FC2ブログ

チリ夫婦旅6 ~ただいまサンティアゴ~

1月11~14日 旅に出て117~120日目

オッラー

チリ側パタゴニア地方の『プンタアレナス』から首都の『サンティアゴ』へ戻ってきました!

サンティアゴ暑いです!!
パタゴニアが寒かったせいもあると思うけど、1か月半前に滞在してた時とは全然気温が違う~!


空港からホテルまで空港バスもありますが、バスを降りてからお宿まで大荷物を持って歩かなきゃいけないし、バスは待ち時間なども考えると時間がかかるのでタクシーで。CLP17,000(¥3,400)
30分弱でお宿に到着。
タクシーすっげ~。

今回の旅では事前にお宿を抑えませんが、飛行機の予約をした以上、旅の予定が変更になることはないので、サンティアゴのお宿は予め抑えておくことに。

“HoriZonGroup Apartment”
朝食無し一泊US$49 ホットシャワー・バスタブ・TV・DVD・キッチン・ドライヤー・部屋でのWiFi可・プール付き。
22階建てのアパートの一室がホテルになってます。
IMG_6747.jpg


IMG_6684.jpg


普通のアパートなのでもちろんキッチン付き。
ローカルフードを堪能したいのでもちろん自炊はしませんが 笑
IMG_6689.jpg


リビングもあります。
IMG_6692.jpg


夕飯は近所の日本人が経営する日本食レストラン“金太郎”へ。
全然日本食に飢えてなかったんだけど、これからボリビア・ペルーと北上して行くので、チリでクオリティーの高い日本食を食べておこう。ということに。
IMG_6705.jpg
ラーメンと餃子はまずまずのお味。


IMG_6714.jpg
お刺身に大好物のシソがなかったのが残念。

店内はチリ人でごった返してました。
空席も全てリザーブされてるという人気店!
早い時間帯に行って大正解でした◎

なぜかこのレストランではPUSHIMの曲が。
コテコテの日本食レストランだったので、全く音楽が合ってませんでした…笑


アパートの隣の1階部分はスーパーになってます。
夕食後スーパーへ行くとレジは長蛇の列で30分待ち。。遊園地かよっ。
まあ、仕事がトロくさく、レジの数が明らかに少ないというのもありますが。。それにしても。。
そして、22時閉店らしいんですが、22時になると店内の電気を消し始めました。まだいっぱいお客いるのに。
日本もいい加減、お客さまさまは止めて、こんな風にしちゃえば良いのに~!
そうすると仕事量が減る=休みが取れる。と思うんだけどなあ。
IMG_6721.jpg
お宿周辺はレストランやバーや中華レストランがずらり。
スーパーもあるし、市場にもホコ天にも近いし最高の立地!

お宿はチリ人が普通に住んでるアパート。
週末ということもあり、朝方6時過ぎまで住民がワイン片手に騒いでました…笑


サンティアゴに戻ってきてやりたいことと言えば、市場でシーフード食べる!(残念ながら夜と日曜日は閉まってます。)
前回の滞在時に観光は済ませたので、食に走ります。(ま、いつもですが…笑)
IMG_6736.jpg
右:エビ・貝・アワビ・タコ・イカがたっぷり入った大スキなチーズ鍋
左:セビッチェ(魚介マリネ)
お会計CLP18,100(¥3,620)


↑のレストランにはウニが無かったので、ハシゴ。
ガイドブックにも載って、中央にデカデカとある様なキレイめなレストランはやっぱダメね。
立地・清潔・有名というだけで、味とお値段は最悪。。
なんだよこのウニっ。
IMG_6741.jpg
お会計CLP10,940(¥2,188)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

チリ夫婦旅7 ~チリ北上 ラセレナへ~

1月14日 旅に出て120日目

オッラー

『ラセレナ』という『サンティアゴ』から470km北にある街へ移動。

メトロは、ラッシュ時でしたが、下りだったので空いてました。ほっ。
上りはこの有様。。
IMG_6753.jpg


サンティアゴには4つのバスターミナルがありますが、今回使用するバスターミナルは“サンボルハターミナル”。
ショッピングモールと併設してあり、レストランやカフェも多いので◎
IMG_6725_201401310326013ef.jpg


このバスターミナルは北方面のバスが発着するせいか、ターミナルにいる人は先住民系が増えた感じがします。
IMG_6728.jpg


出発時間の10分前になっても、バスがやってくる気配がありません。
いつもは15分前には来るんだけどなあ…。
夫にチケット売り場に聞きに行ってもらうと、今度は夫も帰ってこないじゃありませんか!!汗
もう出発時間過ぎちゃったよー。
私どうすりゃいいのさー。

平然とした顔で戻ってきた夫。

バスが欠航になった。。」

「え~!!!何それ~~~。どうなんの~?」

「他のバスに乗ることになった。8,000ペソも高いバスにタダで変更になったよっ。」

先にソレを言えいっ!!

何はともあれ、ラッキー♪

出発は30分遅くなったけど、アップグレードなんて超ラッキーじゃん!
どうやら私たちが事前に予約してたバスは、乗客が少な過ぎた為、欠航することになったらしいです。


CLP10,000(¥2,000)→CLP18,000(¥3,600)のバスに変更になったバスはこちら“Romani”
IMG_6760.jpg


風力発電かな?
IMG_6763.jpg


17時、7時間30分でラセレナに到着。
ビーチ沿いのお宿を探しに行くと、ありえない金額!!!
掘立小屋みたいなお宿で7,000円くらいするし、とても泊まれそうなところが見つかりません。
30分くらい探しましたが、もうムリ。
ガイドブックには、ビーチ沿いにピンからキリまでのお宿があると書かれてましたが、これはもう古い情報なのかな?
新築の高層アパートが何軒も建っていたので、キリのお宿たちは無くなったのかも。。


セントロへ移動してこちらのお宿へ“Hotel Palma De Mallorca”
朝食付き一泊RCLP28,000(¥5,600)ホットシャワー・TV・部屋でのWiFi可。
IMG_6792.jpg
En Pleno Centro De La Ciudad Cordovez 750
(51)221817 / 93538969 / 77992091
市場に近く立地も良く、オーナーの感じも◎


部屋からの景色。
P1173516.jpg



これまでチリ、アルゼンチンではイワユル白人が多かったのですが、ラセレナに来て、先住民系がものすごく増えました。
そして、この街には酔っぱらいが多く、昼間から絡んでくる人やその辺で爆睡してる人が…。
ゴミも散乱。。


現在、南米ではドラゴンボールが大人気。
町を歩いてると日本食材を売ってるお店発見。
IMG_6819.jpg



お煎餅も売ってましたが、外袋から出して一つ一つ売ってるし…。
思いっきり湿気てることでしょう…笑
IMG_6818.jpg


こちらの男の子は、即席タトゥーに悟空をチョイス。
アルゼンチンでは首に「力(ちから)」と本物のタトゥーを入れてる人がいたので、夫がカメハメハのポーズをすると、
「カメハメハ~」とうれしそうに言ってきました 笑
IMG_6871.jpg


男の子が即席タトゥーをしてた広場は市民の憩いの場。
たくさんの手工芸品なども売られてました。
IMG_6866.jpg


街の中心にある時計台。
IMG_6861.jpg


夕日に染まるラセレナの街。
IMG_6806.jpg
日中は暖かいですが、夜は冷え込み羽織るモノが必要です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

チリ夫婦旅8 ~シーフード中毒~

1月14~17日 旅に出て120~123日目

オッラー

『ラセレナ』に来た理由は、“ママリューカ天文観測所”で星を見るため!
星を見るには何が重要ですかー!?


はい、天候ですね。


3日間粘りましたが、生憎のお天気の為、ツアーが決行される日はありませんでした。
(ラセレナが晴天でも、街から70km離れた観測所のお天気は違うのです。)

何が何でも絶対行きたい!!というツアーでも無かったので、諦めることに。


で、何もない街でやってしまうことと言えば??

はい、食べて飲む!


初日に、お気に入りの食堂を見つけてしまったため、5回も通いました 笑
こちらがウワサの食堂。ローカルでごった返してます。
パタゴニアのビールと比べるとウソみたいに安いっ!
IMG_6904.jpg


こちらはお宿近くの市場。
2階部分にはレストランもありますが、観光客相手にやってるのでいまいちな感じ。
P1173519.jpg


お土産屋もあります。
P1173523.jpg



それでは、ラセレナで食べたものを一挙ご紹介。

1日目夜
パステルデチョクロ:お肉・玉ねぎ・オリーブ・潰したトウモロコシ等を混ぜ、チーズをかけて焼いたもの。
チリの代表的な家庭の味。
IMG_6803.jpg
なかなかメニューに無く、やっと見つけました。
が、甘くて私たちの口には合いませんでした。
残念っ!


ソパデマリスコス:魚介鍋
IMG_6800.jpg
毎度おなじみの魚介鍋。
このスープが美味しければ他の料理もイケる!と言われてるくらい定番中の定番。
お会計CLP11,890(¥2,378)


2日目夜
ペリペリ:小エビを激辛スープで煮たお鍋。
IMG_6822.jpg
とある世界一辛い料理の国に住んでいた為、2人共辛いものが大好物!
パタゴニアのプエルトナタレスで食べてとーっても美味しかったんですが久々に見つけました。


チュペデマリスコス:魚介とチーズを煮込んだお鍋。
IMG_6825.jpg
パタゴニアへ行く前、サンティアゴの食堂でローカルが食べてたのを見て、美味しそうだったのでマネしてみたら、大正解!
魚介とチーズの組み合わせって意外だけど、すーっごく美味しいです!
お会計CLP16020(¥3,204)


3日目夜
マリスコス:生貝。
IMG_6849.jpg
食堂だったのでお腹がどうなるかと思いましたが平気でしたっ。


チュペデマリスコス:魚介とチーズを煮込んだお鍋。
IMG_6825.jpg
もうね、これは毎日食べても良いくらい好物!
お会計CLP12,800(¥2,560)


3日目夜食
ロコスマヨ:アワビ。
IMG_6895.jpg
想像してたのと違った><
歯ごたえがありました。
お会計CLP8,000(¥1,600)


4日目ランチ
ペリペリ:小エビを激辛スープで煮たお鍋。
IMG_6906.jpg
2日目夜にも同じものを食べましたが、色が全く違う!笑
毎度全く同じものを同じ量で提供してくれるのは日本くらいです。
味も色も量も違うけど、こっちも美味しいー!


チュペデマリスコス:魚介とチーズを煮込んだお鍋。
IMG_6912.jpg
この食堂で最後の食事だったので、大のお気に入りの料理を選びました。
お会計CLP16,000(¥3,200)

リピートし過ぎ 笑
旅先で美味しいお店や食べ物に出会ったらリピートしちゃいます。
もっと冒険するべきですかね?笑

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

チリ夫婦旅9 ~チリ北部最大の観光名所アタカマ高地へ~

1月17日 旅に出て123日目

オッラー

“ママリューカ天文観測所”で星を見る為に立ち寄った『ラセレナ』。

3日間粘りましたが、生憎のお天気の為ツアーが決行される日はやってきませんでした。。

次の目的地『アタカマ』へゴーゴー!

ラセレナ→アタカマの直行便は無いので、『カラマ』という町で乗り換えが必要です。

ラセレナのチケット売り場。
IMG_6815.jpg
18時発のバスが待てど暮らせどやってきません。。
バス乗り場が「○番乗り場」と決まってないので、バスターミナルに入ってくるバスを全てチェックしなきゃいけなく、油断できないのが痛い。。
あちこちにアンテナを張ってなきゃ、置き去りにされちゃう。。
始発バスなら良いけど、どこかを経由してくるバスは面倒くさ~い!

結局、1時間遅れでバスが到着しました。
欠航にならなかっただけ良しとしよう。。うん。。

バス会社は“CIKTUR”一人CLP20,000(¥4,000)
IMG_6940.jpg


さすが南米!
年配者もサッカー!
IMG_6916.jpg


深夜12時半に夕飯が配られました…笑
こんな時間に夕飯って…。
でも、何気にめっちゃ美味しかった!笑
何も聞かれずにただ渡されましたが、夫のはチキン、私のはビーフ。
ビーフの方が美味しかった♪
IMG_6934.jpg


一番前の座席を予約出来たので、超快適!!
足が楽々伸ばせるので爆睡できました!
IMG_6922.jpg
が、一番前の座席は本当に危険なのでオススメしません。特に途上国では長距離バスの事故はしょっちゅう。
駐在中も、バスに乗っていて大ケガをした日本人が何人もいます。やはり一番前は事故った時に被害も大きい。。
そんなこと言いつつ、美しい景色を見たいのと、快適さに負けて、一番前を予約しちゃうんだけど…汗


翌朝、10時にカマラに到着。
なんと!バスターミナルじゃなく、バス会社前に到着しました><

乗り換えが必要なのに、バス会社前到着だなんてー!!><

バスターミナルに到着すれば、他のバス会社に乗り換えて、楽々アタカマまで行けたのに…。
アタカマ行きのバス会社を探さなきゃ。。

15分程歩いたところに、アタカマ行きのバス会社がありました。
いや~、必要以上に(笑)地図に強い夫をもってると、旅も楽チンだ~。
夫がどれだけ地図に強いかというと、その町に到着する前に、その町の地図を頭に入れちゃってます 笑
地図を頭に入れることによって、タクシーに乗ってる時に逆方向に行かれたとしても、文句が言えたり、降りたり、喚き散らすことができたりするので、犯罪に遭う可能性も低くなります。
ありがとう!夫よ!笑

運良く、1時間後の11時30分発のバスに空席がありました♪
チケット売り場前に椅子があったので待機していると、週末だったせいもあるのかすぐに売り切れ、私たちよりも後に来た方々は13時半の便になってました。
IMG_6942.jpg


バス会社は“Frontera del Norte”一人CLP3,500(¥700)
IMG_6947.jpg
30人しか乗れない小型バス、トイレ無し。


サンティアゴ→ラセレナ間にもありましたが、また風力発電所でしょうか?
IMG_6957.jpg


本格的にアンデスに突入した気分です!
P1193530.jpg


13時15分、1時間45分でアタカマに到着。


お宿探しをすると、どこもフル!!
何軒行ってもフル!!
ようやく見つけたお宿の金額は、一泊9,600円!!
いや~、アタカマは物価が高いと聞いてましたが、ここまで高いとは!!
5泊するからという理由で8,000円までまけてもらえることに。
他に見つかりそうもないので、ここに決定。。
“Hotel Katarpe”朝食付き一泊CLP40,000(¥8,000)ヒーター・ホットシャワー・部屋でのWiFi可。
IMG_6961.jpg
Domingo Atienza 441
055-851033
こんなにショボいお宿でこの金額なんです><
でも、ベッドシーツは毎日交換してくれます。高級ホテルでさえ、毎日シーツなんて交換しないのに。。


中庭があるので、日向ぼっこが可能。
P1193535.jpg


お宿前の通り。
P1193536.jpg


アタカマの物価が高い理由がわかったよ。。
観光客の為だけの村の様です。
全て観光収入にに頼ってそう。

それにしても、土の道に、土壁。以前住んでたアフリカにそっくり!

こちらがメインストリート、カラコレス通り。
レストラン、お土産物屋、旅行代理店がぎーーっしり詰まってます。
P1193539.jpg


両替え屋もあります。
P1223958.jpg


小さい村のせいか、観光客密度が半端ない!!
P1193540.jpg
なぜかヒッピー系がめっちゃくちゃ多い。。
ヒッピーに話しかけられた時、「どこから来たの?」と聞くと、「ポルトガル」と。
他の地域でもヒッピー系がポル人だったので、ポルトガルでは今ヒッピーが流行っているのか!??


アルマス広場
P1193544.jpg


食事代も高くつきそうだなー。
安そうなレストランに入ってみました。
食事が運ばれてきてびっくり!!
なんだこれ~!メインのお肉よりもお芋の方が多いし…笑
IMG_6964.jpg


カスエラというお肉やお野菜をコトコト煮込んだ具沢山のスープは、ヌードルで誤魔化してるし!!笑
IMG_6965.jpg
あと数回しか食べられないチリ料理を大失敗して、かなすぃ~!
こんなにショボいのに、CLP17,600(¥3,520)もしました!!
明日からは慎重にレストラン選びをしよう!!


英語が出来ない人が多い南米。この村では英語が出来る人がかなり多かったです。
そして、旅行代理店やツアーガイド、レストランのスタッフなどほとんどが、チリ国内からの出稼ぎ者。
英語が出来る人を採用してるのかもしれませんね。
ドライバーやクリーナーはアタカマ出身者でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

チリ夫婦旅10 ~浮遊体験inアタカマ 浮くことが出来るのは死海だけじゃないっ!

1月19日 旅に出て125日目

オッラー

ボリビアとの国境の町『サンペドロアタカマ』には、色んなツアーがあります。
我が家が選んだツアーは、

・浮遊体験 一人CLP13,000(¥2,600)

・月の谷・死の谷砂漠ツアー 一人CLP10,000(¥2,000)

・タティオ間欠泉 一人CLP20,000(¥4,000)

合計一人CLP43,000(¥8,600)と提示されましたが、
まとめてツアーを申し込むと割引をしてもらえるので、3つまとめて一人CLP38,000(¥7,600)に。
“Andeswide”
Tocopilla 432C San Pedro de Atacama
6-570-2250
もっと安い代理店もありましたが、あまりにも安いと信用できないので、相場の金額で決着を。


今日は、浮遊体験ができるツアーに参加。
16時、旅行代理店前集合。
メンバーは、チリ人7名、イギリス人2名、そして私たち2名の計11名。
英語が出来るドライバー兼ガイド。
少人数のグループだったので、こちらで申し込んで正解っ。


こんな景色を眺めながら目的地へ。
P1203559.jpg


セントロから30分程車で走り、“Laguna Cejar”に到着。
ツアー代金とは別に入場料一人CLP2,000(¥400)
人多っ!!
P1203624.jpg


死海と同じく透明度が高いです。
P1203568.jpg


大人も子どもも大はしゃぎ!
いきなり、じゃぼーんって飛び込むチリ人。目、痛くなるよ??


私たちも浮いてることが楽しくてしょうがないっ。
今南米は夏ですが、それでも塩水はほんのちょっぴり冷たい感じ。
P1203611.jpg


最後はベタベタなこのショットで 笑
P1203580.jpg


死海と比べて、こちらの方が塩分濃度が濃いと言う話ですが、

死海よりしょっぱくない

死海よりバランスを取るのが簡単

死海は立つことが出来ないけど、こちらは立てる

目に入ってもそんなに痛くない


という感想です。
死海は大きいからおしっこをしてもある程度薄まりそうだけど、こちらは小さい湖なのでみんなのおしっこがすっごく溜まってそう 笑
そういうイミでは死海よりも塩分濃度濃いかも!笑


泥パックもして大満足。

死海も大スキなんですが、360度、砂漠と雪山を眺めながらのチリの浮遊体験も最高に楽しくて贅沢っ!

2時間程、はしゃいで次の目的地へ。


“Salt Flat Eyes”
ガイド曰く深さ35mある湖。
P1203647.jpg
こちらはかなり冷たかったので私は見学。


19時過ぎ、最終目的地“Laguna Tebinquinche”という塩湖へ。
入場料一人CLP2,000(¥400)は別払い。
P1203659.jpg


ボリビアのウユニ塩湖の小型版といった感じでしょうか。
この時期、ボリビアのウユニ塩湖は雨季ですが、こちらでは乾季の塩湖を堪能できます。
P1203661.jpg


お水が溜まってるところもありました。
P1203700.jpg


P1203707.jpg


夕日の時間
P1203727.jpg


P1203760.jpg
チリのお酒“ピスコサワー”等のドリンクとスナックを準備してくれていたので、夕日を眺めながらツアーメンバーでいただきました。
塩湖では1時間思い思いの時間を過ごしました。


1時間かけてセントロに戻ります。
セントロに到着したのは21時半頃。

贅沢な浮遊体験ができ、塩湖へも行き、かなりお得ツアーではないでしょうか。
私たちはビーサンで行ったので良かったのですが、、、
旅行代理店には靴を履いて行くように言われます。絶対ビーサンで行くべきです。


夕飯はボリュームたーーーっぷりのステーキとタン。
IMG_6975.jpg
量も味も大満足!(全然美味しそうに写ってませんが…笑)
CLP26,400(¥5,280)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム