貴州&広西夫婦旅1 ~旅の準備~

今年は国内旅行がメイン。

新疆ウイグル自治区、雲南省の次に選んだ先は、
北京から約2,100km離れた貴州省と広西チワン族自治区。
map_off_2017032721274039b.jpg


【貴州省】
場所
中国南西部


面積
17.6万km²
(日本の本州が23万km²)


人口
3,530万人
(カナダの人口が3,516万人)


民族
漢族62%、ミャオ族12%、プイ族8%、トン族5%、トゥチャ族4%、イ族2%、コーラオ族2%、スイ族1%、ヤオ族、ムーラオ族、ペー族、回族など。
全部で17の民族。
「少数民族の故郷」とも呼ばれ、少数民族の居住率が非常に高い省。


気候
年間平均気温14℃~16℃
年間降水量1,000mm~1,400mm
亜熱帯高原の為、極端な暑さや寒さは無い
晴天の日が少なく、雨が降って無くても曇り空



酸っぱ辛いのが特徴で8つの辛さに分類。
・油辣(ラー油の辛さ)
・煳辣(焦がし唐辛子の辛さ)
・干辣(干し唐辛子の辛さ)
・青辣(青唐辛子の辛さ)
・糟辣(糟漬け唐辛子の辛さ)
・酸辣(酸っぱ辛さ)
・麻辣(花椒の痺れる辛さ)
・蒜辣(ニンニクの辛さ)

四川人不怕辣(四川人は辛さを恐れず)
湖南人辣不怕(湖南人は辛くとも恐れず)
貴州人怕不辣(貴州人は辛くないのを恐れる)



【広西チワン族自治区】
場所
中国南西部
ベトナムと国境を隣接


面積
23.6万km²
(日本の本州が23万km²)


人口
4,603万人
(スペインの人口が4,677万人)


民族
漢族61.46%、チワン族32.6%、ヤオ族3%、ミャオ族1%、トン族0.7%、コーラオ族0.4%、マオナン族、回族、プイ族、ジン族、スイ族、イ族、満族
全部で25の民族


気候
中部は亜熱帯季節風気候
南部は熱帯季節風気候
年間平均気温16.5℃~23℃
年間降水量1,070mm以上
全国で降水量が最も多いエリア
四季がはっきりせず、冬が短く夏が長い



甘味、辛味、酸味を組み合わせ、濃い味付けで、かなり脂っこいのが特徴。
広西料理は美味しくなくて有名・・・苦笑


日数移動移動手段観光先宿泊先
1北京20:35→貴陽23:50Air China貴陽
2貴陽北07:16→従江08:45
従江→芭沙(30分)
芭沙→岜扒(30分)
岜扒→小黄(15分)
小黄→黄崗(15分)
黄崗→肇興(1時間)
列車
専用車
専用車
専用車
専用車
専用車
村観光肇興
3肇興→堂安(30分)
堂安→紀堂(45分)
紀堂→肇興(15分)
専用車
専用車
専用車
村観光肇興
4肇興→龍勝棚田(5時間)専用車平安チワン族棚田平安村
5大寨棚田平安村
6平安村→輿坪(4時間)専用車老寨山輿坪
7相公山・漓江川下り輿坪
8輿坪→陽朔(45分)
陽朔→桂林空港(1.5時間)

桂林21:40→
バス
バス
Air China
遇龍河筏下り
9→北京00:30


スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

貴州&広西夫婦旅2 ~1ヶ月振りの貴陽~

3月30日(木)・31(金) 1日目・2日目

北京から、まずは貴州省の省都 貴陽へ。

今回も預け荷物は無しで、手荷物のみ。
いや~、手荷物のみって本当に楽ちん!

空港で夕食を。
選択肢は、怪しいイタリアン、台湾レストラン、スタバのみ。

しょうがないので台湾レストランへ。
台湾小鹵肉RMB27(¥540)
台湾風豚の角煮。
「空港にしてはめっちゃ安いな~。」と思ったら、1皿1皿がすごく小さいの。
割高になっても良いから、中華あるある大皿どっか~んより少量の方が◎
IMG_1681_2017051307093575e.jpg


梅菜扣肉RMB29(¥580)
皮付き豚バラとからし菜蒸し。
IMG_1683.jpg


小籠包RMB12(¥240)
小籠包と言うより、肉まん。
IMG_1687.jpg
お会計RMB122(¥2,440)
美味しいレストランじゃないけど、スタッフが感じ良い◎


中国の空港にはお湯のサービスがあちこちにあります。
ローカルが常に持ち歩いてる魔法瓶にお湯を補充したり、カップラーメンを作ったり。
IMG_1694.jpg


お手洗いには、便座シートまでありました~!
IMG_1691.jpg


飛行機が遅れてる・・・。
1ヶ月前の雲南旅行でフライトがキャンセルになったので、飛ぶまでヒヤヒヤ。

なんとか1時間遅れで飛んでくれました。
21時35分北京発、0時35分貴陽着
中国国際航空往復1人¥47,917


国内線ですが機内食が出ます。
IMG_1696.jpg


貴陽空港到着後、タクシーでホテルへ。
メータータクシーRMB93(¥1,860)


ホテルは、“Bo Le Hotel”1泊2人で¥3,364
ホテルにチェックインしたのは深夜1時頃><
翌朝、貴陽北駅へ行くので、立地重視で駅近のホテルに。
P3310001.jpg


翌朝。
貴陽から列車で従江という田舎町へ。
6時、まだ薄暗い中タクシーを探したけど、すぐ見つかりました。
ホテル→貴陽北駅 交渉でRMB10(¥200)

1ヶ月前にも来た貴陽北駅。
相変わらず無駄に広い・・・。
1ヶ月前との違いは、もう寒くないー!
P3310005.jpg
※写真ボケボケ・・・汗


高鉄(新幹線)や列車に乗車する時は、発車直前の乗客しかホームに入れません。
その為、ホームはかなり整然としています。
P3310008.jpg


貴陽北→従江2人でRMB175(¥3,500)二等席。
事前にCtripで購入し発送していただいたので、郵送費込み2人で¥4,111。
貴陽北7時16分出発。
P3310012.jpg
高鉄だと1時間半、車だと約5時間の距離。
時間を節約するため、従江まではとりあえず自力で。


売店車両。
P3310013.jpg


時間通り8時45分、従江駅に到着。
P3310016.jpg


この高鉄、広東省の広州まで行くんだよー。
大都市間の交通網はめちゃくちゃ整備されてます。
P3310015.jpg


従江駅。
P3310017.jpg


事前手配した専用車のドライバーと合流。
これから少数民族巡り~。

専用車代は、ガイド無しRMB4,000(¥80,000)
ガソリン・高速道路・ドライバーの食事や宿泊費込み。

1日目
貴陽北駅→芭沙村→ランチ→岜扒村→小黄村→黄崗村→肇興村

2日目
午後から、肇興村→堂安村→紀堂村→肇興村

3日目
肇興村→広西チワン族自治区龍勝棚田で解散

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

貴州&広西夫婦旅3 ~芭沙村~

3月31日(金) 2日目AM

貴陽から従江は高鉄(新幹線)で。
従江駅からは、事前手配しておいた専用車で少数民族巡り。
まずは芭沙村へ。

芭沙村は思いっきり観光地化された村。
入村料1人RMB80(¥1,600)
P3310027.jpg


山の斜面に吊脚楼(木造高床式住居)が密集。
P3310026.jpg


昔の日本みたい。
P3310033.jpg


黒瓦葺きの屋根。
P3310028.jpg


ワンコとニワトリ。
P3310035.jpg


豚様はお昼寝中。
P3310037.jpg


稲や杉の皮を干す時に使用。
稲作・果樹・木材などで生計を立てています。
今は観光収入も多いんだろうな・・・。
P3310042.jpg


芭沙村にも棚田。
P3310031.jpg


芭沙村には約2,000人のミャオ族が暮らしてます。
ミャオ族自体は、貴州省の他に四川省・雲南省・広西チワン族自治区・湖北省などに約900万人。
ミャオ族は地方によって文化やお祭りが異なります。
P3310050.jpg


生きた鶏を籠に入れて運ぶ村人。
P3310049.jpg


芭沙村のミャオ族の特徴は、猟銃民族。
世界で最後の銃士部落で、政府が銃の所持を許可。
14歳を迎えた男子は火薬銃と腰刀を身につけて生活。
写真撮影をすると、チップ1人にRMB10(¥200)
P3310062.jpg


男性は、辮髪風のユニークな髪型。
P3310068.jpg


女性は、一生髪の毛を切ることがないんだとか。
P3310091.jpg


携帯電話を持つ21世紀のミャオ族の少女。
P3310072.jpg


雨天中止のショーが11時40分から始まりました。
ずっと小雨が降り続いていたのでラッキーでした。
P3310078.jpg


ダンスや伝統音楽。
P3310097.jpg


鎌で髪剃り。。
P3310142.jpg


射撃の実演。
P3310157.jpg
この日のショーは11:40から始まり、約30分。
芭沙村には約2時間滞在。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる