パタゴニア(チリ側)夫婦旅1 ~シーフードの宝庫チロエ島~

11月26日 旅に出て71日目

オッラー

サンティアゴから約1,000キロ南へ下ったチロエ島にある『カストロ』へ。

夕方のラッシュがヒドそうだったので、お宿からバスターミナルは徒歩で。
サンティアゴには4つの長距離バスターミナルがありますが、唯一セントロ(旧市街)にある“ロスエロエスターミナル”だったので15分程で着きました。
バルパライソから戻ってきた時にサンティアゴターミナルで『カストロ』行きを購入したのですが、乗り場は“ロスエロエスターミナルになります。

昨日の日中は31度あったのに、今日は18度。とっても寒い~。


セントロにあるだけあって、とっても小さいバスターミナル。
IMG_5061.jpg


待合所。
お手洗い代はCLP250(¥50)
チリは、ショッピングモールにお手洗いが無かったり、あったとしても有料制の所が多い。。
IMG_5065.jpg


バス会社は“Cruz del Sur”一人CLP18,000(¥3,600)
バックパックはこれまでずーっと預けないで常に足元に置いていました。
このバスでも同じ様に足元に置いてると、何も言わず勝手にトランクの方へ持って行かれ、カっチ~ン!!
チリやバス会社のルールで足元に置いちゃダメなのかもしれませんが、やり方が超ムカついた 怒
私のバックパックは小さくどう考えても車内持ち込みOKのサイズだし、PC等の電化製品を入れてるので取り返しに行きました。
IMG_5071.jpg


19時50分出発~。

あちこちのバス停で止まっては乗客を拾っていきます。
バスを発車させる度、何かがおかしい…。

スムーズに発車出来ず、どんどどどどどんとバスや体が大きく揺れます。
怪我人が出てもおかしくないくらい、ごっとんごっとん。
私は車の免許すらないくらいなので車のことはド素人なんですが、夫曰くクラッチが利かなくなってるんだとか。


どこまでモツんだこのバス…。


お手洗い休憩も夕飯休憩も無いまま朝を迎えました。
7時、サンドウィッチと飲み物が配られ朝食。
お味は……。


そして、8時20分とうとうバスの乗り換え~!!!

この二カ月半で何台目の故障??
ベネズエラで1回、ブラジルで1回、パラグアイで1回、そして今回…笑

今回は、ここまでよくモったもんだ。

は~、もう安心して乗ってられる~。
12時間程、発車する度にどんどどどどどんとバスと共に体が揺れてました。


9時30分、バス毎フェリーに乗り込んで『チロエ島』を目指しま~す。
乗ってきたバス会社は、フェリー会社でもあります。
普通車が30台くらい乗船できる中型フェリー。
船内にはお手洗い、飲み物や軽食を食べられる小さなカフェがあります。
PB276020.jpg



バスを降りて甲板に出てみましょ~。

写真には収められませんでしたが、

野生のペンギンやアザラシがふっつーに泳いでる!

パタゴニア地方に来たことを改めて実感!

『チロエ島』が近づいて来ました。
PB276025.jpg
10時10分『チロエ島』到着。
南北250kmの大きな島。
更に目的地の『カストロ』まで2時間弱走ります。


12時『カストロ』到着。
PB276038.jpg


お宿はバスターミナル近くの“Hostal Don Miguel”
窓からはカストロ湾が眺められます。
IMG_5100.jpg
朝食付き一泊CLP23,000(¥4,600)ヒーター・ホットシャワー・TV・部屋でのWiFi可。
Barros Arana-152-Castro-Chiloe
(065)634748

翌朝、このお宿でとんでもない事件が…

乞うご期待!笑



さて、ここはかの有名なチロエ島。
新鮮なシーフードを食べに行きましょー。

港にある市場にやって来ました!
PB286177.jpg


貝を捌いてる人。
PB286050.jpg


ウニを捌いてる人。
PB286063.jpg


サーモンを下ろしてる人。
PB286056.jpg


青空食堂になっていて、超新鮮な魚介を生でいただくことができるんです◎
こんな風にパッキングされてます。
PB286047.jpg


PB286084.jpg


コリアンダーと玉ねぎのみじん切りとレモンをたっぷり絞って食べるのがチリ風。
私たちもチリ風でいただきました。
PB286059.jpg


ウニを捌いてるのを見てると、おじさんがタダでくれました 笑
PB286068.jpg


貝CLP1,500(¥300)、サーモンCLP1,500、ウニ2,000(¥600)
ビールは販売していないので近くのリカーショップで調達。


前菜をたらふくいただいて(笑)、隣のシーフードレストランでメインを。
海を見渡せる雰囲気抜群のレストラン。
PB286145.jpg


プエルトモン名物“クラント”CLP13,000(¥2,600)
ボリュームがありました!
PB286147.jpg


レストランの横には手工芸品を販売してるお店がずらり。
ポンチョ、帽子、靴下等の毛糸製品、ポーチや木で作った置物など。
防寒対策として夫はニット帽、私はジーンズの上から履く靴下をゲット~。
もちろん日本では使えませんが…笑
PB296290.jpg


PB286098.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

パタゴニア(チリ側)夫婦旅2 ~大事件勃発~

11月28日 旅に出て73日目

オッラー

お宿で起こった事件とは、、、

バスルームで洗濯をし、室内に干しました。

それを偶然見たお宿のオーナー(女将)がブチ切れ!!!
スペイン語をまくし立て超怒り出しました…。

どうやら洗濯をしたことがダメだったようで…。
つうか、こういう安宿に泊まる人って自分たちで洗濯して干すでしょ…。

ダメならダメで注意すれば良いだけだし、それでもまだするようだったら怒るならわかるけど、そこまでいきなりキレる!??
怖すぎ…。

既に2泊分のお宿代を支払っていましたが、チェックアウトをして宿代を返してもらうことに。

ところが、

一泊CLP23,000でしたが、20,000しか返してくれません 怒
「洗濯をしたから3,000は返さない!」と。


タバコ吸っちゃダメという張り紙はしてるけど、洗濯をしちゃダとはどこにも書いてないじゃん…!
そもそも洗濯しちゃダメな宿って…。
私は、怒りマックスなので、返せ返せ~!と詰め寄りましたが、夫が「もういいよ…。」って…。

納得いかないままお宿を後にしました。

家族経営でやってるお宿なんですが、こんなことにいちいち腹立ててたら、商売やってけないでしょ…。

そんな気性が激しいオーナー(女将)のお宿はこちら。
PB286158.jpg
ガイドブックに載っている“Hostal Cordillera”から30秒海の方へ。赤い建物が目印。
この町には腐る程お宿があるので、お宿探しは慎重に…。


さ、気分悪いけど気を取り直してお宿探し。
海に面したこのお宿。
老夫婦が経営しています。
PB286172.jpg


屋根裏部屋でとってもキュート。
そして老夫婦もとっても良い感じ!
やっぱこういうこじんまりしたお宿では、オーナーがどんな人なのか重要だ!!
IMG_5106.jpg
朝食無し一泊CLP20,000(¥4,000)ヒーター・ホットシャワー・TV・部屋でのWiFi可。


お宿周辺はこんな感じ。
PB296231.jpg


この島の家はもちろんグリルバーなんてついてません~!
PB286182.jpg


気分を持ち直したところで、チロエ島を散策~。
PB296262.jpg


PB296264.jpg



PB296236.jpg


家を近くで見ると、、、


壁がうろこ状!!
PB296254.jpg


PB296260.jpg


PB296284.jpg


今日も昼間からナマ魚いただきま~す!
PB296189.jpg


今日は蟹がありました!CLP3,000(¥600) 他のに比べてお高め。
PB286185.jpg


本日もウニいっちゃいま~す!
PB286186.jpg


海へ出てみると、野生アザラシ~!!
PB296194.jpg


『カストロ』の町を探検。
ギターとアコーディオンで楽しそうに歌うおじさん二名。
PB286126.jpg


海藻を乾燥させたもの。
PB286133.jpg


警察犬。
ワンコも寒いそうです…。
PB286134.jpg


町の中心にはど派手な教会が。
PB296257.jpg


チリも日本と同じく地震大国。
津波の避難経路。
PB296249.jpg


本日の夕飯。
具だくさんの魚介鍋。
PB296309.jpg


特大サーモン!
PB296310.jpg
今日も心行くまで食べて飲んでCLP11,900(¥2,380)

満足度が高いぞチリ料理!


レストラン前の海では、チロル島を眺めるツアーがあります。
他にもペンギンを見に行くツアー等がありますが、これから行く先々でペンギンを見ることができるので却下。
PB296292.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

パタゴニア(チリ側)夫婦旅3 ~シーフード天国プエルトモン~

11月29日 旅に出て74日目

オッラー

チロエ島『カストロ』から、パタゴニアの玄関口『プエルトモン』へ。
1時間置きにバスがあったので、またまた事前予約無しでバスに乗ることに。一人CLP6,200(¥1,240)

4時間でプエルトモンに到着。

プエルトモンのバスターミナル内に旅行代理店があったので、ツアーの予約を。
お宿の紹介もしてくれました。“Hostal Peumayen”
IMG_5122.jpg
朝食付き一泊CLP24,000(¥4,800)ヒーター・ホットシャワー・TV・共同キッチン・部屋でのWiFi可。
カストロのお宿での大反省があるので、オーナーが良い人がよかったのですが、とーっても気さくでステキな一家◎
お掃除係りのおばちゃんが、ちょーーーテンション高くってすごいキャラの持ち主 笑
Buenos Ares Esquina Pudeto 1558
065-711728


お宿周辺。
バスターミナルと、アンヘルモ(漁港)の中間辺りにあるのでとっても便利♪
PB306393.jpg


PB306394.jpg


PB306395.jpg


早速、アンヘルモ(漁港)に行ってみましょ~。
道中、手工芸品店がこれでもかー!ってくらい並んでいます。
毛糸で編んだ帽子や手袋や靴下等かわいい商品がたーくさん。
PB306324.jpg


港。
PB306332.jpg


アンヘルモ到着。
PB306378.jpg


いきなりどデカい蟹!
お値段は、一杯CLP4,000(¥800)!
PB306344.jpg


サーモンも大量!
PB306346.jpg


食べやすくパッキングされた魚介類も販売。
PB306347.jpg


お野菜もちょこっと。
PB306362.jpg


2階から見た魚市場。
PB306366.jpg


2階はレストランがびっしり!
新鮮なシーフードが堪能できます。

生ガキ!
小振りだけど、濃厚な味◎
PB306372.jpg


蟹のチーズ鍋。
見た目が超悪いですが(笑)、蟹だくさんでとっても美味!
PB306376.jpg
お会計CLP16,000(¥3,200)

生、蒸す、煮る、焼く、揚げる等、調理方法が多いのもチリ料理の良い所!


レストランからの眺め。
PB306368.jpg


PB306354.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

パタゴニア(チリ側)夫婦旅4 ~急遽一時帰国~

一時帰国し、富士山へ。
PC016448.jpg

なんてねっ。

富士山にそっくりの山がチリのプエルトモンにあります。
今日はそのツアーに参加。
ブラジルのボニートという町の美しい川巡り以来。
久々のツアーです。



11月30日 旅に出て75日目

オッラー

韓国製の車で11時出発。
スタートが遅めです。
その理由は後程。
総勢10名。メンバーは、私たち以外全員チリ人。
ドライバー兼ガイドのおっちゃんはマイクを付けひたすら説明をしています。
が、私たちはちんぷんかんぷん。
PB306405.jpg


まずは、プエルトモン市街を一望できるビューポイントに。
天気悪っ!
PB306401.jpg


お次は、『プエルトバラス』という高級リゾート地で30分散策。
PC016407.jpg


ご当地特産品の土曜市開催中。
PC016408.jpg


お次は“ジャンキウエ湖”へ行き、ボートで遊覧。
ボート代はツアー代金に含まれておらず、乗るかどうかは選択できます。一人CLP1,500(¥300)

こんな森の中を走って行った先には、
PC016425.jpg


“カルブーコ火山”登場。
PC016424.jpg


この時期なのか、たまたま滞在した4日間がこんな天気だったのかどうかわかりませんが、
午前中は曇りがちな天気で、午後はピッカーンと晴れ間が続きます。
そのため、ツアーのスタート時間が遅いのではないかと思います。


ボート遊覧後、レストランへ向かう途中に、チリ富士(オソルノ山)どーん!
PC016481.jpg


も一つどーん!!
PC016485.jpg


ツアーに参加する際は、必ず左側の座席をゲットしましょう◎

リャマかわいっ!
PC016461.jpg


リャマもチリ富士を眺めまーす。
PC016465.jpg


15時、ようやくランチタイム~。
一人CLP9,000(¥1,800)。(飲み物代別)
こちらもツアー代金には含まれておらず、選択制。
高いため、私たち以外のツアー参加者は全員食べないと言うではありませんか!!
10人中8人が食べないランチってどうよ…苦笑

メインはビーフ・チキン・ポーク・サーモンの中から選べます。
サラダはブッフェ形式で食べ放題。
サーモンとポークをチョイス。なかなかのお味。
レストランはチリ富士が眺められる絶好の立地。
IMG_5128.jpg


この辺りの絶景を見ながらの国境を越えることもできますが、結構値が張るルートらしいです。


1時間チリ富士を眺めながのランチタイムを終えるとお次は国立公園へ。
こちらもツアー代金には含まれておらず、園内に入るかどうかは選べます。入場料一人CLP1,500(¥300)
PC016488.jpg



こちらからもばっちりチリ富士が見えます。チリ富士に手が届きそう!
PC016516.jpg


雪解け水が、とてもキレイな青色。
PC016512.jpg


お次は、ボートに乗って“トドスロスサントス湖”を遊覧。
こちらもツアー代金には含まれておらず、乗るかどうかを選べます。ボート代一人CLP2,500(¥500)
PC016584.jpg


またまたチリ富士どーーん!!
PC016573.jpg


PC016575.jpg


最後に、“ラーゴベルデ(緑湖)”へ行きましたがいまいち。
PC016594.jpg


プエルトモン市内に戻ってきたのは20時半。
盛りだくさんのこのツアー、一人CLP10,000(¥2,000)ポッキリ!

余分にボート代等1,000円、ランチ代に2,000円かかっちゃいますが、かなりお得なツアーかと思います。
場所が離れているし遠いので自力で行くよりもツアーに参加するのがベスト!
バスターミナルの旅行代理店で申し込みをしました。


夕日に染まるプエルトモンの街。
PC016622.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

パタゴニア(アルゼンチン側)夫婦旅5 ~アルゼンチン有数のリゾート地バリローチェ~

12月2日 旅に出て77日目

オッラー。

チリの『プエルトモン』から、アルゼンチンの『バリローチェ』へ移動。

これで今回アルゼンチンへ入国するのは4度目です…。
ブラジルのイグアスから。パラグアイのアスンシオンから。ウルグアイのコロニアから。そして今回チリのプエルトモンから。

プエルトモンのチケット売り場。
パスポートが無いとチケットを購入できないのでお忘れなく。
(正確には、チリ入国の際に書いた紙が必要。)
IMG_5118.jpg


バス会社は“Bus Norte”一人CLP15,000(¥3,000)
チリは意外とバス代が安いのです◎
IMG_5151.jpg


8時半発。

特大チーズかと思いきや、牧草ロール。
中身は牧草で牛のエサになります。
IMG_5150.jpg


12時20分、イミグレでチリ出国手続き。
IMG_5152.jpg
30分程で終了。

大体隣の建物か国境を跨いで出入国手続きをする所があるのですが、いくら走ってもアルゼンチン入国のイミグレがありません。

1時間程走ってようやくアルゼンチンのイミグレに到着。
こんなに離れてるイミグレは初めて!
こちらはランダムな荷物検査があり、手続きに1時間もかかりました…。
IMG_5177.jpg


アルゼンチンに入ると美しい湖沿いを走るので、
必ず右側の座席を予約しましょう◎
IMG_5208.jpg


IMG_5258.jpg


IMG_5299.jpg


IMG_5324.jpg


16時10分着、アルゼンチンの『バリローチェ』に到着。

バスターミナルからお宿までバスで行こうとしましたが、バスに乗ると「事前にチケットを購入しなきゃ乗れない。」と言われ降ろされました 笑
なんて面倒なシステムなんだ…。

次のバスはいつ来るかわかんないし時間がもったいないのでタクシーでお宿まで行くことに。メーター制ARS27(¥351)。

お宿は“Hosteria Sur”
IMG_5342.jpg
朝食付き一泊ARS330(¥4,290)ヒーター・ホットシャワー・TV・セーフティーボックス・ドライヤー・部屋でのWiFi可。

カテドラルの目の前にあり、部屋の窓から見えます。
PC036648.jpg


バリローチェのダウンタウンには、お土産物屋やレストランが500mくらいびっしりと埋まっています。
19世紀終わりにスイス人の移民が多くやってきたた為、チョコレート屋やフォンデュを食べさせてくれるレストランがたくさん。
建物もスイス風で、ここは南米のスイスと呼ばれています。
PC036651.jpg


あちこちにこの子がいて、記念撮影してくれます◎
そう!セントバーナードです。
まさにハイジの世界や~。
PC046717.jpg


市民の憩いの場“セントロシビコ”。
PC036658.jpg


セントロシビコ前にある警察署。
オシャレ~~。
PC036681.jpg


通りの1本先には真っ青な“ナウエルウアビ湖”
PC036670.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム