キューバ夫婦旅1 ~カリブ海の真珠キューバへ~

4月29日 旅に出て225日目

オッラー

中米だけをプラスする予定でしたが、カリブ海に浮かぶキューバにも行ってみることに。
(ジャマイカは以前3カ月ほど旅したのでスルー。)

アレが見たい、コレがしたいとか特に無く、ただ漠然とキューバに行ってみたかったのです。
夫はキューバに興味がありませんでした。
私が提案したことはいつもロクなことが起こりません。
案の定、この旅最大!?のハプニングが…。
が、とーってもステキな国でした!
キューバに興味の無かった夫も、これまで行った国の中でかなり上位に入るくらいお気に入りの国になったそうです。

途上国を転々とする仕事を持つ夫と結婚し、今ではもうインドに行こうが、アフリカに行こうが、カルチャーショックや新鮮味はありません。
でも、社会主義国キューバは、ある意味とーっても新鮮味があり、興味深いことがたくさんありました。

メキシコの『カンクン』から、キューバの首都『ハバナ』行きのフライトがあります。
さすが観光客の多いカンクンは、セントロから空港行きのバスが4時半~22時50分まで、約30分置きにあります。
バスターミナルへ行くと、タクシードライバーに声をかけられ、空港までMXN150(¥1,200)で行ってくれると言うじゃありませんか~!
バスだと一人MXN62(¥496) 二人で992円。
そこまで金額に差が無いし、待ち時間も無いのでタクシーで行くことに。

キューバに行くには、ツーリストカードというモノを購入しないと飛行機に乗れません。
当日空港で購入することも可能ですが、売り切れてる場合もあるそうなので、ベリーズからカンクンに到着した朝、イスラムヘーレス島へ行く前に旅行代理店で事前購入。作成日から1カ月有効。
10分くらいで作ってもらえました。一人MXN310(¥2,480)
Cubana Airlinesのオフィスへ行くと500円くらい安いそうです。

“Cubana Airlines”一人往復USD335(カード請求額一人¥34,916)
チェックインでは出国税一人USD26を徴収。


カンクンの空港を期待して早めに行ったけど(Cubana Airlinesはターミナル2)、お土産屋かなりショボいです。。
ビーチエリアにもセントロにもかわいいパレオが無かったので、空港にあるかも?なんて期待してたけど無い…。

出国審査はなぜかありませんでした。何で??
14時50分、予定時間前に出発。
国際線なのに、食事はなくクッキーと飲み物のみ…。

キューバに近づいてくると海岸線が見え始めました。
P4302580.jpg


カリブ海最大の島キューバ。
P4302600.jpg


全長1,250km、最大幅191km。
P4302592.jpg


面積111,000k㎡(日本の本州の約半分)。
P4302594.jpg
キューバ時間16時50分、1時間で到着。
メキシコのカンクンとは1時間の時差があります。

途上国でよくある話ですが、着陸と同時に乗客が拍手喝采 笑
キューバでも乗客が拍手を。
無事到着できたことと、パイロットにありがとうの意味を込め、私たちも大きな拍手を送りました。
最近は、誰も拍手しないエアラインでも、拍手してしまってます 笑

入国審査では、髪の毛が顔にかかってたら耳にかけるように指示されたり、かなりじっくりパスポート写真と本人確認をしたり、入念。普段は二人で審査へ行きますが、二人同時は許されませんでした。

預け荷物は、出てくるまでに1時間もかかりました。
それでも私たちの荷物は先に出てきた方で、まだまだたくさんの人が荷物がやって来るのを待ってました。
何か変なモノを持ち込んでないかチェックしてるのかな??

空港2階にあるATMは使えなかったので、手持ちのドルを両替することに。
スタッフに、「ここで両替するとレートが良いよ。」と勧められ、1階にある旅行代理店の様な所で、キューバの通貨2種類を手に入れました。
空港ロビーに両替屋がありましたが、長蛇の列になってたので、やっておいて良かった。

※キューバには2つの通貨があり、主に外国人が使用する兌換ペソ(CUC)と、主にローカルが使用する人民ペソ(CUP)があります。
CUPはローカル用と言われてますが、私たち外国人も使うことができます。
CUCを持ってるローカルもたくさんいます。
また、CUCの値札があってもCUPで支払うことも、その逆も可能でした。
同じお金だもんね。
「通過をいちいち2つに分けないで、ローカルと外国人の値段を変えたら良いだけじゃん。」と思ってしまいます…。


空港から旧市街までタクシーで30分弱で到着。CUC20(¥2,200) 
空港からはバスなどの公共機関が無く、タクシーしか選択肢が無いのが痛い…。

キューバには“カサパティクラル”と言って、民家に宿泊するシステムがあります。
スペイン語のカサを日本語に直訳すると「家」、パティクラルを直訳すると「個人的な」とか「私的な」。

カサパティクラルは、民家の一室だけ借りたり、玄関から丸ごと借りたり、ホテルの様になってたり、様々な形態です。

どの家庭がカサパティクラルをしているかという目印はこちらの錨マーク。
それぞれのお宅の玄関前に貼られています。
P5022750.jpg
政府認定から潜りのカサパティクラルまで色々あるそうです。


こちらは手書きのカサパティクラル。
手書きですがこちらもれっきとした政府認定カサパティクラル。
P5012719.jpg


そして、青い錨マークが主流ですが、赤い錨も!!
青は外国人とローカル用、赤はローカルのみだそうです。
赤は連れ込み宿にもなってるそうで、時間単位で借りることも可能。
P1012980.jpg


男女の間にハートマークまで 笑
P1013110.jpg


カサパティクラルは、自由にやって良いわけではなく、常に政府によって監視されています。
宿泊客がいてもいなくても、一室につき一月150CUC(¥16,500)政府に払わなければなりません。(地域によって金額は少々違う)
これはキューバ人にとってはかなりの大金です。
繁盛してるカサパティクラル、そうじゃないカサパティクラルが同額というのはヒドイ話…。
ゲストの何パーセントを上納するようにすれば良いのに。と思ってしまうけど、そうすると誤魔化す人がでてきて収集つかなくなっちゃう。

ゲストが来たら必ずその都度、ゲスト情報を政府に報告しなければならず、もしこの報告を怠ったらCUC1,500(¥165,000)のペナルティ…。
もうありえない額のペナルティだから絶対にヤレ!ということなのでしょう。。

キューバのホテルは全て国営なので、モノを盗られたり、超サービスが悪かったり、掃除も行き届いて無かったりするそうなんですが、カサパティクラルは個人経営なのでその点は安心。
私たちが宿泊したカサパティクラルでは、トリップアドバイザーのランキングを気にしてるオーナーが何人もいました 笑 
てか、インターネットがあまり普及してない国でトリップアドバイザーの存在をしってることにビックリ。

ホテルの様な外観で部屋数も多く、どう見てもホテルの様なカサパティクラルもあります。


事前に調べておいたカサパティクラルへ行くと、アパート。
アパート自体のカギがかかってたので、インターフォンを押すと上からカギが落ちてきました 笑
うん、下まで開けに来てくれるよりも、効率が良いぞ~!笑
ハバナではこの様に部屋まで行かずに、下から上へ、上から下へモノを渡してる人たちをよく見かけました。

こちらのカサパティクラルは生憎の満室でしたが、知人のカサパティクラルを紹介してもらえました。
コミュニティーが確立してるみたいです。
次のお宿のオーナーが迎えに来てくれ、彼のカサパティクラルまで一緒に行く途中にも、錨マークをたくさん見かけました。
ハバナではお宿の心配をする必要は無さそうです。

私たちが泊まったのは“Frank Linares”朝食付き一泊CUC25(¥2,750)AC付き・バスルーム共同・WiFi不可
IMG_1098.jpg
Industria 305 3er piso e/ Neptuno y San Miguel Centro Habana
(537)860-3383

5月のキューバ相当暑いので、AC無しだとかなりキツイです。
首都の小さなアパートに40代のゲイの男性が一人暮らし。
2室ある内の1室は自分の部屋、もう1室をカサパティクラルにしてました。


部屋からの眺め
P5012747.jpg


立地は、旧市街内のセントラル公園近く。
IMG_1144.jpg
周辺は、黒人だらけで一見スラムっぽいんだけど、暗くなってから外出しても大丈夫なくらい治安は良いです。
ゴミだらけで立ちションしまくってるのか、たまにおしっこ臭い場所があるのが難点…笑
大して用もないのに、ウロウロしてる黒人も多いんだけど、何か盗ってやろうとかそういうのが無く、スラム街などに多い目がギラギラしてる人がいません。
社会主義国の影響なのか!??


メインストリート“オビスポ通り”のレストランにて。
フライドフィッシュ。
IMG_1101.jpg


フライドシュリンプ
IMG_1106.jpg
お会計CUC22(¥2,420)
1プレート500円くらいだったので、この地域でこのレストランは良心的なお値段。
(アルコール代とチップ代で2,000円越えてます。)


量が少なめで、小腹が空いたのでローカルで賑わってるお宿近くのレストランへ。
テイクアウェイ用のカウンターでは、立ち食い飲食も可能。
私たちもローカルに見習って立ち食いしてみることに。
このポークが柔らかくて、酸味が効いていて最高に美味しかった!!
お値段もお手頃で、1プレート400円弱。
お米は中米で食べられる黒豆入りご飯“コングリ”。
IMG_1112.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

キューバ夫婦旅2 ~ハバナの旧市街を練り歩く~

4月29日~5月1日 旅に出て225~227日目

オッラー

キューバの首都『ハバナ』の旧市街は世界遺産に登録されています。
5月のハバナ強烈に暑いです!!とにかく暑いです!!

メインストリートの“オビスポ通り”
P4302621.jpg


P4302620.jpg


昭和を彷彿させるショーウインドウ。
P4302619.jpg


オビスポ通りから1本入ると住宅街。
この辺りは黒人の住居が多いのかな。黒人が目立ちます。
P5012685.jpg


P5012691.jpg


“アルマス広場”では本の市場。
情報源の少ない社会主義国キューバでは貴重な本たち。
P4302627.jpg


P4302624.jpg


現在は灯台の役目を果たす“モロ要塞”
P5012647.jpg


旧市街と新市街を結ぶ海岸線“マレコン通り”
遊歩道があり歩きやすいのですが、とにかく暑い!!
P5012662.jpg


向こう側は新市街。
海で釣りをするローカル家族。
P5012661.jpg


ローカルでごった返すフリーマーケット。
P5012732.jpg


P5012734.jpg


昨日空港のATMが使えなかったので、セントロ内のATMへ。
この国にあるほとんどのATMは中国製。
そしてこの中国製のATMは、VISAカードは使えるけど、Masterカードは使えないことが判明。
私たちが持ってるのはMasterカード…。
機械(ATM)じゃなく人が操作してくれ、Masterカードでもお金が引き出せる所がありました。ほっ。パスポート必須。
カードでショッピングした時にスタッフが使う、あの機械。

ATMでは引き落としできない外国人で長蛇の列。
VISAカードじゃない人もいるもんねえ。
みんな現金を手にでき、ほっとしています。

そしていよいよ私たちの番。
カードをスタッフに渡し手続きをしてもらいますが、どういう訳かできない…。
額が大きすぎたのか?!
何度かトライしてもらいましたが、私たちは現金を手にすることが出来ませんでした…。
ATMを見かける度に、引き落としを試みますが、どこも中国製の機械でMasterカードは利用不可…。
ま、その内なんとかなるでしょ~。12万円分くらいのUSドルを持ってきたし、しばらくはこれで凌げば良いよ~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

キューバ夫婦旅3 ~キューバの交通事情クラシックカー~

4月29日~5月1日 旅に出て225~227日目

オッラー

キューバは、1940~1950年代のクラシックカーで溢れてます。
運転免許すら持ってない私なので、車には興味が無いのですが、かわいい車がたくさんありました。
P4302613.jpg


P5012644.jpg


P5012639.jpg


P5012658.jpg


P5012740.jpg


P5012673.jpg


P5012694.jpg


P5012682.jpg


P5012710.jpg


P5012727.jpg


P5012706.jpg


P5012688.jpg


P5012716.jpg


P5012631.jpg


日本では既に見かけなくなったサイドカーもたくさん。
P4302615.jpg


P5012683.jpg


アジアやアフリカや南米でも見られるトゥクトゥクにそっくりのココナッツをイメージした“ココタクシー”
ココタクシーのドライバーは女性もいました。
南アジアやイスラム圏などでは女性ドライバーはありえないのでかなり新鮮。
P5012713.jpg


ドライバーはメットを被ってます。
P5012677.jpg
このココタクシー、見る分にはかわいいけど、乗る分には微妙。
前方部分が剥き出しになってるので、雨の日は雨がザーザー入ってくるし、事故った時の被害も大きい。


“人力車”
4カ国目の駐在先にも大量に走ってましたが、キューバのは座席部分がゆったりとしていて乗り心地が良かったです。
P4302608.jpg


首都では観光客用になりつつある“馬車”
P4302614.jpg


バスはほとんどが中国製。
乗用車はクラシックカーと韓国製ばかり。日本製はほぼありません。

クラシックカーは、約70年前のポンコツ車が150万円くらいだそうです。
車を所持して良いかどうかも政府によって管理されてるそうです。

こんな年代物の車ばかりだと、修理屋は大儲け!
排気ガスが凄まじく、外出すると顔や腕がザラザラになり、こするとものすごい垢が。。

タクシードライバーが儲けられるという話もありますが、どこの途上国でもドライバーは車をレンタルしてる場合が多いのです。
なので、ドライバー自身が儲けられるというのは微妙です。

そうじゃなくても、維持費やガソリン代などかかります。
私自身、途上国に住んで車を持つ生活をしてますが、本当に大変なことです。
日本車でも壊れる壊れる、壊れまくります。
道が悪い、ガソリンが悪い、(ドライバーの)運転が下手くそなど、理由はたくさんあるのですが、壊れた時に修理屋がとにかく完璧に直せないんです。
日本車でさえこんな状況。
70年前のクラシックカーがどれだけ維持費がかかるか容易に想像つきます…。

そして、ガソリン代は1L、100円もします。
IMG_1642.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

キューバ夫婦旅4 ~恐るべし社会主義国の実態~

4月29日~5月1日 旅に出て225~227日目

オッラー

強烈に暑い5月のハバナ。
歩いてはビールを飲んでの繰り返し。

とある大衆酒場で絡んできたおっさん。(以下の話とは関係ありません。)
P5012722.jpg


世にも怖い本当にあった話のはじまりはじまり~。

店内に小奇麗な老夫婦がいました。
ニコニコしていてとても感じの良い二人。

ビールを1本飲み終える頃、ウェイターが私たちのテーブルに新しいビールを持ってきました。

私:「オーダーしてないよ。」

ウェイター:「あちらのお客様からです。」 老夫婦の方を指しました。

うっわー!おじいちゃん粋なことやってくれるね~!!

これさ、コロンビアのグアタペという町のサダデーナイトにもこういうことがあったよね!

ラテンな人たちはやることが違うわ~♪

「グラシアス(ありがとう)、サルー(乾杯)」 少し離れた席からビールを持ち上げ、お互い乾杯。


その後物売りがやってきたので、お菓子を購入。一つCUP1(¥4)
IMG_1122.jpg
段ボールに直に入ってますが、そんなの気にしな~い。


この物売りが仕事の合間にビールを購入し、くいっと飲み出したではありませんか!
私たちが購入したビールは1本100円。
ハッキリ言って、1つ4円のお菓子を売り歩いてる彼が気軽に手を出せる金額ではありません。

「どういうこと??」

彼が飲んでたビールは私たちのとは種類が違いました。
金額もだいぶ違うのでしょうか!?

安いと言っても物売りが気軽に手を出せる金額なのでしょうか?
ナゾは深まるばかり。。


その後も、私たち日本人が物珍しいのか、他のお客が私たちのテーブルに来ては何やら話しかけてきます。
キューバと言えば、野球。
キューバ人は、大リーグの日本人選手のことも本当によく知っていて、夫と野球話で盛り上がっています。
夫は日本国内のチームにもそれなりに興味があるのですが、大リーグや国際サッカークラブにより興味があります。

ついでに、物売りが飲んでるビールの金額を聞いてみることに。

私:「あの人(物売り)が飲んでるビールっていくら?」

おっさん:「CUP10(¥40)だよ。」

えぇ~!!40円!!!私たちが飲んでるビールの半額以下!!!
それでも、1本40円のビールは物売りの彼にとっては高額なもの。


手作り感満載の灰皿。
IMG_1134.jpg


野球話などで盛り上がってると、いつの間にかビールを奢ってくれたおじいちゃんがいなくなってました。
隣に座ってたおばあちゃんはまだいました。

私:「夫婦でも何でもなくてただ単に相席になっただけなんじゃない?ビールのお礼もしないままになっちゃったね。」

しばらくすると、おじいちゃんがニコニコ急ぎ足で大衆酒場へ戻ってきました!片手に何やら袋を提げて。
なんだ~、買い物に行ってたのか~。
戻ってきてくれて良かった、良かった。

戻って来るなり私たちのテーブルに来るおじいちゃん。

袋の中から買ったばかりの帽子を私の頭に被せてくれたのです!

お・お・おじいちゃん・・・・・・涙

見ず知らずの私にビールを奢ってくれた上、こんなプレゼントまで。。。

「ありがとう、おじいちゃん。」


普段帽子を被らない私たち。
お互い被って写真を撮って気分よく時間が過ぎていきました。

「くれたは良いけどさ、結構荷物になるよね~笑」

「確かに嵩張るよね~。」

「てゆうかさ、まさか売りつけられたりしないよね?笑」

「ははは~まさか~笑」

「でもさ、もし、もしも売りつけられたとして、いくらだったら買う?」

「う~ん、ローカルが買う分には相当安いことが分かったし、CUP50(¥200)」くらいじゃない~?」


なんて盛り上がってるところに、おじいちゃん再登場。

「おじいちゃん、本当にありがとう!」

おじいちゃんも相変わらずニコニコ、そして大満足の顔をしてます。

そんなおじいちゃんの口から出た言葉・・・

「CUC10(¥1,100)です。」

どっひゃー!!!笑笑

まさかが現実になってしまいました…笑

最初にビールを奢るのが作戦だったわけね…。

ちょうどビールを飲み終えた時だったのでお店を後にすることに。
これ以上変なことに巻き込まれたくないので、奢ってもらったビールの分はお返しして。
もちろん売りつけられた帽子は買わず…。

すると、、、

さっきまで仲良く野球話をしていた他のお客が私たちを追ってきました。

「僕にもビール奢ってくれ~。」

どっひゃっーー!!お前ら全員物乞いか!!!



またある時は、、、
夫がビールの買い出しに行きレジに並んでると後ろのおっさんが、

「ビールを奢ってよ~。」

靴も履いて、ネックレスもしてるある程度お金を持ってそうな人だったとか。



またまたある時は、、、
ビーチでお金持ちそうなローカルに声をかけられ、散々野球話で盛り上がった後、

おっさん:「タバコある?」

夫:「いや、ないよ。」(本当はある。)

おっさん:「じゃあ、コーヒー飲みに行こう!」

夫:「いや、止めとくわ。」

おっさん:「じゃあビール飲みに行こう!」

夫:「今はいいわ。」

おっさん:「じゃあ、1ペソ(110円)ちょうだい!」

夫、唖然。。。

その前に首につけてるゴールドのネックレス売ってこいっつうの!!


途上国で物乞いに色々強請られることはよくあります。
でもね、他国の物乞いは物乞いであって身なりもかなりヒドいけど、キューバの場合は身なりも良いし明らかに定職もあるような人が、何かを強請ってきます…。
お給料が少ない国なので、気持ちが分からないわけじゃないけど…。

恐るべし社会主義国…。


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

キューバ夫婦旅5 ~キューバ最大のリゾート地バラデロへ~

5月1日 旅に出て227日目

オッラー

今日はメーデー。
世界中のほとんどの国が祝日です。

首都『ハバナ』から、キューバのリゾート地『バラデロ』へ。
メーデーなのでバスが走ってません。

前日、お宿近くのホテル内の旅行代理店でタクシーの手配をしてもうことに。
ちょうど隣のお客もバラデロへ行くとのこと。
4人でタクシーをシェアすることに。一人CUC25(¥2,750)
一人CUC25は高いと思いましたが、メーデーだから仕方ないよね…涙
当日タクシーが見つかる可能性も低いもの。

ハバナ→バラデロはバスだと片道一人CUC10(¥1,100)
ただ、多くの旅行者が拠点とする旧市街からバスターミナルはかなり離れてるのでタクシー代がかかっちゃいます。

キューバではホテルに入ってる旅行代理店がバスの手配もしてくれます。一人片道CUC25(¥2,750)
ホテル前発着なので、バスターミナルまでのタクシー代など考えたら、大差ないので旅行代理店で予約した方が堅実。


8時、時間通りお宿まで迎えに来てくれました。
一緒に行く女性二人組は韓国人。

一人は日本語ぺっらぺら。
「なんで日本語が出来るの?」
「日本の文化や食べ物に興味があったので独学で勉強しました。」

す・す・すごすぎる・・・。
独学でこのレベルまで話せるなんて。。
私よりも日本語が上手だし、日本のことも詳しい!
音楽や芸能人の話なんて、逆に私がついていけず申し訳なかった。。苦笑

もう一人はカナダ在住。
「なんでカナダに住んでるの?」
「韓国は生きていくのが大変。上司が帰らないと帰れないし、お休みもなかなか取れないし。」
日本と一緒だ…。

ハバナからバラデロまでの道路はかなりキレイ。
やりますな社会主義国!

韓国人と色んな話をしてあっという間に2時間でバラデロに到着。

バラデロのセントロで降ろしてもらい、お宿探しを。
そっこら中に、カサパティクラルがありました。
どこのお宿もCUC25(¥2,750)からは下がりません。
新しくキレイなカサパティクラル、古くて汚いカサパティクラル、どこも同じ金額。。
差をつけないと古いお宿には誰も宿泊しないよね…。

朝食無し一泊CUC25(¥2,750)AC・ホットシャワー・WiFi不可
IMG_1153.jpg


こちらは一軒家の一室を、カサパティクラルにしてました。
介護が必要になりかけてるおじいちゃんと娘家族のお宅。
P5022752.jpg


セントロは、バラデロ中の人が集まって来たんじゃないかと思うくらいの人人人!
P5022772.jpg
メーデーで祝日なので、公園では大音量の音楽が流れ、アルコール片手にダンス。
ウォッカなどのハードリカーをストレートで飲みまくり。。そしてゴミはポイ捨てヒドい状態に。


メインストリーの大通りはお土産屋やレストランが点々とあって、どこも似たような雰囲気。
セントロらしきセントロはありません。
P5062794.jpg


こちらは脇道。
P5022768.jpg



メインストリートのお土産屋。
P5022774.jpg


P5062798.jpg
リゾート地ですが、パレオは売ってませんでした。


開いてる所を一度も見ませんでしたが柔道教室。
P5022773.jpg


ハバナで溢れていたクラシックカーはバラデロにも。
P5022751.jpg


P5022769.jpg


ローカルや観光客の足、馬車。
P5062792.jpg


そう、まだお金をATMで引き出せてません。
バラデロは、キューバ一(いち)の観光地なので外国人も多く、ATMもたくさんあります。
が、やはり首都ハバナと同じく、どこのATMもVISAカードしか取り扱ってません…。

銀行の窓口で、Mastterカードも引き出しをやってくれるわよ。と教えてもらったので、明日行くことに。(今日はメーデーで銀行お休み。)
ハバナでもトライしたあれ。さすがに今回は上手くいくでしょ~。だって他の人たちみんな引き出し出来てたもん。
私たちだけが出来ないわけないよね~。

まあでも、明日から4日間のホテルはオールインクルーシブだから食費もかからないし、カードで支払いしたし大丈夫。
それに、万が一明日も引き出し出来なかったら、ホテルで何百ドルかカード切ってもらって、現金もらうようにお願いすれば良いっか~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム