FC2ブログ

オーストラリア1人旅6 ~地球のヘソに到着~

2月13日(水) 9日目

メルボルンを後に、オーストラリア中心に位置するウルル・カタジュタ国立公園へ。

巨大一枚岩のウルル(エアーズロック)と、カタジュタ(オルガ岩群)。

ウルルは、かつてエアーズロックという名称で知られていました。

が、先住民アボリジニの伝統を尊重し、彼らが以前から使っいてた名称“ウルル(偉大な石)”に変更。

1987年世界複合遺産に登録されました。


※実は、ウルルは世界で2番目に大きな一枚岩。
(底面積約34k㎡ 高さ約335m)

世界で1番大きな一枚岩は、西オーストラリア州カーナボンから東に約450km地点にあるマウントオーガスタス。
(底面積92k㎡ 高さ約858m)

ウルルの約2.5倍もの面積!
ウルルの方が有名になった理由は、アクセスの良さと歴史的背景から。


Jetstar片道1人12,588円。
メルボルン09:00-エアーズロック10:30


広大なオーストラリアの内陸部は気候が厳しい砂漠地帯。
P2130510e.jpg


チェックインカウンターで、「ウルルを空から見たい!」とリクエスト。

メルボルン→エアーズロックは左側のシートからウルルやカタジュタを見ることができました!

ウルル(エアーズロック)と、手前にはユララ(エアーズロックリゾート)。
P2130512e.jpg


ウルル、説明はいりません。
P2130515e.jpg


奥に見えるのは、カタジュタ(オルガ岩群)。
P2130532e.jpg


カタジュタ。
幻想的な景色が広がっていました。
P2130547e.jpg


空港からホテルまで無料シャトルバス。
バウチャーなどを見せる必要もなく、ホテル名を言えば乗せてもらえました。
P2130566e.jpg


ウルル・カタジュタ国立公園内には宿泊できません。
最寄りの観光拠点名は、エアーズロックリゾート(ユララ)。
エアーズロックリゾート内に、ホテル、キャンプ場、レストラン、スーパー、お土産屋、ビジターズセンター(観光案内所)、銀行、交番など必要なものが揃っています。
エアーズロックリゾートから、ウルル・カタジュタ国立公園までは、約20㎞。


空港からエアーズロックリゾーまでバスで約5km。
ホテルは、The Lost Camel Hotel。
スタンダードツインルーム1泊31,548円。
エアーズロックリゾート内で最もお安いホテルでした。。
P2130571.jpg


日中40度を超える砂漠地帯でプールの存在は有難い。
砂漠地帯の景観を損なわないように、エアーズロックリゾート内の建物は、砂漠と同じような色にしています。
P2130574.jpg


我がホテル横にショッピングセンター。
レストラン、スーパー、お土産物屋、銀行、ビジターセンターなどあります。
P2140720.jpg


ショッピングセンター内の広場で演奏する人。
オーストラリアの先住民アボリジニの伝統金管楽器ディジュリドゥ。
シロアリが中身を食べたユーカリの木を使用。
P2151105.jpg


エアーズロックリゾート内、唯一のスーパー。
品揃えが良く、金額は都市部とそんなに大差なし。
P2140717_20190508180132a4b.jpg


お土産屋が何軒かあったけど、とにかくイケてない!
頭から被るフライネット(ハエ避け)はAUD10(¥800)。
国立公園内はハエの数が尋常じゃないんです。
P2140712.jpg


そしてー!!
お昼過ぎ、4か国目時代の友人が到着~!
夏に東京で5年振りの再会を果たしたからお久しぶりではないんだけど、まさかオーストラリアで再会できるとは!

オーストラリアの旅行を考えていた12月、友人にお誕生日メッセージを送りました。
ついでに、「2月にオーストラリアへ行かない?」超ダメ元で送信。

すると、一つ返事でO.K.いただきました 笑
有休が溜まりにたまっていて、ちょうど使わなきゃいけないタイミングだったらしいのー!
ダメ元が大スキなんだけど、やっぱり言ってみるもんだよね 笑

ツアーの予約しなきゃいけないのに、喋るわ喋るわ!笑

一息つき、ツアーの予約へ。
ウルル・カタジュタ国立公園はとても広大。
更に、ウルル・カタジュタ国立公園から300km離れた場所にワタルカ国立公園(キングスキャニオン)があります。
自力で廻るよりツアーに参加した方が効率が良いので、ツアーに入ることは出発前から決めていました。

ウルル・カタジュタ国立公園を観光後、ワタルカ国立公園へ移動し、アリススプリングスで解散する2泊3日のツアー。
このツアーに入る前提だったんだけど、エアーズロックリゾート内のビジターセンターでツアーを取り扱っている会社が無い!汗
(また、プライベートツアーも取り扱っていませんでした。)

どういうこと?!!

すっごいメジャーなツアーで、20数年前に夫もこのツアーに参加してるの。

AAT Kingsというツアー会社がシドニー本店に電話をしてくれ、日本人と話すとそのツアーがありました!

てゆうか、シドニーオフィスは知っていて、ここ現場はツアーの存在を知らないってどういうこと??
同一会社内でシェアできていない。。。
この辺りから、AAT Kingsに対しての不信感が芽生えました。

まあいいや、とりあえず予約できたし。

あとは、出発前に参加を決めていたヘリツアーの予約。
夕日ツアーを希望していたんだけど、既にいっぱいだったので朝日のヘリツアーを予約。
ツアーデスクには体重計があり、予約時に体重を計られました。
120kg以上の場合は追加料金が発生。


2泊3日のツアーは明日の午後からスタート。
アリススプリングスから出発した人たちと合流します。
ホテルは、このままThe Lost Camel Hotelに延泊。

ツアー予約も無事終わり、またひたすらお喋り 笑


夕食の時間。
エアーズロックリゾート内のレストランの選択肢は非常に少なく、高価。
とりあえずオーストラリア名物のハンバーガーを食べなきゃね!
ビーフバーガーAUD19.5(¥1,560)
何これー!!笑いが出るほど美味しくないんですけどー!
ショッピングセンターで一番賑わっていた且つ一番まともそうなレストランでこのレベルって。。。
IMG_8858.jpg
ビール1杯AUD7.5(¥600)
お会計AUD27(¥2,160)

スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

オーストラリア1人旅5 ~グレートオーシャンロード横断~

2月12日(火) 8日目

グレートオーシャンロード1日ツアー。

グレートオーシャンロードとは、
オーストラリア南東、断崖と奇岩が連なる海岸沿いを走る、世界一美しいドライブルート。
その総距離、243km。
1919年~1932年、帰還兵によって人力で建設。
第一次世界大戦中に殺された兵士に捧げられた世界最大の戦争記念碑でもあります。

個人で訪れるのは効率が悪いのでツアーに参加。
前日申し込みましたが、翌日のツアーに空席はありました。
1人AUD119(¥9,520)

ー1日ツアーに含まれるものー
・メルボルン市内送迎
・入場料
・ドライバー兼ガイド
・ランチ


7時半、ピックアップポイントへ行くも一向に私のツアーバスはやってきません。
次から次へと色んなツアーバスが訪れては、観光客がいなくなってゆく。。
不安。。。
20分遅れでバスが到着ー!
途上国かっ!


総勢22名。
インド人姦しグループ、1人旅のベルギー人、ポーランド人母娘、ドイツ人夫婦、などなど多国籍。
P2120483.jpg
帰りのお手洗い休憩時撮影。


車内。
P2120481.jpg


まず向かった先は、いきなり!チョコレート工場。。
中国のツアーかっ!
P2120216.jpg


店内。
オーストラリアのお土産はとにかくダサいけど、ここにはお土産になりそうなチョコレートがありました。
P2120221.jpg


試食コーナー。
P2120215.jpg


店内の商品が食べられる併設カフェ。
P2120223.jpg


チョコレートドリンク。
P2120225.jpg


みんなが買っているのを見ると釣られてついつい買ってしまう。。
チョコレートドリンク付きブラウニーAUD8.5(¥680)
めちゃくちゃずっしりー。
IMG_8809_20190508102216908.jpg


メモリアルアーチ。
グレートオーシャンロードのスタートポイントです。
P2120226.jpg


ビューポイントに寄ってくれたけど、お天気が・・・
P2120229e.jpg


野生コアラのコロニー、ケネットリバー。
オーストラリアで野生コアラに出会える代表的なスポットの内の一つ。
P2120261.jpg


ユーカリ並木に野生のコアラが数多く生息しています。
コアラは夜行性なので只今お休み中。
大型バスツアーではココに立ち寄らない場合もあるので、(申し込んだツアーがたまたま)中型バスツアーで良かった!
P2120242.jpg


海岸沿いの町アポロベイでランチ。
ホテルやレストランやお土産屋がずらり。
P2120276.jpg


レストランはこちら。
P2120275.jpg


バスの車内でランチメニューを事前にオーダー。
ツアー用のショボい食事を想像していたんだけど、一般客用と同じメニューでした。
オーストラリア名物ラップサンド(羊肉)。
IMG_8830_2019050810235204a.jpg
通常AUD16(¥1,280)
オーストラリアで絶対に食べようと思っていた、オーストラリアの数少ない国民食ラップサンド。
オーストラリア滞在中、このラップサンドをめちゃくちゃ食べることになるから敢えてここで食べなくても良かったことに後々気付く…苦笑


極寒の中、ノースリ短パンの私。
ポーランド人母娘が、「ダウン売ってたよ!」と親切に教えてくれました。
しかし、私がお気に召すようなアウターは無いし、(ダサいのに)高いし、荷物を増やしたくない。。。
寒いけど耐えることに。。。


グレートオトウェイ国立公園。
古代の状態が残る冷温帯雨林を30分程ウォーキング。
P2120284.jpg


イケメンのドライバー兼ガイドが、コケに覆われた木々の説明をしてくれます。
P2120285.jpg


海岸沿いだけではなく、山間部や国立公園なども走るので、道中飽きることはありません。
P2120474e.jpg


南極海にそびえ立つ巨大な奇岩群12使徒。
キリストの最後の晩餐12人の使徒に見えることから名付けられました。
P2120291e.jpg


過酷な自然環境で浸食は進み、既に多くが崩れてしまい今では8つに。
P2120305e.jpg


12使徒の逆方向の沖合に、ゴクとマゴク(Gog and Magog)という名の巨大岩。
カメラのレンズが雨で濡れ、写真が悲惨なことに。。汗
P2120336e.jpg


展望台。
P2120355e.jpg


大雨の後、ついにはヒョウが降り始めました。。

が、その後はからっと晴天に!

集合時間まであまり時間がなかったので、ダッシュで戻って撮影し直しました。


ロックアードゴージ。
1878年、移民船ロックアード号の難破で生き残った男女が辿り着いた浜辺。
沈没船にちなんで名付けられた入り江。
P2120389e.jpg


ビーチへ続く階段を下りて、別の角度から。
P2120403e.jpg


ここまで波で浸食されています。
P2120390e.jpg


また別の角度から。
P2120417e.jpg


2009年6月10日に崩落したアイランドアーチウェイ。
橋の様な岩が今では柱だけに。
20数年前、夫が訪れた時はもちろん繋がっていました。
同じ所を訪れているのに、違う物を見ている変な感覚。
P2120432e.jpg


このトンネルも将来、柱だけになっちゃうのかな。
P2120426e.jpg


薄くて大きな奇岩、ラゾルバック。
南極海の風が、いかに強いかよくわかります。
P2120459e.jpg


遊覧飛行ツアーもありました。
上空から奇岩を一望したかったけど、このお天気で大金は出せないわ。

とにかく、お天気が半端なく悪く、激しい雨が降るわ、ヒョウまで降ってくるわ、極寒でしたΣ( ̄ロ ̄lll)
この時期は20度前後くらいで晴れの日が多いはずなんだけどなあ…苦笑
バスで待機していたイケメンドライバー兼ガイドがダウンを貸してくれました。

快晴だったとしても、、、
広大なオーストラリア、わざわざココを訪れなくても他に見所はたくさん。。。

18時頃メルボルン市内へ戻ってきました。
帰りのバスの車内にカメラのレンズ拭きを置き忘れてきてしまいましたΣ( ̄ロ ̄lll)


夕食は、もちろん中華ー!
まずは大好物の内蔵を食べに。
昨夜は売り切れって言われたんだよね。
中国人観光客で賑わっています。
P2120484.jpg


肥腸AUD4.8(¥384)
豚の大腸煮込み。
IMG_8834.jpg
おかわりしたい美味しさだったけど、ここは我慢。
ビールは持ち込み1本AUD3.7(¥296)


ハシゴするって決めていたの~。
昨夜も食べた麻辣湯!
今夜のお肉は内臓祭り~!
IMG_8838.jpg


麻辣湯AUD13.6(¥1,088)
IMG_8842_20190508102601c3b.jpg
ビールは持ち込み1缶AUD3.7(¥296)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

オーストラリア1人旅4 ~メルボルンで愛しの本格中華料理~

2月11日(月)~13(水) 5~7日目

キャンベラ駐在中の心友とお別れし、オーストラリア南東部に位置するメルボルンへ。
メルボルンはオーストラリア第2の都市。
(人口419万人、面積9,990k㎡)

その次の目的地はエアーズロック。
キャンベラからエアーズロックのエアチケットがかなり高額だったので、メルボルンを間に挟みました。
結論から言うと、メルボルンはぶっちゃけ行く価値はなかったー!
行って良かったことと言えば、チャイナタウンで愛しの本格中華料理を堪能できたことくらい!

Virgin Australia片道1人10,357円。
キャンベラ08:45-メルボルン09:55
P2110096.jpg


メルボルンに到着。
空港から市内はスカイバスで。
事前ネット購入往復割引で1人AUD31.35(¥2,508)
バーコードを見せるだけでバスに乗られる時代ってすごいねー!
P2110101.jpg


ホテルは、Atlantis Hotel。
スタンダードルーム朝食無し1泊7,804円。
駅やバスターミナルやスーパーに近く、お部屋も広くて大満足。
P2110102.jpg


利用する時間がなかったけど、ジムとプールがありました。
P2110105.jpg


メルボルンの街歩きスタート~。
メルボルン中心部は碁盤の目のようになっているので歩きやすい上、無料のトラムが走っています。
市内を周遊するトラム、その内側を東西南北に走るトラム、全て無料。
この後のパースやブリスベンなど他の地域にも無料のバスやフェリーなどがありました。
それだけ多くの観光客がやって来るからこそできるのかな?
観光税から賄ってるよね?
P2110186.jpg


1854年完成、オーストラリア初のフリンダースストリート駅。
P2110123.jpg


フリンダースストリート駅前にあるフェデレーションスクエア。
ガイドブックによると、ここにビジターセンター(観光案内所)があるはずなのに無い。。
広場にいたボランティアガイドの方にお尋ねすると、近くに移転したことが判明。。
P2110117.jpg


移転先へ行ってみると、長蛇の列が!汗
グレートオーシャンロードツアーの情報を入手したかったんだけど断念。
結局、近くのBackpackers World Travelでツアーを申し込みました。
夫と一緒の時は何軒か値段をチェックしたがる私だけど、一人だと即決することに気付きました 笑


1870年オープンのメルボルン最古のロイヤルアーケード。
入りたいと思うようなお店は残念ながらありませんでした。
P2110141.jpg


アーケード周辺はオープンレストラン、カフェ、バーがずらり。
P2110136.jpg


こちらは、1892年オープンのブロックアーケード。
ブロックアーケード内で唯一!?行列ができる人気店。
P2110161.jpg


Hopetoun Tea Rooms。
ケーキお目当てに皆さん並んでらっしゃいました。
P2110163.jpg


いくつかの路地に描かれている落書き?アート!?
P2110128.jpg


GUCCI前には、中国人観光客の行列。
P2110131.jpg


乗馬でパトロール中の警官。
P2110183.jpg


移民の多いオーストラリア。
メルボルンは多文化都市で国際色豊か。
働いている人も実に多国籍。
日本食、中華、韓国、ベトナム料理などのアジアンレストランがあちこちにありました。
お寿司屋がやたらあるけど中国人や韓国人経営。
P2110192.jpg


メルボルンのチャイナタウン。
P2110178.jpg


中国はデリバリーサービスがめっちゃくちゃ充実しています。
オーストラリアでもやってるー!笑
電動バイクまで本場から輸入してるー!笑
P2110199.jpg


チャイナタウン以外にも中華レストランはあちこちにありました。
オーストラリアの標識やアナウンスは英語の他に中国語。
中国人の移民も観光客もとにかく多い!
P2110196.jpg


オーストラリアの二大スーパーの内の一つcoles。
モノが極端に無い国からやってきた私。
オーストラリア滞在中、ほぼ毎日スーパーで大量に並ぶ陳列棚の商品を見ては心を癒しました。
P2110107.jpg


見て!この豊富なキノコたち!
そしてー!大好きなドリアンまでー!!
P2110109.jpg


量り売りのドライフルーツやナッツ。
味見(盗み食い)している人が何人もいました 笑
P2110108.jpg


ローカルスーパーのレジはセルフ!驚
未開の地からやって来た私にはもう本当に理解不能。
現代社会についてゆけない。
有人レジもあったので毎回そちらに並びました。
P2100087.jpg


ローカルスーパーでもかなりの確率でアジア食材コーナーがありました。
こちらは、アジア食材専門店。
P2110175.jpg


オーナーは華僑。
中国・韓国・日本食材を取り扱っています。
もはや日本の地方以上に中国・韓国食材が手に入る!
P2110176.jpg


ダイソーも数店舗ありました。
価格は1つAUD2.8(¥224)。
日本の倍額だけど、めっちゃくちゃ繁盛していました。
ダイソー内では、ダイソー以外の日本商品も販売(こちらはそれぞれ金額が違う)していてかなり便利。

メルボルン以上に大きな都市には行く予定がないので、夫のお土産を購入しておくことに。
夫のスキなイギリス生まれのTED BAKERを発見~!
アジアとのサイズが全然違くて、超ビッグサイズ。

「メルボルン以外、国内にはどこにお店があるの?」スタッフに一応質問したんだけど、やっぱり知らないんだよね。。笑
日本じゃありえないことだよね。
自分が働いてるショップが日本国内ではどこにあるか把握してないって。。

オーストラリアは全体的にショップの閉店時間が17時くらい。
国内の店舗を把握していなくても、ショップが17時に閉店しても、国は廻る。
日本との差は一体何だろうね。


夕食は迷い迷って、麻辣湯に決定!
中華ということはだいぶ早い段階で決めていたんだけど、中華の中でも何にするかめっちゃ迷ったー!笑
私にとったら貴重な貴重な一食だからね!
大皿の中華を一人で食べるのはキツいし、色んな食材が食べられる麻辣湯にして大正解!
ビールは販売していなかったので持ち込んでも良いか確認したら、許可してもらえました!
は~、相変わらず融通が利く素晴らしい国民性!(中国人)
P2110202.jpg


たくさんの食材の中から自分が食べたい具材を専用容器に入れます。
P2110211.jpg


具材を選んだらレジへ。
計量してもらって、味と辛さレベルを選んで、お会計をして、番号札をもらいます。
重さで金額が決まります。
当たり前だけど本場と同じ仕組み。
IMG_8764_20190507180704cdb.jpg


数分後、運ばれてきましたー!
麻辣湯AUD16.8(¥1,344)
豚肉、羊肉、肝臓、ハツ、センマイ、ハチノス、レバー、血豆腐、ほうれん草、蓮根、コリアンダー、冷凍豆腐、湯葉、エリンギ、エノキ、ヌードル。
久々に食べた麻辣湯、めちゃくちゃ美味しいよ~!
海外で食べる日本人経営の日本食って微妙なことが多いけど、中華って限りなく本場に近い気がする。
(中国人からしたらイケてないのかしら?(;'∀'))
IMG_8766.jpg
ビールは持ち込み1缶AUD3.8(¥304)


2月のメルボルンは夏。

1年で一番暖かく、最高気温は25℃前後、最低気温は15℃前後。

夜はめっちゃ冷え込んで、周りの人たちはダウンやコートを着用。

私一人、ノースリ短パンなんだけどΣ( ̄ロ ̄lll)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

オーストラリア1人旅3 ~心友との再会~

2月8日(金)~11(月) 2~5日目

ブリスベンを後に、シドニーとメルボルンのほぼ中間に位置するオーストラリアの首都キャンベラ。
キャンベラは、国内では8番目、内陸部では最大の都市。
(人口43万人、面積814.2k㎡)

4か国目時代の心友が、キャンベラに駐在中なので会いに♪
去年の夏、日本で5年振りの再会を果たせたから、半年振り。


空港で軽く朝食。
オーストラリア名物ビーフパイAUD6.85(¥548)
IMG_8684_201910300856545fa.jpg


Tigerair Australia片道1人10,124円
ブリスベン11:30-キャンベラ14:20

空港まで迎えに来てくれた心友。

空港を出ようとする私を見て心友が「荷物は?荷物取んなきゃ!」
(キャンベラ空港は到着ロビーすぐにターンテーブル。)

機内持ち込みサイズ1つで現れたことに驚かれました 笑


食材が極端に手に入らない国に駐在中の私が事前にリクエストしていたこと。

それは、、、

食べたいものを食べたいから何も準備しないでっ!


駐在国で飢えに飢えまくっている食材たち!
まずは市場に連れて行ってもらいました。
見てー!この美しくて種類豊富な市場ー!
お野菜を見るだけで大興奮する日がやって来るだなんて!
この市場だけで余裕で1日過ごせる! 笑
P2080037.jpg


フルーツも向こう側の商品が見えない程、種類豊富!
P2080038.jpg


コリアンダーやカイワレ大根などアジアン野菜も充実。
P2080040.jpg


オリーブやチーズなどのコーナー。
P2080042.jpg


新鮮なお魚たちー!
P2080044.jpg


とりあえず、食べたいものを片っ端から購入。
もっと購入したかったんだけど、心友から真剣にストップがかかりました 笑
P2080047.jpg


生牡蠣ー!!
この量で1パックAUD16(¥1,280)
P2080055.jpg


心友が作ってくれた餃子。
P2080051.jpg


心友のご主人が焼いてくれた大好物のラムー!!
P2080056.jpg
写真がボケボケ・・・


巨大韓国食材店にも連れて行ってもらいました。
P2090062.jpg


2日連続で焼肉パーティ!
P2090068.jpg



駐在国では食べられない、いつも恋しくなるチーズは毎日食べたー。
P2090069.jpg


心友が準備してくれた朝食1日目。
マックがない国に住んでいる私を喜ばそうと、私の起床前にわざわざ買い出しへ行ってくれたのー!
私、コーヒー飲めないし、朝マックもあんまりスキじゃないし、朝からマックは重いけど、気持ちが嬉しかったよー!
(もちろん全て完食しました。)
P2090061.jpg


心友が準備してくれた朝食2日目。
P2100081.jpg


心友宅のバルコニーから見えた大きな虹~。
P2090077.jpg


食や日本人(友)に飢えまくっていた私を心から癒してくれた3日間。

心の底からありがとう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

オーストラリア1人旅2 ~文明社会突入~

2月7日(木) 1日目

待ちに待った日。

5時半にアラームをセットしたのに、3時に目が覚めました。

興奮度半端ない 笑

今の国に住み始め6か月にしてようやく国外脱出。

よく耐えたよー!号泣


出勤前の夫に空港まで送ってもらいました。

1か月も離れ離れになるなんていつ振りだろう?

一緒に行きたかったよー(´;ω;`)


オーストラリアの援助で建替えられたばかりの空港。
壁もあるし(笑)、真新しい。
レストランやカフェは存在しません 笑
IMG_8628.jpg
手荷物検査のX線は壊れているのでスタッフの目と手でチェック 笑
かれこれ1年くらい壊れているらしいよ 笑
原始的な世界ともしばらくの間お別れだわよ。


我が家上空。
P2070011.jpg
なんと!機内で大家の奥さんとお嬢さんを発見!
頻繁に海外へ行っているみたい。
さすが一国の大富豪は違うわね!


機内食はまさかのスナック祭り~!
牛乳、レーズン、クッキー、コーンフレーク、チョコバー。
レーズンはニュージー産、他はオーストラリア産。
コーンフレークが機内食って斬新!笑
しかし、美味しくないホットミールより、スナックの方が断然良いことに気付いたよー笑
IMG_8644_20190507171358620.jpg


乗り換え後の機内食。
ビールは嬉しいけど、うん!やっぱり美味しくないホットミールより、スナックの方が良い!笑
IMG_8652.jpg


8時間後、とうとう、とうとう、とうとう、文明社会に足を踏み入れましたー!感涙

まず私が降り立ったのは、クイーンズランド州南東部に位置するブリスベン。
ブリスベンはオーストラリア第3の都市。
(人口205万人、面積15,826k㎡)

美容院の予約時間が迫っているので、ダッシュでイミグレへ。
ビジネスクラス客も追い越し、一番にイミグレを通過。
すごい気合い 笑

キラキラ明るい空港、たっくさん並べられたモノたち、カフェのニオイ、人々の機敏な動き……
何もかもに感動して、本気でチビりかけました。。汗
文明とかけ離れた生活を送ると、人って何にでも感動できるんだな~。


電車で市内へ。
チケットはネットで事前購入をすると割引がありました。
空港→シティ駅 片道AUD17.1(¥1,368) 通常AUD19(¥1,520)
車内はフリーWi-Fi。
電話回線時代レベルに遅いネットを普段使っているので、公共Wi-Fiでも強烈に速く感じました。
IMG_8664_20190507171359393.jpg
シティ駅到着後。
まず駅構内で迷いまくると思っていたんだけどあっさりホテルに到着。
私、意外と1人でできるじゃん!


ホテルはNomads Brisbane Hostel。
シングルルーム AC無しバスルーム無し1泊4,517円。
夫は絶対に絶対にACとバスルームが室内に必要な人。
私は意外と何でも平気。
P2070031.jpg


赤い屋根がシティ駅。
P3054430.jpg


スーパー、レストラン、バー、勢揃い!
P3054434.jpg


ホテルの屋上は憩いの場。
P3054431.jpg


観光なんていらなーーい!
とりあえず、美容院!
スタッフ全員日本人のaria Japanese hair salonへ。
エアチケットの予約と同時に美容院の予約をする気合い 笑

半年振りの美容院。
駐在国の蛇口から出てくるお水は雨水、紫外線に当たりまくりで痛みまくり、プリン状態。
やっと髪の毛のメンテナンスができたー!
カットとカラーでAUD154.8(¥12,384)

担当のスタイリストがマシンガントークの女性だったので楽しい時間を過ごすことができました。
なんせ1か月振りに夫以外の日本人との会話だからね。。。


スタイリストお勧めのコリアンレストランで夕食。
お肉をジュージュー焼きたかったんだけど、2皿以上お肉をオーダーしなきゃいけないルール。
2皿も食べられそうになかったのでお肉のオーダーは断念。。無念。。
で、私が選んだのは、生肉!生タコ!生野菜!AUD17(¥1,360)
サイズ的にもちょうど良くて、ナイス判断でした。
IMG_8672_20190507171401490.jpg
生ビール1杯AUD8.5(¥680)
お会計AUD34(¥2,720)


ホテルの屋上が憩いの場になっていたので、ビールを買って帰ろう。
が、しかし、どこにもビール売ってなーい!!
コンビニで気軽に購入できる日本は本当に素晴らしいわ!
仕方なく、バーでひっかけて帰りました。
P2070036.jpg
何れにしても、ホテル内にアルコールの持ち込みは禁止でした。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム