ベネズエラ夫婦旅1 ~命懸けのバス移動~

10月4日 旅に出て18日目

オッラー

ブラジルのマナウスからベネズエラへやってきました。
このゲートを超えるとベネズエラでーす。
IMG_2801.jpg


『サンタエレナ』という国境の街で休憩。
IMG_2806.jpg


ここで問題発生…。
夫が外でタバコを吸っていたら、警官に別室に連れて行かれました。
バッグの中身を全て出すよう、靴を脱ぐよう、両手を上げるよう指示され、身体検査を…。
タバコを吸っていただけですよ!
ただ単に外国人から何かを取りたいだけ。
荷物を背にした状態で壁に向かって両手を上げさせられていたのですが、夫は警官の行動をずーっと横目で追ってました。
警官がお金を盗もうとした瞬間、夫、大声を出し、キレる 笑
直後夫を解放。
日本の警官は何だかんだ信用できますが、途上国の警官は信用なんて出来ません。
隙さえあれば何か取ってやろう、騙してやろうという考えです。

この一連のことが起こってる間、私は何をやってたと思います?
なんと!バスの中で爆睡していて、夫が別室に連れて行かれたことすら知らずにいたのです…。
もし私が起きていたら、夫は貴重品の入ったバッグを私に預けてタバコを吸いに行ったっだろうし、警官にあんな屈辱的なことをされずに済んだのに…。
ホント私最低過ぎます…。

(後日談)
旅中出会ったベネズエラ人、この町を通過した多くの外国人が本当にココは酷いところだ!と。
他の方々も同様の被害にあってるそうです。

国境付近でもう一度検問があり、警官が乗ってきて、乗客の身分証明書のチェックをしました。


ベネズエラに入った瞬間、大草原が広がっています。
テーブルマウンテンも見えてきました!
IMG_2835.jpg
ブラジル、ベネズエラ、ガイアナに跨るブラジル最高峰の山(2,810m)“ホライマ山”も見えました。


ブラジル側では22時着と聞いていました。
夜に到着する便は避けたかったのですが、夜着以外の便はありません。
(もっと調べたらあったのかもしれませんが、私たちは調べられませんでした。)

ベネズエラ側では深夜2時着になると言ってるではありませんか…。
こんな時間にタクシーが走ってる可能性は少ないし、危険すぎる!!!

目的地の『シウダーボリーバル』のバス停付近にはホテルがありません。
ホテルまでは1kmあります。
夫一人だと何とでもなりますが、私という大荷物…。
パスポートや現金を盗まれてもどうでも良いんです。女だと最悪犯され、最悪殺される…。

乗客のベネズエラ人に私たちが降りる『シウダーボリーバル』の治安を聞いてみると、

「危ない、特にバスターミナル付近では銃も飛び交ってる。」と…。

私はどうしよう怖いよう怖いようと考えながらも、また爆睡してしまいました…。

時々目を覚ますと、外は真っ暗。街灯一つない森の中をひたすら走っています。


時間は23時になりました。
“ウパタ”というガイドブックに何の情報も載っていない様な町で数人のローカルが降り、発車したと思ったら、

夫が「今から降りるよ。急いで準備して!」

私は寝ぼけているけど、これはただごとではないと思い、急いで準備しました。

ドライバーに、「妻の体調が悪いからあのホテルの前でバスを止めて!」と、夫。

バスが急停車し、夫と私ホテルまで猛ダッシュ。
車道を渡るだけの距離でしたが、ものすごく長く感じました。

私は夫の指示通り、なすが儘に行動したのですが、後から聞くと、
「大通りにホテルの明かりが見えたからここで降りるしかないと思った。」そうな。

私は目的地に行くことしか考えてませんでしたが、夫の咄嗟の判断で、目的地よりも2時間手前の町で降りました。

バスの中から夫が見つけたお宿は“Hotel Andrea. C.A.”
朝食付き一泊BsF380(¥1,140)AC・ファン・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・ロビーのみWiFi可。
IMG_2838.jpg
つうか、安っ!驚

今日は本当にどっと疲れました。
って、疲れてるのは夫の方ですね。。
身体検査までされ、私という大荷物があるが為に深夜到着後どうするか頭がいっぱいでバスの中でも全然眠れてなかったはず。


...翌朝...

昨日は、私たちにはもう朝はやって来ないかもしれない。なんて思った時もありましたが(笑)、無事朝を迎えることができました。

グズグズしていられません。

『シウダーボリーバル』行きのバスのチケットを手に入れなければ。
バス停に行くと、14時にバスが来ると。
また遅れて到着する可能性大だし、来たとしても乗れない可能性もあるし、タクシーで行くことに。
ここベネズエラ、タクシーも信用できません。
流しのタクシーではなく、ホテルにお願いしました。
値段を聞くとBsF700(¥2,100)
安っ!!車で2時間も走るのに!??
そう、ベネズエラは、石油大国なんです~!

ホテルが準備してくれたタクシーだからって安心できるわけではありません。
本当にシウダーボリーバルに行くかどうかを、標識を見て逐一確認。
ホント気が抜けない国。

2時間後、無事『シウダーボリーバル』に到着!
一昨日の夕方から長い道のりだった~!!

お次は、シウダーボリーバルの街並みをご紹介。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ベネズエラ夫婦旅2 ~シウダーボリーバルの街並み~

10月5日 旅に出て19日目

オッラー

シウダーボリーバルのお宿は“Posada Angostura”
朝食付き一泊BsF1,125(¥3,375)AC・ファン・水シャワー・TV・WiFi不可。
こんなにオシャレでこのお値段!
PA060899.jpg


PA060896.jpg


IMG_2850.jpg
疲れていたので少し良いところに泊まろうということで、最初隣にある同じ系列の格上のホテルに行ったのですが満室のためこちらになりました。


外出するのは怖かったのですが、ツアーの予約等しなければ。
恐る恐る外出してみると、結構平気でした。
バスの乗客情報は大袈裟だったのか、それとも運が良かっただけなのか…。


タクシーは、アメ車の超ポンコツが多く、オシャレな音楽を大音量で響かせながら走っています。
途上国ではドライバーの好みで音楽をかけている車が多いけれど、特にアジアはわけのわかんない曲が多く、決して私好みの曲ではなく(笑)、「音止めてくれない?」ということが多いけれど、
ベネズエラのドライバーのセンスは◎
もし、日本のタクシーが音楽をかけて良い社会なら、日本のタクシードライバーはどんな音楽をかけるんだろう?


カラフルな家がズラリ。
IMG_3347.jpg


ブラジルのサンルイスと同じくこちらも坂の町。
PA060906.jpg


近所のゲストハウス内にあるバー。
IMG_2881.jpg


我がお宿もオシャレですが、他の建物もオシャレ。
ベネズエラって建物のセンスが良いのかな?

どの家もグリルの数がすごいのなんの。
普通のグリルしか今まであまり見たことがなかったのですが、ベネズエラのグリルは色んなデザインがあります。
オシャレなグリルをつけることによって、少しでも気分を晴らすことができそう。

よっぽど危険なのか、ホテルの入口にまでグリルがあり、常にロックしています。
ベルを鳴らすと、中の人が開けてくれるようになっています。

ベネズエラは世界一美女が多いと聞いたことがありますが、そんなことを言ってるのはどこのどなたですかー!?笑
田舎だからかもしれないけど、残念ながら美女には遭遇できませんでした。


“オリノコ川”に面した町。川イルカもいました。
PA060909.jpg


パーンパーンパーン
音が鳴った瞬間、二人して音の方角を確認し、咄嗟に私をかばった夫。
ただの花火だったのですが、銃声に聞こえた私たち…。
過去に住んでた国で銃撃戦に巻き込まれた私たちはいまだにこの手の音が鳴ると反応してしまいます。
なんてたってここベネズエラだし…。


屋台で食べたこちらのホットドッグがすごく美味しい!
具は、ソーセージ、玉ねぎやキャベツをみじん切りにしたもの、チーズやポテチを細かくしたもの。
ケチャップ、マスタード、マヨネーズがかかっています。一つBsF25(¥75)
IMG_3352.jpg


屋台は大繁盛。
IMG_3353.jpg


エンジェルフォールのツアーの申し込みへ。
ガイドブックに載っているツアー会社を探すも見つからず、たまたま通りかかった“Conexion Tours”へ。
(後日談)私たちが探していたツアー会社のオーナーは、銃で撃たれて亡くなられたそうです。
IMG_2853.jpg
こちらも扉は鉄製で、インターフォンを鳴らすとカギを開けてくれるようになっています。
オフィス兼ゲストハウス。
ここでツアーの申し込みをすると、朝食込で無料で宿泊できます。


エンジェルフォールへ行くにはツアーに参加しなければなりません。
3泊4日のツアーで、一人$255(¥25,500)
オプションで遊覧飛行をすることに。一人$170(¥17,000)
私は普段からとことん値切り倒すのですが、夫は自分が納得のいく金額だとそれ以上値切らない人。
言い値で納得したらしく、一切値切らず決めてしまいました。
値切ればもっと安くなるはず。

お次は、いざエンジェルフォール!世界遺産カナイマ国立公園へ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ベネズエラ夫婦旅3 ~世界遺産カナイマ国立公園~

10月6日 旅に出て20日目

オッラー

ーエンジェルフォールのツアーについてー
エンジェルフォールへ行くには、陸路移動できないので、セスナで最寄りの“カナイマ国立公園”にまずは行かなければなりません。
通常2泊3日ですが、もう1泊したければ、無料で延泊できるので、私たちは3泊4日することに。
3泊4日した場合は、一日目の昼食、夕食、翌日の朝食はついていません。お宿や他のホテルのレストランで追加料金を払って食べることになります。
カナイマ国立公園に持っていかない荷物はツアー会社が預かっておいてくれます。


それではスタート~。
7時、お宿まで迎えの車が。
ポンコツ~。

チェックイン後、空港使用税を一人BsF35(¥105)払います。

スプレー缶、ライター、刃物等は機内持ち込みが出来ません。
細かくチェックしないので、奥の方に入れておけば没収されないかもしれません。
私たちは、目立つ所に虫除けスプレー缶とライターを入れていた為、没収されてしまいました。

シウダーボリーバル空港の待合所。
IMG_2905.jpg


決まったフライト時間はなく、飛行機の準備が整い次第出発。
PA060917.jpg


8時15分頃、セスナに乗り込み、40分のフライトを終えカナイマ国立公園に到着。
操縦席が近い近い。
IMG_2908_2013101103282156b.jpg


カナイマ国立公園は、30,000k㎡(四国の約1.6倍)あり、世界遺産に登録されています。
手前の小屋で入園料一人BsF430(¥1,290)を払います。
IMG_2912.jpg


お宿のスタッフが迎えに来てくれるまでこちらのお土産物屋で待機。
IMG_2914.jpg


空港からお宿は徒歩で。
IMG_3074.jpg


IMG_3076.jpg


空港から徒歩5分程でお宿に到着。
PA060955.jpg


扇風機・水シャワー・WiFi不可。24時間電気もあります。
お金を積めば五つ星並のホテルが村内にあります。
PA060956.jpg


村の人口は約3,000人。ペモン族が暮らしています。
顔はアジア系が多く、親近感が持てます。
ペモン族が話すスペイン語はなぜかどこかの現地語に聞こえてしまいます。


観光客で成り立っている村。その為かなり潤って学校もこんなに立派なのが!
PA071134.jpg


PA071139.jpg



ベネズエラで人気のスポーツは野球だそうです。
途上国では、サッカーかクリケットが人気。野球をしてる子どもを初めて見ました。
PA070959.jpg


村内には万屋があり、基本的な生活用品や飲食物は手に入ります。
僻地価格になっちゃいますが。
IMG_3083.jpg


カナイマ湖の砂浜で滝を見ながら寝っ転がってリラックス~。
PA070963.jpg


PA071142.jpg


PA081162.jpg


PA081153.jpg


PA081155.jpg


PA071151.jpg


リラックスしていると、、、、
「今日は天気が良いから、これから飛行するよ~!」とお声が。

遊覧飛行のオプションをつけると、天気が良いタイミングでお声がかかります。

お次は、エンジェルフォール遊覧飛行の様子。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ベネズエラ夫婦旅4 ~エンジェルフォール遊覧飛行~

10月6日 旅に出て20日目

オッラー

エンジェルフォールをセスナに乗って眺めるツアー。一人$170(¥17,000)


こちらのセスナに乗り込みまーす。
運良く貸切になりました。
PA071128.jpg


それではギアナ高地の遊覧飛行をお楽しみください。
PA070977.jpg


PA070986.jpg


PA070992.jpg


PA071006.jpg


PA071008.jpg


IMG_2972.jpg

PA071012.jpg


PA071014.jpg


PA071022.jpg


PA071032.jpg


PA071052.jpg


PA071065.jpg


PA071077.jpg


約40分間の遊覧飛行の終わりが近づいてきました。
PA071119.jpg

ベネズエラに行くことをビビり、「行くのを止めようよ。」と一度は夫に提案しました。
夫は「ここまで来たし、今回逃したらもう来ないでしょー。」と。
その通りなんだけど…。怖いものは怖いし…。
ここに来る道中もイヤな思いもしましたが、でもやっぱ来て良かった!


お次は、ボートツアーの様子です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ベネズエラ夫婦旅5 ~滝巡り~

10月7日 旅に出て21日目

オッラー

本日は滝巡り。

持ち物:カメラ、防水ケース、ナイロン袋、日焼け止め、虫除け
服装:水着の上にキャミやTシャツ、ショートパンツ、ビーサンorスニーカー、靴下
メンバー:ベネズエラ人女性4人組、カナダ人男性、私たち、ガイドの計8名


まずはボートでカナイマ湖の対岸まで行きます。
PA081172.jpg


PA081191.jpg


30分のトレッキング。道なき道を進んで行きます。
PA081204_2013101205080582c.jpg


“エルサポの滝”
滝の裏に岩を削った道があり、滝の裏側に行きます。
PA081217.jpg



PA081219.jpg


PA081224.jpg


蛙の形をしたこの石から、滝を名付けたそうです。
PA081245.jpg


サンダルやスニーカーは脱ぎ、なぜか靴下だけを履いて行かなければなりません。
全身ずぶ濡れになるので、最初から水着で行くのがベスト。レインコートはほとんど役に立たない程、水量がすごいことになってます。


エルサポの滝の上流部分へ。
PA081249.jpg


PA081255.jpg


PA081266.jpg


お次は“アチャの滝”
PA081269.jpg
こちらも滝の裏側へ行ったのですが、水量が激し過ぎて近くから写真を撮るのを断念しました。

お次は、エンジェルフォールへレッツゴ~!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム