フィリピン夫婦旅1 ~旅の準備~

一時帰国のついでにどこかに寄って帰ろう!
ということで、今回選ばれた先は、


ホスピタリティ溢れる国フィリピン
Philippines.jpg


フィリピン最後の秘境エルニドを知ったきっかけ
日本に帰るついでに行ける所、キレイな海、フィリピンが浮上。
現在同じ国に住んでる方が、以前フィリピンに駐在してました。
「フィリピンでお勧めのリゾートある~?」
「フィリピンなら絶対エルニドをお勧めするよ!!」
友人が教えてくれたエルニドを調べて、、即決!笑


旅行代理店
エルパラダイスにメールすると親切丁寧な対応をして下さり、こちらで予約しました。
こちらを通しても、ホテルに直接連絡しても金額は変わりません。


旅程
日数移動移動手段観光先宿泊先
1赴任国→KL
KL→マニラ
Malaysia Airlinesマニラ
2マニラ→エルニド
エルニド→ミニロック島
セスナ
ボート
リゾートミニロックアイランド
3リゾートミニロックアイランド
4リゾートミニロックアイランド
5リゾートミニロックアイランド
6リゾートミニロックアイランド
7リゾートミニロックアイランド
8ミニロック島→エルニド
エルニド→マニラ
マニラ→
ボート
セスナ
Malaysia Airlines


機内
9→日本Malaysia Airlines


スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

フィリピン夫婦旅2 ~いざミニロック島へ~

11月5・6日 1・2日目

マガンダンアラウ

赴任国からKLを経由し、夕方フィリピンの首都マニラに到着。
ホテル近くのショッピングモール“MOA”で現代社会の空気を吸い、日頃食べられない日本食を堪能。
マニラの都会っぷりに完璧おのぼりさん状態。

翌朝、リゾート専用機の空港へ。
荷物の重量制限がかなり厳しく、機内持込み分も含めて1人10㎏まで。
日本へ持ち帰る物がたくさんあったので、空港で預かっていただくことになりました。
待合室では軽食や飲み物のサービスがあります。

こちらが、ボーディングパス。
DSC01640.jpg


こちらがリゾート専用機。
DSC01636.jpg


機内は自由席。
DSC01645.jpg


まずはエルニドという田舎町へ。
滑走路がなんと土!
そして消防車も待機!
DSC01658.jpg


地元のおばちゃんたちが歌とダンスで出迎えてくれました。
DSC01660.jpg
ちゃっかりチップボックスが 苦笑


ここが最終地点ではなく、今度はボートに乗り換えて目的地へ。
ボートの準備が出来るまで藁ぶき屋根の小屋で一休み。
DSC01666.jpg


フィリピン名物“ビコ”(もち米にココナッツミルクと黒砂糖を加えて煮込んだライスケーキ)。
美味しくておかわりまでしちゃった。
DSC01663.jpg


トトロに出てきそうなこちらのバスに乗って波止場へ。
DSC01667.jpg


波止場まで徒歩3分程の距離なんですけど…苦笑


船に乗って、ミニロック島へ向け出発~。
DSC01672.jpg


ボートで走ること1時間、、、


ミニロック島が見えてきたー!
DSC01878.jpg


こちらはウォーターコテージのカテゴリ。
DSC01870.jpg


シービュールームのカテゴリ。
DSC01879.jpg


ガーデンコテージのカテゴリ。
DSC02196.jpg


ビーチサイド。
DSC02195.jpg


マッサージルーム。
DSC02090.jpg


リゾート以外何もないこの島に住むスタッフ専用のマリア像。
DSC02200.jpg


ウェルカムドリンクを頂きながら、スタッフの心温まるウェルカムソングとダンス。
DSC01682.jpg
オールインクルーシブのこちらのホテル。
スパ、ダイビングは有料ですが、それ以外のアクティビティは無料。
ミニバー、レストラン、バーの飲み物は有料ですが、お水、コーヒー、紅茶は無料。
ボトルを持って行けば、ボトルにお水を入れていただけます。
ボトルを売ってるので、思い出に購入することもできます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

フィリピン夫婦旅3 ~シービュールームと食事~

11月6~8日 2~4日目

マガンダンアラウ

まずはこちらのシービュールームに3泊。
DSC01879.jpg


DSC01685.jpg


DSC01686.jpg


お部屋。
よく言えば素朴、悪く言えばちゃちい 笑
DSC01690.jpg
このリゾートの金額を出せば、他のアジアのリゾートでラグジュアリーなリゾートに余裕で滞在できちゃいます。
でも、この秘境っぷりが良いんです◎


螺旋階段を上ってみると、
DSC01691.jpg


屋根裏部屋。
DSC01692.jpg
ファミリーでの宿泊に良さそう。


こちらのバッグは、タオルなどリゾートで必要なモノが入る最適な大きさ。
村人の手作り。
経営者だけがおいしい思いをするのではなく、村人の収入向上のことも考えられているのが素晴らしい!
お持ち帰り可。
DSC01698.jpg
こんな辺鄙な場所でリゾートライフを送るにはインフラと環境保護が必要。
ビニール袋は、お客それぞれが本土へゴミを持ち帰る「エコニドバッグ」。
エルニドの環境保護と村人の経済的自立を支えてます。


ミニロックアイランドにはルールがあります。
・写真以外はなにもとらない...
・足跡以外はなにも残さない...
・思い出以外はなにも持ち帰らない...
・時間以外はなにもつぶさない...



マニラで預けたスーツケース。
お部屋に通された時、既にありました。
至れり尽くせり。


食事は3食ビュッフェ。
セルフオーダーできるヌードルやバーガー。
食べたい具材と調味料を選んで、好みの調理方法で、その場で鉄板焼きやヌードルなどを作っていただきます。
手抜きと言えば手抜きだけど(笑)、飽きないから結果的には◎
素晴らしいアイデア。
DSC01701.jpg


DSC02153.jpg


DSC02155.jpg


DSC02158.jpg


DSC02154.jpg


DSC02159.jpg


デザートの種類も豊富。
現地のスイーツやフルーツなど。
DSC01703.jpg


チョコレートフォンデュまで。
DSC02151.jpg


このリゾートの特徴はなんといってもアクティビティ
毎晩夕食時に、コーディネーターが翌日のアクティビティの予定を聞いて回ります。
リゾート周辺にはたくさんの島や自然があり、自分たちが行きたい所へプライベートで連れて行ってくれます。
色々と相談に乗ってくれるし、自分たちだけが訪れる場所でも必ずガイドを付きのボートを出してくれます。
ボート代も、ガイド代も、全てホテルの料金に含まれています。


夕食を終え、お部屋に戻るとベッドの上にこんなメッセージが。
DSC021611.jpg
毎晩違うメッセージが書かれてありました。
素朴でアットホームな雰囲気が最高です◎

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

フィリピン夫婦旅4 ~アイランドホッピング~

11月6・7日 2~3日目

マガンダンアラウ

11/6 
到着後、ランチをいただいて“Pinasil Cave”へ。
DSC01712.jpg


“Cudugnon Cave”
かなり狭い入口から這うようにして洞窟内へ。
DSC01727.jpg


“Snake Island”。
引き潮時のみ現れる一本道。
DSC017521.jpg


地元っ子が魚釣り。
DSC01749.jpg




11/7 
朝起きたら、目の前の海に魚がウジョウジョ。
DSC01867.jpg
ホテルの桟橋でシュノーケリングをすると、巨大なロウニンアジ、いわしの大群、クエがいます。
少し湾の外へ行くと、たくさんの珊瑚礁を見ることができます。


“Entalula Island Beach Club”へ。
DSC01820.jpg


DSC01786.jpg


DSC01815.jpg


昨夜「こちらの島でランチを食べたい。」ということをリクエストしたら、ピクニックランチを準備してくれました。
DSC01810.jpg
ミニロックアイランド宿泊者専用のバーもあり、大満足!


夕食時のダンスショー。
DSC01862.jpg
竹を打ち鳴らして音楽に合わせて踊るバンブーダンスはフィリピン発祥。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

フィリピン夫婦旅5 ~ラゲンリゾートホテル~

11月8日 4日目

マガンダンアラウ

“Lagen Island”へ。
ミニロックリゾートホテルの姉妹ホテル。
お互い行き来できます。ボートで約30分。


●ミニロックリゾートホテルとラゲンリゾートホテルの違い。
ミニロックリゾートラゲンリゾート
プール無し有り
アクティビティ多い少ない
広い狭い
金額ラゲンより安いミニロックより高い



ラゲンもミニロックと同じく、岩がそびえ立つ入り江に建てられてます。
DSC01918.jpg


ミニロックよりも、落ち着いた大人な雰囲気。
DSC01901.jpg


DSC01893.jpg


ミニロックには無いプールがラゲンにはあります。
DSC01895.jpg


今日はこちらでランチをいただきます。
DSC01886.jpg


ランチ後はさざ波を聞きながらマッサージ。
DSC01889.jpg


ミニロックのカヤックは黄色、ラゲンは赤。
DSC01898.jpg


DSC01894.jpg


DSC01897.jpg


ミニロックにもラゲンにも韓国人カップルがかなり多いです。
彼らは全身ペアルック!
ワンポイントならかわいいと思うんだけど、全身!笑 
そもそも水着でオソロがあることにびっくりだよ!
日本のバブル時代もこんなんだったのかな~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

フィリピン夫婦旅6 ~Small LagoonとBig Lagoon~

11月9日 5日目

マガンダンアラウ

“Small Lagoon”へ。
Small Lagoonのすぐ傍にあるこのビーチは、今日私たち専用のビーチ。
DSC02077.jpg


カヤックが一隻入れるほどの小さな入口から入った先がSmall Lagoon。
DSC02015.jpg


中に入ると、蒼い。。
DSC02025.jpg


DSC02029.jpg


DSC01959.jpg


ラグーンの外海もとってもキレイ!
DSC02008.jpg


イカやニモと一緒に泳ぎました。
DSC02047.jpg


海で遊んでる間に、ホテルのスタッフがボートでやってきて、ランチを準備してくれました。
DSC02048.jpg


こんな場所で食べるランチ、美味しくないわけがないっ!
DSC02052.jpg


ランチ後、“Big Lagoon”へ。
DSC02057.jpg


DSC02062.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

フィリピン夫婦旅7 ~ウォーターコテージ~

11月9~11日 5~7日目

マガンダンアラウ

シービュールームから、ウォーターコテージへ移動。

「ウォーターコテージの方が人気があるけれど、シービュールームの方が良いよ。」
ミニロックリピーターの方からアドバイスをいただいたので、両方泊まってみることに。(金額は一緒です。)

どちらもそれぞれ良い点があったので、3泊ずつにして大正解。


引っ越し先のウォーターコテージのお部屋を外から。
DSC01870.jpg


DSC02191.jpg


お部屋
DSC02080.jpg


ベランダ
DSC02082.jpg


お部屋の小窓から。
DSC02088.jpg


DSC02177.jpg


DSC02173_20150203214840a0a.jpg


夕暮れ時。
DSC02167.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

フィリピン夫婦旅8 ~ボートを一日チャーター~

11月10日 6日目

マガンダンアラウ

ボートを一日チャーターして自分たちが行きたい所を周ってもらいました。
(ボートをチャーターしても、ホテル代に含まれてます。)

“Cadlao Island”へ。
DSC02094.jpg


DSC02095.jpg


DSC02100.jpg



DSC02106.jpg


カヤック堪能中。
DSC021201.jpg
6日目にもなると、慣れたもんです 笑


“Dilumacad Island”へ。
クジラの形をした島。
大きすぎて全貌が写ってませんが 苦笑
DSC02125.jpg
ここではカメさんと一緒に泳ぎました。


“Matinloc Island”へ。
天候の影響に左右され、好条件に恵まれた場合しか行くことが出来ないシークレットビーチ
潮が引いた時に現れる小さな洞穴からシュノーケルで中へ行く以外方法がありません。
入り口の小さな穴は鋭利な岩と珊瑚があるので、波があるとケガをします。
ガイドがタイミングを見計らい、手をつないで穴を潜り抜けてくれました。
途中、頭をゴツンと激しく打ったのは岩ではなく、人の頭…。

中に入ると、そこは石灰岩に囲まれた美しく小さなビーチが!
外から見たらただの岩。
だけど、中はぽっかりとビーチしかないのです。
何億年もかけて自然に形成されたビーチ。
まさにアート!!

シュノーケルでしか行けないので、防水機能のない我が家のカメラは持っていけず…涙
写真がないのが残念!!


移動ばかりの一日だったので、ランチはサンドウィッチを作ってもらい、船上でいただきました。
こんなお願いまで聞き入れてくれるのです。


早めにミニロック島へ戻ってビーチでのんびり読書タイム。
DSC02195.jpg


マッサージをしてもらい、部屋に戻ってベランダで読書タイム。
DSC02173_20150203214840a0a.jpg
こんな素晴らしい景色をバックに読書できるなんて贅沢過ぎます♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

フィリピン夫婦旅9 ~お別れのとき~

11月11日 7日目

マガンダンアラウ

“Paglugaban”(通称“Shimizu”)へ。
シュノーケルポイントです。
日本人のシミズさんという方が、昔ここで亡くなられ、名前がついたんだとか。


“Dibuluan Island”へ。
DSC02212.jpg


DSC02214.jpg


DSC02219.jpg


DSC02221.jpg


今日はこちらでランチをいただきます。
DSC02224.jpg


DSC02225.jpg


久々の蟹は美味し過ぎた。。。
DSC02227.jpg




11月12日 最終日

マガンダンアラウ

とうとうミニロック島とお別れです。
スタッフ総出でお見送り。
DSC02253.jpg


見えなくなるまで手を振ってくれるスタッフたち。
バイバーーーイ
DSC02254.jpg


DSC02265.jpg


「フィリピン人のホスピタリティは高く、明るく、親切で、勤勉。」
よく耳にしますが、ここのスタッフはお世辞抜きに本当に素晴らしかったです。

話かけられてもウザくありません。
他国で親しげに話しかけてきてウザいスタッフっていますが、フレンドリーだけれども適度な距離感があります。

大自然は大事な資源。
ここを汚したら自分たちの収入がなくなる(お客が来なくなる)こともスタッフは知っています。

もしゴミが落ちていたら、スタッフがゴミを拾います。
掃除担当じゃなければ、同じスタッフでもゴミを拾おうとしない国もありますが、ここのスタッフはどんな立場であれ、ゴミを拾います。

ノーチップ制。
あげている人がいましたが、スタッフは丁重にお断りしてました。
こっそりもらえば良いのに…。
それすらしなかった!

素朴で、神秘的で、とっても素敵なリゾート。
マニラからセスナに乗って、ボートに乗り換えて、行くには時間がかかるけど、、、

そこには楽園が広がっていました。

エルニドの存在を教えてくれた友人に感謝!


会計報告
食費(マニラ)19,651
移動費2,603
リゾートホテル(食事含む)272,290
マッサージ20,600
その他6,827
リゾート専用機58,000
合計¥379,971
※一時帰国のため国際線無料。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム