ペルー夫婦旅1 ~ティティカカ湖畔を移動 ペルーへ~

2月8日 旅に出て145日目

オッラー

ボリビア領ティティカカ湖『コパカバーナ』から、ペルー領ティティカカ湖『プーノ』へ移動。
ペルー側のティティカカ湖は全体の60%を占めるそうです。

コパカバーナにバスターミナルは無いので、セントロにある各バス会社前発着。

9時出発~。
バス会社は“Titicaca”一人BOB20(¥300)
国境を超えるのにたったの300円!
IMG_7648.jpg


9時20分、ボリビア側イミグレ到着。
IMG_7637.jpg
イミグレ周辺に両替所が有ります。
余ったボリビアーのは、ボリビア側で両替するよりも、ペルー側の方がレートが良かったです。


ボリビア出国手続きが完了したら、歩いて国境を越えます。
このアーチをくぐればそこはもうペルー。
IMG_7642.jpg
3分程歩いた先に、ペルー側イミグレ。
1週間以上滞在する場合は、「30日のビザ。」と係官に伝えないと1週間のビザにされ、近隣諸国へ一度出て再度ペルーに入国しなければならない時があります。

ボリビアのイミグレ前で降りたバスは、ペルーのイミグレ前で待機してくれているので、こちらに乗り込みます。
トータル30分くらいで終了しました。


再びプーノを目指して出発~。
P2080873.jpg


P2080879.jpg


P2080889.jpg


P2080892.jpg
コパカバーナ→プーノは必ず右側の座席を!

11時、3時間でプーノに到着。
(ボリビアとペルーには1時間の時差があるので、ボリビア時間は12時ということになります。)

バスターミナルからセントロ(中心地)までは距離があるのでタクシーで。PEN8(¥280)

お宿は“Hotel Imperial”朝食無し一泊PEN120(¥4,200)ホットシャワー・TV・部屋でのWiFi可
IMG_7661.jpg
プーノではお祭りをやっており、宿代が高騰!!
こちらのお宿は通常、朝食付き一泊80ですが、朝食無し一泊120に!!
お祭りに合わせて来たわけではなく、たまたまお祭り。。
痛すぎる。。涙。。
他を探しても同じだろうと思い、こちらに即決しました。。
スタッフは英語が出来るので楽ちん。


小腹が空いたので近所の市場で腹ごしらえ。
IMG_7668.jpg


多くのローカルが食べてたのと同じのをオーダー。
コラーゲン?たーっぷり。
IMG_7670.jpg
一杯PEN7(¥245)
ローカルも同じ金額払ってたのでボラれてはないと思うんですが、高いなあ。。


町歩きをしてるとお祭りに遭遇。
楽器がたくさんあることにビックリ!
超途上国には楽器ほとんどありません。
IMG_7712.jpg


こちらはおばちゃんグループ。
IMG_7697.jpg


寒い中、露出高めの衣装><
IMG_7706.jpg


綿菓子屋。
目立って良いね!
IMG_7750.jpg
4カ国目の駐在国の交差点でもよく売られてました。


アジアなどでよく見かけるトゥクトゥク(3輪タクシー)。
雨の日にトゥクトゥクに乗ると激しく濡れちゃうんだけど、全て覆われてるから雨の日も無敵だね。
IMG_7779.jpg


こちらはリキシャ。
ベトナムもそうだったけど、お客が「前」は怖いよね 笑
IMG_7778.jpg


夕飯も市場で。
ビーフスープ。
IMG_7732.jpg


チキン煮込み。
IMG_7729.jpg
お会計PEN15(¥525)


市場でフルーツ購入してみました。
右側の緑のは“チリモヤ”というフルーツ。
IMG_7745.jpg


皮を剥くと、ドリアンみたいな種入りの果肉が出てきました。
濃厚で甘い。
IMG_7748.jpg


夜遅くまでお祭りの練習をしていました。
吹奏楽部なのかな?大学生ですが、日本の小学生の音楽会の方が上手かも。。
P2090897.jpg


お祭りは2週間くらい続くそうなんですが、明日が一番の盛り上がりなんだとか。
ショボイ花火もあがりました。
P2090902_20140218005321586.jpg


スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルー夫婦旅2 ~ティティカカ湖周遊~

2月9日 旅に出て146日目

オッラー

ペルー領、ティティカカ湖に浮かぶ『ウロス島』と『タキーレ島』へ行く1日ツアー。

セントロにある“Coyla Adventures”で申込みを。一人PEN38(¥1,330)
Tacna Street338 Puno
051-633932

7時、車でのピックアップのはずが、お祭りの為スタッフが徒歩でホテルに…。
スタッフと一緒に歩いて旅行代理店前まで行きました。

30分弱で港に到着。
P2090906.jpg


P2090905.jpg


7時半、出港~。
ボリビアのボートと違って、とーっても快適!
ガイドは珍しく英語が出来るし、珍しく感じも良い!
P2090912.jpg


9時半、ウロス島到着~。
島での言葉はスペイン語ではなく、部族語。
「カミサラキ(元気ですか?)」「ワリキ(元気だよ)」
様々な大きさの島が約40あり、700人が生活しているそうです。
教会や学校がある島まであります。

私たちはこちらの島に上陸。
5家族、約60人が暮らしてるそうです。
P2100983.jpg


P2100981.jpg


観光収入は彼らにとって貴重な財源。
P2100951.jpg


P2100954.jpg


寝室。
なんと!テレビまで!
P2100965.jpg
(承諾を得て撮ってます。)


こちらはキッチン兼ダイニング。
食べかけのご飯の横に靴があったり、鳥の死体があったり。
P2100959.jpg
(途上国に住んでるので)これまで、色んなスラムと呼ばれるところへ行きましたが、ここは清潔感が無さすぎ…。


おばちゃんが持ってる、トトラ(水生植物)を使用して、島やボートを作ります。(後ろに大量に生えてるやつ)
食べてみましたが、特に味はしませんでした 笑
P2090925.jpg


トトラ製のボートに乗って島を一周します。
P2090921.jpg


他のグループもトトラ製ボートに乗ってクルーズ中。
降りた後一人PEN10(¥350)も徴収されました。。
P2090930.jpg
今ではこのトトラ製のボートは観光客用で、本人たちはモーター付きボートで移動しています。
儲けてるもんね。


1時間程こちらで過ごし、次の目的地『タキーレ島』へ。
50年前までは政治犯の島流しに使われていたそうです。

11時45分、タキーレ島到着。
入島料一人PEN8(¥280)ですが、私たちはツアー代金に含まれてました。
ガイドと共に島内を散策。
島内での単独行動はダメなようです。
P2100998.jpg


のどかな島。
島には約2,000人のケチュア族が住んでいます。
ウユニにもいるあのケチュア族です。ケチュア族自体は約600万人いるそうです。
P2101000.jpg


島の子どもたちはとーーーってもシャイ。
ミサンガを作って売ってましたが、聞こえるか聞こえないかの声で「1ソル~(35円~)」と言ってきました。
P2101001.jpg


頂上からティティカカ湖が眺められます。
P2101013.jpg


P2101025.jpg


小道には羊の大群。
P2101021.jpg


日曜日だったので集会が行われてました。
P2101036.jpg


この島の女性の民族衣装は本土の人たちとは違います。
ムスリムのように黒い布を頭から被っています。
P2101037.jpg


男性の民族衣装もオシャレ。
手編みのニット製品は、女性が男性に、男性が女性に編むそうです。
P2101038.jpg


おじいちゃんが編み物しているところ。
P2101045.jpg


P2101056.jpg


ランチはツアー代金に含まれていなかったので私たちは持参しました。
が、他のツアー客はガイド指定のレストランで食べてました。


島のあちこちに石を積み上げたアーチがありました。
P2101068.jpg


P2101072.jpg


P2101078.jpg


P2101098.jpg


段々畑。
P2101101.jpg


頭に被ってる布は、モノを運ぶ時に風呂敷に早変わり。
P2101104.jpg


ガイドブックには、電気・水道はないと書かれてましたがありました。
携帯の電波も。

島人はなかなか目も合わせてくれず、とーっても独特な雰囲気の島でした。

14時半テキーラ島を後にし、3時間でプーノに到着!


夕飯は、お宿の3軒隣のレストランで。
またまた、お祭りの影響で選択肢が二つしかないんだとか。。
ポークとチキンをオーダーするとそれぞれ別のスープもついてきました。
ポークセット。
IMG_7755.jpg


チキンセット。
IMG_7763.jpg


チキンについてきたスープ。
青汁みたいで、恐る恐る飲んでみましたが、
IMG_7757.jpg


お肉も入って、栄養満点で美味!
IMG_7760.jpg
これだけ食べてたったのPEN15(¥525)
(ビールは持ち込んだので金額に含まれてません。)

昨日の屋台と同じ値段じゃないかー!!
こんなセントロのど真ん中でこのお値段で提供してるのはすごい!!


そんな激安レストランはこちら。
IMG_7764.jpg


お祭りは今日が一番の盛り上がりなんだとか。
でも、雨が降ってきました。。
この日の為にたくさん練習しただろうに、かわいそう。。
P2101155.jpg


P2101159.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルー夫婦旅3 ~危機一髪!特急誘拐未遂~

2月10日 旅に出て147日目

オッラー

標高3,827の『プーノ』から、標高2,335のペルーの第二の都市『アレキパ』へ移動。
1,500m下れば、だいぶ暖かくなるし空気もたくさんありそうだ~。

お宿からバスターミナルはタクシーで。

普通にバスターミナルに行くはずだったんですが、、、何とここでとんでもない大事件が発生しましたっ!!!

まず、普通にセントロの中心でタクシーを拾いました。
そして、またまた普通にドライバーに行先を告げたのですが、、、なんとなくドライバーの様子が変。。。

スペイン語で何を言っているかは正確には分からなかったのですが、無線機で誰かと交信している模様。
もちろんラジオタクシーなので、無線機を使うのは当たり前なのですが、会話の途中で明らかに「観光客を乗せた。」と無線機の交信相手に伝えたのです。

普通、これから行く先や待っている顧客の居場所を確認したりしますが、「誰を乗せたか。」は伝える必要はないですよね??
客が誰だって行く先は変わらないんだから。

何となくおかしいなぁ~と思っていたら、ドライバーが「お祭りでこの道は通れない。」とブツブツ言いながら、右折しました。

その瞬間、夫が「バスターミナルと反対方向に向かっている。」とぼそっと呟きました。

むむむ!!これは怪しい。観光客だからバスターミナルの場所が分かってないとでも思っているのだろうか。
何れにしてもメータータクシーじゃないし、料金は事前に交渉しているので、いくら遠回りしようが関係ないんだけど。。。

そして、その後も蛇行を繰り返しながら、バスターミルとは全く違う方向にどんどん進んでいきます。
しかも、セントロから離れ、標高の高いエリアへ向かっているような気が。。。
ボリビアのラパスなんかもそうですが、南米の盆地になっている町は、標高が高いエリアには貧民層が住んでおり、一般的に治安が悪くなると言われています。

さすがにまずいと思ったらしく、夫が「バスターミナルはあっちだろ。」と言いました。
それでもドライバーは「お祭りだからそっちの方の道は渋滞していて通れないんだ。」と言っています。
どう見ても渋滞しているようには見えないんだけど。。。

完全にきな臭いニオイが漂い始めました。
南米で有名な「特急誘拐(短時間誘拐)」というやつか??
タクシーに乗った観光客を人気のない所へ連れて行き、その先で仲間が待ち構えていて身ぐるみ剥がすというあの手口。

そして夫から、「これはまずい!声をかけるから、いつでも車から飛び降りる準備をしといて。」と指示がありました。

否応なく高まる緊張感。
手のひらにも脇の下にもじっとりと汗をかいてきました。
既に周辺はほとんど人影がなく、セントロを見下ろせるくらいの高台に来ています。

そしてタクシーが左折した瞬間、なんと!50m程前方に人影が!!!

強盗ではなく、警察官!!

間髪入れず、夫がドライバーに向かって、「止まれっー!!」と叫びました。
さすがに警官の前で下手な行動を取るとマズいと思ったのか、素直に路肩に駐車しました。

私はすぐさまドアを開けて降り、夫もそれに続きました。
そして足早にその場を去りました。
心臓がありえないくらいバクバクしていました。

いやー危なかった。あそこに警官がいなかったら、どうなっていたことやら。。。
欧米人のバックパッカーの間でもウワサになっていましたが、やはりコパカバーナ、プーノの治安はあまりよくないようです。
どこの途上国でもそうですが、特にお祭りの時期は、現金が必要となるため一般犯罪が増加する傾向にあります。
プーノのような一大観光地は要注意ですね!!

新しく捕まえたタクシーでバスターミナルへ行くことに。
今度は普通にバスターミナルに向かってくれました。
「通れない。」と言ってた道も普通に通ることができたし。。。
あの野郎、やっぱりウソついてやがったか。。。

お祭りでパトロール中の警官が多かったのが不幸中の幸いでした。


さて、プーノのバス待合所。
ショボいお土産屋もあります。
IMG_7773.jpg


バス会社は“Julsa”一人PEN40(¥1,400)
お祭りのため、チケットも高騰!!
IMG_7774.jpg
バスターミナル使用料一人PEN1(¥35)。


10時出発~。
グレードの低いチケットを購入した為、バスはオンボロでローカルだらけ。
IMG_7809.jpg


IMG_7825.jpg

16時、6時間でアレキパに到着。

バスターミナルとセントロは離れているのでタクシーで。PEN7(¥245)
ティティカカ湖では日本の中古車が目立ってましたが、アレキパに来て韓国車が増えました。
また、プーノにいたトゥクトゥクやリキシャはなくなりました。


お宿は“Hostal Regis”
朝食無し一泊PEN55(¥1,925)ホットシャワー・TV・部屋でのWiFi可。
IMG_7832.jpg
ダブルルームが空いて無く、トリプルルームを二人で使うことに。
スタッフは英語が出来るし、シャワーの水圧も抜群。
部屋にACもファンも無く、大丈夫かな?と思ったけど、夜は涼しいのでACやファンが無くても平気でした。
日中は、外を歩いてると暑く感じます。


“サンカミーロ市場”
生鮮食品、香辛料、お花などたくさんのモノが売られてます。
IMG_7857.jpg


新鮮なフルーツを使用した100%フレッシュジュース屋さん。
IMG_7868.jpg


フルーツ屋さん。
IMG_7874.jpg


何かの動物の頭。
IMG_7870.jpg


豚さん。
IMG_7887.jpg


芋三昧。
この国に生まれなくて良かった…。
IMG_7875.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルー夫婦旅4 ~アンデスの温泉に浸かる~

2月12日 旅に出て149日目

オッラー

アレキパから約30km離れたところにある『ユーラ』という温泉村へ。
ここへ行こうと思った理由は、温泉があることに加え、ユーラという名前自体が気に入ったため。
なんか、ゆったりできそうじゃありません?

こちらの鉄道駅前からバスが出ています。
IMG_7918.jpg
朝から酔っぱらいが多く、人通りも少なく、治安は宜しくないかも。。


10時、小型バスで出発~。一人PEN2(¥70)
IMG_7914.jpg
ここが始発ですが、チリ川沿いで乗客を拾いながら行くので、そちらで乗車することも可能。
が、座れない可能性が高いので始発乗り場へ行った方が良いかもしれません。。


バスを待ってる間、チリの『アリカ』というところから来たご一行と意気投合。
てゆうか、向こうが夫のことをお気に入りに。
我が夫、外国人ウケが良いくだらないギャグが大得意なんです。
夫が何か喋る度に車内は大爆笑!笑


アレキパの町を出ると、景色が変わって砂漠地帯に。
(プーノからアレキパへ来た道中です。)
IMG_7939.jpg
セントロでは目立たなかったけど、この辺りはゴミだらけ。

1時間ちょっとでユーラに到着。

この一帯に温泉は4種類あります。
P2131224.jpg


私たちはこちらの温泉に入ることに。一人PEN5(¥175)
P2131231.jpg
温泉によって効能が違うようです。
営業時間は、7時45分~15時まで。


日本の温泉と比べるとかなりぬるく、深く、プールみたいです。
もちろん水着着用。
他人が裸同士のお付き合いをするのは日本くらいです。
P2131238.jpg
1時間以上入らない様に注意書きもあります。


こんな風に小さく区切ってる温泉もありました。
P2131228.jpg


例のチリ人の指示通り、1時間きっかりで温泉を後に。
ぬるいお湯でしたが、外が暖かいので上がった後、寒くはありません。

温泉周辺は長閑な村で立派なホテルやレストランもあり、ここに数泊したかったな~。と行ってみて良さに気付きました。
(プーノからアレキパに来る道中にあるので立ち寄るのも良いかも~。)
P2131236.jpg


いつ来るかわからないバスをひたすら待ちます。
ベンチ・屋根付きの待合所やキオスクがあったし、例のチリ人と一緒に待ってたので苦じゃありませんでした。
IMG_7930.jpg


お風呂上りはやっぱインカコーラ?笑
IMG_7926.jpg
コーラ味は、一切しません。
お味も見た目もメローイエローみたいなチープな感じ。
メローイエローは、昭和にあった飲み物です。
ちなみにこの「インカコーラ」は、マックなどのファストフード店にも選択肢としてあります。
コカ・コーラ社が発売しています。


ローカルに大人気のユーラ温泉。
アンデスの谷あいの温泉に入って心も体もスッキリ~!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ペルー夫婦旅5 ~白い街アレキパ~

2月10~13日 旅に出て147~150日目

オッラー

アレキパのセントロ(中心地)にある建物は、近郊で採れる白い火山岩から造られているため、『シウダーブランカ(白い街)』という別名があります。

世界遺産にもなってますが、、、世界遺産って多すぎて、価値が薄い気がしてきた…。


この町は、地震が多いので高い建物が無いそうです。
P2121188.jpg


P2121219.jpg


市民の憩いの場“アルマス広場”
P2131258.jpg


P2111179.jpg
インディヘナの格好をし一緒に写真を撮る商売をしてる女の子はいましたが、インディヘナのおばちゃんはほとんど見かけなくなりました。


公園の隣にはカテドラル。
P2131249.jpg


夜はライトアップされます。
IMG_7897.jpg
夜も人通りがあり賑わってました。
カテドラルを見渡せるレストラン街があります。高そうなイメージですが、実際そこまで高くなかったです。
安宿を併設してるレストランもありました。


『サンラサロ地区』
アレキパで一番古いエリア。
P2121205.jpg


P2121211.jpg


“チャチャニ山”6,075m。
P2121190.jpg


“メルカデレス通り”は歩行者天国になっており街随一のオシャレスポット。
P2121215.jpg
アレキパでは、マックやケンタ、スタバやダンキンドーナツなどのチェーン店をたくさん見かけました。


プーノでも見かけた綿菓子屋さんがアレキパにも。
IMG_7966.jpg


路上うずらの卵屋さん。
意外と(笑)人気店!
ローカルが払ってるのを見てたら5個入りでPEN1(¥35)でした。
IMG_7888.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム