ルクセンブルク夫婦旅1 ~人口50万人の国~

9月19日 9日目

ボンジュール

ベルギーの世界一小さな街『デュルビュイ』から、ルクセンブルクの首都『ルクセンブルク』へ。
デュルビュイ→バルボー(タクシーで5分)
バルボー→リエージュ(列車で1時間)
リエージュ→ルクセンブルク(列車で2時間半)

ベルギー→ルクセンブルク間も何のチェックもなく、いつの間にか国境越え。

首都ルクセンブルク駅。
P9210178.jpg
ルクセンブルクは、面積約2,600k㎡で神奈川県と同じくらいの広さ。
人口50万人の内、40%が外国人。
欧人以外に、アフリカ人、アラブ人、中国人の移民を多く見かけました。


ブルージュのホテルは“ibis styles luxembourg centre gare”
P9190005.jpg
朝食込み一泊€77.4(¥10,604)部屋でのWiFi可。
駅に近く便利な立地。
部屋は狭いけど最低限必要な設備が整い、朝食の種類が豊富。


ナイトクラブやバーが密集してるエリアで、アフリカ人が道端にたむろしてるので治安はそんなによろしくないかも?
P9210206.jpg
ホテル近くには中華系スーパーやレストランも。
こんなところでも商売やってるとは!


旧市街を散策。
ルクセンブルクで夫が一番の楽しみにしてた“アドルフ橋”が工事中…苦笑
P9190009.jpg


青空ジム。
P9190015.jpg


大きなリスが何匹もいました。
P9190016.jpg


無料のアッソンスール(エレベーター)で城壁の上へ。
スペイン語とフランス語って単語が似てるー。
P9190019.jpg


渓谷と緑に覆われた複雑な地形ルクセンブルクの旧市街。
P9200151.jpg


断崖を利用した城砦都市。
P9210167.jpg


断崖が天然の城壁に。
P9210171.jpg


上も下も街。
P9210174.jpg
狭い国で行く場所が限られてるせいか、多くの日本人観光客がいました。


ルクセンブルク一のショッピングストリート。
P9190061_20150926053743fed.jpg
女性は高身長で顔が小さくスタイルが良い人が多い。
他民族国家ルクセンブルクなので、ルクセンブルク人かどうかわかりませんが…。


かなり小さい国なので、ここに駐在するのはめちゃくちゃ大変そう><
日本人コミュニティーが小さい国に駐在するのは色々と面倒なことが多い…。


アンティーク市場。
P9190057.jpg


木を植えてる歩きにくいスペースに、駐車場を作るなんてめちゃくちゃ合理的!!
P9190054.jpg


ルクセンブルクビールBofferding €6(¥822)
アルコール度数4.8%
P9190067_20150926053216863.jpg


夕食はビーフステーキ€32(¥4,384)
P9190065.jpg
焼き加減もお肉の柔らかさも最高~!


ラムチョップ€28(¥3,836)
オレガノやバジルのハーブが効いて美味!
生感もたまらない!
P9190063.jpg
お会計€84(¥11,508)


ホテル周辺のバーで一杯。
P9210221.jpg


色んな民族がいる国は楽しい~!
P9210214.jpg


ビール一杯€3(¥411)と良心的なお値段。
P9210212.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ルクセンブルク夫婦旅2 ~ドイツ国境の街~

9月20日 10日目

ボンジュール

朝食のメニューが豊富で味も◎。
数種類のパンに、数種類のハムやチーズ、ゆで卵、ヨーグルト、フルーツ、ジュース、コーヒー、紅茶。
生絞りのオレンジジュースマシーンや、コーヒーマシーンまでありました。
IMG_8427.jpg


首都『ルクセンブルク』から人口約5,000人のドイツ国境との街『エヒテルナッハ』へ。
ルクセンブルク→エヒテルナッハ(111のバスで1時間。)
バスはルクセンブルク中央駅を出て左側のバス停から出発します。片道一人€2(¥274)
P9200074.jpg
日曜は休息日。
バスなども本数が減ります。
教会行かなきゃね!
♰マークが日曜便。


バスドライバーは30代女性。
耳、鼻、口にピアスをし、髪の毛はモヒカン。
派手なマニキュアにサングラス。
ラジオを聴きながら運転。
こんな格好でもバスの運転手が務まるのがすごい!
P9200147.jpg


のどかな山道を走ること1時間。
P9200149.jpg


エヒテルナッハのバス停に到着。
P9200139.jpg


エヒテルナッハ→ルクセンブルクの帰りの時刻表。
P9200078.jpg


バス停裏の川の向こう側はドイツ!
P9200134.jpg


カヤックやリバーサップ(サーフィンの上で立ち漕ぎ)をして楽しむ人々。
P9200088.jpg


P9200137.jpg


何をイミした標識なんだろう?
P9200105.jpg


以前スイスでも見かけましたが、お犬様のエチケット袋は無料。
P9200090.jpg


周辺には見所が多いので、レストランやカフェ、ホテルがたくさんありました。
が、車が無いと行けない距離に見所は点在してます。
生憎の日曜日でバスの便数が極端に少ない。
徒歩圏内で行ける場所に湖があったので、そこに行ってみることに。
P9200093.jpg


エヒテルナッハのメインストリート。
P9200130.jpg


P9200131.jpg
こんなど田舎でも中国人がレストランをやってた!


マルクス広場。
P9200127.jpg


ど派手なバイク。
P9200102.jpg


持ち主たちもいかつい、ど派手な格好をしてました。
が、かわいらしい熊好き。
P9200100.jpg


赤信号も歩いてる信号機。
P9200122.jpg


バス停から歩くこと30分、湖に到着。
P9200110.jpg


湖にユースホステル。
こんなにキレイなユースなら泊まっても良いかも。
私たちユースじゃないけど…苦笑
P9200106.jpg


夕方、ルクセンブルクに戻り夕食は軽く済ませることに。
ホテル前にケバブ屋があったので行ってみると、まさかのアルコール無し。
そりゃそうだよね…ムスリムのお店だもん。。
持ち込みも許してもらえなかったー。

「バーに持ち込みできるから、あっちで食べたら?」って。
まじっすか!

購入後、バーのスタッフに念の為確認すると、本当に持ち込みが可能だったー。
夫オーダー、チキンナゲットセット€8.5(¥1,165)
P9210181.jpg
エヒテルナッハでチキンナゲットを見てからずっと食べたい気分になってたらしいけど、
ナゲット7個とフレンチフライとサラダでこの金額ってめちゃくちゃ高くない!?


私オーダー、ドネルケバブ€4(¥548)
P9210184.jpg
夫がベルギーのブルージュで一人ランチで食べたもの。
それから私もずーっと無性に食べたくなっちゃってた。


アフリカ人やアラブ人を見ると妙に落ち着いてしまう自分がいて、めっちゃくちゃ楽しい夜になったー!
(↑二度と駐在したくないし、実際したら大変なのに…苦笑)
P9210220.jpg


ルクセンブルクって神奈川県くらいの小さな国なので自国で生産してるモノってほぼありません。
ルクセンブルクで飲んだビールは全て自国産。
お酒は生きてくために必要だもんね!笑

Premium Diekirch Alamire €4.3(¥589)
アルコール度数4.8%
P9210192.jpg


ルクセンブルクのポスト。
ポストって日本や先進国にはあって当たり前だけど、途上国には存在しません。
P9200118.jpg


ルクセンブルクのナンバープレート。
P9200133.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新トラックバック