コロンビア夫婦旅1 ~遂に南米最後の砦 コロンビア突入~

3月10日 旅に出て175日目

オッラー

アレハンドロとアナとお別れの日。
あーっと言う間に7日間が過ぎました。

特に何もないキトに7日間滞在した理由は、次の目的地行きのバスが木曜日と月曜日にしかないから。
キトに到着したのは火曜日。
木曜日出発だと3日しか滞在することができないので、7日滞在を選びました。

エクアドルの首都『キト』からコロンビアで3番目に人口が多い『カリ』へ。
コロンビアは、10数年前まで非常に危険で、バックパッカーも立ち入らない様な国でした。

そんなコロンビアに無事辿り着くことができるのでしょうか?

アレハンドロとアナとお別れの時。
必死で涙を堪えてた夫を見て涙…。
アレハンドロと夫は親子くらいの年が離れてますがウマが合い、2カ国目の駐在時代よく飲みに行ってました。
今回7年振りの再会でしたが、今度はいつどこで会えるんだろう。。

ありがとう!!

22時20分、20分遅れで出発です。

バス会社は“Americana de Latino”一人USD50
IMG_8716.jpg
12人しか乗っておらず内5人が観光客。元が取れるのか余計な心配をしてしまいました。
指定席のバスも自由席状態に。

0時過ぎても、電気を煌々とつけ、音楽もかかったまんま。。
なんだこのバス?笑

深夜3時15分、エクアドル側イミグレに到着。
音楽ガンガンな中爆睡してました。。

ここのイミグレ、なんと24時間やってるんです!!
夜中なので空いていてあっという間に終わりました。

歩いて国境を越えます。
IMG_8703.jpg
暗闇の中、闇両替人が何人か立ってたのでドキリとしました。
偽札を掴まされる可能性があるので、両替はしませんでした。

今度はコロンビアの入国手続き。
係官が超まとも!!
どうしちゃったのコロンビア!??

バスはコロンビア前に待機しています。
乗客の手続きは早く終わったけど、バスの手続きに時間がかかり、車内で待つ羽目に。

45分くらいで、全てが終了しました。

...翌朝...

目を覚ますと山奥を走ってました。
P3110340.jpg


7時、朝食の時間です。
無料のシャワーまでありました。
なんせこのバスは、南はボリビアのラパス、北はベネズエラのカラカスまで行っちゃう超長距離バスなんです。
2,3日かけて移動する人もいるので、シャワーが必要です。
IMG_8717.jpg
ドライバーはバスを洗い始めました。
えーっと、汚くても何にも気にしないから早く行こうよ~~。
結局、8時半まで1時間半もの休憩があり、みんな退屈そうに待ってました。


P3110353.jpg


14時、ランチの時間です。
IMG_8721.jpg
1時間弱でさっさと進むことに。

一度も検問も無く、16時カリに無事到着しました!!
どういうこと??
本当にコロンビアなの??


バスターミナルからお宿はタクシーでCOP6,000(¥300)

お宿は“Iguana Hostal”朝食無し一泊COP60,000(¥3,000)扇風機・ホットシャワー・部屋でのWiFi可・共同キッチン有り
IMG_8871.jpg
Av 9N 22N-22
(2)382 5364
お宿周辺は高級住宅街。


次の目的地の経由地の為にやってきたカリ。
サルサが有名な街。
サルサバーへ行ってみたかったんですが夜出歩くのは危険度高いので泣く泣く我慢 涙
ATMでコロンビアペソを引き出し、夕飯を食べて、さっさとお宿に戻ってきました。
P3120361.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コロンビア夫婦旅2 ~コロンビアの山間の町サレント~

3月12日 旅に出て177日目

オッラー

サルサの街『カリ』からコーヒーの町『サレント』へ移動です。
直行便はないので、『アルメニア』という町で乗り換えが必要。
カリ→アルメニア→サレントという行程。

キトからサレントまでダイレクトで行くと暗くなってからの到着になってしまうので、カリを経由地にしました。
コロンビアの治安が実際どんな感じなのかわかんなかったしね。

前日カリ到着時、アルメニア行きのバスを確認すると、かなり頻繁にあったので予約無しで当日購入することに。

バスではなく、ヴァンで。
コロンビアの移動はヴァンが結構使われています。
バスよりスピードが出るので良いねっ。

ヴァン会社は“Lineas de los Andes”カリ→アルメニア一人COP18,000(¥900)
IMG_8930.jpg


8時40分出発でーす。

市内を抜けると山景色。
P3130365.jpg


途中、警察官によるランダムな検問に引っかかってしまいました。
全員ヴァンから降りて、荷物チェック。。
が、警察官は何かを取ろうとかそういう雰囲気は一切なく、かなりまともでした!!
一昔前のコロンビアは一体…。

11時40分、3時間かけてカリからアルメニアに到着。
まだまだ移動は続きます。

今度は、アルメニアから最終目的地サレントへ。
サレント行きのバスは、バスターミナルのチケット売り場を突き抜けた先のバスが止まってる所で購入。そこの1カ所のみ。“Expreso Alcala S.A.”
IMG_8931.jpg


12時出発です。
アルメニアのターミナル周辺はアジア。
ごちゃごちゃしてるし汚いしゴミも多かったです。

30分くらい走ったところでお金の徴収。
一人COP3,800(¥190)安っ!!
P3130370.jpg


途中で制服を着た子どもたちが乗ってきました。
毎日山道バス通学だなんて大変><
P3130373.jpg
13時、トータル約4時間半でカリからサレントに到着。

お宿は“The Plantation House”
朝食無し一泊COP55,000(¥2,750)部屋でのWiFi不可・バスルーム無し・無料コーヒー・共同キッチン有り
IMG_8943.jpg
Calle 7 No.1-04 Salento
316-285-2603


部屋は森の中に。
P3140539.jpg
バスルーム付きのお部屋がフルでした。
他にお宿が見つかるかどうかわからなかったのでこちらに決めましたが、セントロにたくさんお宿があることが後でわかりました。
日本語のガイドブックにこの町のことは載っておらず、ロンプラ(欧米人が使うガイドブック)に載ってたお宿。
セントロからほんの少し歩くし、森の中にあるので虫が多いし、イギリス人経営の割にバスルームなんかも清潔じゃないのであまりオススメじゃありません。

自前のコーヒー農園を持ってるので見学が可能。
1泊したら一人COP15,000(¥750)
2泊したら一人COP10,000(¥500)
3泊したら一人COP5,000(¥250)
4泊以上したら無料
宿泊客以外は一人COP20,000(1,000)

9時と15時からそれぞれ3時間のツアーがあります。
スペイン語ガイドしかいないし、コーヒー農園にそんなに興味が無いし、そもそも私コーヒー飲めないので、見学はしませんでした。。

サレントで美味しいコーヒーを飲もうと思っても大きな間違い。
中南米のコーヒー、南アジアの紅茶、ネパールのパシュミナ、ガーナのチョコレートなどなど、品質の良いモノは全て日本などの先進国へ輸出され、現地には品質の良いモノは残りません。
私たち含め先進国は、お金にもの言わせ世界中の一番良いモノを手に入れてます。


さて、サレントで食べたものです。
トゥルチャ(マス)
IMG_8955.jpg


ポークステーキ
IMG_8956.jpg
お会計COP43,250(¥2,163)


トリプルバーガー
IMG_8989.jpg


ソーセージ×フレンチフライ
IMG_8993.jpg
お会計COP41,800(¥2,090)


屋台で売ってた炭火焼パン
P3140558.jpg


チーズを乗っけていただきます。
見た目は美味しそうですが、味は微妙!笑
P3140560.jpg
COP1,500(¥75)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コロンビア夫婦旅3 ~コロンビアの避暑地~

3月12~14日 旅に出て177~179日目

オッラー

サレントのセントロ(中心地)は鮮やかな建物がびっしり。

広場前。
P3140551.jpg


こちらは銀行。
P3130390.jpg


黒猫も映えますな。
P3130412.jpg


お土産通り。
P3130394.jpg


買い物も楽しい気分に♪
P3130397.jpg


思わず入ってしまいたくなるようなお店。
P3130402.jpg


メインストリートの突当りに展望台があります。
頂上まで上るとサレントの街並みが一望できます。
P3130420.jpg


  
展望台を更に左に下って行くと、マウンテンヴュー。
P3130405.jpg


何もありませんが長閑な所です。
P3130407.jpg


谷間を流れる川が情緒豊か。
P3130410.jpg


こちらはローカルエリア。
P3130381.jpg


色鮮やかなペインティングは広場とその周辺のごく一部のみ…。
P3140544.jpg


キャノピー(ワイヤーで釣られ山を渡るやつ。)が出来るよ!と呼び込みがあったので行ってみると、かなりショボイ…。
却下。
P3130416.jpg
サレントは、日中は半袖でちょうど良いくらいですが、朝晩はかなり冷えます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コロンビア夫婦旅4 ~ココラ渓谷 世界最長の椰子の木を眺める~

3月13日 旅に出て178日目

オッラー

『サレント』からロウヤシ(ワックスパーム)の群生が見られる『ココラ渓谷』へ。

セントロの広場から7時半と9時半にジープが出発します。
P3130385.jpg
雨季のこの時期、夕方はお天気が崩れやすいので7時半のジープで行くことに。後払い一人片道COP3,400(¥170)
ランチは持参。広場にはスーパーや朝から開いてるパン屋がありました。

ジープに乗り込んでる人たちの足元を見るとみんな長靴を履いてる><
長靴を履いてる人は、コーヒー畑ツアーに参加する人たちだと思ってたのに、ココラ渓谷も長靴が必要なの!??
お宿には長靴が何十足もありましたが、もう履き替えに帰る時間もないっ><

もう行くしかないっ><
7時半出発し、30分でココラ渓谷の入口に到着。

ショボいキオスクもあり、飲み物など一応こちらで購入することができます。
長靴のレンタルもあったので、こちらで借りることに。一足COP3,000(¥150)
ふ~良かった!!

それではトレッキングのはじまり~。
P3130429.jpg


P3130437.jpg


馬に乗って行くことも可能。
P3130442.jpg


牛もいてのどかな所です。
P3130443.jpg


こんな丸太を渡ったり、
P3140491.jpg


ロープを頼りに川を越えたり、
P3130468.jpg


手作り感満載の橋がいくつもありました。
P3130479.jpg


雨季のせいか足場はかなり悪いし、川の中を歩いたりするので、長靴無しじゃ相当厳しかった!
現地に長靴のレンタルがあって本当に良かった~~。


途中で道が二手に分かれました。
鳥も見られるらしい“ACAIME”という休憩所へ行ってみることに。
P3140504.jpg


スタート地点から約2時間半歩くと“ACAIME”休憩所に到着。
入場料一人COP4,000(¥200)で、お茶がついてきます。
P3140502.jpg


ハチ鳥は餌付けされてるし、ここに来たのは大失敗!!
P3140497.jpg
お手洗いは有料でCOP500(¥25)


11時50分、頂上までやってきたところで雨が。。
こんなに早い時間から雨ですか。。
夕方から降ると思ってたんだけどなあ。。
止みそうにないので、こちらでお茶をいただくことに。
P3140506.jpg


ホットココアとチーズを一緒にいただくのがコロンビア風。
チーズをココアに浸して食べます。
うん!微妙!笑
IMG_8978.jpg
チーズはここで作られたもの。


12時40分、雨が止んだので下山することに。
絶景が見られると聞いてたけど、激しい霧でなーーーにも見えません><

また土砂降りの雨が!!
道中、ロッジや雨宿りできる建物が一切ないので、みんなびしょ濡れ><

もうこのまま終わりかな~なんて思ってると、かなり下ったところで、絶景が広がっていました!!

本日の主役ロウヤシ(ワックスパーム)
高さは最大60m。
P3140513.jpg


何十メールものロウヤシ(ワックスパーム)が、無数に空に向かって生えてます。
P3140521.jpg


なんでこんなにちゃんと立ってられるんだろう。
P3140536.jpg


P3140524.jpg


この絶景から20分程歩くと、最初にジープを降りたところに辿り着きました。


??
どういうことですかーーー??


7時間弱歩いて、挙句の果てに土砂降りで、一番の見所では写真撮影もままならない。
洋服からバッグから何もかもびしょ濡れ。

こちら側から回った方が良かったじゃーん!!!
(こちらから行く人は一人もいませんでしたし、説明もありませんでした。)

途中、休憩もしましたが7時間程ココラ渓谷で過ごしました。
帰りの足は、最初に降りたところでスタンバってくれているので心配いりません。

サレントの村に着くと、ココラ渓谷のお天気とは全然違いました。
山のお天気は変わりやすいし、雨も多い。。

ホント、逆から回らなかったことが悔やまれます。。

※雨に濡れながらドイツ人のおじさんとの会話。
おじさんは、長靴を履いておらず、靴も大変なことになってました。
「私たちは入口で長靴のレンタルをしたよ。」と言うと、
「なんて商売下手なんだ!!長靴レンタルって声をかけるか張り紙でもしておけばみんな借りただろうに。
雨季にどれだけの雨が降るかも彼らは絶対にわかってるんだから、ポンチョの貸し出しもすれば良いじゃないか!」
これだけのことですが、お互いかなり納得し盛り上がりました。
サレントの人々は、商売下手な様です…笑

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コロンビア夫婦旅5 ~おとぎの国グアタペへ~

3月14日 旅に出て179日目

オッラー

『サレント』とお別れし、次の目的地おとぎの国『グアタぺ』へ。
サレント→アルメニア→メデジン→グアタペという行程。
今日は一日移動で終わってしまいそうです。

6時20分、アルメニア行きのバスに乗り、1時間で到着。
“Expreso Alcala S.A.”一人COP3,800(¥190)

お次は、アルメニアからメデジンへ。
メデジン行きは頻繁にありました。
“Empresa Arauca S.A.”一人COP32,000(¥1,600)
IMG_9013.jpg


バスの時間まで余裕があったのでバスターミナル内で朝食を。
どれも作り立てでホカホカで美味しかった~。
IMG_9003.jpg

17人乗りのヴァンで9時出発~。なんとWiFi付きです。

絶景でもなくただの山景色なんだけど見応えがあります。サルサもかかって最高~!
こちらはコーヒー畑。
P3150563.jpg


私の斜め前に座ってた青年。
誰かが汚したシートをティッシュで拭き取りました。

「なんて素晴らしい人なんだ!でも良い人はここまで止まりで、ティッシュはどうせ窓からポイ捨てするんでしょ。」なんて思いながら観察してると、

なんとー!!!汚れたティッシュを窓からポイ捨てしないで、自分のポッケに入れましたー!!!

こんな人(窓からポイ捨てしない人)、なかなかお目にかかれないので、激しく感動しました。


途中、想定外の休憩があったり、道路工事で一通になってたり、事故があったり、アルメニア→メデジンは通常6時間のところ、8時間もかかってしまい、メデジンに到着したのは17時!!><

今日はここメデジンが最終目的地ではありません。グアタぺというところが最終目的地。
こんな時間になってしまったけど、グアタぺ行きのバスあるかなー。。

面倒なことに、グアタぺ行きのバスターミナルは、別のバスターミナル。
夕方の激しい渋滞で、南のバスターミナルから北のバスターミナルまで45分かかりました。。

事前に交渉していたのにドライバーは「メーターの額で良いよ。」ってマケてくれた><COP12,000(¥600)
コロンビア、良い人多すぎ><

18時バスターミナルに到着しましたが、グアタぺ行きのバスあった!あった!
IMG_9019.jpg


18時10分、出発。“Sotrasanvicente & Guatape La Piedra S.C.A”一人COP11,000(¥550)
IMG_9023.jpg


「IZUSU」になってますけどー。
IMG_9027.jpg

20時15分、メデジンからグアタぺまで2時間で到着。
サレントからトータル14時間の移動でした。。

広場内のお宿。
朝食無し一泊COP40,000(¥2,000)ホットシャワー・TV・部屋でのWiFi可。
IMG_9032.jpg
パンダのベッドカバー。。


長時間の移動でお腹ペコペコ、喉カラカラ~。
お肉お肉~!!ビールビール~!!
コロンビアビール“Parche”と“Club Colombia”
IMG_9039.jpg


ビーフステーキ
薄っ!!
こんな薄いのが食べたいんじゃない~。
IMG_9035.jpg


ポーク、カッチカチ!笑
もはやどこにポークがあるのかわかんないでしょ?
お米の上に乗っかってるのがポークです。
IMG_9037.jpg
お会計COP38,900(¥1,945)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる