ブラジル夫婦旅1 ~南米一カ国目ブラジルに到着~

9月18日 旅に出て2日目

ボンジーア

ブラジル第二の都市『リオデジャネイロ』に到着~!
大都会の空港を想像していたけど、かなりショボい。

両替所は国際線の中にしかありません。
既に国際線のエリアから出ちゃったんだけど。。。
もう一度国際線の方へ何事も無かったかのように入ろうとすると、「両替?」とセキュリティーの方から聞いてくれ、すんなり入ることができました。

まだまだゆっくりできません。
お次は国内線に乗り換えて、目指すはブラジルのジャマイカと呼ばれる『サンルイス』へ。
(目的地のシーズンが終わりそうだったので、ここだけ飛行機移動。そして事前手配。)

リオデジャネイロから飛行機で3時間、『サンルイス』に到着。
IMG_2448.jpg

日本から、ここに到着するまでトータル43時間!!
南米遠いわー!!

そして、あっつー!フランクフルトとは打って変わってめっちゃ暑いじゃないの~。

今回は貧乏旅行なので基本タクシーは使いません。
空港を出て左手にローカルバス乗り場。
旧市街地のホテルへ向け出発~。一人R$1.6(¥72)
AC無しのバスの中で1時間揺られた私は茹蛸状態。。

ガイドブックで目をつけていたお宿“Hotel Lord"を発見。
部屋をチェックし、こちらに決定~。
行き当たりばったりの旅なので、宿も事前手配していません。
疲れと時差ボケがあるので、とりあえず2泊することに。
IMG_2451.jpg
朝食付き一泊R$100(¥4,500)AC・水シャワー・TV・冷蔵庫・ロビーのみWiFi可。
高い~!こんなレベルで1泊4,500円もするなんてー!
それもそのはず。宿があるエリアは、街自体が世界遺産になっているのです。

建物は暗~く、何かの気配を感じる…笑
ひょっとしてココ元病院!??

近所のドラッグストアでBaygon(殺虫剤)を購入し、部屋中に撒き散らす。
安宿ではこれ鉄則ね。

お次は、世界遺産の街サンルイスの旧市街地をご紹介。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅2 ~世界遺産サンルイスの街並み~

9月18~20日 旅に出て2~4日目

ボンジーア

通過点の『サンルイス』の旧市街地はどうやら世界遺産だそうです。
到着後ガイドブックを読んで知ったマヌケな私です 汗

ブラジルで唯一フランス人が築いた街『サンルイス』。
ヨーロッパの古い街に迷い込んだような感覚になります。
P9190040.jpg


P9190043.jpg


P9190014.jpg


P9190049.jpg


街のシンボル“セー教会”。すぐ傍に観光案内所有り。
P9190061.jpg


1855年に造られた歴史ある“カーザ・ダス・チュルハス”市場。
P9190035.jpg


IMG_2455.jpg


旧市街と新市街を結ぶ橋。
P9200075.jpg


治安がよろしくないらしく、あちこちに警官が。バギーに乗った警官。
IMG_2454.jpg


夕飯を食べた“Dom Francisco"レストラン。
IMG_2459.jpg


P9190067.jpg

宿前の広場は夜通し賑やか。
P9190068.jpg
ブラジルのジャマイカと呼ばれる程レゲエが浸透しているだけあって、音楽ガンガン。
奴隷制度の名残なのか、黒人が目立つ。
日曜日は教会、博物館、土産物屋などあらゆるお店が休みになり、街はゴーストタウンに。

お次は、いよいよお目当ての場所へ、ゴーゴゴ~!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅3 ~お目当ての場所へ~

9月20日・前半 旅に出て4日目

ボンジーア

ツアーに参加し、この旅一つ目のお目当ての場所へ。
ツアーは『サンルイス』の観光案内所で予約しました。

7時30分、ホテルまでピックアップに来てくれ、総勢20名程で『バヘリーニャス』という町へ向け出発~。
こんな道を走りながら……
P9200080.jpg


5時間で地方都市『バヘリーニャス』に到着。
P9210083.jpg


各々のホテルに送ってくれ、各自昼食を済ませます。
IMG_2510.jpg
AC・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・ロビーのみWiFi可。


昼食はツアーに含まれていないので近所の食堂へ。
IMG_2521.jpg


IMG_2516.jpg


IMG_2518.jpg


再び14時頃、今度は四駆の荷台を12人乗りに改造したジープでのお迎え。
四駆で走れない川はフェリーを使って。人も乗り込みます。
P9210096.jpg


P9210100.jpg


P9210106.jpg


IMG_2534.jpg


道なき道をどんどん進んでゆきます。
P9210110.jpg


IMG_2541.jpg

ツアー参加者の95%がブラジル人なんだけど、みんなテンションアゲアゲで、ボコボコ道を車がジャンプする度、きゃっきゃはしゃいで、それでけで超楽しい♪

1時間半のジェットコースターを楽しんだ後私たちを待っていたのはー!!

次回のお楽しみっ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅4 ~白い砂!青い空!限られたシーズン~

9月20日・後半

ボンジーア

前回のツアーの続きです。
車が到着した先には、、、

P9210118.jpg



どーーーん

P9210128.jpg


P9210125.jpg


P9210131.jpg


P9210190.jpg


P9210148.jpg


P9210246.jpg


P9210301.jpg


P9210277_20130925052729c72.jpg



P9210229.jpg


P9210342.jpg


4カ国目の駐在を終え日本に本帰国したばかり。
会いたい人に会うのも我慢し、一刻も早く日本を発ったのはこの景色に出会うため。
『レンソイス・マラニャンセス国立公園』

砂丘の砂粉は石英という水晶の一種。
東京都二つ分の広大な砂丘に雨季の間に出来たいくつもの湖。
乾季になるとお水は引き始め、湖は消えて無くなってしまいます。
雨期が終わった直後のほんのわずかなシーズン。
なんとか間に合いましたー!


帰り、フェリーに乗る手前に、食べ物や手工芸品の屋台がでてました。
P9210374.jpg


P9210373.jpg


P9210378.jpg


ブラジルのおやつ“タピオカ”。
P9210372.jpg


日本的感覚ではありえない硬さのお肉もこの雰囲気で食べると美味しく感じられる。
P9210367.jpg

お次は、川下りと小レンソイスのご紹介~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅5 ~川下りと小レンソイス~

9月21日 旅に出て5日目

ボンジーア

一泊二日の『レンソイス』からのこのツアー。
翌二日目は、“プレグィシャス川下り”と“小レンソイス”へ。

8時半にボート乗り場に集合。
P9210387.jpg


IMG_2585.jpg


ジャングルの中を1時間程走った先に……
P9210392.jpg


“小レンソイス”だー!
P9210398.jpg


島ではお猿さんがお出迎え。
P9210405.jpg


こちらはシーズンを逃し、干からびていました。残念!
来るタイミングが非常に難しい場所レンソイス。
P9210420.jpg


バーもあります。
P9210430.jpg


島を移動し、展望台へ。
P9210458.jpg


展望台からの景色。
P9210442.jpg


島の様子。
P9210470.jpg


お土産物品を作る島の女性。
P9210472.jpg


島の少年たち。
P9210474.jpg


こちらにもバーが。ホントどこへ行ってもハードリカーのあるお国。
P9210482.jpg


島を移動し、お次はランチ。
ランチで3,4千円するんですけどー。
はあ!?足元見過ぎでしょー!!怒

15時までここで過ごさなきゃいけないし、他に選択しないし、二人ともお腹ぺっこぺこなので仕方なくここで食べることに。
IMG_2599.jpg


ハンモックに揺られながら寝たり、川で泳いだり、日光浴をしたり、各々思い思いのまま過ごし、
P9220486.jpg

ボートで『バヘリーニャス』の町へと戻ります。

預けておいた荷物をホテルで受け取り、17時頃ピックアップが来てくれ、『サンルイス』のホテルへ送り届けてくれます。

2泊3日のこのツアー、お値段お一人R$315(¥14,175)
送迎、ホテル(朝食のみ)、ツアー代が含まれてのお値段。
(お金を積めば、ホテルのグレードをアップすることは可能。私たちが宿泊したホテルは一番安いプラン。)


『サンルイス』に戻ってきましたが、病院みたいなあのお宿は勘弁なので、お宿移動。
本日のお宿は“Pousada dos Leoes”。
IMG_2602.jpg
朝食付き一泊R$112(¥5,040)AC・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・部屋でのWiFi可。
スタッフは親切で、宿全体明るく、清潔で、朝食は美味しい◎
たったのR$12(¥540)の違いなら、こちらのお宿の方がお得!

お次は、『サンルイス』から『ベレン』へのバス移動の様子です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム