FC2ブログ

重慶夫婦旅1 ~旅の準備~

2017年の年末年始休暇は5連休。

1日代休を取得して5泊6日で、夫の秘書の故郷、重慶へ。

ノリで話してたら、いつの間にか本当に行くことになりました 笑

私たち好みの観光先は重慶にはありませんっ><

四川料理の発祥地なので、グルメツアーになりました。


北京から約1,800km離れた重慶市。
元々は四川省。
1997年3月、直轄市になりました。
map_20180105234233554.jpg


場所
長江上流、四川省の東南部に位置。


面積
8,24万km²(国内26位)
UAEの国土(8.36万km²)とほぼ同じ。


人口
3,017万人(国内20位)
ベネズエラの人口(3,157万人)とほぼ同じ。
 

民族
漢族93.6%、その他6.4%


気候
亜熱帯地域に属し、非常に蒸し暑く、年間平均気温は18℃。
1月の平均気温は8℃、7月の平均気温は29℃。



唐辛子と山椒と他の調味料を組み合わせて、しびれと辛さ、酸味と香ばしい味が特徴。


旅程
日数移動移動手段観光先宿泊先
1北京12:00-重慶14:55Air China重慶
2解放碑・ロープウェイ・朝天門広場・洪崖洞重慶
3磁器口・李子坝・鵝嶺公園重慶
4重慶抗戦遺址博物館・南山展望台重慶
5融汇温泉重慶
6重慶19:30-北京22:10China Southern Airlines


スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

重慶夫婦旅2 ~重慶火鍋は内臓好きにはたまんない~

12月30日(土) 1日目

年末年始休暇を利用して、夫の秘書の故郷へ。

特に何もないところなので、グルメツアーになりました。


ホテルは重慶万友康年大酒店。
朝食込み1泊RMB280(¥5,600)
地下鉄が2路線使える便利な立地で、夫の秘書の実家からは徒歩1分。
PC312656.jpg


日本人の長期滞在者が50人近く在住。
日本語レベルが高い日本語スタッフが5,6人。
ほんっっっと、中国には日本語話者が多く、レベルも超高い~!
お部屋が広く、サービスが良く、清潔で、NHKまで映る、文句なしのホテルでした。


ジムはなんと24時間!
毎日通いました 笑
P1033218.jpg


スタジオ。
P1033217.jpg


卓球とビリヤード台。
P1033219.jpg


プール。
P1033220.jpg


P1033221.jpg


朝食メニューが豊富。
ローカルフードを楽しみたいから、初日以外はパスしました。
食事が美味しい国では、朝食無しの方が有難い。。
PC312666.jpg


ヌードルコーナー。
トッピングだけでもたくさんの種類。
PC312659.jpg


少しだけど日本食もありました。
納豆、巻き寿司、お味噌汁、お漬物。
長期滞在者にとっては、うれしいね!
PC312662.jpg


秘書よりも一足先に現地入りした私たち。
秘書のお父さんとホテルで対面~。
メトロとバス乗車時に使えるカードを2枚準備してくれてたー涙
IMG_2032.jpg


IMG_2050_201803060649161c0.jpg


「お部屋で食べてね。」ってみかんのお土産まで 涙
ホント、中国人は気が利く人が多い~!
IMG_1554_201803060651463df.jpg


夕食は、ホテルのスタッフにお勧め店を教えていただきました。
徒歩で向かっている途中、賑わっているストリートがありました。
こういう雰囲気スキだー。
PC302638.jpg 


羊さんもお出迎え。
PC302636.jpg


そのストリートに紹介していただいたレストランがありました~。
人気店で1時間くらい待つことに。
待ってる間にヒマワリの種のサービス。
PC302623.jpg


店内。
入った瞬間、火鍋特有のニオイが!
PC302627.jpg


紅湯鍋RMB10(¥200)
お鍋の辛さは、小辛・中辛・大辛の中から、中辛を選びました。
食材がごちゃごちゃになるのを防ぐため、お鍋に9つの仕切りがセッティングされます。
PC302645.jpg
たれ1つRMB6(¥120)
北京ではゴマダレが基本だけど、重慶人からしたら超邪道らしい。
重慶では、ごま油。
ゴマ油にお好みでニンニクのみじん切り、ネギ、コリアンダーなどを足していただきます。


重慶啤酒1本240円
アルコール度数3.3%
相変わらず中国のビールはお水のように薄いけど、火鍋には薄いビールの方が合う。
グビグビ飲めちゃいます。
IMG_1520.jpg


現炸酥肉RMB18(¥360)
重慶名物、豚の唐揚げ。
重慶人が必ずオーダーする一品。
そのままでも、火鍋に入れて食べても。
名物ということでとりあえずオーダーしたけど、絶品では無い。。
IMG_1516_201803060729018ec.jpg


鮮毛肚RMB28(¥580)
牛の胃袋、センマイ。
毛肚も重慶人のマストオーダー。
数秒しゃぶしゃぶしたら良いだけ。
シャキシャキ美味~!
IMG_1525_201803060729058c3.jpg


脳花RMB18(¥360)
豚の脳みそ。
まさに白子!!
食にウルサイ夫も大満足!
IMG_1527_20180306072906e3e.jpg


老肉RMB25(¥500)
ポークステーキ。
お店のお勧め品だったけど、これは無くても良かった。。
IMG_1529.jpg


黄喉RMB22(¥440)
豚の喉元。
コリコリ~。
IMG_1531.jpg


胡辣売牛肝RMB18(¥360)
牛レバー。
IMG_1533_2018030607303296c.jpg


鴨腸RMB28(¥580)
ダックの腸。
シャキシャキ~。
IMG_1535.jpg


鮮肥腸RMB20(¥400)
モツ。
ぷるんぷるん。
IMG_1537_201803060730264c8.jpg


純鴨血RMB10(¥200)
ダックの血を固めた物。
ぷるぷる~。
IMG_1539.jpg


胡辣肺片RMB16(¥320)
牛の肺。
ふわっふわ~。
IMG_1541_20180306073306975.jpg
お会計RMB298(¥5,960)
ビール大瓶1本RMB12(¥240)

様々な内臓が食べられて大大大満足!
中辛でオーダーした時「辛過ぎて食べられないだろうから小辛にしたら?」とアドバイスをいただきました。
中辛、確かに辛いっ!
日本人は絶対食べられないレベル。


レストランに現れた物売りのおばさん。
PC302647.jpg


めっちゃ歯にくっつく飴。
自分は食べないくせに買う夫・・・。
IMG_1547.jpg


歌手も登場。
PC302652.jpg


雲南省でも同じだったけど、寒いのに入口全開なの。

まじでありえない・・・笑

北京は入り口を閉めるし暖房もあるから、店内は北京の方が暖かい!

重慶は、北京と比べて薄着で洒落てる女性が多く、女性の喫煙率がものすごく高い。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

重慶夫婦旅3 ~風船サイズの胡麻団子~

12月31日(日) 2日目

解放碑

長江索道(ロープウェイ)

朝天門広場

洪崖洞

夕食

洪崖洞

二次会

ホテル


地下鉄で重慶一の繁華街、解放碑へ。
重慶は地下が発達してました。
PC312667.jpg


坂の町重慶は、中国全土で流行っている乗り捨て自由チャリは存在しません。
PC312762.jpg


坂が多いので、荷物は人力で運びます。
PC312749.jpg


PC312671.jpg


重慶一の繁華街、歩行者天国の解放碑。
PC312677.jpg


長江を渡るロープウェイ乗り場へ行くと、長蛇の列が。。
PC312692.jpg


チケット片道一人RMB20(¥400)
IMG_2195_20180309131757781.jpg


IMG_2199.jpg


運が悪いことに、2018年1月1日が月曜日の為、中国は3連休中。
連休中はどこも人だらけ!
結局2時間並びました。。
PC312739.jpg


PC312733.jpg


重慶で大流行りの耳飾り。
罰ゲームじゃん。。
PC312695.jpg


長江と嘉陵江が交流する、朝天門広場。
PC312774.jpg


高低差のある地域独特の建築様式(吊脚楼)で建てられた洪崖洞。
斜面の多い地形に柱を長く突き立てて、高低差を処理。
PC312779.jpg


中は迷路のように、複雑な作りでした。
PC312799.jpg


中国版食べログで調べたレストランで夕食。
18時半頃到着すると既にこのウェイティング状態。。
どこへ行ってもこんな状況だと思うので、待つことに。。
恐るべし中国の連休。。
PC312801.jpg


1時間待って順番が回ってきました。
店内。
PC312832.jpg


碗碗香肥肠RMB26(¥520)
モツと大豆煮込み。
モツより大豆がメインじゃん・・・苦笑
IMG_1589.jpg


杨府招牌鱼RMB108(¥2,160)
油入りのスープで煮込んだお魚。
IMG_1595_20180309131714cef.jpg


辣子鶏RMB78(¥1,560)
鶏肉のから揚げを大量の唐辛子や花椒などと一緒に炒めたお料理。
唐辛子ばかりでチキンがほぼ入ってない・・・。
IMG_1597.jpg


ゴマ団子の巨大バージョン。
めっちゃ食べたかったけど、一人じゃ食べきれないので断念。。
西安から旅行に来た隣のカップルがお裾分けしてくれたー涙
優しい~><
PC312830.jpg
お会計RMB297(¥5,940)
ビール大瓶1本RMB12(¥240)

食べログの評価はめっちゃくちゃ良かったけど、具が少ないし、お味もかなりイマイチ。
周りに座っていた人たちはみんな他のエリアからの旅行者。
観光客用のレストランだったみたい。。。


わざわざ観光地で食事した理由は、これを見るため。
夕食前に訪れた洪崖洞は夜になると、千と千尋の神隠し~。
PC312878.jpg


PC312883.jpg


PC312855.jpg


PC312843.jpg


ホテル近くの食堂で二次会。
酸辣粉RMB7(¥140)
さつま芋のデンプンで作られたモチモチ食感の激辛ヌードル。
IMG_1608.jpg


ビールは置いてなかったので夫が買い出しに。
重慶ビール、山城啤酒1本RMB4.5(¥90)
アルコール度数2.5%
IMG_1612.jpg


今日が2017年の最終日だということをすっかり忘れて、無駄に二次会行っちゃった。

ホテルでせっかくNHK観られたのに~笑

安室ちゃんは北京に帰ってから、録画で観ました。
(北京のお家のテレビは1週間分全チャンネル自動録画されている…。)

続きを読む

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

重慶夫婦旅4 ~B級グルメ食べ歩き~

1月1日(月) 3日目

磁器口で食べ歩き

李子坝駅

秘書とお父さんと一緒に夕食

鵝嶺公園で夜景

ホテル


昔ながらの街並み磁器口へ。
食べ物屋がずら~り。
街並みよりも、食べ歩きを楽しむところ 笑
それにしてもこの人混み!
連休はどこへ行っても人だらけ~。
P1012933_20180309220948fa9.jpg


早速食べ歩きスタート~。
重慶に来たからには一度は食べておきたい、小ぶりの碗の麺、小面。
左下はドリンクとデザートだけど、それ以外は麺類。
麺の種類が半端ない!
IMG_1627_201803140927228e2.jpg


肥腸小面RMB18(¥360)
モツ煮入りの小面をオーダー。
IMG_1623_20180309215412d40.jpg


五香猪肉鍋魁RMB10(¥200)
小麦粉生地のパンに豚肉や牛肉などの具材を挟んだ重慶風バーガー。
IMG_1633_20180309215413539.jpg


烤猪蹄RMB20(¥400)
重慶出身の友人オススメ、豚肉の蹄焼き。
P1012948.jpg


焼きあがった豚肉の蹄をカットして、スパイス、ねぎ、コリアンダーを振りかけていただきます。
IMG_1650.jpg


中国風かりんとう、麻花。
小麦粉生地で作られる揚げ菓子。
塩、スパイシー、ココナッツ、蜂蜜など様々な味があります。500gで300円前後。
子どもの握りこぶし程の麻花を試食として配っていました。太っ腹!
外はサクサク、中はふわふわで想像以上に美味!
P1012939.jpg


なぜかインディアンロティ店も。。
誰も購入しないけど、この人だかり。
P1012937_201803092209494c6.jpg


こ洒落たストリートもありました。
P1012962.jpg


磁器口を後に、李子坝駅へ。

重慶名物、アパートに突っ込むモノレール!

先頭車両の一番前を確保。
鉄道オタクは他にはいませんでした。
P1012965_20180309231843494.jpg


ウワサの李子坝駅。
駅の上は増築を繰り返したアパート。
P1012973_201803092318448f3.jpg


ホームは至ってフツウ。
P1012975.jpg


外に出てみることに。
こちらは裏口。(ということが後でわかりました。)
P1012981_2018030923183714e.jpg


道端に干してるシーツも良い味出してる。
P1012983_20180309231838a16.jpg


P1012989_20180309231841062.jpg


P1012994.jpg


P1013000_201803092319597d1.jpg


P1012998.jpg


P1012996_2018030923195511a.jpg


P1013006.jpg


坂の街重慶、ホームと裏口は6階でした。
P1013039.jpg


エレベーターで1階に降りると、駅の正面入口がありました。
P1013016.jpg


P1013013_2018030923194998c.jpg


P1013020_201803092321291f7.jpg


P1013028.jpg


李子坝駅のある2号線は、中国初のモノレール。

3号線は、世界一のモノレール路線で、日本政府の支援も仰いで建てられました。


夕食は、重慶入りした秘書と、秘書のお父さんと合流~。
お父さんお勧めの重慶火鍋店へ。
タレのごま油は、使い切りの袋入り。
IMG_1658.jpg


ごま油に調味料を足して自分好みのタレを作ります。
私はいつもスタッフにお願いして調合していただきます。
IMG_1662.jpg


お豆腐、湯葉、ザーサイ、お魚、大根。
IMG_1666.jpg


長芋。
IMG_1672.jpg


ダックの腸。
IMG_1668.jpg


重慶人が火鍋で必ずオーダーする食材、センマイ。
IMG_1670.jpg


こちらも重慶人マストオーダーのタウナギ。
IMG_1678_201803092156574e7.jpg


豚の脳みそ。
IMG_1674_201803092157006ef.jpg


腎臓。
IMG_1676_201803092157016b1.jpg


牛肉。
IMG_1680_20180309215656718.jpg


〆のヌードルが感動的な美味しさ!
IMG_1682_20180309215657abb.jpg


鵝嶺公園へ。
1911年、公園の山頂に造られた8階建ての塔、両江亭。
揚子江と嘉陵江両岸を見渡すことができます。一人RMB5(¥100)
P1013105.jpg


P1013075_2018031412055913b.jpg


P1013061.jpg


P1013043.jpg


P1013094_20180314120548d17.jpg


P1013101_2018031412054928b.jpg


P1013086_20180314120603ed8.jpg


中国人は自撮りが大スキ!

逆に、写真をお願いすると、立ち位置やポーズをなどを細か~く指示してくれ(笑)、時間をかけて気合をいれて写真撮影をしてくれます。

塔で私たちも若者に記念撮影をお願いしました。

赤の他人なのに、めっちゃ丁寧に撮影して下さいました。

ほんっと親切な方が多いのだ~!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

重慶夫婦旅5 ~重慶の朝ごはん~

1月2日(火) 4日目

二厂文创公园

重慶抗戦遺址博物館

夕食

南山植物園
↓ 
长嘉汇购物公园

ホテル


重慶の最新スポット二厂文创公园。
P1023127.jpg


銀行などの跡地にショップやレストランがオープン。
P1023125.jpg


重慶の昔ながらの朝食をトライ。
P1023133.jpg


油茶、蛋巻、湯園セットRMB25(¥500)
油茶は中国各地で食べられる朝食。
見た目も材料も味も地域によって全然違います。
重慶油茶は、粘りがでるまで上新粉を茹で、ラー油やコリアンダーをお好みでトッピング。
果子(小麦粉生地のカリカリ揚げ)を入れていただきます。
北京油茶や貴州油茶はタイプじゃないけど、重慶油茶はお粥の様な感じで美味!
家庭で作るのは大変なので、外で食べるものらしい。
IMG_1718.jpg


重慶抗戦遺址博物館。
日中戦争中、日本軍が臨時首都重慶に何度も無差別爆撃を繰り返しました。
P1023155.jpg


一人RMB16(¥320)
IMG_2205.jpg


まさか、こんなところに中国人と一緒に訪れる日が来るなんて…。
お父さんに「日本人の政治家でスキな人はいる?」という質問をすると、「田中角栄」という答えが。
多くの中国人は、日中関係の国交正常化を実現させた田中角栄を評価しています。
IMG_2207.jpg


夕食はお父さんの元部下のレストランで。
お父さんの元部下、お父さんの専属ドライバー、そして私たちの計6人で食事。

蒜泥白肉RMB28(¥560)
大蒜たっぷり豚肉の冷しゃぶ。
IMG_1728.jpg


鹵豆干RMB12(¥240)
押し豆腐の甘辛煮。
IMG_1730.jpg


泡椒土鳝魚RMB78(¥1,560)
タウナギの炒め物。
IMG_1724.jpg


姜爆鴨RMB68(¥1,360)
モツ炒め。
IMG_1732.jpg


鶏血湯RMB32(¥640)
ニワトリの血を固めたスープ。
IMG_1734.jpg


泉水鶏RMB128(¥2,560)
香辛料の香り一杯のスープと油で焼き上げた鶏肉料理。
IMG_1740.jpg


功夫丸子RMB228(¥4,560)
ふわっふわの肉団子。
超巨大でソフトボール大くらいの大きさ。
IMG_1748.jpg


サービスの湯園。
黒ゴマ入り白玉団子。
中国ではデザートを食中に食べることがあります。
IMG_1752_20180309221946b7b.jpg


蒸腊餅RMB88(¥1,960)
蒸し豚肉。
IMG_1760.jpg


蓮白粉条RMB22(¥440)
キャベツの炒め物。
IMG_1762.jpg


咸菜鶏湯丝瓜RMB28(¥560)
ヘチマの炒め物。
IMG_1766.jpg


サービスのザーサイ。
IMG_1770.jpg


水餃RMB28(¥560)
重慶風、水餃子。
北京との違いは、ソース。
北京は黒酢、重慶はスパイシーソース。
IMG_1772.jpg


南山植物園へ。
一人RMB15(¥300)
IMG_2201.jpg


IMG_2203_20180309222059dc5.jpg


高台にヴューポイントがあります。
P1023173.jpg


P1023175_20180309223252c7c.jpg


P1023179.jpg


长嘉汇购物公园。
P1023198.jpg


P1023195.jpg


P1023192.jpg


P1023189.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム