エクアドル夫婦旅1 ~赤道直下の国エクアドルへ~

2月18日 旅に出て155日目

オッラー

ペルーとお別れし、エクアドル最大の都市『グアヤキル』へ。
エクアドルとはスペイン語で「赤道」という意味。
赤道直下にある国です。

お宿周辺の『ミラフローレス』地区から、バス会社までお宿のタクシーで。PEN15(¥525)
お安いホステルなのに、専属タクシーまでありました。

リマにはバスターミナルは無く、各々自社ターミナルを持ってます。
“Ormeno”というバス会社で行くことに。一人PEN290(¥10,150)
ガイドブックに、こちらのバス会社が大手で信用度も高いというようなことが書かれていたのですが、客層がヤバい…。
このメンバーで長旅、大丈夫かなあ。。
IMG_8159.jpg


アレキパ→リマ間で利用した“Cruz del Sur”社は超快適だったんですが、“Ormeno”は2時間早い翌日の17時にグアヤキル着ということだったので、わざわざこちらのバス会社を選びました。

にもかかわらず!!!!!

出発時刻の13時を大幅に過ぎた、15時発に!!!
“Ormeno”を選んだイミが全くもってないし、むしろバスターミナルで2時間ムダな時間を過ごすことになりました…涙
経由してくるバスならわかるけど、始発バスでなんで2時間遅れるんじゃ~!


バスは、ブランケットも枕も無く、ACの蓋が壊れているため冷たい風が体に直接びゅんびゅん当たる…苦笑
これはビニール袋を突っ込んですぐに解決したけど、テレビのボリュームも壊れていて、音量を小にしても爆音が耳元に…。
シートは狭いしリクライニングもそんなに良くなく、長旅でこんなバスだなんて、本当に最低!!!
食事もついてません。
IMG_8166.jpg
ペルーで1万円もするって、相当な価格なんですよ。


リマ市内は道も整備され都会。
IMG_8169.jpg


2時間弱走ると砂漠地帯に。
IMG_8183.jpg


IMG_8179.jpg


太平洋の夕焼け。
P2191358.jpg

20時、道中の食堂で30分の休憩がありました。


...翌朝...

いろんな不備があるバスでしたが、ぐっすり眠ることができました 笑
IMG_8195.jpg


9時、幹線道路沿いの食堂で朝食を。
周りのローカルが食べてたのと同じのをオーダーしましたが、牛肉は硬くて噛み切れないしいまいちなお味…。
IMG_8193.jpg
牛肉・卵・ヌードルが入ったスープ。


13時頃、警官がバスに乗り込み、イミのない荷物チェックを。
1つは確認したけど、もう1つは確認せずに次に行っちゃったり、かなりアバウト 笑


14時過ぎ、ランチタイム。
内臓系とお野菜の煮込み。
IMG_8199.jpg


牛肉の煮込み。
IMG_8200.jpg


サービスで出してくれた紫トウモロコシのジュース“チチャモラーダ”
ポルフェノールが多く美容に良い、血栓を防ぐ効果がある、糖尿病予防、大腸がんの発生を抑制する、肥満抑制などなど、体に良いそうです。
また飲みたいとは思わないお味でした…笑
IMG_8204.jpg
お会計PEN7(¥245)安っ!
2つオーダーして、コーラも飲んでこのお値段!


16時、ようやくイミグレに到着。
新しくできたイミグレらしく、ガイドブックに載ってる場所とは違いました。
出国、入国手続きが同じ建物内にあるのは楽ちんっ。
IMG_8210.jpg
出・入国それぞれ係官は一人ずつしかおらず、更に入国カードを入国審査の順番が来てから渡すという要領の悪さ…。
バス内で渡すか、建物内のどこかに置いておけよっ!
おかげで手続きに2時間もかかりました。


17時にグアヤキルに到着するという話でしたが、全然着きそうにありません。
イミグレからグアヤキルまで4時間かかると言ってるじゃありませんかっ!
どうしても避けたかったのに、暗くなってからの到着になってしまいました…。


22時30分、やっとやっとグアヤキルに到着!

この時間帯…。どうやってお宿まで行こっかなー。
空港とバスターミナルは隣接しており、空港で一晩明かすことも考えてました。

が、バスが停車したのはバスターミナル内ではなく、ただの路上…。
空港まで行くのも微妙じゃん。。

かなり凹んでバスを降りると、、、

目の前には“Holiday Inn Hotel”が!!
やったー!!ホテル専属のタクシーでお宿まで行こうっ!USD5

“Holiday Inn Hotel”はショボいイメージで、(普段の旅で)いつも候補に上がらないホテルでしたが、こ汚いバックパックを背負った私たちになんかまで親切に対応してくれたのでこれからはご贔屓にしよう 笑

リマのお宿を出たのが前日のお昼の12時。
グアヤキルのお宿にチェックインできたのが翌日23時。
トータル35時間かかりました。
軽く、日本に帰れてましたね。。笑

別に30時間かかろうが、40時間かかろうが、良いの。
ただね、時間通りに出発してたとしても20時半頃到着するわけだったわけでしょ。
17時到着ってなんだよ。。
毎日のことなんだからあきらかに時間読めてるはずだよね??
道が封鎖されてたとか、イミグレが休憩に入ってたとか、バスが壊れたとかなら仕方ないよ。
順調に進んだのに、到着時間に3時間以上の違いって…。始発バスなのに2時間遅れての出発って…。

こういうことは、途上国に住んでると「日常」「至ってフツウ」のことですが、いつまで経っても受け入れることができません。
いや、住めば住むほど、腹立つのかもしれない…。


お宿は“Hotel Sander”朝食無し一泊USD25 扇風機・ホットシャワー・TV・ロビーのみWiFi可。
IMG_8212.jpg
Luque1101yP.Moncayo
04-2320030
部屋は狭いですが、超清潔だし掃除も毎日入ってくれます。
最初、目の前にあるHotel Ecuadorというガイドブックに載ってる宿へ行きました。
客層が最悪で(ローカルの眼つきの悪いのがいっぱいいた)、カギを渡された部屋へ行くと、他のお客が使用中…。
部屋の管理もできてない宿でした。
結局満室だったので出て行きましたが、むしろ満室で良かった。
今は韓国人経営になってるっぽい。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

エクアドル夫婦旅2 ~エクアドル最大都市グアヤキルを歩く~

2月19~22日 旅に出て156~159日目

オッラー

ガラパゴスの玄関口『グアヤキル』に来てかなり黒人が増えました。
空が曇っていたせいもあるのかもしれないけれど、すっごく暗い街の印象。
そして、すれ違う人すれ違う人が、ちょーーー見てくる。。
南米に入ってこんな国は初めて!まるで南アジアやイスラム圏みたい。。
ガラパゴスの玄関口なのに、外国人が珍しいのかな?


グアヤキルで最も古いエリア“サンタアナの丘”へ。
カラフルな家が建ち並びます。
P2221383.jpg
お天気がよろしくないので見栄えがいまいち。。


ガイドブックには、オシャレなお店やレストランがあると書かれてますが、めっちゃショボいです。
P2221387.jpg


P2221389.jpg


P2221410.jpg


444段で頂上に辿り着くことが出来ます。
段数を書いてるほうが気が楽で、さくっと頂上まで行くことが出来ました。
P2221399.jpg


頂上から。
P2221409.jpg


P2221405.jpg


新市街とグアヤス川。
P2221402.jpg


丘の麓にはグアヤス川沿いに約2kmの“マレコン2000”という遊歩道があります。
レストラン、映画館や博物館がありますが、平日だったせいかほとんど人はおらず。。
IMG_8258.jpg


市民の憩いの場“セミナリオ公園”
P2211365.jpg


大量のリクイグアナが住んでいます。
P2211378.jpg


ベンチも占領。
P2211374.jpg


人形みたい~。
P2211363.jpg
餌付けされ野生ではないので、そこまで興奮しませんでした。


歩いていると私たちを惹きつけたお店。
IMG_8226.jpg


ポークサンド。USD1.5
IMG_8219.jpg


七面鳥サンド。USD1.9
IMG_8220.jpg


タレがこれまた美味しいんだな。
隣のテーブルのローカルがパン無しを食べてたので同じのを追加オーダー。
ポークUSD3、七面鳥USD3.5。お肉最高~!
IMG_8223.jpg
めっちゃ美味しくて、2日間通いました。
このお店のオリジナルメニューではなく、グアヤキルでは何軒も見かけました。


そして、グアヤキルと言えばこれ!!
IMG_8252.jpg


そう、マングローブガニ“カングレオ”!!
右奥に写ってるハンマーで割って、サルサソースをつけて食べます。
IMG_8238.jpg
2つでUSD6。強気のお値段!


カニのセビッチェ。
IMG_8245.jpg
チリ、ペルー、そしてエクアドルでセビッチェを食べましたが、チリ断トツ1位!


エビフライ。
IMG_8251.jpg
お会計USD33


無性に餃子が食べたくなり、中国人経営のレストランへ行きましたが、餃子が無い><
麻婆豆腐なんかもなく、やはり南米の中華は別物!
チキンのソースがけ。
IMG_8263.jpg


ポークの野菜炒め。
IMG_8267.jpg
お会計USD20
こういうのが食べたかったんじゃないんだけどなっ。
南米の中華って微妙??

そして、瓶ビールには紙ナプキンを巻いて出てきました。
「また選挙なんじゃない?」「まさか~。ただ滴がこぼれるのを防ぐためじゃない?」なんて話してました。

夜、ビールを飲みたくなった夫が買い出しへ行くと、どこも売ってくれなくってやっぱり選挙。。
しかも!!選挙は3日後なのに3日前から既に販売禁止…。
結局5軒くらい回って、中華系のお店でゲットできたそうです。

レストランでも出してくれるし、売ってくれるし、中国人の商売根性はすごいっ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

エクアドル夫婦旅3 ~楽園ガラパゴスへ~

2月22日 旅に出て159日目

オッラー

『グアヤキル』から、ガラパゴス諸島に浮かぶ島『サンタクルス島』へ。
お宿から空港は、お宿の専属タクシーでUSD5。

空港は新しくかーなーりーキレイでした。
空港内の広告がサムスンやLGなど韓国のものばかりですごかった><

入島管理料の支払いと荷物チェックが、かなりの長蛇。
あまりにも仕事がトロくさい、ちゃんと管理できていない(並び方がめちゃくちゃ)で、欧米人ブチ切れ…笑

私たちは時間に余裕を持って出発2時間前に行きましたが、飛行機に乗り遅れかけました。
(後日会った韓国人は乗れず、追加料金を払って次の便に乗ることになったそうです…。)

“Aerogal Airlines”グアヤキル→サンタクルス→キトで一人USD468
9時出発。
IMG_8276.jpg


1時間のフライトですが朝食がでました。
IMG_8279.jpg
一人一台のテレビもついています。


ガラパゴスが見えてきましたー!
P2231417.jpg


10時、1時間で到着。1時間の時差があるのでグアヤキルは11時。
IMG_8280.jpg
飛行機を降りた後は歩いて空港内へ。
で、ここでもちゃんと列を作らせることが出来ない状況で、欧米人またまたブチ切れ 笑
入島する際に必要な記入用紙を空港に着いてから配るのはいかがなものか。。
機内で配れー!

空港到着後、1時間弱で入島料の支払いが完了。
その後預け荷物を受け取り、またまた荷物チェック。
ガラパゴスの生態系を守るため、植物の種やフルーツなどの持ち込みが禁止されています。
が、チェックは甘々。。


荷物チェック後、無料大型バスで港へ。
空港がある島は、モルディブみたく空港しかない様な島なので、空港に着いてから更に有人島まで移動しなければなりません。
バスから見える海、既にキレイ~!
IMG_8284.jpg


10分程で渡船に到着。
P2231419.jpg


このボートで対岸へ渡ります。一人USD1弱
P2231424.jpg


早速ペリカン!
大の大人たちが、大興奮で完全に子どもに返ってます 笑
P2231430.jpg


5分くらいで対岸に着いたら今度はバスに乗ってセントロ(中心地)へ。
バスは乗客がいっぱいになったら出発するとのことで、ローカルに「タクシーで一緒に行こう。」と声をかけられタクシーで行くことに。
タクシー額は統一してるらしく、一台USD18。
4人でシェアしたので1人USD4.5。
バスだと一人USD1.5で行けるって言ってたかな?

30分くらいで、サンタクルス島のセントロに到着。
ガラパゴス諸島で2番目に大きなこの島の面積は986k㎡、人口約20,000人。

お宿探し。
1軒目のお宿は、部屋でネットもできるということだったんですが、またまた日本人だらけ><
ムリムリムリムリ!!!怖

周辺を探すと、部屋でネットが出来ない所が多い…。

「後1軒だけ見たら、2番目に見たお宿にしよう。」と話しながらフラフラ歩いていると、何やら立派な門構えのホテルが目に入りました。
IMG_8345.jpg
ダメ元が大スキ(笑)な私は「ここ聞いてみようよ~。」
ホテル名を見た夫が「あれ?ここ2日後に待ち合わせすることになってるホテルじゃん!」
「まじで~!すごい幸運だね!ここの金額聞いてみるしかないよ~!」


ホテルも立派な建物。
IMG_8344.jpg
「こんなホテルうちらの予算で泊まれるわけないじゃん!」
と、渋る夫をムシし、立派なホテルへ足を踏み入れる私。。

「ダブルルームありますか?1泊いくら?」
「28ドルだよ。」

え・え・え???このホテルで28ドル!??
ここにするしかないでしょ!!

「部屋を見せてくださいっ!」

ウキウキでスタッフの後をついて行くと、、、

なんと!!!

奥にしょっぼーい建物が隠れていたのです。。
IMG_8338.jpg


あははー。
こっちが28ドルか~。表に建ってる立派なホテルが28ドルなわけないじゃんね~笑


部屋でWiFiも出来るし、お湯も24時間出るし、ここに決めちゃいました。
IMG_8292.jpg


でもね、、、
私一言も言ってないんですよ。安い部屋を探している。ということを。
もちろん、裏に安宿があることも知らなかったし見えもしなかったんですよ。。
表の立派な建物のお客とは思われなかったんですよ…涙
人は見た目で判断されるもんだな。。とつくづく実感。。(表のホテルはUSD80)

“Hotel Flamingo”朝食無し一泊USD28 扇風機・ホットシャワー・TV・部屋でのWiFi可。
ACもファンも無かったので、暑いガラパゴスで無事眠れるか心配でしたが、扇風機だけで大丈夫でした。
お隣のお客用であろう無料のコーヒー紅茶やお水をいただけます。
キレイなタオル付きで、部屋の掃除も毎日入ってくれます。
朝食は一人USD6でつけることができます。
Thomas de Berlanga e Islas Plazas-Puerto Ayora,Santa cruz
02-2901687

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

エクアドル夫婦旅4 ~サンタクルス島の名所トルトゥーガベイ~

2月23日 旅に出て160日目

オッラー

サンタクルス島にあパウダーサンドビーチ“トルトゥーガベイビーチ”へ。

セントロから10分程歩くとこんな看板が目に入ります。
P2231443.jpg


登って行くと、建物がありこちらで名前、国籍、パスポート番号、入場時間を記入。
お水やアイスクリームを売ってますが、ここが最後の販売所。
この先にはなーんにも売ってないので、必ず飲み物持参で!かーなーりー暑いです!
P2241487.jpg


こんな遊歩道を歩いて行きます。
P2241488.jpg


灼熱地獄の中、30分歩くとビーチに到着!!
P2241516.jpg


早速、ウミイグアナ!
P2241521.jpg


種類が違うのか色が違います。
P2241501.jpg


まさに恐竜ですな!
P2241553.jpg


佇むペリカン
P2241514.jpg


カニもたくさんいました。
P2241507.jpg


P2241512.jpg


イグアナの足跡。
P2241531.jpg


ガラパゴスマネシツグミ
P2241563.jpg


ガラパゴスチュウシャクシギ
P2241537.jpg


ウチワサボテン
P2241541.jpg


実は食べることができます。
IMG_7394.jpg
ボリビアのチュルマニという村で食べましたが、サッパリしていて美味しい。


更にビーチ沿いを右へ歩いて行くと、小さな小さなラグーンがあり、お魚が多いのかシュノーケルをしてる人がいました。
P2241540.jpg


更に更に奥へ行くとまたまたラグーン。
最初のビーチは波が高く遊泳禁止になってますが、こちらは波が無く穏やかなビーチなので泳ぐことが出来ます。
P2241542.jpg


P2241545.jpg
ビーチにはアブ(ホースフライ)が多く、容赦なく刺してきます。
濡れていると特に刺してくるみたいなので、ビーチから上がると体を乾燥させた方が良いかも。
パラソルやビーチチェアのレンタル等も一切ありません。
パレオの四隅を木の枝にくくりつけて日除けを作りました。

超久々の白いビーチ!
我が家はビーチ好きで結構行ってましたが、2013年5月のオマーン以来のキレイな海!!
実に9カ月振り><

灼熱地獄の中、遊歩道を歩くのは非常にしんどく、着いた先でビールも飲めないけど、久々にキレイな海に行けて良かったっ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

エクアドル夫婦旅5 ~動物天国イサベラ島へ~

2月24日 旅に出て161日目

オッラー

サンタクルス島からガラパゴス諸島最大の島『イサベラ島』へ1日ツアー。
イサベラ島の面積は4,588k㎡、人口約2,000人、5つの火山があります。

お宿近くの“Vermilion Flycatcher Tours”で申込みを。ランチ付き一人USD105
(ツアーメンバーの中には一人USD140払った方もいたので、数軒回った方が良いと思います。)

メンバーは、フィンランド人の親子3名、デンマーク人女性、エクアドル人8名、そして私たちの合計14名。
あまり英語が出来ないガイド付き。

港には、ウミイグアナ、アシカ、エイ、ペリカン、そしてウミガメ!!
P2241573.jpg


7時半、出港。
P2241576.jpg


一番最後にボートに乗ったら空席がない~><

すると、ガイドから「2階席に行ってくれ。」と…。

2階って屋根が無いし居心地悪いんだよね~。凹みながら2階へ行くと、、、

運転席と2人分の特等席が!!屋根も付いてるし、見晴らしも最高!!


9時半、2時間かけてイサベラ島に到着。
P2251582.jpg


いきなり遊泳中のペンギンー!!
P2251659.jpg
ガラパゴスペンギンの体長は約50cm、体重約2km。
赤道直下に暮らすペンギンはこのガラパゴスペンギンのみ。
これで野生ペンギンに出会ったのは、マゼラン・ジェンツー・アデリー・ヒゲ・キング・そしてガラパゴスペンギンの6種類。
ガラパゴスペンギンは、マゼランペンギンにそっくり!


アシカも気持ちよさそうに泳いでました。
P2251586.jpg


島はアシカパラダイス。
P2251662.jpg


この様にベンチも占拠。
P2251593.jpg


ウミイグアナ
P2251649.jpg

こちらでお手洗い休憩をし、16人乗りのヴァンに乗り換えます。

向かった先には、フラミンゴ
P2251603.jpg


P2251608.jpg


お次はカメの施設。
P2251609.jpg


P2251636.jpg
ゾウガメには以前セーシェルで会ったのでこれで二度目。


P2251629.jpg


卵。
P2251643.jpg


標本。
IMG_8320.jpg


ちょっと早めのランチはこちらでいただきます。
IMG_8328.jpg


スープと、ビーフ、フィッシュ、ベジタリアンなどの中から選べました。
夫も私もフィッシュを。
IMG_8326.jpg

島を移動してシュノーケルポイントへ。

ボート一隻毎にアシカ乗船中。
P2251682.jpg


ペリカンも乗船中。
P2251669.jpg


シュノーケルポイントへ向かってると、、、


なんと!!!


ペンギンとアオアシカツオドリのコラボ!!
鳥の足に注目!その名の通り、足が青いのです。
P2251687.jpg


P2251705.jpg


そして海の中には巨大マンタ!!
P2251709.jpg


ウミイグアナの子ども
P2251722.jpg


ウミイグアナトカゲ
P2251725.jpg


そしてそして、シュノーケルではサメウミヘビアシカと一緒に泳ぎました。

シュノーケルを1時間楽しみ、行きと同じく2時間かけて、17時サンタクルス島に戻ってきました。

一人USD105と強気なお値段ですが、イサベラ島周辺に生息するペンギンにも会えたし行って良かったー!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる