FC2ブログ

カタール夫婦旅1 ~カタールの砂漠リゾートホテル~

4月14日(土) 10日目

アッサラーム アライクム

全く見所がない途上国感ぷんぷんのクウェートから、中東一の富裕国カタールへ。
P5280035.jpg
良い写真が撮れなかったので、約1年前キプロスへ行く際、経由した時の写真。


カタールは30日以内だとビザ不要。

“世界一退屈な国”と言われているカタール。

真実かどうか確かめたいと思います。


首都ドーハから60km程南に位置する砂漠リゾートへ。
リゾートまでのバスは無いので、とりあえずリゾートに近いメサイード行きのバスに乗車。

ドライバーに「メサイード」と告げると2人でQAR40(¥1,440)。
「やたら高いなー!」と思いつつも支払い、席に着き、チケットを見ると、なんと1日乗車券!!
一言も「1日乗車券」なんて言ってないのに、1日乗車券を売られてしまったー。
「誰も1日乗車券なんて言ってないじゃん、お金返して!!」 詰め寄ったけど、既にマシンに通した後。
ちゃんと確認しなかった私が悪いけど、悔しいけど、泣き寝入りすることになりました~涙


1時間程でメサイードに到着。
バス停付近にはタクシーが全くいない。。
しばらくするとたまたま通りかかった白タクがホテルまで連れて行ってくれました。
メサイードバス停からホテルまでQAR35(¥1,260) 約30分。


ホテルは Sealine Beach, a Murwab Resort。
ロビー。
P4155768.jpg


ナツメヤシとアラビアンティーで出迎えてくれたコメディアンみたいなネパール人。
P4155765.jpg


デラックスダブルルーム朝食込み1泊12,880円。
P4145744.jpg


ここでもお祈りマットとコーランが枕元に。
P4155795.jpg


お部屋からの眺め。
P4155756.jpg


レストランは、アラブ料理とイタリアンの2つ。
アラブレストランはアルコール禁止!
P4155767.jpg


ジム。
P4155787.jpg


スパ。
P4155792.jpg


プール横にアルコールを飲んでも良いエリアがあるせいか、非ムスリム率の高いプール。
プールサイドはアルコール禁止。。
細かい。。
P4155760.jpg


子どもプール。
P4155772.jpg


ビーチ。
P4186001.jpg


P4155776.jpg


中東お決まり、ビーチにラクダ。
P4155783.jpg


そしてー!!
毎晩通った、隔離されたバー!
テントで作られてるのでなかなかの雰囲気。
P4155749.jpg


このホテル、、、
空港からホテルまでの行き方、アルコールの有無などを事前に2度メールしても返信無し。
チェックイン時もとーてーもー感じが悪い。
周りは砂漠と海しかないリゾート。
こんなホテルに4泊することがめっちゃくちゃ不安になりました。

しかし、各部署のマネージャーに要求すればちゃんとやってくれたし、出稼ぎのスタッフたちも甲斐甲斐しく働いてくれました。
リクエスト型のホテル 笑
控えめな日本人がこのホテルに宿泊するのはかなりキツいだろうな~と感じました。


カタール空港到着後から感じたのは、バーレーンやクウェートにはあまりいなかった黒人の出稼ぎ者。
UAEやカタールには、黒人の出稼ぎ者もとても多い!

カタール空港の両替所のスタッフは、ソマリア人。
リゾートのスタッフは、ケニア人やカメルーン人など。
そして、お決まりのインド人、スリランカ人、バングラデシュ人、ネパール人、フィリピン人、インドネシア人。
マイナーどころで、チュニジア人、エジプト人、モロッコ人、ウズベキスタン人。

実にインターナショナルなスタッフたち!
それもそのはず、カタールの人口はカタール人が11%、それ以外は外国人という構成!驚

途上国の人たちはとにかくおしゃべり好きで人懐っこい(時にめちゃくちゃウザいけど)。
彼らの言葉で挨拶をするだけで半端なく喜んでくれます。
「日本へ行くビザを出してくれ~。」ってお決まりのセリフが待ってるけどね…苦笑


ホテルのゲートのすぐ横に、スーパーや車の修理店などがいくつかありました。
全員出稼ぎ者たちで、スリランカ人やネパール人が働いてました。
ビールを探すも、ノンアルコールビールしか無い。。
330ml1本QAR2.25(¥81)
IMG_8188_201901151243569b6.jpg


ホテルから徒歩10分くらいに、シーシャ屋(アラブタバコ)。
P4165833.jpg


その横には食堂。
残念ながらアルコールは無い~。
P4165840.jpg


観光客用のラクダも待機。
P4165848.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カタール夫婦旅2 ~サウジ国境近くの砂漠ツアー~

4月16日(月) 12日目

アッサラーム アライクム

サウジとの国境にある砂漠ツアーに参加。
宿泊したホテルにはツアーデスクやインフォメーションは全くないのでネットから自力で申し込み。
こちらのQITというツアー会社で予約。

14時から21時までの1日コース。
食事・ソフトドリンク込み1人QAR400(¥14,400)

カタール人ドライバーが遅刻することなく、14時ピッタリにホテルのロビーに来てくれました!驚
カタールでローカルスタッフに会ったのこれが初めて!笑

ま、その後に車の修理屋へ行って、砂漠を走るためのタイヤの調整をしていたけど。。
ピックアップ前にやっとけ~!


それでは砂漠ツアースタート~。
P4165881.jpg


P4165886.jpg


P4165884.jpg


砂漠に真っ青な海!
P4165872.jpg


キャンプ施設がありました。
ビーチでアルコール禁止だなんて~><
P4165883.jpg


砂漠内を猛スピードで走ったり、急下降したり、まるでジェットコースター。
P4165901.jpg


P4165914.jpg


サウジがすぐそこー!
陸路で繋がってるけど、現在カタールとサウジは断交状態。。
P4165935.jpg


砂漠ツアーを満喫し、16時頃砂漠内のホテルへ。
P4165940.jpg


こんな開放的な空間でまさかのアルコール禁止!涙
アルコールの有無を事前に確認しておくべきだった。。
P4165967.jpg


荷物を置いたり着替え用に無料で一部屋貸してくれます。
P4165939.jpg


バテまくったラクダ。
P4165942.jpg


お隣のホテルにもアルコールを探しに行ったけど無いー。
P4165951.jpg


ここでももちろんスタッフは出稼ぎ者。
ムスリム男性が着用する白い衣装を着てるけど、彼らの言葉を聞いているとスリランカ人!
スリランカにもムスリムはいるけど…。
宗教を聞いてみよっ!
はい、仏教徒ー!笑

マネージャーにバレたら首になりかねないのに、スリランカ人がアルコールを仕入れてきてくれました。
ほんっと、現地語ができたら一気に親しくなれる。
IMG_8273_201901141719438ca.jpg


数日前に着任したばかりのトルコ人マネージャーにめっちゃ扱き使われてた。。
P4165962.jpg


砂漠に沈む夕日。
P4165973.jpg


夕焼け後の砂漠。
P4165981.jpg


食事担当はネパール人。
P4165966.jpg


19時頃、夕食の時間。
バーベキューのみだと思ってたけど、他にもたくさん準備してくれてました。
P4175992.jpg


やったー!
カレーもあるー!
P4175993.jpg
夕食を食べ終えたらツアー参加者はすぐ帰るみたいなんだけど、スリランカ人と色々おしゃべりして過ごしました。
早く帰りたくてしょうがないドライバー。
まだまだ時間があるのに、あからさまな態度で急かされました。。


スリランカ人と別れを惜しみ、記念撮影などをしてお別れ。
21時頃ホテルに戻ってきました。
IMG_8302_20190114164655a4e.jpg


砂漠をドライブするのは2時間弱くらいでその後は、砂漠内のホテルで過ごすことになります。
私たちはのんびりすることが苦痛じゃないけど、苦痛な場合は半日ツアーにした方が良いかもー。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カタール夫婦旅3 ~ドーハ散策~

4月18日(水) 14日目

アッサラーム アライクム

砂漠リゾートを後に、カタールの首都ドーハへ。
リゾートから公共交通機関は一切ないので、ホテルにタクシーを手配していただきました。
約2時間でドーハに到着。QAR170(¥6,120)


深夜、レバノン行きのフライトに搭乗します。
ドーハには宿泊しないけど、荷物を置くためのホテルを急遽予約しました。
Doha Dynasty Hotel。
シングルルーム朝食無し1泊3,614円。
P4186015.jpg


バスに乗ってドーハ市内を観光。
24時間乗り降りし放題のチケットを購入。
1人QAR20(¥720)
IMG_8998_20190116175709fe7.jpg


ドーハ拠点のバスターミナル。
P4186017.jpg


ウェイティングルームは男女別!
P4186025.jpg


男性ルームに女性が入ることは許されるけど、女性ルームに男性が入るのは絶対にダメ。
男性ルームで夫と一緒に待機。
中はAC付きで超快適~。
P4186019.jpg


2階建てのキレイなバス。
もちろんAC付きで涼しい~!
クウェートとは大違い。。
P4186028.jpg


乗車すると、なんとー!
なんとー!!
カタール初日メサイードへ行く時に1日券を売りつけられ、あのモメたドライバーが!笑
こんな偶然ってある!?
同じルートで同じドライバーならありえるけど、全く違うルートで遭遇するだなんて!笑


道路は整備され、小国なのに片側4車線。
P4186029.jpg


近代的な建物がにょきにょき。
P4186038.jpg


P4186064.jpg


ここでも王様がデカデカと。
カタールの王様はイケメンで人気があるらしい。
P4186045.jpg


近づいてみると、近代的というよりも奇抜な高層ビル群。
P4186051.jpg


現在開発中の人口島、ザ・パール・カタール。
P4186057.jpg


広さ400ヘクタール、費用数十億ドル。
4万人以上が住める人工都市になる予定。
スケールが違うわー。
P4186060.jpg


ココにいたカタール人富裕層のオーラが半端なかったー!
雰囲気も、身に着けてる物も、車もすんごいの!
P4186062.jpg


巨大ショッピングモール、City Center Dohaへ。
P4186054.jpg


モール内のショップはめーっちゃくちゃショボいけど、スーパーがとにかくすごい!!
バーレン同様、ほっとんどの生鮮食品が輸入品で、世界中のお野菜が集結!
もう、本当に手に入らないものはないんじゃないかってくらい色んな種類のお野菜や果物があったー!
この広ーい生鮮食品売り場!
IMG_8400_20190114165812efa.jpg


木箱なんかに入れちゃって、陳列も洗練されてる~!
IMG_8414.jpg


お魚の種類も半端ない~!
IMG_8406_2019011416581277d.jpg


アラブ人の生活に欠かせないナツメヤシの種類もこんなに!
IMG_8416.jpg


お寿司は21世紀の今、定番中の定番食。
IMG_8422.jpg


お手洗いに行くと、超人懐っこい子に遭遇。
誘拐したいくらいかわいかったー!
全くかわいく写ってないけど(汗)、実際まじで超美しかったよー!
IMG_8428.jpg
モール内のアクセサリー店に行くとスタッフがスリランカ人。
どんだけスリランカ人が多いんだ~。


その辺のレストランや食堂では飲むことができないカタール。
ビールお目当てに、アルコールが飲めるホテルへ移動。

道中、先ほどの世界とは180度違う世界。。。
全員出稼ぎ労働者。
日本も近い将来、こんな光景になるのかな…。
P4186067.jpg


アルコールが飲めるメルキュールグランドホテル。
またまたここのスタッフもスリランカ人~笑
そして、ここカタールにも不良ムスリム。
IMG_8432_201901141700442d4.jpg


バーからの夜景。
P4196070.jpg


アルコールを飲みながらローカルフードを食べたい!
しかし、ホテル以外ではアルコール禁止。。
ホテルの食事はスキじゃないので、泣く泣くホテルを後に。。


スークにレストランが入ってるみたいなので行ってみると、めちゃくちゃ観光地化されてる。。
残念!
P4196102.jpg


P4196103.jpg


P4196081.jpg


P4196094.jpg


絨毯屋。
P4196150.jpg


商談中。
P4196113.jpg


電話中。
P4196136.jpg


縫物中。
P4196104.jpg


スーク前にはイスラム文化センター。
ユニークな形からドーハのシンボル的存在なんだとか。
P4196146.jpg


帰り道、スリランカ食堂を発見。
見つけた瞬間、夫と目が合ったよね。
速攻ココに決定~!  
P4196154.jpg


P4196151.jpg


ドーハの夜景は派手だー。
P4196144.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カタール夫婦旅4 ~カタールの食事情~

4月14日(土)~18(水) 10~14日目

アッサラーム アライクム

4月14日(土) 夕食@ホテルのイタリアンレストラン

ホテルのレストランはイタリアンとアラビアンの2つ。
イタリアンにしかアルコールがないので、迷わずイタリアンへ。

スパイシービーフソーセージピッツアQAR80(¥2,880)
イスラム圏なのでポークが無い。。
IMG_8146_20190114171528f04.jpg


シーフードピッツアQAR85(¥3,060)
海に面するカタール。
シーフードを期待してたのにめっちゃショボい。。
てか、冷凍。。
IMG_8162.jpg


オマーンでもヨルダンでもそうだったんだけど、ケチャップが必ず新品の小瓶入り。
1瓶使い切らない可能性なんて余裕であるし、かなり勿体なくない!?? 
IMG_8154_20190114171525a25.jpg
コロナ1本QAR44(¥1,584)
お会計QAR385(¥13,860)
イタリアンレストランでしかアルコールが飲めないというのに、全然美味しくないー。
明日からの食事どうしようー。


4月15日(日) 夕食@ホテル近くのアラブ食堂

ホテル内のアラブレストランはアルコール禁止。。
近くの食堂でテイクアウェイをして、お部屋でビールと共にいただきました。

フィッシュQAR60(¥2,160)
IMG_8238_2019011417152761f.jpg


ケバブQAR50(¥1,800)
IMG_8240_2019011417152840f.jpg
いいお値段なのに、全然美味しくない。。


4月16日(月) 夕食@ツアー

ツアーに含まれていた夕食。
IMG_8269_20190114171942824.jpg


前菜、バーベキュー、カレーなど種類豊富でした。
IMG_8267_20190114171939e75.jpg


4月17日(火) 夕食@ホテルのアラブレストラン

アラブレストランではアルコールが禁止。
オーダーした食事をバーに運んでもらい、バーで飲みながら食べることができました。

グリルフィッシュQAR80(¥2,880)
IMG_8351_201901141728466b1.jpg


グリルエビQAR65(¥2,340)
IMG_8349.jpg
お会計QAR145(¥5,220)
アルコール代QAR238(¥8,568)


4月18日(水) 夕食@ドーハのスリランカン食堂

たまたま見つけたスリランカン食堂。
チキンコトゥQAR12(¥432)
ロティ、お野菜、お肉を鉄板の上で細かく切り刻んだ炒めもの。
IMG_8438.jpg


マトンカレーQAR8(¥288)
茄子カレーとパロタはサービス。
IMG_8442_20190114172901dec.jpg
お会計QAR20(¥720)


ホテルの朝食。
アラブの家庭料理Balaleetバラリート。
サフランを使用した甘い麺料理。
アラブ人は大好物みたいでみんな大量に食べてました。
IMG_8182_201901141715283d4.jpg


冷製豆スープ。
刻みトマト、チリ、オイルをお好みでプラス。
レストランのマネージャーが甲斐甲斐しく調合してくれました。
IMG_8314_20190114171945f86.jpg


週末はブッフェ、平日はメニューの中から選択。
週末は在住外国人がドーハから羽を伸ばしにやってくるんだけど、平日はお客がほぼいない。。
その為、平日はブッフェをやんないみたい。
IMG_8322_20190114171946d0f.jpg


お部屋に置いてある無料の紅茶が美味しかったー!
濃い紅茶にミルクと数種類のスパイス入りで、インドのチャイに似てる!
IMG_8258_20190114171938ea4.jpg


バーで豪快に出してくれるミックスナッツも美味だったー!
IMG_8335_20190114171948996.jpg


これー。
IMG_8357_20190114172903f33.jpg
これぞカタール料理!というものは特に無く、近隣アラブ諸国でも食べられるものばかり。
人口の4分の3が外国人のため、南アジア食堂などが目立ちました。


バーレーン、クウェート、そしてカタールでもメイドに制服着せてたー。
P4196108.jpg


カタールの信号機。
P4196148.jpg


カタールのナンバープレート。
車は右側通行、左ハンドル。
P4186063.jpg


カタールは世界一つまらない国と言われているけど、実際は砂漠も海もあって楽しめました。
こちらはカタールのハマド国際空港の名物、巨大クマ。
全てのスケールが大きな、富裕国!
P4196155.jpg


カタールのお金、カタールリヤル。
IMG_8446_20190114172906382.jpg


カタールには、1/2や1/4札は無かったよ!笑
IMG_8448_20190114172905b68.jpg


コインはほぼ流通してないみたい。
IMG_8452_201901141729067df.jpg


50リヤルと25リヤル。
やっぱりややこしいー!
IMG_8454_20190114172906884.jpg


●会計報告(2人分)4泊5日
1カタールリヤル=36円
食費62,820
移動費10,260
ホテル55,120
ツアー28,800
その他3,960
航空券
(クウェート→カタール片道)
35,022
合計¥195,982


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム