トルコ女二人旅1 ~こんにちはトルコ~

5月7日 3日目

メルハバー

早朝、まだまだ暗い中空港へ。
“Alka Hotel”はピックアップ付きでしたが、デリー空港に迎えに来てくれませんでした。
代わりに、ホテルから空港まで乗せて行ってもらうことに。

6時5分、デリー出発~。
何事もなく(いや、実際あったけど)、インドを無事出国でき一安心。

10時5分、イスタンブルに到着。
友人がイスタンブルに駐在中。
仕事の合間を縫って、空港まで会いに来てくれました!
またイスタンブルに戻ってきたときに一緒に食事したかったんだけど、友人は明日から一時帰国の為、日程が合わず 涙
空港内のカフェで2時間くらいお茶して我慢 涙

これから私たちは、カッパドキアの拠点の町『カイセリ』へ。
14時55分、イスタンブル出発~。

カイセリに到着したのは16時15分。
待てど暮らせど、預けてあった私たちの荷物が出てきません!!
他の方たちがターンテーブルから既にいなくなり、その後30分程して出てきました…。
なんで??
この旅、荷物にツイてません><

事前にお願いしてた車でホテルへ。
一人€10(¥1,100)。
私たちの他にオーストラリア人の女の子二人組も同乗。
私たちの荷物がなかなか出てこなかったため、彼女たちを待たせることになり本当に申し訳なかった…。


カッパドキアのホテルはギョレメ村にある“Divan Cave House”。
オーナーが日本語が出来ます。
RIMG0102_20150121122118ee9.jpg


洞窟部屋。
RIMG0092_20150121122116aff.jpg


タウンまで歩いて夕飯を食べに。
たくさんの人で賑わっていた“Local Restaurant”へ。
RIMG0103_201501211221199a9.jpg
食欲がない…。食いしん坊の私がスープしか飲めず…。
なんだかすごく気持ち悪い…。
インドで気を張っていて、トルコに入って気が抜けたのかな。。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

トルコ女二人旅2 ~グリーンツアー~

5月8日 4日目

メルハバー

昨夜は体調が悪く、この私が食欲もありませんでしたが、起きたら復活~!

朝食は見晴らしの良いホテルのレストランで。
RIMG0107_20150121124723bb5.jpg


昨日ホテルで申し込んだ“グリーンツアー”に参加。
一人TRY90(¥4,230)。
ホテル送迎、英語ガイド、昼食、入場料が含まれています。

ブラジル人・イタリア人・オーストラリア人・フランス人・韓国人・中国人・そして私たち日本人。
総勢15名。

まずは“ギョレメパノラマ”
RIMG0109_20150121124725e80.jpg


外からの攻撃から身を守るために、奇岩に穴を掘ってつくられた“デリンクユ地下都市”
迷路の様な造りで、地下都市の最深地は地上から55m。3,000人も住める広さ。
RIMG0127_2015012113014279b.jpg


お土産屋
RIMG0132_20150121124726b7f.jpg


“ウフララ渓谷”
3.5kmのハイキング。
RIMG0142_2015012112472945e.jpg


昔ここにキリスト教徒たちが住んでいたそう。
RIMG0160_20150121124930e68.jpg


ランチの時間!と思いきや、ここではまだ食事にありつけず…。
RIMG0157_20150121124928b72.jpg


ベリスルマ村でやっとランチ~!
セルフサービスっぽい冷蔵庫があったので勝手に開けてビール取り出す私たち…。
ここは途上国ではありませんので勝手な行動は慎みましょう。。
団体行動中ですし。。


トルコパン ピタ。
RIMG0163_201501211249319e3.jpg


ポーク串焼きケバブ。
RIMG0164_20150121124932a22.jpg


“セリメ修道院”
RIMG0173_20150121125133f79.jpg
スターウォーズのロケ地なんだとか。


“ウチヒサル 鳩の谷”
RIMG0213_2015012112513638c.jpg


ホテルまで送ってくれ、ツアーは終了。

「夕日を見にいきたいんだけどどうするべき?」
ホテルのオーナーに訪ねてみると、無料で自ら車を運転して連れて行ってくれました。


“ローズバレー”
RIMG0225.jpg


RIMG0258_20150121125514bee.jpg


夕飯は、昨日と同じく“Local Restaurant”へ。
昨日は、気分が悪くてちゃんと味わえなかったからね。
今日もたくさんの人で賑わってます。
RIMG0264_20150121125514e0f.jpg
お肉とトマトを煮込んだ、カッパドキア名物ポットリーケバブ。


素焼きの壺を目の前で割ってくれます。
RIMG0265_20150121125646217.jpg
二人でTRY108(¥5,076)。


「深夜1時からパーティーがあるんだけど来ない?」誘ってくるスタッフ…。
深夜1時って…。
あー、残念なお店…。
こういうのついて行くバカな女っているわけ!??

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

トルコ女二人旅3 ~気球に乗ってどこまでも♪~

5月9日 5日目

メルハバー

カッパドキアの目玉、バルーンに乗ります。
一人USD170(¥13,600)。

申し込みをした旅行会社がホテルにピックアップ。
今日、気球に乗る何百人という人が全員同じ場所に集合し、朝食を。
何のために??
この朝食いらないから、集合時間遅めて欲しいわ…。


準備中。
RIMG0297_20150121133426cce.jpg


次々に気球が飛び始めました。
RIMG0318_201501211334280fd.jpg


そして私たちの気球も!
RIMG0333_201501211406386e0.jpg


どんどん上昇します。
RIMG0337_2015012114063926f.jpg


遂に地上1,000m。
RIMG0345.jpg


RIMG0358_20150121133430e46.jpg


私たちが乗ってる気球の影。
RIMG0372_20150121133432737.jpg


最後は、無事着陸をお祝いしてシャンパンで乾杯。
RIMG0400_20150121133547f9a.jpg
小型バスに乗ってそれぞれのホテルへ送り届けてくれました。


私たちのグループには、テレビ局の方が同行されてました。
ピックアップから、気球が着陸するまでの一連の様子を撮影し、私たちもインタヴューされました…。
心友は何でもデキる女!なのでもちろん英語もぺっらぺらですが、私・・・・・・。


ホテルで再度朝食を食べ(笑)、街へ。
RIMG0416_20150121133653136.jpg


ローカルバスと徒歩で“ゼルヴェ屋外博物館”へ行ってみることに。
RIMG0428_20150121133653b49.jpg


“ゼルヴェ屋外博物館”
入場料一人TRY8(¥376)。
RIMG0480_201501211336534df.jpg


RIMG0462_2015012113365338f.jpg


“ウチヒサル”へ。
ウチヒサルから見える城塞。
RIMG0525_20150121133905eda.jpg


城塞へ向かう道中。
RIMG0535_20150121133908e69.jpg


RIMG0545_201501211339097a4.jpg


城塞。
入場料一人TRY5(¥235)。
RIMG0546_20150121133911764.jpg


“ギョレメパノラマ”
RIMG0556_20150121134122b17.jpg


日没後。
RIMG0615_20150121134123fe5.jpg


RIMG0618_20150121134124162.jpg


タクシーでダウンタウンへ戻りTRY7.5(¥353)、夕飯は“Dibek”へ。
400年前の建物を利用。
RIMG0627_2015012113412783c.jpg


本日もポットリーケバブ。
RIMG0626_20150121134126683.jpg
二人でTRY60(¥2,820)。
トルコ、世界三大料理なんだよね…。
美味しいものに出逢ってないんですけど…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

トルコ女二人旅4 ~飛んでイスタンブル♪~

5月10日 6日目

メルハバー

カッパドキア最終日。
14時半のフライトまで時間があるので、“ギョレメ屋外博物館”へ。
RIMG0631_20150121141801a32.jpg
「ダウンタウンから歩ける距離だよ。」って教えてもらいましたがかなり歩きます。。


“ギョレメ屋外博物館”
入場料一人TRY15(¥705)。
RIMG0640_20150121141804e61.jpg
“ゼルヴェ屋外博物館”と“ギョレメ屋外博物館”の両方行きましたが、断然“ゼルヴェ”の方が良い!!
“ギョレメ”は観光客が多すぎるし、造られた感があります。


カッパドキアを大満喫し、イスタンブルへ。
14時30分、カッパドキア出発。

15時50分イスタンブルに到着~。
空港からホテルがあるタクスィムエリアまでバスで一人TRY10(¥470)。


ホテルは、立地重視の“Dora Otel”。
RIMG0655_201501211418058dd.jpg
イスティクラール通りから1本入っただけなのでどこへ行くにも便利。


イスタンブルの街並み。
RIMG0658_20150121141806f26.jpg
イスタンブルの洗練された街並み、数々のショップ、人がシャレてることに驚きながら、街を練り歩きました。
お留守番してる夫のお土産を購入し一安心。


夕食はこちらのレストランでトルコ料理を。
RIMG0666_20150121141819a30.jpg


奥のヨーグルトソースがかかった餃子“マントゥ”は、かなり微妙なお味 笑 
二人でTRY86(¥4,042)。
RIMG0663.jpg
大通りに面してるレストランは公にお酒を提供したらダメなのか、この日がたまたまダメな日だったのかわかりませんが、ビールをオーダーすると色のついたグラスで出てきました 苦笑

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

トルコ女二人旅5 ~自由な街イスタンブル~

5月11日 7日目

メルハバー

カッパドキアは私の思うようにさせてもらいました。
イスタンブルでは友人が行きたがっていた“アヤソフィア”と“ブルーモスク”へ。

“アヤソフィア”
RIMG0675.jpg
アヤソフィア入場料一人TRY25(¥1,175)。


“ブルーモスク”
RIMG0698.jpg


ランチは“Pudding Shop Lale Restraunt ”へ。
RIMG0718_20150121144731a4c.jpg


ケバブとビールは最高の組み合わせ!
RIMG0716_201501211440286c3.jpg
二人でTRY46(¥2,162)。


イスティクラール通りを練り歩いたり、公園を散歩してみたり。
RIMG0708_20150121143902c87.jpg


夕食は、日頃日本食に飢えているので、“Tokyo Restaurant”へ。
お通し。
RIMG0721_201501211447321e8.jpg


お寿司。
RIMG0724_20150121144735037.jpg


タコの唐揚げ。
RIMG0722_20150121144733920.jpg
二人でTRY104(¥4,888)。


イスラム圏とは思えない自由な街イスタンブル。
RIMG0726_2015012114473600f.jpg
こういうオープンエアのレストランやバースキだな~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム