スイス夫婦旅6 ~ツェルマットでまったり~

6月1日 6日目

グーテン ターク

朝起きると、なんと!雪が積もってる~。 
そんな~~~。
RIMG0544_201501230043407c1.jpg
晴天と雪景色の両方を堪能できて、逆にラッキーかも!
気持ちを切り替え、部屋で読書タイム~。 
こんな遠くスイスまで遥々やってきて、雪景色を見ながらの読書もなかなか◎
たまたま部屋が広くて冷蔵庫も大きいホテルでちょうど良かった♪ 


雪が止んだので、散策に。 
なんと、犬の糞用、ビニール袋とゴミ箱が! 
RIMG0563_20150123004533979.jpg


ゴミ捨て場の蓋を開けてみると、下の方まで掘ってあります!
見た目も良いし、素晴らしいアイデア! 
RIMG0779_20150123004538251.jpg


夕食は、山小屋風スイス料理レストラン“Du Pont”へ。 
RIMG0554_2015012300433991b.jpg


エスカルゴ、ソーセージ、リュシティ(ジャガイモのお焼き)、ラクレット(とろとろのチーズ)。
RIMG0552_2015012300433660e.jpg
お会計CHF53(¥5,035)。
スイス名物、リュシティとラクレットが想像以上に美味しい! 
お芋があまりスキではない私たちだけど、リュシティはイケる!
芋芋してないのが良いのかも? 


ワンコも絵になりますな。
RIMG0555_20150123004406fad.jpg


ホテル近くのオサレなバーへ。
RIMG0558_201501230045241f2.jpg

 
エスカルゴのソースがありえない美味しさ!!! 
RIMG0556_2015012300433887b.jpg
スイスワインを味わってみました。 
ワインを飲みなれてないから、全く差がわかんないんですけどね 笑 


夫が男子トイレへ行くと、日本人のおばさんが男子トイレに入ってきました。 
おばさん、無言で両手を合わせ、夫にお辞儀したそうな…苦笑 
夫はまず日本人に見えないし、焦った時ってなかなか外国語って出てこないけど、「Sorry」くらい言えば良いのに…苦笑
そもそも、無言で両手合わせてお辞儀されても、外国人には何のジェスチャーかわかんないってば!笑

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

スイス夫婦旅7 ~氷河特急でサンモリッツへ~

6月2日 7日目

グーテン ターク

早起きして、2時間程散策しました。
羊の群れがあっちにもこっちにも。首につけられている鈴の音色が美しい。
カラ~んコロ~ん。
RIMG0569_20150123005655b77.jpg


ツェルマットとお別れの日。
スイスを代表する二つのリゾート(ツェルマットとサンモリッツ)を結ぶ全長280kmの“氷河特急”(スイス四大列車の内の一つ)に乗って、目指すは『サンモリッツ』へ。

7時53分、出発~。
全席指定の特急パノラマビューの列車をわざわざ予約したけど全席窓が開かない!
なんてこった~。

景色を楽しむための列車の旅で、窓が開かないのはありえない!!
勿体ないけど購入したチケットを捨て、普通列車に乗り換えることに。
普通列車なら、“スイスパス”があれば、他にお金はかかりません。
目的地への到着時間も特急列車とそう変わりはありません。

駅員に聞くと、正確な返事をしていただけます。
はあ~、素晴らしい!素晴らしすぎる!!!
途上国では例え駅員に聞いてもまともな答えをしてもらえませんからね。

乗り換えた車内で、スイス人一家が手作りサンドウィッチをランチに。
6歳くらいの男の子がアーミーナイフでフランスパンをカットしてました。
ふっつーにアーミーナイフを使いこなして、あなた、カッコ良過ぎるでしょ!


世界の車窓!
RIMG0599_2015012300570625b.jpg


RIMG0604_201501230057017c0.jpg


宿がも何も無いような所で下車した一家。
RIMG0608_20150123005655446.jpg
ここに住んでるのかな。


“ランドヴァッサー橋”
RIMG0629_201501230058585fd.jpg


川でカヌーをする人たち。
RIMG0613_20150123005902e6c.jpg


RIMG0609_20150123005703cca.jpg


日本と繋がりがあるようです。
RIMG0617_2015012300585668c.jpg


8時間程で『サンモリッツ』に到着~。
RIMG0772_201501230100362e0.jpg


ホテル検索マシーン。
RIMG0646_20150123010036b5b.jpg
気に入ったホテルのボタンを押すと、そのままホテルのスタッフと話ができる機械が駅に!驚


一流ブランド街があり、まるでモナコの様な洗練された街並み。
RIMG0773_20150123010040bde.jpg
人々はお洒落で、東欧系の顔になりました。


ホテルは高台に建つ“Hotel Languard”。(一泊¥21,177)。
RIMG0806_2015012301004045b.jpg
スタッフが超テンション高くて、丁寧。
テンションの高いお兄さんは、無料で部屋のアップグレードをしてくれました。
サンモリッツ湖が見渡せる、窓の大きなかわいいお部屋。
木の建物って温もりがあるな~。


こちらはセキュリティーボックス。
RIMG0636_201501230058500da.jpg
柱に埋め込んでる作りだなんてオシャレ~。


夕飯はお兄さん一押しの“HAUSER”へ。
RIMG0637_20150123005859af5.jpg
お会計CHF135(¥12,825)。
石の上でお肉を焼いていただく、石焼ステーキを。
牛・豚・鶏・山羊・鹿・ダチョウ・カンガルー等々。
鹿肉は臭くてパサパサした感じ、ダチョウとカンガルーは牛ロースみたいな感じ。
メジャーな牛・豚・鶏・山羊が普通に美味しい 笑
パンがモチモチ美味しくておかわりまでしちゃった。

ビールの栓がすごいんです!
栓があれば、まず作らなきゃいけないし、ゴミになるけど、このビールの栓は何度も繰り返し使える造りになってるの。
すごくない?

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

スイス夫婦旅8 ~ベルニナ急行~

6月3日 8日目

グーテン ターク

朝食は、食堂からレイクが見える開放的なところでいただきます。
大きな大きな窓からレイクを眺めながらゆっくり飲む紅茶は格別。
RIMG0827_20150123012534c0c.jpg


スイスの東端とイタリアを結ぶ“ベルニナ急行”(スイス四大列車の内の一つ)に乗って大迫力のアルプスと氷河を堪能。
RIMG0660_201501230121556a9.jpg
何だこの絶景は~!
まるで長~い長~~いアトラクションに乗っているみたい。
2時間の間で標高差1,828mを下るので、気候や風景の変化を楽しめます。
川の水も半端なくキレイ!
ここから1時間も走れば、イタリアのティラノ。
陸続きの国って良いな~良いな~。


途中下車して、2時間程ハイキングをすることに。
マーブル。
RIMG0661_20150123012211a22.jpg


アルプグリュム駅。
RIMG0755_20150123012202dfc.jpg


90度に近いカーブ。
RIMG0723_201501230122036fb.jpg


湖と氷河。
RIMG0709_20150123012157492.jpg


指定席列車の窓が開かないということは学習したので、普通列車で窓を開けてサンモリッツの空気やニオイを感じながらの旅。
普通列車でもかなりキレイ!
お手洗いもキレイだし、トイレットペーパーもちゃんとあります。
車内には、大型犬とチャリを持ち込んでる人を多く見かけます。

今までの列車全てそうでしたが、出発時に合図がありません。
合図があるのはむしろ日本だけなのかな?


帰り道。
RIMG0766_2015012301235304b.jpg


RIMG0757_20150123012400245.jpg


サンモリッツを散策。
オイルフォンデュやチーズフォンデュ用のスティックを購入してみました。
RIMG0780_20150123012357758.jpg
スイスっ子は、キックボードで通学。
小さな子どもも、上手く乗りこなしてます。
車が道を譲ってくれます。はぁ~紳士な国~。


夕食は、“STEFFANI”へ。
配膳係はなぜか男性の年配。若い女の子にしてよ~。
オイルフォンデュと豚ステーキ。
RIMG0818_20150123012359102.jpg


RIMG0819_201501230124032ee.jpg
お会計CHF112(¥10,640)。
チーズた~っぷりの豚ステーキは格別! 


スイスのお金、フラン。
RIMG0821_20150123012537661.jpg
縦の図柄が珍しい。


ナンバープレート。
RIMG0825_20150123012535cbb.jpg
GRはグリンデルワルトの略。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

オーストリア夫婦旅1 ~さよならスイス・こんにちはオーストリア~

6月4日 9日目

グリュース・ゴット

とうとう、スイスを出国する日がやってきました。
これから列車で、オーストリアへ。

※今回の旅のメインはスイスとクロアチア。
スイスからクロアチアへ、飛行機で飛べば良かったんだけど、どうしても私が陸路で国境越えをしたく、オーストリアとスロヴェニアへ行くことになりました。
オーストリアもスロヴェニアも興味がないのでただの通過点でしかなく1泊ずつしかしてません。


9時2分、出発。
“スイスパス”はここから使えません。
サンモリッツ→インスブルック列車代一人CHF43(¥4,085)。


列車の案内板。
RIMG0839_201501251657330fc.jpg


国際列車に乗客はあまり乗ってません。
RIMG0841_20150125165734248.jpg
日本では考えられない程、座席が大きいです。


途中、リヒテンシュタインという世界6番目に小さい国(小豆島とほぼ同じ)を通過。
RIMG0850_2015012516573610e.jpg


14時6分、5時間でウィンタースポーツの地インスブルックに到着。
何?何?田舎くさいというか、ダサいというか、チンピラな街は…。
目・鼻・口の辺りにピアスしてる人がやたら多いし、髪の毛の色はピンクや緑や豹柄やモヒカン。
道端に座ってる若者、昼間から酔っぱらいのおっさん。
笑顔も愛想も無い。英語表記も無い。
ゴミは多い。
スイスが人も街も何もかも素晴らしかったから、より一層感じるんだろうけど…。
それにしても音楽の都の国がパンクファッションっていうのは…。


ホテルは駅から徒歩5分、アルプスの山々を望める“Hilton Innsbruck”(一泊¥11,625)。
RIMG0853_20150125165737f3b.jpg
ヒルトンにしてはかなりお得な料金だったんだけど、それもそのはず。
めっちゃ寂びれたヒルトンでした。。


無料でお部屋をアップグレードしていただきました。
お部屋からの景色はなかなか。
RIMG0858_20150125165739968.jpg
凱旋門がすぐそこに見えます。


観光客の足?ロバ。
RIMG0860_20150125165936a0c.jpg


ケーブルカーに乗って、インスブルックの街を見下ろせるノルトケッテ山へ。
一人€24(¥2,784)。
RIMG0865_201501251659378c9.jpg
ケーブルカーがまるでジェットコースターみたいで楽しい~!


RIMG0874_20150125165938ab0.jpg


頂上からの景色。標高2,334m。
RIMG0881_20150125165939e91.jpg



山頂でビールをいただきました。
RIMG0884_20150125165941d95.jpg
スイスもそうだったんだけど、ビールを注ぐ前にグラスを洗浄機で洗ってくれます。


夕飯はチロル地方の郷土料理を食べさせてくれる“WEISSES ROSSL”へ。
オーストリア風カツレツ“シュニッツェル”と仔牛のステーキ。
シュニッツェルは元々ドイツ料理で、薄くたたいたお肉にパン粉をまぶして少なめの油で揚げ焼きをしたカツ。
RIMG0908_20150125170124a32.jpg
お会計€31(¥3,642)。
激安!スイスの物価との差がすごい!!
レストランの中に普通に犬を連れてるおばあちゃん。
オープンレストランとかじゃなくて、普通の閉鎖的なレストランに。。びっくり。。


インスブルックの街並み。
RIMG0900_20150125170337de7.jpg


RIMG0914_2015012517012603a.jpg
う~ん、それにしても冷たい人が多いなあ。


路面電車。
RIMG0917_20150125170128195.jpg


凱旋門。
RIMG0922_2015012517012924f.jpg


ホテルに戻り私は就寝、夫は併設されてあるカジノへ。
ジャケット必須だったらしいけど、2ユーロでレンタルできるみたいです。


オーストリアのナンバープレート。
RIMG0923_20150125170130584.jpg
Iはインスブルックの略。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

スロヴェニア夫婦旅1 ~さよならオーストリア・こんにちはスロヴァニア~

6月5日 10日目

ドベル・ダン

オーストリアとお別れの日。
朝食は駅構内のマックへ。
メニューにリュシティ(ジャガイモのお焼き)やモッツレラチーズがあるのはお国柄。

列車が遅れて到着。
そして、車内がボロい。

オーストリアのインスブルックから6時間でスロヴェニアの首都リュブリャーナに到着。一人€61(¥7,122)。
ここは本当に首都ですかー?
RIMG0939_20150125172501329.jpg
半端なく寂れてます。


ホテルは旧市街のすぐそばにある“Hotel Emonec”という立地重視のお宿。(一泊¥9,086)。
部屋の中に階段があって、不思議な作り。

ちょうど日曜日なのでほっとんどのお店がお休み。
開いてたお店も17時には閉店。

人々は外でまったりとした時間を過ごしてます。
街並みはヨーロッパそのものだけど、よく見ると建物が汚い。
RIMG0928_20150125172335a56.jpg


RIMG0931_2015012517233630a.jpg


RIMG0932_20150125172337220.jpg


RIMG0936.jpg


RIMG0935.jpg


夕食は、スタッフが伝統衣装を身にまとって出迎えてくれる“SOKOL”へ。
タコサラダ、マスのグリル、カツレツ。€56(¥6,450)
海に面した国に来たら、日頃食べられないお魚食べなきゃね。
RIMG0946.jpg


利き酒中。
RIMG0950_2015012517250315d.jpg


スロヴェニアの車のプレート。
RIMG0934_20150125172339d24.jpg
LJはリュブリャーナの略。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

クロアチア夫婦旅1 ~さよならスロヴァニア・こんにちはクロアチア~

6月6日 11日目

ドバル・ダン

スロヴェニアお別れの日。
昨夜(日曜日)は早い店じまいでしたが、平日の朝は8時前から服屋などがオープンしてるリブリャーナ…笑

列車で、クロアチアの首都『ザグレブ』へ。一人€13.4(¥1,581)。
たった1,500円で他国へ行けるって羨ましい!!

国境の『DOVOBA』駅で、地元警察がやってきてパスポートのチェックをし判子を押してくれました。
スイス→オーストリア、オーストリア→スロヴァニアの車内では行われなかったこと。

列車が切り離され、クロアチア行きと他の行き先の列車に別れます。
気を付けてクロアチア行きの車両側に乗らないと、他所へ行ってしまいます。

列車が発車した5分後、今度は入国検査で警察がやってきました。
初めての列車での国境越えは、あっけなく終わってしまいました…。


約3時間でネクタイの発祥地のクロアチア『ザグレブ』に到着。
RIMG0952_20150125183337672.jpg
首都は緑が多く、道路がまーーーっすぐ長い。


駅から徒歩で空港行きのバスターミナルへ。
空港まで一人HRK30(¥480)

空港はかなりショボく、セキュリティーチェックを受けた後はレストランやショップが一切ありません。
お腹が空いてたので、また戻らせてもらいました。。

首都『ザグレブ』から、紅の豚の舞台になった『ドブロブニク』へ。
飛行機はネット予約で座席指定ができました。
絶景を楽しめる側を予約してあったはずでしたが、全く逆側だった…苦笑
どんくさい。。

珍しく、ホテルにピックアップの依頼を。
空港から25分、岩山を通り抜け、ホテルに到着。

ホテルは半島の西南に位置する“Hotel Ariston”。
お部屋は180℃シービュー。
RIMG1272_20150125183409606.jpg
わざわざアップグレード(有料)にして、海を見渡せるお部屋にした甲斐があった!


バスで旧市街へ。
RIMG0978_20150125183344f2f.jpg


夕飯は、生ガキで有名な“Kamenice”へ。
RIMG0967_20150125183342b7c.jpg


念願の生ガキ、イカフライ、シュリンプリゾットを。
RIMG0964_20150125183340512.jpg


RIMG0963_20150125183339f44.jpg
お会計HRK360(¥5,760)
生ガキは一人で20個も食べちゃいました 笑
イカフライのイカが超柔らかくて、感動。
日頃食べられないシーフードは格別に美味!!

猫が多くて、なんだかギリシャのミコノス島みたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

クロアチア夫婦旅2 ~紅の豚 ドブロブニクの城壁へ~

6月7日 12日目

ドバル・ダン

早起きしてドブロブニクを取り囲む城壁へ。入場料一人HRK70(¥1,120)。
全長1,940m、高さは25m。
RIMG1064_20150125190220c84.jpg


RIMG0994_20150125190219104.jpg


RIMG1048_20150125190219a7b.jpg
この城壁の中に一般市民を入れ、敵から守っていたそうです。


ロープウェイで旧市街地を一望できる『スルジ山』へ。
一人HRK80(¥1,280)。
RIMG1114_20150125190422ac7.jpg


徒歩なら2時間もかかるのに、ロープウェイならたったの3分!
文明の利器とは素晴らしいものだ!
RIMG1103.jpg


RIMG1069_20150125190221beb.jpg


下界に降りて、適当にバスに乗ってこの風景を探しに!
これぞまさにドブロブニク!
RIMG1124_20150125190423e93.jpg


裏城壁へ。
さっきの城壁のチケットを持っていれば、無料。
ここへの行き方がかなり分かり辛いです。
表側はたっくさんの人人人なのに、こちらはほとんど人がいません。
RIMG1248_20150125190606b20.jpg


RIMG1242_20150125190604175.jpg


ホテルに戻ってプールタイム~。
RIMG1224_20150125191622125.jpg


夕飯を食べに旧市街へ。
裏城壁と海を眺められる“ORHANレストラン”。
城壁の中は人がごった返してるけど、ここは外にあるので人込みを避けられます。

お通し。
RIMG1179_20150125190424435.jpg
めっちゃくちゃ美味しくて、メニューに欲しいくらい!


牛肉のタルタル。
RIMG1183_20150125190427074.jpg
生肉に色んなスパイスを足して実演してくれますが、日本人好みのお味ではない。。
実演してくれなくて良いから、自分たちで味付けしたかったよー。
高かったから余計に納得いかず 涙


RIMG1186_2015012519060244e.jpg
オイスター、エビカクテル、エスカルゴ、牛肉のタルタルでHRK520(¥8,320)。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

クロアチア夫婦旅3 ~ビーチでまったり・ORHAN最高!~

6月8日 13日目

ドバル・ダン

3島廻るツアーに参加。
RIMG1191_20150126144108c98.jpg


ランチ。
RIMG1188_201501261441069df.jpg
特になんてことのないツアーでした。
正直、行かなくて良かった!


『ドブロブニク』からバスで1,2時間走れば、お隣の『モンテネグロ』と『ボスニア・ヘルツェゴヴィナ』へ行けちゃいます。
ツアーを取り扱ってる旅行会社もたくさんあります。
夫の職場のルールでこれらの国への立入は現在禁止。。。
行きたかったよー!!!涙


夕飯はシーフード中心の1929年オープン老舗レストランの“Ragusa2”へ。
RIMG1198.jpg


シーフード盛り合わせ、タコのカルパッチョ、カルボナーラ。
RIMG1197_201501261441090c6.jpg
お会計HRK450(¥7,200)。
ここのイカも柔らか~い!!




6月9日 14日目

ドバル・ダン

この旅、クロアチアで一番の晴天日。
ビーチでまったり。
RIMG1225_20150126144303fec.jpg


RIMG1222_20150126144302949.jpg


夕方、お土産探しの為スーパー「Tommy」へ。
まともなスーパーがここくらいしかないんだけど、ここもかなりショボイです…。


夕飯は、旧港にあるシーフードレストラン“Konoba Lokanda Peskarija”へ。
RIMG0969_2015012614410429e.jpg


オイスター、シーフードリゾット、イカフライ。
RIMG1228_20150126144305776.jpg
お会計HRK225(¥3,600)。
日光浴のし過ぎで熱中症。。
気分悪く、この私が食欲がない…。




6月10日 15日目

ドバル・ダン

今日もビーチでまったり。
RIMG1221_20150126144300623.jpg


夕飯は、この旅二度目の“ORHAN”へ。
タコサラダと、ゴルゴンゾーラステーキ。
RIMG1249_20150126144550c7c.jpg
お会計HRK410(¥6,560)。
ステーキ、とろけました~!
ゴルゴンゾーラステーキ最高!!

帰り道、アイスを購入。
2スクープだとHRK16、1スクープだとHRK10。
こういうお得感スキ 笑




6月11日 16日目

ドバル・ダン

今日もビーチでまったり。
RIMG1219_201501261442594ed.jpg


夕飯前に旧市街をブラブラ。
RIMG1254_20150126144551f96.jpg
刺繍屋のおじさんが日本語ペラペラ。
商品作りをしてる奥さんと私の名前が同じ。
どこの国へ行っても、私の名前って存在します。

夕食は、この旅三度目の“ORHAN”へ。
旅先で美味しいレストランに出逢ったら、リピートしちゃう私たち。

三度通ったORHANはこんな所。
RIMG1262_20150126144553f59.jpg
右側の建物。

全席リザベーションされてましたが、すっかり顔なじみになってたので、入れてもらうことができました。
もちろんお目当ては、昨日のゴルゴンゾーラステーキ!
がっつり一人前ずついただきました。

明日はドブロブニクとお別れの日。
最終日ということで、ホテルのバーで乾杯♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

クロアチア夫婦旅4 ~飛行機が無い…~

6月12日 17日目

ドバル・ダン

『ドブロブニク』から首都『ザグレブ』へ。

とうとうクロアチアともお別れの日がやってきました。
ザグレブ到着後、搭乗案内掲示板で自分たちの国際線のフライトを探すも、無い…。

えーー!?どういうこと!?

カウンターに聞きに行くと、「5時間前に飛んだ。」と。
は??5時間前?
定刻の5時間前に飛行機が出発するってどういうこと?
待たされることはこれまでも何度もあったけどさあ…。

ザグレブ→イスタンブル イスタンブル→駐在国という旅程。
イスタンブル→駐在国が一日置きにしかフライトがなく且つ、夫の職場のルールで現在イスタンブルに入国することが出来ません。
ということは、ザグレブに2泊するしか選択肢がありません。

私的にはちょーーーラッキー♪
仕事がある夫は、国際電話等をして、てんやわんや。


街の中心地へ行き、ホテルを探しチェックイン。
街中にある立地重視のホテル「Hotel-Pension Jagerhorn」。(一泊¥11,277)。
RIMG1287_201501261510064a8.jpg
お手洗いや椅子の高さが高めで、小柄な日本人には大変 笑
売ってる洋服もビッグサイズ~。
ザグレブも治安が良いのか、閉店後お店のシャッターを閉めません。


夕食は郷土料理レストラン“VINODOL”へ。
RIMG1298_201501261510093d0.jpg


シュリンプサラダ。
RIMG1294_20150126151008008.jpg


ゴルゴンゾーラステーキと仔牛のチーズ焼き。
RIMG1296_201501261510086b5.jpg
お会計HRK350(¥5,600)。
仔牛のチーズ焼が美味しい!
食後はカジノへ。


ザグレブ夜の街
RIMG1299_20150126151011cfb.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

クロアチア夫婦旅5 ~ザグレブを練り歩く~

6月13日 18日目

ドバル・ダン

今日のお昼には駐在国に到着してるはずでしたが、運悪く?良く?まだクロアチアです 笑
朝食はキレイなお庭でいただきます。
RIMG1303_20150126154741409.jpg


トルコ航空のオフィスへ行き、チケットの代替依頼を。
明日のフライトは、二人で5万円。
明々後日のフライトは、二人で2万円。
もうこれ以上夫の帰りを先に延ばせられない…。
私はいつまでも延ばせられるんだけどな…。
しょうがない!5万円払うことに。。


昨日のホテルは、予約で満室。
近くのホテル“Hotel Dubrovnik”へ移動。(一泊¥15,158)。
RIMG1307_20150126154742019.jpg


街並み。
RIMG1308_2015012615474415b.jpg
駐在先では出来ない街ブラっ。
ウインドウショッピングってだけでも楽しい!


クロアチアっ子はアイスクリームが大スキ!
ドブロブニクにもたくさんアイス屋がありました。
首都ザグレブの老舗店“Slasticarnica Vincek”は特に大人気。
RIMG1318.jpg


RIMG1315_20150126154952657.jpg
30種類くらいの中から選ぶのは大変。


駐在国に戻るとまともなお寿司を食べることができないので、最終日は寿司バー“Takenoko”へ。
RIMG1313_2015012615474503f.jpg
お会計HRK530(¥8,480)。
これだけで8,000円も。。


小腹を満たしてくれたのはケバブ!
RIMG1314_201501261547474c7.jpg
最後の夜は、ホテル近くのオープンテラスのレストランで乾杯~!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

クロアチア夫婦旅6 ~さよならクロアチア~

6月14日 19日目

ドバル・ダン

ホテルの豪華な朝食を済ませ、トラム(路面電車)で空港行きのバスターミナルへ。一人HRK8(¥128)。
このバスターミナル、何度来たことだろう…。
(本来4回のはずが飛行機に乗れなかったので6回も。。)

空港に着いて、また飛行機が無ければ良いのに…。
なんて甘い期待はムダに終わり、飛行機はイスタンブルへと飛んでゆきました。

イスタンブルの空港では、ムダに高いお寿司とビールを何度もおかわりしました。
駐在国行きの搭乗待合所は、相変わらずゴミが超散乱!
トイレは超水浸し!
途上国の人々は空港内でも平気で地面にゴミを捨てるし、トイレもキレイに使いません。
びっくりを通り越すほどあちこちにゴミが落ちてます。
駐在国に着く前から、トルコで既に駐在国を味わうことになります…。
夢の三週間さようなら~。


ヨーロッパを一気に4カ国周りましたが、旅がしやすい!
イライラすることも、煩わしいこともなく、スムーズに旅ができました。
スイスは夫婦でお気に入りの国になり、夫なんて「将来スイスに住もっかな~。」なんて言ってるくらい。
どの家庭に生まれるかはもちろん、生まれる国によって、人生って大きく違うんな~。とひしひしと感じました。


クロアチアのお金
RIMG1255_201501261636138d4.jpg


会計報告
1フラン=95円
1ユーロ=116円
1クーナ=16円
食費178,587
移動費161,817
ホテル290,513
入場料10,240
その他51,340
航空券361,948
合計¥1,054,445


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム