私が駐在国へ戻れる日はやって来るのかな〜?

パソコンももちろん駐在国に。。
ブログ書けな〜い😭
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ

フィジー母娘旅1 ~旅の準備~

2016年9月に購入したカメラ。

2019年5月のバヌアツ旅行中に壊れ、修理に出したけど、また別の部分がおかしい…。

「次の旅行までに日本に帰って新しいカメラを調達してきてよ!」

突然、夫からの日本行きサプライズプレゼント~♪

それから頭の中は日本一色、毎日超楽しみに過ごしていました。

が、私は日本の地を踏むことができなくなってしまったのです。。。
※2020年、新型コロナウイルスが発生し、世界中がプチパニック中。
中国武漢から始まり、世界中に飛び火。
3月中旬の世界中の死者は4,000人越え。
各国それぞれ入国規制をかけ始め、国を跨ぐ移動が困難に。


2月初旬、駐在国が新たに設定した入国規制は、
感染者が確認された国(日本含む)からの渡航者は、入国前に非感染国で14日以上の滞在が必須。

既に日本は感染者が確認されていたので、日本も対象に。。。
母国に帰るのもままならない状態になってしまったのです。。。


それで、経由地のフィジーまで母にカメラを運んでもらうことになりました。
母と一緒にフィジー旅行もできて一石二鳥。

まだまだ入国規制が緩かった2月初旬から始めた旅行計画。
母と落ち合う3月中旬は、各国日に日に入国規制が強まり、フィジーの日本入国拒否が浮上。
本当に毎日ヒヤヒヤ過ごしました。


これで5度目のフィジー(-_-;)
駐在国の経由地がシンガポールとかドバイとかフランスなら良かったのに、よりによってフィジー…苦笑
大好物のカレーを食べられるから、まいっか!笑


南太平洋の十字路、フィジー
Fiji.jpg


母は典型的な日本人なので、のんびりできない、ビーチでゴロゴロする過ごし方がわからない、もちろん日焼けもしたくない。

よって、フィジーなのに!離島へは行きません!笑


旅程
日数移動移動手段観光先宿泊先
1 私:赴任国→ナンディ美容院ナンディ
2母:成田21:25→Fiji Airways歯医者ナンディ
3→ナンディ08:55ホテルナンディ
4ホテルナンディ
5専用車ナバラ村ナンディ
6母:ナンディ13:15→成田19:30Fiji Airwaysナンディ
7買い出しナンディ
8私:ナンディ→赴任国

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

またまたチャーター機で緊急輸送

2月中旬、在住日本人がマラリアに罹り、チャーター機で緊急輸送されました。

それから2週間後、、、

またまた別の在住日本人がチャーター機で緊急輸送。。。

の、の、呪われている。。。

3人目が出ないことを祈るよ。。。


原因不明の体調不良がずっと続いていて、再度血液検査をしたらありえない数値に。。。

この国でボランティアをしている日本人の看護師曰く「死んでいてもおかしくない数値。」とのこと。。。

一応元気だけど、商用便で帰国するのはリスクが高い。という判断で緊急輸送になりました。


チャーター機が到着する日、とんでもないことに気付いたパイロットたち。

オーストラリアからやって来るチャーター機だから、この国に入国できない!!
(コロナの影響で感染が確認された国からは、この国に直接入国禁止中。)


外務省、保健省、運輸省のトップに交渉。
(運輸省が空港を管理)

普段まっっったく働かないローカル。

夜なのに、とっくに勤務時間過ぎているのに動いたー!(゚Д゚;)

国対国のことだからさすがに対応してくれたみたい。

パイロット、同乗している医者と看護師が機内から出ないということを条件に、着陸可能に!

コロナの影響がこんなところにも。。。


医者と看護師が機内から出られない為、夫が患者を機内に運びました。
機内は、ストレッチャーが置けるように一部のシートは取り外しているそうです。
20200228_124043.jpg


前回のマラリア患者は、高熱、悪寒、頭痛等で全く食欲がない状態だったので軽い食事の差し入れで良かったんだけど、今回は身体は一応元気なので普通に食事ができます。

出勤前の夫が「彼の分もお弁当作って。」
いきなり言われてもねえ。。Σ( ̄ロ ̄lll)
最近、夫のお弁当はお肉抜きなので、お肉のおかずがない。。汗
IMG_4294_20200308110126a75.jpg
白和え
ゴボウと蒟蒻の炒め煮
きゅうりとワカメとキヌアの酢の物
人参のきんぴら


こちらは夫用 笑
雑!笑
IMG_4296_20200308110128c31.jpg


翌日は、お弁当を準備することが事前にわかっていたので唐揚げを作る時間がありました。
IMG_4344_2020030811012919a.jpg
茄子の味噌煮
人参のキンピラ
白豆とグリンピースのツナ和え
椎茸と凍み蒟蒻のピリ辛煮
ピーマンのじゃこ煮


こちらは夫用。
タッパを貸し出し中の為、適当なサイズのタッパがない。。
唐揚げはラップに。。
雑!笑
IMG_4352_20200308110132aee.jpg


出発日。
チャーター機は10時に到着予定だけど、時間通り来ない可能性があるので念の為おにぎりを。
案の定13時過ぎに到着。。
IMG_4374.jpg
たぬきおにぎり
シーチキンおにぎり
鰹節とゴマのおにぎり

クックパッド人気上位のレシピ。
やっぱりクックパッドって本当に口に合わない。。
上位レシピだとしても、たかが数千人が「良いね」してるだけだもんね。。
キッチンに立つ日本人の人口を考えたら数千人ってほんの一部だよね。。

プロのレシピを無料で見られる時代。
敢えて素人レシピを見る必要は全くないよね。。
クックパッドは、時短wレシピが多いので急いでいる時、特殊な食材を使いたい時、外国料理の時は役立つけど 笑


しっかり治して元気になって帰って来てね!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

日本人の緊急輸送

ここ最近、不吉なことの連続…。

先々週のこと。


在住日本人が、緊急輸送されました。

理由は、マラリアに罹った為。

チャーター機のお値段、日本まで1,200万円也。
20200213_150322.jpg
(唯一無職の)私が病人を日本まで送り届けるという案もあったけど、なんせ英語ができないので却下されてしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン


この国はマラリア汚染国ではありません。

マラリア汚染国であるソロモンへ2週間旅行へ行き、その間に感染してしまいました。
(マラリア原虫をもった蚊(ハマダラカ属)に刺されると感染する病気。)

たかが2週間の旅行中に感染するって運が悪過ぎる(;´Д`A ```

しかし、この手の病気は蚊に刺されない等、予防できるので自業自得の部分もあります。。

本人曰く、予防を怠っていたそうです。

この国はマラリア汚染国ではないんだけど、奇跡的にマラリア検査キットがあり、無事検査することができました!

が、しかし!!

マラリア汚染国ではないが故、治療薬が無い!!

数値的にはかなり危険な状態。。。
(この数値もどうせ正確じゃないんだろうけど 笑)


チャーター機が到着するまでの間、なんと!!夫が付き添うことに。。。
(病人は単身男性)

数時間置きに必要なチェック等をこの国の医者やナースには任せられない為です。


病状が悪化し、夫が医者に報告したところで、医者は何もできないだろうしお薬も無いんだけど…苦笑

それに、我が夫、医療従事者でもなんでもないんですけどー!


結局、夫は二晩、病院で過ごす羽目に。。。

えーっと、病人を刺した蚊が夫を刺すと、夫もマラリアになるんじゃなかったっけ??(;'∀')

普段着の長袖&長ズボンを持っていないので、普段の仕事着の長袖Yシャツ&スラックス、

虫と一緒に夫まで死ぬんじゃないかってくらい虫除けスプレーを振りかけて、病院で過ごしたそうです 笑


この国最大の病院
外国人も医療費やお薬や大部屋は無料だけど、個室は別料金。
AC無しファンのみ1泊1,600円〜2,400円。
IMG_1912_201906210738299da.jpg
日本の快適な環境と最先端の技術と設備が整った病院で快方に向かっているようで何より!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

スリランカカレーを作りました

スリランカに住んでいた頃、毎日食べていたスリランカカレー。

日本人が海外で日本食が恋しくなるのと同じで、毎日食べ続けたものってほんとーーーに恋しくなるの!

スリランカを離れてからは、どんな国にでもあるインドカレーでカレー欲求を満たしていました。

しかし!!!

どんな国にでもあるインドカレーレストランすら、この国には無い!!笑

更に、カレー作りに必要なトマトもこの国では手に入らない!笑

2018年11月2日に人生初カレー作りは、トマト缶でトマトを代用。

やっぱり微妙で(腕の問題か?笑)、トマトが入荷するまで待っていたんだけど、あれ以来入荷してない…笑

しかし、我慢の限界なので、またまたトマト缶で代用して、今度はスリランカカレーを作ってみました。


知名度が低いスリランカカレーは、お馴染みのインドカレーとは全くの別物。

スリランカカレーの特徴は、
・ココナッツミルクを使用
・スパイスを多種多用するので味が深い
・器に盛りつけた具は単品では食べない、数種類の具を混ぜながら食べる(様々なカレーが混じり合い複雑な味を楽しむ)
・そして、激辛!!

辛いお料理と言えば、韓国、タイ、ブータン、中国湖南・四川、メキシコなどなど。
それぞれ本場の現地の方々が通うお店で食べたことがあるけど、スリランカ料理は比にならない辛さ!
今のところ世界一の辛さ!

スリランカでは老若男女3食カレーを食べます。
お惣菜パンの中身までほぼ全てカレー味!笑
一方、菓子パンは激激激甘!

■本日のお品書き■
・ココナッツチキンカレー
・卵カレー
・キャベツカレー
・インゲンカレー
・茄子カレー2種
・ダール(豆カレー)
・ポルサンボール(スリランカ式粗挽きココナッツカレー)
・ワデ(スリランカ式ひよこ豆のコロッケ)
・パパダン(スリランカ式煎餅)
・キャロットハルワ(デザート)

こんな風に一度にどーんとカレーを盛り付けます。
ちなみにこのプレートは夫の分。
私はお米がキライだし、こんなにたくさん食べられない 笑
IMG_4090.jpg
この国で作られたもの、ココナッツと茄子だけ。。。
後のお野菜もお肉も卵もお豆も全て輸入品。。。
どんだけ高級カレーや!苦笑


キャロットハルワは、お砂糖無しでも十分な甘み。
擦った人参をバターで炒め、牛乳で煮込んで、ナッツ等をトッピング。
こちらはインドやアラブ辺りで食べられるデザート。
これ、ハマりそうなくらいめっちゃ美味ー!


普段、私が作ったものに文句を言わなければ褒めもしない夫。
(日々、お野菜とお豆だらけの超あっさり超薄味の私のトレーニングご飯を食べさせられてるもんね。。。笑)

そんな夫が、めーーーっちゃくちゃ大絶賛してくれたー!

めっちゃくちゃ嬉しい(≧▽≦)

作った甲斐があったよー!

かなり時間と労力を費やすことになるけど、また作ろーっと!


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム