陝西夫婦旅1 ~旅の準備~

先月フライト欠航のため断念した陝西省。

今回こそは飛行機が飛びますように!


今年は国内旅行がメイン。

新疆ウイグル自治区、雲南省、貴州省、広西チワン族自治区の次に選んだ先は、
北京から約1,000km離れた陝西省。
map_off_201707011220125d5.jpg


場所
中国西北部
甘粛省、青海省、寧夏回族自治区、新疆ウイグル自治区、そして陝西省が西北五省区と呼ばれてます。


面積
20.5万km²(国内11位)
ベルナーシの国土(20.7万km²)とほぼ同じ。


人口
3,792万人(国内16位)
ポーランドの人口(3,800万人)とほぼ同じ。


民族
漢族99.5%、回族0.4%、その他0.1%


気候
大陸性モンスーン気候
南北の気温差が大きく、北部の冬は乾燥し寒くて夏は酷暑。



かつてシルクロードの起点として栄え、様々な民族が行き来した西安は、中国各地の味が融合。
特に、お隣の四川料理の唐辛子、イスラム料理の羊肉を多用。


旅程
日数移動移動手段観光先宿泊先
1北京20:20→西安22:30China Airlines西安
2西安北06:23→華山北07:02高速鉄道(新幹線)華山西安
3西安北18:03→北京西23:29高速鉄道(新幹線)

夫が休みと取れない為、金曜仕事終わりに出発し、日曜夜帰宅。
超弾丸><
駐在生活3年で計画的に国内旅行をしなかったのが本当に本当に悔やまれます・・・。


西安と言えば、歴史観光。
しかし、夫婦揃って歴史は全く興味がありません・・・。
お目当ては、中国五岳の一つ華山。
スリル満点の山へ。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

陝西夫婦旅2 ~ナーバスになる国内線~

8月4日(金) 1日目

先月、フライト欠航で断念した中国五岳の一つ華山。

今回こそは!


出発日、SMS着信が鳴る度、ハラハラドキドキ。

フライトの欠航や遅延のお知らせはSMSで届きます。

普段はすぐにチェックしない携帯を都度速攻チェック。

こんな日に限って、無駄に多いSMS着信・・・。

心臓に悪いわ。。


無事空港に到着!!

ほっ。


フライトインフォメーションでは今のところ変更無し!!

ほっ。


無事チェックイン終了!!

ほっ。


セキュリティーチェックを超えてからも不安が拭えない・・・。

何が起こっても不思議ではないからね。


貴州省へ行く時と同じ、第3ターミナルのT3D。

T3Cの国内線とT3Eの国際線と比べて、発着便や乗客が少ないのでかなり空いてるのは良いんだけど、超ショボい!

激まずそうなイタリアンと台湾料理レストランの選択肢のみ・・・。


衣家小炒肉RMB32(¥640)
ポークとお野菜の炒め物。
梅菜扣肉RMB29(¥580)
皮付き豚バラとからし菜蒸し。
麦香花巻RMB12(¥240)
蒸しパン。
P8041196.jpg
お会計RMB76(¥1,520)
レストランの青島ビールは1本RMB28(¥560)
下のスーパーでは1本RMB6(¥120)
5本持ち込みました。


遅延のアナウンス無く、無事搭乗!!

ほっ。


機内で30分待たされたけど、20時50分無事離陸!!

ほっ。


1つ1つクリアする度にほっとする。

なんだこの国内線・・・笑


国内線でも機内食が出る場合が多い中国。
しかし今回はピーナッツのみ。


そして、予定到着時刻より10分早い22時20分。

北京から1時間半で陝西省に無事上陸することができましたー!!

ふーーー。

どっと疲れた国内線 笑


鳳城五路駅近くのホテルへタクシーでRMB85(¥1,900)
西安のホテルの初乗りはRMB8.5(¥170)
治安が悪いのか、ドライバーと後部座席の間にはグリルと防犯カメラを設置。
(滞在中何度かタクシーに乗りましたが、全タクシーにグリルがありました。)
IMG_5849.jpg


約30分でホテルに到着。
ホテルはMaizi Hotel麦子酒店1泊RMB168(¥3,360)
先月キャンセルした分が引き落としになってなかったので、まとめてお支払い。
P8051202.jpg


既に日付けが変わろうとしてる時間帯。
無事陝西省に上陸できたことを乾杯するため街へ。

西安風ポークバーガー 肉夹馍RMB7(¥140)
煮込んだ豚肉をほぐしてサンドしたもの。
パンがパイ生地でサクサク美味。
P8051205.jpg


てゆうか、写真がボケボケでヒドい・・・汗
一時帰国で購入したカメラが近くを撮影できないカメラ。
遠くから撮影するとボケないから、今回の旅行では遠くから撮影してみたんだけど、めっちゃボケてるし・・・苦笑
P8051207.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

陝西夫婦旅3 ~無駄に遠い道のり~

8月5日(土) 2日目

4カ国目駐在中の2010年。

陝西省にある華山をイッテQの番組で知りました。

数十キロの重い荷物を持ち上げる度にポーターが、「ヤカシっ!」を連発。

日本語の「よっこいしょ」と同じ意味であると番組内で説明。

発音もなんとなく、日本語と似てる。

それからは「ヤカシっ!」が我が夫婦間で日常的に自然に使われるようになりました。


時は経て、2015年1月。

想定外・外・外の中国駐在に。

「ヤカシっ!」を本場で使えることになるとは思ってもなかった!

しかし、実際現地では誰もそんな言葉を使ってない・・・。

テレビ番組あるある、おもしろおかしくするためのヤラセだったのか・・・。

それでも夫婦間で「ヤカシっ!」を日常的に使用。

※海外生活あるある。
夫婦間で現地語をミックスして話したり色んな言葉が生まれます。
あれ?我が家だけ?笑



そして、2017年8月。

とうとう「ヤカシっ!」山へ!


山は、午前中が肝心かなめ!
午後になると気温が上昇→水分が蒸発→雲が出来やすくなります。
且つ、人が増える!

始発の新幹線に乗る為、5時15分ホテルを出発。
早朝だったけど、簡単にタクシーが捕まりました。
約10分で西安北駅に到着。


西安北駅もまたまたバカでかい!
駅敷地内から、駅構内に入るのに一体どれだけ距離があるの?
そもそも徒歩では行けないような造りで、まるで空港。

レストランやお土産物屋がたーくさん。
中国で初めて使った駅が貴州省の貴陽北駅。
超極寒でレストランもお土産屋もほぼ無い状態。
中国の新幹線の駅のイメージが超最悪だったけど、貴陽北駅がショボ過ぎたみたい。
P8061669.jpg


肉夹馍を別々のお店で購入して食べ比べ。
左:RMB14(¥280) 右:RMB15(¥300)
空港価格なのでお高いけど、街ではこの半額くらい。
どちらもパンがモサモサというか飲み込むのが大変!笑
右は見た目からして美味しくなさそうだけど、左のお肉は◎
メキシコのコチニータピビル(ポーク煮込み)にソックリな食感とお味!
P8051209.jpg


発車30分前くらいから開く自動改札機。
エスカレーターで下りると、高鉄が既に待機。
P8051211.jpg


朝日が昇り始めました。
P8051217.jpg


6時23分、西安北駅を出発。
1人片道RMB54.5(¥1,090円)
乗客が少ない上海行きの始発新幹線。
華山で下車する人も少ないかも?!
P8051222.jpg


7時20分、約1時間で華山北駅に到着。
地方の駅でもゴミが落ちてないしとてもキレイ!
P8051223.jpg


駅敷地がまたまたバカでかいっ!
一般車もタクシーもバスも乗り入れ禁止。
このスペース一体何!?必要??
P8051473.jpg


敷地内の両サイドにはお宿や食堂がずらり。
P8051225.jpg


ちょっとした公園まで。
P8051226.jpg


華山行き無料シャトルバス乗り場は駅敷地を出てすぐ。
タクシードライバーが勧誘してくるけど、みんなについて行って、みんなが乗ってるバスに乗れば間違いなし。
7時10分、華山北駅を出発。 
P8051471.jpg


7時25分、華山入口到着。
P8051230.jpg


広ーい敷地を歩いてチケット売り場へ。
またまた無駄に広いスペース。
P8051233.jpg


敷地内でエクササイズをする近所の老人たち。
朝から元気!
P8051232.jpg


7時35分、チケット売り場到着。
始発の高鉄で来たのに、既にこんなに人・人・人!
周辺に宿泊してた人たちや、ツアーバスで来た人々。
P8051239.jpg


建物内に入る際、セキュリティーチェック有り。
華山入山料と西峰行きロープウェイ乗り場までのバスのチケットを購入。
チケット購入時はパスポート必須。
(ロープウェイのチケット売り場はまた別)
P8051240.jpg


2017年8月現在、ロープウェイは北峰と西峰の2つ。

バスやロープウェイの場所や距離や料金、登山のハード差も全て異なります。

北峰→西峰コースは、かーなーりーハード。メリットは人が少ないこと。

西峰→北峰コースは、↑より楽。

私たちは、楽な西峰→北峰コースにしました。

ココからの乗車バスが違うので、チケット購入前に、どちら経由で行くか決めなければなりません。


ロープウェイは往復で購入すると割引有り。
しかし、峰を周遊する場合、行きも帰りも同じロープウェイに乗ることはありえません。

北峰バス片道RMB20(¥400) 北峰ロープウェイ片道RMB80(¥1,600)
西峰バス片道RMB40(¥800) 西峰ロープウェイ片道RMB140(¥2,800)

西峰、北峰どちらから周遊しても、かかる費用は同じ。
ロープウェイを使わず片道は徒歩などで行くなら別だけど、素人にはかなりハード。


ロープウェイ行きバス乗り場。
こちらで入山券をチェック。
2日間有効1人RMB180(¥3,600)
P8051242.jpg


西峰ロープウェイ乗り場行きのバスに乗り込みます。
片道1人RMB40(¥800)
P8051243.jpg


乗り間違いが無いように、ちゃんとチケットをチェックしてくれます。
満席になり次第出発。
8時、華山チケット売り場を出発。
P8051244.jpg


8時50分、西峰行きロープウェイのチケット売り場到着。
しかし、すぐにチケット売り場があるわけではなく、お土産屋などを通った先・・・苦笑
P8051246.jpg


西峰ロープウェイのチケットを購入。
片道1人RMB140(¥2,800)
P8051247.jpg


こんな門をくぐり、ロープウェイに乗るまでも歩く歩く。
P8051248.jpg


距離があり過ぎるためか、コースターでロープウェイ乗り場まで連れて行ってもらえます。
1人片道RMB30(¥600)
お金儲けはどんなところにも転がってるもんだね。。
P8051250.jpg


9時15分、ロープウェイに乗る順番がやっと回ってきました。
P8051256.jpg


華山入口に到着してから既に2時間!

どんだけ歩かせるんじゃ~!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

陝西夫婦旅4 ~やかしっ!~

8月5日(土) 2日目

道教の聖地として仙人が住んだ華山。

花崗岩の険しい岩山が連なる標高2,154mの山。

西安市内から華山北駅まで高速鉄道(新幹線)でたったの1時間。

しかし、華山北駅から無駄に時間がかかるのでした。。

そして9時15分、全長4,211mの世界最長クラスのロープウェーに乗車。
P8051267.jpg


9時30分、西峰ロープウェイ乗降場に到着。

夏は気温40度以上になる西安。
下界はかなり暑かったけど、華山の日陰はヒンヤリ涼しいので救われました◎


2,000m級の険しい岩山だけど、アウトドアスタイルの人はほぼいません。
スカートだったり、サンダルだったり、ハンドバッグ持ってたり。
そんな私も思いっきり街歩きスタイルで挑みました。
P8051278.jpg


現地語、英語、日本語、韓国語で書かれた注意書き。
ネイティブ並みの日本語スピーカーがごまんといるんだから、ちゃんと訳してもらえば良いのに・・・。
日本にある外国語標識もかなりヤバいみたいだけど・・・笑
P8051331.jpg


人の手によって削られ、階段となった花崗岩。
P8051288.jpg


9時45分、西峰着。
P8051281.jpg


登山道の案内標識があるので迷うことはないんだけど、距離が書かれてないのが残念!
P8051292.jpg


10時30分、南峰着。
P8051298.jpg


中国では赤い布を巻いて祈願する風習があります。
日本でいえば絵馬的な。
南京錠もたくさんかけてあるけど、これは恋愛祈願かな。
RMB10(¥200)で売ってました。
P8051300_201708082131514c3.jpg


こちらは池にお金を投げて祈願。
P8051302.jpg


遠くの方にはさっきまでいた西峰が。
P8051299.jpg


華山には、道教のお寺が多数あります。
P8051306.jpg


道はかなり整備され、ゴミも落ちていません。
P8051312.jpg


11時、長空桟道着。
P8051323.jpg


P8051318.jpg


有料の鐘。
何でも商売になります。
P8051321.jpg


幅30㎝程の板の足場を命綱をつけて歩くアクティビティ。
3時間待ちだったので断念。
並んでるのは、ほぼ若者。
P8051326.jpg


11時半、東峰手前でランチ。
こんな風に休憩所があちこちにあります。
オーダーしてるのは私たちともう1組くらい。
その他大勢は、お菓子、バナナやリンゴなどのフルーツ、キュウリやトマトのお野菜を持ち込んで、ちゃっかり日傘の下でランチ。
オーダーしなくても誰も何も咎めない心の広~~~い国!
北京のカフェでもこの現象は起こります 笑
P8051346.jpg


西紅柿鶏蛋麺RMB38(¥760)
トマトと卵炒めヌードル。
キャベツ×人参の和え物とスープ付き。
夫とシェア。

山で食べるご飯、汗をかいた後に食べるご飯ってどんなものでも美味しく感じる!
しかし、史上最悪に美味しくなかったー!笑
おまけに虫や毛まで入ってたし。。
ココ、高級レストランじゃなくて山だし、言ったところでどうにもならないし、取って食べたけど・・・笑
P8051336.jpg
ダルくなるのに、ビール4本も飲んじゃった・・・汗
冷えてないビールを売ってるところもあったけど、ここのは冷えてました。
そして山なのに大瓶1本RMB20(¥400) 良心価格!
ちなみにお水は場所によって違うけど、500ml1本RMB8(¥160)~RMB15(¥300)くらい。


一杯ひっかけた直後にこの階段はキツかったー。
P8051332.jpg


そしたらなんと!
「ヤカシっ!」おじさん発見!!
見て!この足筋!
こんな重いモノを担いでるのに、手ぶらの観光客をどんどん追い越し、軽快な動き。
P8051337.jpg


12時30分、東峰着。
P8051363.jpg


午後になるとやはり雲が増えるね。
P8051353.jpg


こちらでも命綱をつけて度胸試しのアクティビティがありました。
空いていたので並んだけど、なかなか順番が回ってきません。
待ちきれない夫が列を離れた直後、私たちの順番が!
何度も携帯に電話したけど、電波が無い><
夫を探しに私も列を離れ、断念。。
1人RMB30(¥600)でした。
P8051366.jpg


夫を探しに行くと、大興奮で私の方へ歩いて来てるところでした。
「板の上を歩くアクティビティより、この奥にもっとすごいの発見したよ!」
いつ崩れ落ちるかわからない岩場での写真撮影。
速攻挑戦しました!笑
見栄えを良くするため、命綱は洋服の中に隠してつけてくれます。
やってみると意外と平気!
夫曰く、見てる方が恐怖!と。
女性チャレンジャーが多く、男性はあまりいません 笑
P8051372.jpg


その場でプリントアウト→ラミネート加工をしてくれます。
B4サイズで1枚RMB30(¥600)
P8051389.jpg


一見かなりハードな山に見えますが、この横には上り下りし易い階段があります 笑
駅やバス停付近で軍手売りがいますが、軍手は必要ありません。
北京のお家にあったので持って行ったけど、一度も使いませんでした。
P8051391.jpg


14時20分、五雲飯店着。
P8051398.jpg


書道と絵画の融合「花鳥字」がありました。
花や鳥を用いて描かれた文字。
色鮮やかでとても美しいアート。RMB10(¥200)P8051401.jpg


P8051405.jpg


P8051444.jpg


金鎖関と北峰の間にある、幅1mの断崖絶壁の道、蒼龍嶺。
P8051427.jpg


15時10分、北峰着。
P8051439.jpg


P8051434.jpg


15時20分、北峰ロープウェイ乗降場に到着。
ロープウェイに乗る手前で、グループ毎に記念撮影コーナー。
P8051442.jpg


15時50分、ロープウェイ出発。
片道1人RMB80(¥1,600)
P8051449.jpg


15時55分、北峰バス乗り場付近着。
ロープウェイを下りてすぐの所に手洗いコーナーが!
ロープウエイ乗車前に撮影してくれた写真をこのお隣で販売。1枚RMB20(¥400)
P8051456.jpg
華山でお手洗いの心配は必要ありません。
トイレットペーパーは置いてないけど、ちゃんと扉のついた(笑)お手洗いがあります。


お土産屋を通り過ぎ、華山入口行きのバスのチケット売り場。
北峰ロープウェイ乗り場→華山入口 片道1人RMB20(¥400)
P8051457.jpg


16時、バス出発。
P8051459.jpg


16時15分、華山チケット売り場に到着。
バスを下りてから、迂回させられます。
まずはフードコート。
P8051465.jpg


次にお土産屋がずらーり。
この後、ようやく華山北駅行きのバス乗り場へ行くことができます。
P8051467.jpg


16時35分、バス出発。
華山⇔華山北駅のバスは無料だけどACが無いので、めっちゃくちゃ暑い!

16時50分、華山北駅着。
北峰ロープウェイに乗車してからちょうど1時間。

華山北駅構内は小規模。
P8051475.jpg


西安北駅行きの高速鉄道。
17時16分、華山北駅発。
P8051480.jpg


17時55分、西安北駅着。
西安北駅から地下鉄に乗り換えてホテルへ。
西安北駅→鳳城五路駅RMB2(¥40)
P8051484.jpg


北大街駅のホテルに移動。
鳳城五路駅→北大街駅RMB3(¥60)
Ramada Xi'an Bell Tower(西安华美达兆瑞酒店)1泊¥6,584
P8051486.jpg




華山の感想は、、、

山なのに、人だらけ!

これだけ人の手が加わり、整備され、人々が押しかける山は、雄大さの欠片もない。。

まさに、テーマパーク。

大自然とはほど遠い。

中国国内に住んでたり、長期旅行中ならアリかもしれないけど、日本から華山の為だけにわざわざ行く価値は無いっ!



ブログなどで超危険な山!なんて書いてあるけど、ハッキリ言って超大袈裟!笑

登山道がかなり整備され、危険な山ではありません。

板の足場を歩くのは、絶対通らなければいけない道ではなく、ただのアクティビティ。



肝心の「ヤカシっ!」は、この地方の方言だということがわかりました。

「ヤカシっ!」をポーターから実際聞くことが出来なかったのがちょっと残念 笑



華山でかかった費用
華山入山料7,200
バス(華山麓→西峰)1,600
ロープウェイ(西峰)5,600
ランチ2,360
写真600
ロープウェイ(北峰)3,200
バス(北峰→華山麓)800
合計(2人分)¥21,360
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

陝西夫婦旅5 ~イスラム横丁~

8月5日(土)・6日(日) 2・3日目

陝西省の省都西安市。

紀元前11世紀から約2000年間、秦、漢、隋、唐など、中国の歴史上、最も多くの王朝の都として繁栄。

中国文明の発祥地、またシルクロードの起点として実に有名。

私たち夫婦は歴史や建築物に本当に興味が無い・・・。

いくら世界遺産であろうと、いくら有名だろうと・・・。

で、古都西安で何をしたかというと、食い倒れ飲み倒れ~笑


西安市内をぐるりと囲んだ城壁。

現存する都市の城壁としては、世界最大の13.7km。

城壁の中は、こんな巨大な街が!
(城壁さえ行かなかった・・・苦笑)
P8061512.jpg


北京と同じく、とにかく道幅がどでか~い!
P8061621.jpg


歩道、二輪専用レーン、バス専用レーン、そして車道は片側3~4車線。
P8061632.jpg


西安市内でよく見かけた、セブンイレブン風コンビニ。
雰囲気や置いてる商品もセブンに似た感じ。
レジカウンターにはおでんや肉まん。
写真撮らなかったけど、オリジナル商品のロゴまでそっくりー笑
P8061514.jpg


こちらは、雰囲気、陳列の仕方、商品にコンビニ感一切無いけど、看板だけはセブン風!笑
ちなみに↑のコンビニと、こちらの万屋は、二軒隣。
紛らわしっ!
P8061516.jpg


回族の街、回坊風情街。
P8061526.jpg


西安名物がずらーーーり。
P8061551.jpg


観光客が多く、道幅広めで、清潔感あり。
P8061553.jpg


脇道に、西羊市。
P8061527.jpg


整然とした回坊風情街よりも、カオス感満載の西羊市がタイプ。
P8061638.jpg


ビャンビャン麺天国~!
P8061532.jpg


小麦粉・お水・食塩から作られるビャンビャン麺。
ビャンビャン麺は、きしめんのような幅広さが特徴。
P8061615.jpg


大好物のウイグルパンと羊肉串。
P8061530.jpg


宁夏麻乃烤馍
回族の蒸しパン。
食べてみたかったけど、なんせ大きい・・・。
P8061535.jpg


青稞核桃餅
クルミ入りカステラ。
こちらも食べてみたかったけど、量が多いよ~><
P8061587.jpg


西北地方名産ナッツやドライフルーツ。
北京の半額くらい。
P8061540.jpg


イカと蟹の姿揚げ。
P8061570.jpg


センスの悪いアイス。
P8061539.jpg


こんなところに安部さんが!
金額を聞いてみたらよかったー><
P8061541.jpg


パジャマみたいな格好の回族(ムスリム)がやたら多い。
パンジャビ(ムスリムの服)自体、パジャマっぽいけどね。。
P8061542.jpg


精肉店。
回族はムスリムなので、もちろん豚肉は置いてません。
ムスリムタウンなのに、女性が露出していてもジロジロ見られることが無いって、超幸せ~!
P8061544.jpg


大好物の内臓たち!
とても食べ物とは思えない状態に・・・笑
P8061596.jpg


P8061601.jpg


唐辛子を粉末にしてるところ。
P8061610.jpg


蓮の花托。
花托とは、花びらや雄しべ雌しべなどを支えている部分のこと。
食感もお味もトウモロコシに似てます。
P8061616.jpg


西安でも子守りは祖父母の役目。
ロンパースの隙間からおしっこ・・・苦笑
P8061629.jpg


現在、社会問題の乗り捨て自由チャリが西安にもありました。
P8061664.jpg


西安の地下鉄のチケットは、プラスティック製カード。
乗車時は、自動改札機をタッチ。
降車時は、自動改札機に挿入。
使い捨てじゃないのでエコ!
IMG_5938.jpg


チケット裏面。
初乗りはRMB2(¥40)
IMG_5945.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム