ウイグル夫婦旅1 ~旅の準備~

36回目のバースデートラベルで選ばれた先は、


厳しい自然環境のウイグル
Kokbayraqflagsvg.jpg


旅行代理店
公共交通機関があまり発達してない地域のため、専用車を依頼することに。
対応が早く、親切、丁寧、日本語ペラペラのローカル会社セイナンスカイ

天山天地とカラクリ湖のパオ(テント)は、現地で直接交渉して宿泊することも可能みたいですが、
夫の職場に事前に宿泊先等を全て提出しなければなりません。
また、タシュクルガンのお宿もネットでは探しきれなかったので、パオとタシュクルガンのお宿を旅行代理店に依頼することに。

日系の旅行代理店にも見積もり依頼しましたが、セイナンスカイのちょうど倍の金額!!
地球の歩き方に載ってる旅行代理店でしたが、ちょーーー不親切でした!
会社名書きたいけど、こういうのってブログに書いたらダメなんだよねえ?
マジで最悪でした!あ゛ー!!書きたい!!
中国って、日本語が出来るローカルの旅行代理店が腐るほどあるので、わざわざ高額な日系に依頼する必要も無いよね。。


予約サイト
国内のエアチケット、列車、ホテルなどが予約できる専用サイトCtrip
なんと!日本語バージョン有り!
以前は、列車のチケットは数日前に駅まで行って購入したり、旅行代理店に手配してもらわなければならなかったそうです。
便利な世の中になり、今はネット購入し、自宅まで送付してもらえます。
翌日届きました!
IMG_5576.jpg
しっかりした厚紙の封筒にに入ってました。


旅程
日数移動移動手段観光先宿泊先
1北京07:40 09:10→ウルムチ11:50 13:15
ウルムチ→天地(1.5h)
Chaina Southern Airlines
専用車
天山天地天山天地
2天地→ウルムチ(1.5h)
ウルムチ14:01→
専用車
列車
列車
3→カシュガル09:58(20h)列車カシュガル老城
職人街
日曜バザール
カシュガル
4カシュガル→オパール村(1h) 
オパール村→タシュクルガン(6.5h) 
専用車オパール村
ブルンクル湖(ブロン湖)
カラクリ湖
タシュクルガン
5金銀灘草原
石頭城
タジク族民家訪問
タシュクルガン
6タシュクルガン→塔合曼草原(0.5h) 
塔合曼草原→スバシ峠(1h)
スバシ峠→カラクリ湖(1h)
専用車塔合曼草原
スバシ峠
カラクリ湖
カラクリ湖
7カラクリ湖→カシュガル(5.5h)
カシュガル16:20→ウルムチ18:00
ウルムチ19:10→北京22:40
専用車
Air Chaina


スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ウイグル夫婦旅2 ~中国のスイス~

5月29日 1日目

アッサラーム・アライクム

35歳最終日、最悪な事態発生!

なんと!!

飛行機に乗り遅れた!!

かなり余裕を持って自宅を出発したんですよ。

朝のラッシュ時でもないのに激しい渋滞。
空港道で事故があったみたいで、渋滞に巻き込まれてしまいました。

空港に到着したのが、飛行機離陸10分前。。
タクシー降車後、ダメ元でダッシュでカウンターに向かいましたが、ムリでした 大泣

35歳最終日、ツイてなさ過ぎ…苦笑


次のフライトの買い直しです。。
チケットカウンターは乗り遅れたお客で長蛇の列。

一人30,000円の出費。。。

痛い。。痛すぎる。。。

不幸中の幸いだったのは1時間半後にフライトがあり、空席もあったこと!!
1日1便とかじゃなくって本当に良かった~!

てゆうか、海外でクレジットカードを持ち歩かない私たち。
エアチケットを現金で支払ったので、旅行代理店に現地で払うお金が足りなくなっちゃった><
到着時間が遅れることと、全額払えないことを電話すると、

「旅行から戻って振り込んでくれたんで良いですよ。」って。

なんて親切なのよ~!!
セイナンスカイの張さん!!



初めて乗る国内線。
国内線なのに、セキュリティーチェックが超厳しいっ!!

定刻の9時10分に出発~!
“Chaina Southern Airlines”一人片道RMB1,068(¥21,360)+買い直し分一人片道RMB1,500(¥30,000)


ウルムチ空港に到着する頃、天山山脈が見えました。
P5295641.jpg


ウイグルは砂漠地帯。
P5295642.jpg


定刻の13時15分、ウルムチ空港に到着。
P5295651.jpg


日本語ペラペラ、親切な張さんと出口でご対面。
車内で、ウイグル名物のナンとお水を配って下さいました。
P5295649.jpg
は~、気も利く~!


専用車で中国のスイスへ向け出発~!
車内では、テレサテン、美空ひばり、Kiroro、チャゲアス、徳永英明の音楽が流れます。
張さんの音楽センスはよくわかりません。


空港から約1時間半、天山天地に到着。
P5295653.jpg
一般車が入れるのはここまで。
写真の建物の入り口でパスポートとセキュリティーチェックを受け、中のチケット売り場へ。
入場料一人CNH125(¥2,500)と、天山天地までのシャトルバス往復一人CNH90(¥1,800)。
シャトルバスの片道チケットは無く、往復のみ。
張さんはガイド免許を持ってるので全て無料。

大型バスに乗客がいっぱいになれば、出発。
男性ガイドが乗車し、マイクを使って中国語でひたすら何かを説明してます。
30分くらい続いたかな?本気でうるさかった!!

舗装された山道を走ること1時間弱。
山頂の駐車場に到着。
一般車が、山頂付近まで行かせてもらえない理由は、環境保護のためらしい。
周辺は国立の森林保護区に指定されてるそうです。
P5295664.jpg


ここから展望台まで更に歩いて20分程。
電気カートがあったので利用することに。一人CNH10(¥200)
P5295665.jpg
交通費がちょこちょこ嵩みます。。


北京から7時間。

遂に!

中国のスイス、天山天地に到着!!
(モンゴル語で「聖なる山」という意味)
P5295749.jpg


標高1,980m。
長さ3,400m、最大幅約1,500m、面積4.9k㎡、最大深度105m。
P5295728.jpg


絶壁に遊歩道。。
P5295741.jpg


パオ(カザフ族の移動式住居)が見えます。
P5295747.jpg


カザフ族の民族衣装で記念撮影が可能。
交渉次第ですが、最終的にRMB5(¥100)になりました。
着ませんでしたが。。
P5295735.jpg


ボートに乗って景色を楽しむことも可能。
普通バージョンが一人RMB80(¥1,600)
豪華バージョンが一人RMB95(¥1,900)
P5295740.jpg


山頂に変な建物。。
ヨーロッパの山々と何かが違うのは、こういう余計なモノを作っちゃうセンスなのかなー。
P5295706.jpg


中国、特にウイグルの様な地域では、外国人の宿泊は規制があります。
天山天地に宿泊する際は、警察に届け出が必要。
こちらで手続きをしました。
警察官がパスポートナンバーを入力すると、私たちの全ての情報がパソコンに一瞬で出てきました。
素晴らしい情報システムだ…。
P5295699.jpg
ローカルは顔写真、生年月日、個人ナンバー等が記載されてるIDカードを常に携帯しています。(大抵どこの国にもある)
張さん曰く、IDカードにはGPSが埋め込まれてるんだとか。。

明朝、下の駐車場に迎えに来てくれる約束をし、張さんは家路につきました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ウイグル夫婦旅3 ~カザフ族のパオと食事~

5月29日 1日目

アッサラーム・アライクム

天山天地は、基本日帰りする観光地。
でも美しい湖畔に宿泊しないのはもったいない!
カザフ族のパオ(移動式住居)に宿泊できるそうなので、1泊することにしました。
1泊RMB400(¥8,000)
P5295684.jpg


中はゴージャス。
P5295666.jpg


カザフ族の民族衣装などを飾ってます。
P5295676.jpg


リアル毛皮。
P5305828.jpg


よくわからないガラクタ
P5295677.jpg


パオからの眺めが素晴らしいんです!
張さんに見晴らしの良いパオを事前にお願いしました。
P5295674.jpg


P5295685.jpg


P5295670.jpg


パオで食事を提供してもらえます。(有料)
メニューがあるんですが、半端なく高い!!
P5295774.jpg


ウイグルに来たからには本場の羊肉串!
主が炭火で焼いてくれました。
P5295780.jpg


1本RMB10(¥200)
P5295782.jpg


野菜炒めRMB80(¥1,600)
P5295787.jpg


山奥且つムスリムの地域ですがビールがありました!1本RMB7(¥140)
こんな景色の中飲むビールは格別!!
P5295791.jpg


夜は、お布団を準備してくれ、自分たちで敷きました。
5月末、暖房はありませんでしたが、かなり着込んでお布団をかけて寝たら大丈夫でした。
P5305826.jpg
電気コンセントは室内にありました。
シャワーとお手洗いはないので、シャワーは我慢するしかありません。
お手洗いは、、、


青空トイレ!笑
P5295798.jpg


布きれ意味あるの?ってくらい、かなりオープンです。
板の方まで行って用を足すんでしょうが、板が折れたらかなり悲惨なことになるので、板の手前でしました。
P5295797.jpg
ビールを飲み過ぎ、何度も行く羽目になりました 笑


しかし、お手洗いが室内に無かったお蔭で、夜こんな美しい景色を見られました。
20時半頃。
P5295794.jpg


21半頃。
P5295812.jpg


P5295814.jpg


P5295817.jpg


天山天地に宿泊しない限り、この景色は見られません。
お手洗いが青空だろうが、シャワーを浴びられないだろうが、洗われてないお布団だろうが、
そんな小さなことほんっと、どうでも良くなってくるでしょ!?


以前は家畜と共に遊牧民として生活してたカザフ族。
今はここに定住し、遊牧生活をしてません。
この辺りで遊牧生活をしていたところ、ここが観光地になったので観光業をすることに。
その方が生活が安定するし、お金になるもんね。
遊牧民も以前とは生活に大きな変化が生まれました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ウイグル夫婦旅4 ~シルクロードを列車で駆け抜ける~

5月30日 2日目

アッサラーム・アライクム

パオでの朝食。
磚茶というお茶の葉を煮出し、ミルクと塩を入れた飲み物“乳茶”。
ウイグルやモンゴルでポピュラーだそうです。
まさかお塩が入ってるとは思わず、飲んだ瞬間「うっ」となり、私の口には合わずそれ以上飲めませんでした。。
P5305820.jpg


薬缶に入ったお湯を準備してくれ、顔を洗ったり、歯磨きをしました。
夫は髪の毛まで洗ってた…。
寒いのに…。
野生化してる人はさすが違います…。


夫がウルムチでアポイントメントがありました。
一般車の駐車場に向かうシャトルバスの始発時間は特に決まってなく、人が集まったら出発。
第1便は10時くらいになるそうで。
どう考えてもアポに間に合わないので、車をチャーターして駐車場まで行くことに。RMB100(¥2,000)

駐車場に帳さんが迎えに来てくれてました。
待ち合わせ場所まで送ってもらいます。

ウルムチはウイグルの日本でいう県庁所在地で世界で最も内陸に位置する都市です。
中国の県庁所在地は、地方でも大都会。
P5305839.jpg


張さんとはお別れをし、夫の仕事関係者とレストランへ。
完全にムスリムのお店。
P5305850.jpg


雰囲気も人も、中国とは思えないでしょ?
IMG_5929.jpg


ラッシー。
P5305854.jpg


ウイグルナン。
P5305853.jpg


ヌードルを細かく切った“皇帝粥”。
これめちゃくちゃ美味しかった!
P5305862.jpg


ウイグルピラフ“ポロ”。
羊肉、人参や玉葱などのお野菜、お米をたっぷりの油で炊き込んだ料理。
P5305856.jpg


私たちが「ウイグルは~」なんて話をしてると、
漢族の張さんには、「ウイグルではなく新疆(しんきょう)と言うんですよ。」と訂正されました。

夫のアポの相手はウイグル族。
私が「新疆は~」と言うと、「新疆ではなく、ウイグルと言うんですよ。」と。

漢族とウイグル族、根深い民族問題があります。。


駅まで送っていただき、これから寝台列車でカシュガルへ。
駅は、いくつかセキュリティーチェックがあります。
決まった時間にならないとホームには行けず、それまで大きな待合室で待機。
日本の様に当日チケットを購入して、乗りたい時間に乗るという感覚とは違います。
自由席の人々は良い席を取ろうと必死です。
IMG_5930.jpg


こちらがホーム。
そしてこれから乗車する寝台列車。
P5305866.jpg


一等車の通路。
一等車一人RMB455.5(¥9,110)
チケットの送料など入れると二人でRMB1,009(¥20,180)
P5305924.jpg


一等車は4人部屋。(個室はありません。)
2段ベッドです。
ネットでチケットを購入した際、ベッドの位置まで指定できました!すごい!
数百円高い、下段二つを予約しましたが、下にして大正解。
起きてる間、窓際でくつろげます。
2階のベッドの中国人は、私たちのベッドの通路側にそれぞれ座り、筆談や夫の覚えたての中国語で会話を楽しみました。
P5305871.jpg


車掌が各部屋を廻り、チケットの回収。
引き換えに右側のカードを渡されました。(降車時また交換します。)
P5305878-1.jpg


14:01、定刻出発~!


二等車は3段ベッド、個室ではありません。
P5305933.jpg


三等車はベッド無しの自由席。
二等や三等の人は一等車両に来られないようになってますが、一等の人は他の車両へ行くことが出来ます。
P5305927.jpg


こちらは食堂車。
準備中なので人がいませんが、ご飯時には満席になってました。
P5305925.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ウイグル夫婦旅5 ~誕生日はローカルと過ごす列車旅~

5月30~31日 2・3日目

アッサラーム・アライクム

誕生日当日。
シルクロードの車窓を眺めながら過ごしました。

ウルムチから次の目的地カシュガルはフライトがあります。
列車とほぼ同額で、たったの2時間で到着できます。
が、シルクロードの車窓を感じたかったので、敢えて時間のかかる列車移動を選択。
P5305891.jpg


P5305899.jpg


P5305902.jpg


P5305914.jpg


P5305918.jpg


P5305922.jpg


P5305923.jpg


同室になった漢族の子が、色んなお菓子を分けてくれました。
私ももっと日本のお菓子持ってくれば良かった。。
P5305908.jpg


いただいたキャラメルを食べた時、悲劇は起こりました…。
P5305943.jpg


前歯が!

前歯が!!

前歯の差し歯が取れた!!笑

今日ね、36回目のお誕生日なんですよ。

悲惨過ぎ…笑


乗車してからずーっとビールを飲んでたので、停車駅で購入したおつまみ。RMB5(¥100)
P5305912.jpg


飲み物やお菓子、お弁当の車内販売があります。
お弁当一つRMB20(¥400)
同室のみんなでお弁当をいただきました。
列車の旅ってローカルとこういう過ごし方を出来るのが良いよねっ。
P5305948.jpg
でね、バースデーディナーがこのお弁当なわけ 笑
高級ホテルで過ごすのも良いけど最近ずっとそんな誕生日だったから、
こっちの方が絶対に新鮮で、思い出深いっ!


同室の漢族の女の子は、ロシア語を話せるので、ロシア人観光客のガイドの仕事をしています。
(ウイグルはロシアに近いのでロシア語を勉強する人が多い。)

彼女には5歳の女の子がいます。

ご主人も彼女も仕事をしてるので、列車で6時間くらい離れた所に住んでる彼女の両親が、彼女の子どもを育ててます。
(彼女とご主人のお給料を聞いたけど、全然生活に困らないくらい稼いでる。むしろ中国人の平均月収より上。)

月に2回、週末に子どもに会いに実家に帰るんだそうな。
今日がその日で子どもに会えることをものすごく楽しみにしてました。

日本では滅多にそういった話を聞きませんが、私がこれまで住んだ国や、周りの友人の話を聞くと、意外とそういう人っていて。
なんだろう、こういった話を聞くと、日本の常識って、世界の常識ではないな。って思います。


翌朝、8時頃。
P5315955.jpg


P5315964.jpg


P5315973.jpg


P5315974.jpg


P5315988.jpg


定刻の09時58分、約20時間かけて、カシュガルに到着。
南米旅行で長距離移動をフツウにしてたので、20時間の移動なんて全然苦じゃありません。
水平になるベッドまであって快適っ!
慣れってすごいよね!


ウイグルにはウイグル時間というものがあります。
中国国内、時差が設定されてませんが、非公式で北京時間より2時間遅れで生活してます。
日本の25倍もの広大な国なのに、むしろ時差が無い方が不自然?
iPhoneは自動的に時差を調整してくれますが、カシュガルに到着した瞬間、自動的に2時間遅れのウイグル時間になりました。
P5315992.jpg


いきなりバリバリのムスリムのかほり。。。
P5315991.jpg


駅には、たくさんのムスリムのタクシードライバーが客引き。。。

しつこい。。。

うるさい。。。

イスラム色がめちゃくちゃ濃くなった。。。

ホームに戻ってきたと思う自分がいる。。。
P5315995.jpg
駅からホテルまでRMB20(¥400)で交渉。


お宿は、“天縁国際酒店”。
Ctripで事前予約。
朝食付き1泊RMB200(¥4,000)
老城に近く立地は良いですが、部屋はかなり古いです。
IMG_5973_2015070514443075f.jpg


部屋からの眺め。
P5315998.jpg


5月末のカシュガル、ものすごく暑い!!
半端ない!!
乾燥が激しく、近くの砂漠の影響で砂埃もひどい。。
砂漠地帯にやってきたんだなー。って実感できます。


2日間シャワーを浴びられなかったのでシャワーを浴び、お宿近くの食堂で腹ごしらえ。
夫オーダー“牛肉麺”
P5316005.jpg


私オーダー“爽口涼皮”
暑いカシュガルでサッパリ!
P5316002.jpg
2つでRMB14(¥280)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム