ベルギー夫婦旅1 ~天井の無い美術館~

9月14日 4日目

ボンジュール

オランダの『キンデルダイク』から、ベルギーの古都『ブルージュ』へ。
P9145535.jpg
キンデルダイク→Capelsebrug(194のバスで30分一人€4)
Capelsebrug→ロッテルダム(メトロで20分)
ロッテルダム→アントワープ(列車で1時間)
アントワープ→ブルージュ(列車で1時間半)


オランダの『ロッテルダム』で乗った列車が、全席指定席。
指定席の特急列車は私たちが購入した鉄道パスでは利用できません。
車内で追加料金二人で€59(¥8,083)徴収されてしまいました。
利用できない列車があることは事前に確認済みでしたが、わかりにくい!

そもそもヨーロッパの列車って、改札やホームに駅員がいなくて不便。
チケットの自販機もコインしか使えず、短期旅行者がチャージカードを買うのも微妙。
出発到着のお知らせも無いし、座席の向きを変えられるわけでもないし。
もうね、ホント日本が特別な国なんだよね!

改札機が無い駅が多く、車内で乗車券のチェックがあります。
無銭乗車したらベルギーの場合は75ユーロの罰金を払うことになるそう。


パスポートチェック等なく、何事もなかったかのように国境通過。
P9145557.jpg
ベルギー『アントワープ』駅構内。
アントワープはフランダースの犬の舞台になった場所。


アントワープ駅での待ち時間、初本場ベルギーワッフルを買ってみました。€2(¥274)
甘過ぎ…。
P9145573.jpg


ブルージュのホテルは“Hotel Bla Bla”
P9145575.jpg
朝食別一泊€84(¥11,508)+市税1人1日€2.12(¥290)部屋でのWiFi可。
メインストリートや広場から近く立地が良く、部屋は清潔でスタッフも◎


ホテル近くのショッピングストリート。
18時になるとお買い物中でもそんなのお構いなく、一斉に追い出されてしまいます 笑
P9155597.jpg


ブルージュも寒い~~!
体は慣れてきてるはず+南下してるのに、オランダのキンデルダイクよりも寒いー。
P9155602.jpg


ベルギー生まれのGODIVAは至る所にありました。
P9155607.jpg


馬車で観光。
P9155613.jpg


別名、天井の無い美術館ブルージュは歴史地区一体が世界遺産に登録されています。
ヨーロッパの中でも美しいと言われているマルクト広場。
P9155609.jpg


13~15世紀に建てられた鍾楼。
P9175768.jpg


P9175769.jpg


こういうの、ゴシック建築って言うの?

美しいとも何とも思わない…。

むしろキライ。。

空が青くないから余計に微妙。

太陽があまり現れない時期のヨーロッパってテンション上がらない。。


夕食はホテル近くのレストランへ。
悪魔の意味Duvel €4.5(¥617)
アルコール度数8.5%
P9145577.jpg


ブルージュ地ビールBrugge Tripel €4.8(¥658)
アルコール度数8.2%
P9145590.jpg


シュリンプコロッケ+ロブスターのクリームソース煮込み+サラダ+フレンチフライのコース€19(¥2,603)
P9145583.jpg


P9145585.jpg


トマトスープ+牛肉ビール煮込み+サラダ+フレンチフライのコース€19(¥2,603)
P9145580.jpg


P9145587.jpg


フレンチフライの発祥国はなんと美食の国ベルギーです!
ファストフード大国アメリカ発祥だと思い込んでたー。
P9145589.jpg
お会計€61(¥8,357)


さすが美食の国ベルギー!
食事が美味しい!!
オランダから来たから余計にそう思うのかな?笑


バーで一杯。
左:Tongerlo Bruin €3.9(¥534)
アルコール度数6.5%
右:Tongerlo Blonde €3.9(¥534)
アルコール度数6.0%
P9155619.jpg


ライトアップされたマルクト広場。
P9165715.jpg


鍾楼。
P9165718.jpg


チャリ置き場。
P9165719.jpg


オランダに引き続き、ベルギーも自転車文化。
チャリ専用の信号機。
P9175793.jpg


オランダは黒人の移民が多かったけど、ベルギーも黒人、アラブ人の移民が目立ちます。
ハラール(ムスリムのお肉の処理法)のお肉屋までありました。

オランダと同じく、ベルギーもかなり英語が通じるので旅がめちゃくちゃ楽!!

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ベルギー夫婦旅2 ~ベルギーで迎えた夫の誕生日~

9月15日 5日目

ボンジュール

今日は記念すべき夫の40回目の誕生日。
ベルギーの首都『ブリュッセル』へ。
当初の大まかな予定ではブリュッセルに行く予定ではありませんでした。
が、ブルージュはお天気が良くないので散策してもつまらない。
旅に青空は重要!!
ブルージュ→ブリュッセル(列車で1時間)

『ルイーズ』というショッピングエリアでコートやストールなどを買ってもらってヌクヌク~。
これで快適に旅行が続けられる~。うしししし。

ブリュッセルも晴天ではないけれど、ブルージュよりは、ましっ!

ランチで入ったレストランが大大大正解!
ローカルでごった返し、絶え間なくお客がやってきます。
P9155630.jpg


ベルギーではアルコールをオーダーすると必ずおつまみを無料で出してもらえます。
P9155624.jpg


あちこちのテーブルで食べられてたポーク煮込み€20(¥2,740)
めちゃくちゃ大きいの!
大きさが分かるようにお皿にパンを置いてみたよっ。
クリームキノコソースが絶品!
P9155641.jpg


エビのピリ辛ソース煮込み€16(¥2,192)
ポーク煮込みとクリームソースが被ちゃったけど、エビはプリプリ、濃厚ソースで美味!
P9155634.jpg
お会計€54(¥7,398)
夫のお誕生日だからお昼から盛大に。


大広場グランプラスへメトロで移動。
P9155644.jpg


P9155645.jpg


P9165663.jpg


フランスの小説家ヴィクトルユーゴーが「世界一美しい広場」と称賛した広場グランプラス。
P9155648.jpg


P9155659.jpg


P9165661.jpg


ブルージュに引き続き、こういう建物の何が美しいのか夫婦揃って全くわからず…笑
芸術センスゼロです 笑


ブランプラス近くにあるショッピングアーケード。
P9165664.jpg


チョコレート屋がたくさんありました。
デコレーションがアフリカチック。
P9165665.jpg


ブリュッセルの方が圧倒的に美味しそうなレストランが多いけど、帰りがダルくなるので、ブルージュまで戻り夕食を。
ブリュッセル中央駅。
P9165666.jpg


左:ベルギーでポピュラーなビールの内の一つJupiler €6(¥822) 
アルコール度数5.2%
右:ブルージュ地ビールBrugse Zot €7.5(¥1,028)
アルコール度数6.0%
P9165683.jpg


フルーティーなHoegaaden White €4(¥548) 
アルコール度数4.9%
P9165701.jpg



そろそろお気付きですか?
ベルギーはビールへのこだわりが強く、ビールの種類によってグラスも違います。
アルコール度数が高めのビールが多く、温度や注ぎ方にもこだわりがあるみたい。
そして、ビール大国にしては全然ビールが安くなくない?


ベルギー発祥のフレンチフライは食事とセットで必ず出てきます。
P9165699.jpg


ガーリックムール貝€22(¥3,014)。
どのレストランもだいたいノーマル、ワイン、クリーム、ガーリック、カレー、チーズなどの味の中から選べます。
P9165695.jpg
数えてみたら、66個も入ってた!
量が多い。。飽きる。。日本人なら5人でシェアしてちょうど良い感じ。
日本人は色んな味をちょこちょこ試せるほうがスキだよね。


チーズビーフステーキ€22(¥3,014)
P9165688.jpg
もっと濃厚チーズだったら良かったのになー。
お会計€67.5(¥9,248)


300種類のビールを扱うバーへ。
P9165731.jpg


左:Hercule stout €4.25(¥582)
アルコール度数9.0%
夫はコーヒー、私は納豆味に感じました 笑
右:Belle Fleur €6(¥822)
アルコール度数6.0%
P9165736.jpg


これまでは、プレゼントなんて購入出来ないような国に駐在してましたが、今の国ではプレゼントの調達も可能!
夫には内緒で誕生日プレゼントを事前に購入し、プチサプライズ。

前国では仕事の関係上9月に休暇を取るのは難しく、ちょっと良いレストランで外食するだけでした。
記念すべき40回目の誕生日を久々に海外でお祝いできて良かったー!

共通のスーツケースにプレゼントを隠し持ってたので、バレないようにするのが大変だった5日間でしたが、これで開放されたー。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ベルギー夫婦旅3 ~水の都ブルージュ~

9月16日 6日目

ボンジュール

サマータイム中なので、明るくなるのは8時頃。

雲に覆われ、雨が降ったり止んだり鬱陶しいお天気のブルージュ。
散策する気にもなれず、朝はゆっくりホテルで過ごしお昼過ぎから行動開始。
昨日、食べ過ぎたので私だけランチを抜きました。

夫は1人でドネルケバブ(ピタパンにケバブやお野菜を挟んだもの)を食べてきたそうです。
中東からの移民が多いため、アラブ系のお店があります。
写真はありませんが、500mlのペットボトル以上の大きさでかなり食べ応えがあったそう。
お手頃価格で、1つ€5(¥685)


ランチを抜いといてアレですが、ベルギーに来たからには食べておきたかった本場のワッフル!
P9165754.jpg
€10.5(¥1,439)と、お高い。。
ビールも飲める様なカフェで食べたせいもあるのかもしれませんが、そんなに美味しくなかった!
絶対日本で食べた方が美味しい。。


夫は甘いものがキライなのでいつでもどこでもビール。
P9165746.jpg


水の都ブルージュは、ベルギーのヴェネツィアと呼ばれてます。
P9165669.jpg


P9165670.jpg


P9165672.jpg


P9165674.jpg



P9175756.jpg


レースやコブラン織のお土産物屋。
中国で見たことあるモノ(もちろん中国製)を売ってるお店が多かった…。
P9165671.jpg


お昼寝中のワンコ。
P9175759.jpg


P9175760.jpg


P9175771.jpg


P9165675.jpg


夕食は入り組んだ場所にあるお店に適当に入ったら、雰囲気も味も良くて大正解!
表からはお客はいないように見えるけど、中に入ると満席。
欧米人のガイドブックに載ってるのかな?と思うほど、次から次へとお客がやってきました。

左:大皇帝カール5世をモチーフにしたCharles quint
アルコール度数8.0%
右:特殊なお水を使用したOrval
アルコール度数6.2%
P9175775.jpg


左:入手困難Westmalle Double
アルコール度数7.0%
右:無農薬製法Chimay Triple
アルコール度数8.0%
P9175789.jpg


ウサギ肉シチュー€28.5(¥3,905)
P9175784.jpg
ウサギ肉は鶏肉に食感が似てます。
大人な甘苦い味。


ベルギー発祥のフレンチフライは二度揚げでカリッと揚がって美味!
「おかわりはいかがですか?」とウェイターが訪ね回ってくれます。


ベルギー原産高級野菜シコンのグラタン
P9175780.jpg
シコンはあまり入ってませんでしたが、外のこんがり焼けたチーズの中からトロトロのチーズが溢れ出てきたー。
お会計€69(¥9,453)


夜、暗くなるのは20時頃。
P9165704.jpg


P9165711.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ベルギー夫婦旅4 ~世界一小さな街デュルビュイ~

9月17日 7日目

ボンジュール

ベルギーのヴェネツィア『ブルージュ』から、ベルギーの避暑地『デュルビュイ』へ。
ブルージュ→リエージュ(列車で2時間)
リエージュ→バルボー(列車で50分)
バルボー→デュルビュイ(徒歩1時間)

修学旅行シーズンで、現地の高校生と同じ列車になりました。
公共の場でも騒がしくしてしまうのが子ども。
学校関係者でも何でもない老女が何十人の生徒相手に注意をしました。
すごい勇気!
生徒たちも老女の言うことを聞き入れおとなしくなりました。


デュルビュイの最寄り駅バルボーは無人駅。
P9195984.jpg


バルボー駅到着は12時でしたが、デュルビュイ行きのバスは既に無く…。
P9195989.jpg


バルボー駅から(この道を)5分程歩けばレストランやカフェがあるので、タクシーを呼んでもらうという選択肢もありますが、
旅中も一応肉体改造を忘れてないので、歩いて行ってみることに。
P9195990.jpg


小雨が降る中、いくつかの峠を越え、1時間でデュルビュイに到着!!
標識の矢印が変で、ずっと大通りを進むような標識になってますが、途中で右折しなければなりません。


デュルビュイのホテルは“Hotel Victoria”
P9175819.jpg
朝食別一泊€72(¥9,864)+市税1人1日€1(¥137)部屋でのWiFi可。


ブルージュのホテルもそうだったけど、内装が合理的でオシャレ!
P9175821.jpg


デュルビュイにはホテル兼レストランのところが多く、我がホテルの1階もレストラン。
P9175826.jpg


P9175823.jpg


1時間歩いたご褒美にビールで乾杯。
歩いたイミ無いって!?笑
デュルビュイ地ビールDurboyse Brune・Blonde €4.2(¥575)
アルコール度数11%
P9175837.jpg


デュルビュイは、都市機能が揃ってるという意味で世界最小の街。
人口は500人程。
P9175827.jpg


世界一小さな街を散策。
P9175828.jpg


P9185914.jpg


ジャム、チーズ、ビールなどを取り扱ってるお店。
P9175830.jpg


看板犬。
P9175825.jpg


そして、一休み。
左:Durboyse Trplei €4.3 (¥589)
アルコール度数8.0%
右:Curtius €5.1(¥699)
アルコール度数7.0%
P9175844.jpg


左側のソーセージ屋には看板豚ちゃん。
P9175832.jpg


小さな小さな街ですが、土産物屋もあります。
P9185916.jpg


P9175839.jpg


ここ数日食べ過ぎたので夕食は軽めで。
Leffe Blonde・Brune €3.5(¥480)
アルコール度数6.5%
P9185849.jpg


ハンバーガー€5(¥685)
P9185850.jpg


ここにも中東からの移民。
ドネルケバブプレート€10(¥1,370)
P9185851.jpg
お会計€22(¥3,014)
お店選び大失敗!
美食の街と言われてるデュルビュイでこんなミスを犯すなんて…笑

田舎に来たせいか、英語があまり通じなくなり、レストランでは英語メニューが無くなっちゃいました。
オランダに引き続き、ベルギーもお水が美味しくない!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ベルギー夫婦旅5 ~ベルギーワッフル完敗~

9月18日 8日目

ボンジュール

この旅始まって以来!?

青い空がちょっと現れた日。

やっぱり旅に青い空って超重要。
同じ景色も曇り空か晴天かで全くの別物に見えるもんね。

てか、晴れ間が無い日が続くと気分も沈む…。
欧人が異常に太陽を好む理由が分かった様な気がした。
北欧や韓国などの冬が長い国では、冬になると自殺者が増えるって聞くけど、納得だわ…。
P9185875.jpg


P9185912.jpg


P9185879.jpg


P9185915.jpg


世界一小さな街デュルビュイにはお城まであります。
P9185866.jpg
カヤックやラフティングをすることができ、キャンプ施設もあります。
アウトドア派の方も楽しめる街。


ブランチで飲んだビールグラスがかわいかった。
左:La Chouffe €3.1(¥425) 
アルコール度数9.5%
右:Maes €4.5(¥617) 
アルコール度数5.1%
P9185881.jpg
もちろんビールボトルもグラスと同じデザイン。
既に注がれた状態で運ばれてきたので、ボトルが無いのが残念。。


左:Oude Geuze Lambic €4.1(¥562)
アルコール度数7.0%
とてもビールとは思えないありえないマズさだった!笑
右:Grimbergen Brune €3.5(¥480)
アルコール度数6.5%
P9185892.jpg


ハンバーガーをシェア€11.9(¥1,630)
ビーフだと思ってたらチキンだったー。
しかもキライな胸肉ー。
英語メニューが無いのは痛い!
P9185891.jpg
竹串の変わり?にナイフが突き刺さってきた…苦笑
お会計€27.1(¥3,713)


ヴューポイントが閉鎖中。。
高台に登ってみましたが、木が邪魔してる~。
P9185903.jpg


美味しいベルギーワッフルに出会えるまでワッフルを見つけては食べてみる。€2(¥274)
これは史上最強に美味しくなかった!!
P9185920.jpg


ベルギー最後の晩餐。
P9195929.jpg


めちゃくちゃ大きな牛の剥製!
P9195924.jpg


左:Leffe Brune €4(¥548)
アルコール度数4.5%
右:Durboyse Blonde €4(¥548)
アルコール度数11%
P9195922.jpg


Lla Corne Triple €4(¥548)
アルコール度数10%
P9195945.jpg
グラスが特徴的。
面白い形のグラスで飲んでみたいと思ってたので、最後の最後にでかした!


生ガキ€12(¥1,644)
今度はレモンにスプーンが突き刺さってるー。
レモンを絞っていただきます。
P9195935.jpg
大根おろしとポン酢で食べるのが一番!


ポークステーキ€18(¥2,466)
P9195939.jpg
最初こちらをオーダーすると「ものすごく大きいけど大丈夫?」とウェイターが親切に教えてくれました。
なのでメインを1品にして前菜をオーダーしましたが、全然大きいと思わなかった…笑
お会計€46(¥6,302)
スイス辺りと同じく、ウェイターそれぞれがお釣りのお財布を持ち歩いてるので、お会計が超スムーズ!!


後でわかったんだけど、かなりの有名店だったらしい…。
P9195951.jpg


ホテル近くの夜の街。
P9195957.jpg


ホテルの通りに週末のみ営業するバーがありました。
P9195958.jpg


旅好きのオーナーが世界各地でお土産を買い集めてるそう。
P9195963.jpg


P9195964.jpg


こちらの骸骨はインカ時代のホンモノって。
ホントに!?
P9195961.jpg


左:Biere du Corsaire cuvee speciale €5(¥685)
アルコール度数9%
右:Tempelier €5(¥685)
アルコール度数6%
P9195972.jpg



9月19日 9日目

ボンジュール

ベルギーの世界一小さな街『デュルビュイ』から、ルクセンブルクの首都『ルクセンブルク』へ。
デュルビュイ→バルボー(タクシーで5分)
バルボー→リエージュ(列車で1時間)
リエージュ→ルクセンブルク(列車で2時間半)

オランダもベルギーのホテルも、個人経営のこじんまりしたお宿なのでレセプションが無人の時が多い。
チェックアウトの時間が早い場合は、前日の内に支払いを済ませ、ルームキーの置き場確認等をしておいた方が良さそう。

デュルビュイから最寄りのバルボー駅へのタクシーは、前日ホテルで事前予約を。€18(¥2,466)
道中、バンビに遭遇。
イノシシも現れるそうです。


頼んでも無いのにドライバーが色々とガイドをしてくれた…。
日本人が造ったらしいオブジェ。
P9195980.jpg


バルボー駅は無人。
P9195997.jpg


リエージュ駅で乗り換え時間が1時間あったので、駅構内のカフェで朝食を。
最後のあがきでベルギーワッフル!
P9196000.jpg
昨日食べた史上最強に美味しくないワッフルを遥かに越えた不味さ!!涙
私のベルギーワッフルは完敗!!
(クロワッサンはいくらでも食べられるくらい美味しかったー!)


ベルギーのナンバープレート。
P9185906.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム