ドイツ夫婦旅1 ~ライン川クルーズ~

9月21日 11日目

グーテンターク

ルクセンブルクの首都『ルクセンブルク』から、ドイツのライン川沿いにある街『ボッパルト』へ。
ルクセンブルク→コブレンツ(列車で2時間半)
コブレンツ→ボッパルト(列車で10分)

またまた何のチェックも無くすんなり国境越え。
ヨーロッパは小さいので移動が楽だし、国境越えもスムーズだし、通貨も変わらないしめちゃくちゃ旅がしやすい!
車内はスカスカ。
P9210224.jpg


相変わらずのお天気で、車窓の写真を撮る気になれない…。
が、ドイツに入った辺りでトンネルを越えたらいきなり晴天に!!
やっぱりこうでなくちゃ!

乗換のコブレンツで見かけた男性駅員はモヒカン。
日本じゃ会社からも国民からも絶対に受け入れてもらえないよね!笑

目が見えない人や体が不自由な人を多く見かけます。
体の不自由な人を外で見かけるってことは、社会福祉がしっかりしてるということ。

途上国では、そういった家族がいること自体が、恥になるという考えなので、家の中に閉じ込めています。(上流家庭は別ですが。)
血縁関係が近かったり、妊娠中や出産時のトラブルが多い途上国。
体が不自由な人が多いのに、途上国で体の不自由な人を見かけないのはそういう理由からです。
(自ら腕や足を切断してるような物乞いはまた別の話です。)


ボッパルトのホテルは“Rhein hotel Lilie”
P9210238.jpg
朝食込一泊€86(¥11,782)部屋でのWiFi可。
朝食の種類が豊富で、立地、部屋の広さ、スタッフも完璧!
ただ、ベッドが柔らか過ぎて体が痛くなる…。


ライン川ビューのバルコニー付きのお部屋を予約。
P9210242.jpg


晴れてる内に、ライン川クルーズへ。
ライン川は、スイスのアルプスを水源としドイツを含め9カ国を流れる河川。
全長1,233km、ドイツ国内は698km。
その内65kmが「ライン渓谷中流上部」として世界遺産に登録。

KD社を利用した場合、ベネルクスジャーマンレイルパスを提示すると20%引きに。
ボッパルトから、ビンゲン間に見所が多いので、この区間だけをクルーズ船に乗ることに。
ボッパルト→ビンゲン通常一人€25.4(¥3,480)→€20.4(¥2,795)
所要時間は4時間。川を遡るので、川下りよりも時間がかかります。


13時出発~。
P9210243.jpg
色んな国の言葉で船内ガイドが流れます。
なぜか、日本語が一番最初。


ライン川沿いのボッパルトの街並み。
P9210248.jpg


最初はデッキで過ごしてましたが、寒いのでレストランへ。
P9210295.jpg


早速ビール~。
Erdinger €3.6(¥493)
アルコール度数5.3%
P9210252.jpg


ライン川中流域に多くの古城や城砦が残ってます。
ねずみ城
P9210256.jpg


ラインフェルス城
P9210262.jpg


ねこ城
P9210270.jpg


キャンピングカーだらけ!
「555」という数字は、ライン川が流れだすボーデン湖畔の街“コンスタンツ”からの距離を示した数字。
P9210271.jpg


プファルツ城(下)と、グーテンフェルス城(上)
P9210290.jpg


ねずみの塔
P9210297.jpg


エーレンフェルス城
P9210299.jpg


こんな風にライン川沿いには古城がたくさんありますが、お城(建物)に全く興味が無い私たちはビールを飲んで、景色そっちのけで過ごすわけです。
ソーセージとフレンチフライセット€6.5(¥891)
P9210284.jpg


挙句の果てに、3杯目のビールを飲んでる時、こくりこくりと眠ってしまった…苦笑

ライン川クルーズって・・・

かなり微妙・・・

何の迫力も無くて、文明クルーズで現実的。
クルーズ船やタンカーが何隻も行き交い、狭い川幅の両サイドには列車や車がびゅんびゅん走り、キレイな家々が建ち並んで、オシャレに身をまとい散策する人、かっこいいスポーツウェアを着てランニングする人。

アマゾン川のクルーズ船と比較するのがおかしいかもしれないけど、スケールが違い過ぎ!
全く迫力を感じないし、日本と何ら変わらない。
非現実的な風景や、川沿いの今にも壊れてしまいそうな家々、船上ではスタッフがビール代をボったり(笑)、船から落っこちる人がいたりするアマゾン川の船旅のが絶対に楽しいし、心に残る!


13時から17時の4時間のクルーズはビールを飲んで、居眠りをしてたらあっという間でした。

ビンゲンで下船し、川沿いを平行に走る列車に乗り込み、ボッパルトまで戻ってきました。
船だと4時間のところ、列車だと40分。


ライン川沿いにレストランが何軒かあります。
我がホテルが一番繁盛してたので、ホテルのレストランで夕食を。

左:Benediktiner €3.5(¥480)
アルコール度数5.4%
右:Bitburger €3.5(¥480)
アルコール度数4.8%
P9220306.jpg


ミックスサラダ€6.6(¥904)
P9220310.jpg


ポークゴルゴンゾーラソース€14.5(¥1,987)
P9220308.jpg
大スキなゴルゴンゾーラソース!
お肉の量が少なくて残念!
お会計€30(¥4,110)


ドイツに入って、物価がめちゃくちゃ安くなった!!

そして、ドイツのお水はこれまでの3カ国と比べて飲みやすい!!

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ドイツ夫婦旅2 ~ボッパルトの奇景

9月22日 12日目

グーテンターク

朝起きると雲だらけー。
ドイツのお天気は良いもんだと思ってたけど、昨日は奇跡だったのか!?

お天気が悪いので、ホテルで過ごすことに。

雲だらけの空から、今度はなんと雨が!!

もう今日は終日ホテル生活だよ。。



15時頃。
バルコニーに出るとなんと!晴れたー!!
P9220312.jpg


急いで出かける準備をし、ボッパルトのヴューポイントへ。
チケット売り場。
往復一人€7.5(¥1,028)
P9220319.jpg


リフトに乗って山頂へ。
P9220323.jpg
アルゼンチンのバリローチェを思い出す~。

20分程で山頂に到着。
山の上は更に寒い~!
山頂にヴューポイントはいくつかありますが、カフェを併設する「Gedeonseck」が◎


ライン川はボッパルトで大きく蛇行しています。
P9220346.jpg


ライン川とボッパルトの街(右側)。
P9220358.jpg


P9220338.jpg


向こうに見える街は『オスターシュパイ』。
P9220342.jpg


ボッパルトの対岸、『フィルセン』。
ライン川には橋が少ないので、フェリーを使う必要があります。
川幅が狭いのであっという間に到着するのに、片道2ユーロもかかります。
P9220341.jpg


家々とマッチ箱みたいな貨物船。
P9220348.jpg


クルーズ船よりも、ヴューポイントの方が一見の価値あり!


下山し、夕食はイタリアンへ。
ベジタブルスープ€4.5(¥617)
ドイツに入って、お野菜メニューが安い!
P9230370.jpg


カルボナーラ€8.9(¥1,219)
噛みごたえのあるベーコンが私好み。
P9230374.jpg


サーモンとほうれん草のピザ€9.9(¥1,356)
私はこの組み合わせスキだけど、夫はお気に召さらず…。
P9230376.jpg
お会計€40(¥5,480)

レストランは大繁盛。
満席の為、断られるお客が何組もいました。
欧米人のガイドブックに載ってるのかな?
ホールスタッフは20テーブルくらいを一人でまわしてました。
オフシーズンがある観光地で、何人も人を雇えないもんね…。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ドイツ夫婦旅3 ~おとぎの国ローテンブルクへ~

9月23日 13日目

グーテンターク

朝バルコニーに出ると、虹が!
P9230382.jpg


そのうち二重虹になった~!
P9230381.jpg


ライン川沿いの街『ボッパルト』から、おとぎの国『ローテンブルク』へ。
ボッパルド→マインツ(列車で1時間)
マインツ11:40→フランクフルト(列車で30分)
フランクフルト→ヴェルツブルク(列車で1時間)
ヴェルツブルク→シュタイナッハローテンブルク(列車で40分)
シュタイナッハローテンブルク→ローテンブルク(列車で15分)
直行便が無いので何度か乗り換えが必要。


ボッパルド駅。
在ドイツ日本人学校の修学旅行生20人弱と、引率の40代男性一人。
駅の入り口のめちゃくちゃ邪魔になる場所で待機…。
P9230384.jpg
その後、ホームでは階段を登り切ったところで立ち止まり、列車が来るのを大人数で待つ…。
教師ってそういうの生徒に教える立場じゃないの!??
大人数なんだし邪魔にならない所に移動しなよ…。
空気読めないというか、他人のことを考えられない人が教師って…。

日本でもこういう人たまにいるよね。。
邪魔になる通路で話し込む人や、お店の出入り口や、電車やエレベーターを降りてすぐの所に立ち止まる人とか。


オランダやベルギーでは無かった車内放送。
ドイツは到着駅の前にドイツ語と英語で車内放送をしてくれます。
出発のアナウンスは相変わらずありませんが。
海外の駅を知ると、日本の駅ってやかましいって思うけど、すごく親切だよね。

そして、オランダもベルギーもルクセンブルクもドイツの駅も到着地の駅名しか標記してない。
前後の駅名を標記してないから、ややこしいんだっ!

更に更に、国際線やローカル線など様々な列車がホームに入ってくるためか、どこの駅もホーム足元に乗車位置が書かれてません。
だから、並んで待つということができないし、待ってる目の前に列車が止まるとは限らないので、列車が止まったところまで走って行かなきゃいけないことも。。。


フランクフルトは2013年9月17日、南米へ行く時にトランジットでちょこっと寄りました。
後6日早かったら、同日だったのにー。残念!
P9230397.jpg


前回、駅構内で購入したソーセージ。
今回も全く同じところで購入してみました。
P9230403.jpg
ソーセージって、パリっと、プリっとかぶりつきたくない?
最初にカットされてしまうのがなんだかな~。
で、ケチャップとマスタードを大量にぶっかけ過ぎ…。
で、マスタードはやっぱり粒入りじゃなきゃ!
ソースを除けて食べるのに苦労したー。


ローテンブルクに近づく頃には、車内は日本人だらけになりました…苦笑
日本人に大人気の観光地らしい。


ローテンブルクのホテルは“Hotel Goldenes Lamm”
P9230410.jpg
朝食込一泊€86.5(¥11,851)部屋でのWiFi可。
マルクト広場の“市議宴会館”の真横という最高の立地。
バスルームが狭く、朝食があまり美味しくないのが残念だけど、立地が良いので全然アリ!


ローテンブルクも曇り空。。。

散策してみるも、写真を撮る気にもなれず…。

夕方には雨が降ってきちゃったよ。。。


ローテンブルク駅前にあるスーパー。
P9240632.jpg


お野菜をほぼ食べない生活が続き、お通じが非常に悪い…。
牛乳を飲もうとひらめいたのに、まさかのヨーグルトだった…苦笑
P9250642.jpg
同時にペットボトルのお水を購入したら、ペットボトルのデポジットがレシートに書かれてる!€0.25(¥34)
ペットボトルを返却したら、デポジットが戻ってくるみたい。


夕食は、ガイドブックに載ってるレストランへ行ったら、日本人まみれだった…汗
コールルーラーデ(ロールキャベツ)€9.2(¥1,260)
P9240425.jpg
日本のロールキャベツに勝る味ではないって安易に想像つくのに、ロールキャベツ好きの夫がオーダー。
案の定、イマイチ。


シュヴァイネブラーテン(ポーク煮込み)€11.5(¥1,576)
P9240419.jpg
じっくり煮込まれたお肉が柔らか~い!
付け合わせのクネーデル(ポテト)がめちゃくちゃ美味!
モチモチしてて弾力があってニョッキみたいなの。
ポテトをマッシュし、小麦粉や塩胡椒を加え、丸めて、茹でたもの。
お肉料理の付け合わせの定番なんだとか。


ローテンブルクの夜の街並み。
P9240433.jpg


P9240449.jpg


P9240438.jpg


マルクト広場。
P9240441.jpg


中世には町の平和を守る夜警がいたそうです。
現在は観光客相手に、夜の街を案内してくれるツアーに。
たまたま集合時間に前を通りかかりました。
「集合時間の時点ではこれだけの人数が集まってますが、所要1時間の内にみんなそれぞれ消えてゆき、最後には2.3人になるんだよ。」
ガイドがギャグを言うと、お客たちが大爆笑。
欧米人のギャグはよくわかりません…。
P9240450.jpg
寒いのがキライなので、私たちは迷わずホテルへ直帰。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ドイツ夫婦旅4 ~ローテンブルクで食べ歩き~

9月24日 14日目

グーテンターク

今日は朝から晴れたよー!!

ローテンブルクは第二次世界大戦で旧市街の約40%の建物が被害を受けました。
戦後、元の姿に忠実に再建されたそう。
左側の塔は“マルクス塔”
P9240587.jpg


ローテンブルクでは、看板をつける高さ・場所・大きさが統一されています。
そして、ユニークなデザインはそれぞれ意味を持ってます。
我がホテルの看板の場合、金色の仔羊のデザイン。
Goldenesはドイツ語で金色
Lammはドイツ語で仔羊
それで、金色の仔羊がデザインされているという訳。
P9240574.jpg


ローテンブルクで最も有名なクリスマス用品専門店“Kaethe Wohlfart”
店先にお店のトレードマーク、プレゼントいっぱいの車。
飾りでもオモチャでもなく、ナンバープレートもついて実際に道路を走ります。
P9230413.jpg
あちこちに数カ国の言語で、「店内の撮影は禁止。」って注意書きをしてあるにも拘らず、撮影してる人がいるんだよね…。
ほんっっっと恥ずかしい行為。


街を散策しつつ、食べ歩き。
ローテンブルク名物スノーボールの球という意味の“シュネーバル”€1.2(¥164)
小麦粉の生地をひも状に伸ばし、ぐるぐる丸めて油で揚げ、粉砂糖やチョコレートをかけたドーナツに似たお菓子。
P9240469.jpg
ソフトボール大、テニスボールくらいの2種類の大きさがあります。
テニスボールの大きさで十分!
日本人的には、美味しい食べ物ではないと思います 笑
日本には美味しいお菓子がいっぱいあるもんね~。


長さ2.5kmの城壁へ。
外敵から身を守るために街の周囲に石壁を築きました。
P9240514.jpg


上部には監視通路があり、今では観光名所に。
P9240517.jpg


所々に穴があり、外敵をやっつけてました。
P9240497.jpg


第2次世界大戦の被害を受け、国内外からの寄付金で修復。
寄付した方々の名前が壁に彫られてます。
日本の団体、日本人名、かなり多かったです。
P9240489.jpg


城壁から見下ろしたローテンブルクの街並み。
奥に見えるのはヴァイサー塔。
P9240503.jpg


P9240480.jpg


旧鍛冶屋。
屋根の形が特徴的。
P9240485.jpg
ローテンブルクの城壁は、クロアチアのドブロブニクの小さいバージョンって感じがしました。

ハンバーグ€2.5(¥343)
ハンバーグ好きの夫から太鼓判をいただきましたー!
(全然美味しそうにみえないけどね><)
P9240618.jpg


白い建物が高さ60mの市庁舎。
P9240604.jpg


市庁舎の上にあるヴューポイントへ。一人€2(¥274)
12時半から13時の間はお昼休み。
ですが、お昼休みの間に途中まで登ることができます。
この先からは13時にならないと入れないので、お昼休みの間にここまで登っておくと、混雑無しで上り下りできます。
P9240565.jpg
こちらにスタッフは常駐しておらず、マシーンで人数チェックをしています。
上部のヴューポイントはかなり狭いので入場制限があります。


上の方は急な階段の連続。
最後は垂直の梯子を登るので、年配や子どもはかなり厳しいかも。。
入場料は頂上付近で支払いますが、スタッフは毎日の上り下り大変だな…。
P9240561_20151011141314eee.jpg
色んな言語で壁にはたくさんの落書きが…。


P9240555.jpg


P9240545.jpg


ドイツって緑が多いー。
日本とほぼ同じ面積だけど、日本よりだだっ広く見えるのは山が少ないせいかな。
P9240547.jpg


ヨーロッパって統一感があるから美しいんだろうなー。
戦後の日本、センスのある人が仕切ってくれてたらなー。
P9240553.jpg


マルクト広場から南へ下る道。
P9240463.jpg


その通り沿いにある、こちらのお肉屋が大繁盛。
P9240615.jpg


ソーセージ€5(¥685)食べかけでだいぶ量が減ってますが。。
左:AKTIEN Landbier€3(¥411)
アルコール度数5.3%
右:Kapuziner Weissbier€3(¥411)
アルコール度数5.0%
P9240610.jpg


サラミ€4.5(¥617)
ビールのキャップが再利用できる仕組み!
栓抜きもいらないし、良いね!
P9240613.jpg


“マルクト広場”
マルクトとは英語でマーケットの意味。
中世都市の中心になった場所。
左:16世紀に建てられた“市庁舎”
右:市議会員たちが集う宴会場、“市議宴会館”
P9240459.jpg


我がホテルは右から4番目のクリーム色の壁。
本当に仕掛け時計のすぐ隣。
部屋にいると結構ウルサイです 笑
P9240533.jpg


市議宴会館の壁の仕掛け時計。
10:00~22:00の毎正時に、大ジョッキを手にしたヌッシュ市長(右)と、敵軍のティリー将軍(左)が姿を現します。
人形が外側まで出てこないので、写真だとあまり見えないけど。
実際もショボかったです…。
P9240582.jpg


ホットドッグ€2.5(¥343)
Tucher Ubersee€3(¥411)
アルコール度数5.5%
P9250635.jpg
ドイツで何度か遭遇したけど、日本人がオーダーする際、英語が伝わらずスタッフにあからさまにイヤな態度取られてた…。
そこまでしなくても?って思うほどヒドかった…。


ローテンブルクで最も美しいと言われている場所。
日・中・韓国人の撮影者数がすごい><
左:“ジーバー塔”
右:“コボルツェラー門”
P9240621.jpg


コボルツェラー門をくぐって、“タウバー渓谷”へ。
“ドッペル橋とタウバー渓谷”
P9240598.jpg


“ブルク公園”から旧市街。
P9240600.jpg


トルコピザ€5(¥685)
もはや、中東料理はドイツ料理の一部だな。
P9250640.jpg
ベンチがあちこちにあるので、外で食べられるのが良い~!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ドイツ夫婦旅5 ~国境の街ガルミッシュ・パルテンキルヒェンへ~

9月25日 15日目

グーテンターク

おとぎの国『ローテンブルク』から、アルプス拠点の街『ガルミッシュ・パルテンキルヒェン』へ。
1936年、冬季オリンピックが開催された場所です。


ローテンブルク駅。
P9240631.jpg
ローテンブルク→シュタイナッハローテンブルク(列車で15分)
シュタイナッハローテンブルク→トロイヒトリンゲン(列車で1時間)
トロイヒトリンゲン→ミュンヘン(列車で2時間)
ミュンヘン→ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(列車で1時間20分)


ローテンブルク周辺の車窓。
P9250652.jpg


ドイツは日本とほぼ同じ面積なのに、土地が広く感じます。
日本は山だらけで平坦が少ないせいかな。
こんな風にポツポツと集落があり、また何にもない平原があっての繰り返し。
P9250657.jpg


オクトーバーフェストに参戦するローカルが、ミュンヘンへ向かうため車内は大混雑のうえ宴会状態。
民族衣装を身にまとい、既にできあがってるおじさんたちんのテンションの高いこと高いこと 笑
普段はあるのかないのか分からないけど、ビールの車内販売までありました。


ミュンヘン駅も人・人・人!
P9260697.jpg


ガルミッシュのホテルは“Hilleprandt”
P9250660.jpg


P9250658.jpg
朝食込一泊€122(¥16,714)部屋でのWiFi可。
バルコニー付き、チャリのレンタル無料。
駅、中心地共に徒歩5分以内で好立地。


バスルームは天窓付き。
P9250661.jpg
バスタブの天井がものすごく低いので身体の大きな人は超大変。
私でも、しゃがみ気味でシャワーを浴びました。
夫は学習能力ゼロで何度も体をぶつけてました 苦笑


18時まで自由に飲んでいいコーヒーマシーン。
日本語での説明書きも。
IMG_8494.jpg


ガルミッシュ・パルテンキルヒェン滞在中、町内のバスが無料になるビジターカード。
何も言わなくても、チェックイン時にホテルが作成してくれます。
PA041519.jpg
一度も使わなかった…苦笑


長ったらしい地名の『ガルミッシュ・パルテンキルヒェン』。
こちらの“パルトナッハ川”の西側がガルミッシュ、東側がパルテンキルヒェン、二つの街が隣り合ってできてます。
P9260680.jpg
1936年の冬季オリンピックを機に合併したそうですが、ダウンタウンはそれぞれにあります。
ガルミッシュの方が、栄えています。


西側ガルミッシュの街並み。
P9280930.jpg


街全体がフリーWifi。
P9280932.jpg


街には全身黒ずくめのムスリムの観光客がたくさん!
街人(白人)に、何でムスリムがこんなに多いのか聞いてみると、どこぞの国のアラブの王様が土地を持ってる関係なんだとか。。
ビールと豚肉(ソーセージ)天国ドイツに観光に来て楽しめるのかな?
敬虔なイスラム教徒はアルコールや豚肉を食べないだけではなく、それらを取り扱ってるお店で飲食すること自体NG。
P9280935.jpg


ハムやソーセージのお店で購入。
ビール別で€18(¥2,466)
P9250662.jpg
お皿に盛ってくれ、隣のレストランで食べさせてもらえます。
ローテンブルクと同じく、店舗で購入したものを外で食べられるのが良いっ!


東側パルテンキルヒェンの街並み。
P9250667.jpg


P9250665.jpg


P9250670.jpg


オクトーバーフェストに参加前?参加後?の民族衣装を着た中年3人組。
P9250664.jpg


壁絵をウリにしてるパルテンキルヒェン。
P9250675.jpg


P9260678_201510091155147bd.jpg


カレー味のソーセージのお店。
Hacker Pschorr €2.9(¥397)
アルコール度数5.8%
(グラスが違いますが…。)

右:ビーフソーセージ€5.4(¥740)
左:仔羊ソーセージ€5.9(¥808)
サラダ€3.8(¥521)
フレンチフライ€2.8(¥384)
P9260695.jpg
お会計€30(¥4,110)
ソーセージ自体カレー味かと思いきや、お好みでパウダーを振りかけるという…。
トマトソースがたっぷりかかり、夫も私も好みではない。。
このお店だけトマトソースなのかと思ってましたが、数日後他店でも同様にトマトソースベースにカレー粉を振りかけてました。

2杯目のビールは、ビールをスプライトで割ったRadlerと言うビールでした。
コーラやフルーツジュースで割ったり、色んな飲み方をするみたいだけど、私はストレートがスキだな。


スーパーでビールを購入し、ホテルのバルコニーで乾杯~。
P9280949.jpg
せっかく高いお金を払ってわざわざマウンテンビューのバルコニー付きのお部屋にしたからバルコニーを利用したい。
と、ケチくさい私は思うから、お部屋で飲むことになる。
ホテル代は高くついても、結果的には外で飲むより経済的かも!笑

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム