ヨルダン夫婦旅4 ~ダーナ自然保護区 ぺトラビューポイント~

6月1日 4日目

アッサラーム・アライクム

3日間過ごした死海とお別れの日。
普段リゾートには一週間程滞在しますが、今回の旅は見どころが多い…。
もっと死海で遊びたかったけど、次へ進みます 涙

今日はダーナ自然保護区に寄って、ぺトラへ。
死海周辺で、タクシーやバスを拾うことは不可能に近いです。
事前に日本人旅行会社で車の手配を。
死海ホテル→ダーナ自然保護区→ぺトラ これで¥18,900。
高っ!!
でも、他に手はありません…。


こんな道を走りながら。
RIMG1411_20150502144347ff8.jpg


約3時間半で、ダーナ自然保護区到着。(満足度:★★★☆☆)
夫がミャンマー、ブータンに引き続きまた体調不良…。(夫は病弱なわけではありません。むしろ健康体。)
White Dome Trailという8キロのコースを3時間かけてハイキングする予定でしたが、とても炎天下の中歩けそうにありません。
仕方ないので、壮大な景色だけを楽しみました。
RIMG1414.jpg
うん、写真では全く伝わらないですね…。


ダーナ自然保護区を後に、1時間程でぺトラに到着。

ぺトラを外から見たく、ドライバーにビューポイントへ連れて行ってもらうことに。
この↓中が、ぺトラ遺跡。
RIMG1427.jpg
岩がごっつごつ。


町はもう少し発展してるのかと思いましたが、寂れた感じ。
RIMG1434.jpg


RIMG1435.jpg


ホテルはPetra Palace Hotel。
46JD(¥6,440)。(満足度:★★★☆☆)
RIMG1453.jpg
外観は立派。


お部屋。
RIMG1441.jpg
屋外プール2つ、シャワーの湯量と温度も良く、ドライヤーも有り、ホテルの隣にはコンビニが。
室内ではムリですが、ロビーではWi-Fiも出来ます。


1階にはバーがあり、お酒が飲めます!
RIMG1447.jpg


メニューはツナサンドのみ…。
RIMG1451.jpg
13JD(¥1,820)。
見た目通りのお味。。
「Petra Beer」はまあまあのお味。
てか、ここイスラム圏だよね?お酒製造してるんだ 笑


ホテルのプールで日光浴。
RIMG1444.jpg


ホテルから歩いて3分先にはMoevenpick Hotel。
道中、お土産屋やレストランがずらり。
RIMG1480.jpg


RIMG1482.jpg


お土産屋を冷やかすも、日本人が好みそうなものは売ってなく、Moevenpick Hotel内のお土産屋へ。
インドで学んだのですが、センスの良い日本人好みのお土産が欲しい時は、高級ホテルのお土産物屋行け!

案の定、Moevenpick Hotelには、センスの良いお土産がたくさん!
手工芸品、アクセサリー、「Rivage」の泥パック、砂絵アートもその場で作ってくれます。
(泥パックは、スーパーよりは少々高値ですが、その辺のショボイ土産物屋よりもむしろ安い 苦笑)

Moevenpick Hotelを後にし、さっきのレストラン街で夕飯を食べることに。
死海ではホテルでしか食事できなかったので、ようやくローカルの食事ができる~!

レストランへ入る前に、念の為「ビールある?」と聞くと、

な、な、なんと!!どのレストランも 「無い。」
なんてこった~。

アルコールが飲めるお店ようやく発見!
Petra Kitchen。
RIMG1693.jpg
が、アルコールはありますが、食事はありません 笑 え?笑
料理教室を開いてるらしく、自分で料理しないとご飯にありつけません 笑


Moevenpick Hotelならアルコールがあるので、仕方なくMoevenpick Hotelへ戻ることに。
屋上のレストランがなかなかオシャレ。
RIMG1470.jpg


RIMG1469.jpg


RIMG1465.jpg


お肉肉肉~!
RIMG1475.jpg
110JD(¥15,440)。
こういうオシャレな所じゃなくて、ローカルレストランで食事したいんだけどなー。
やはり、酒飲みにイスラム圏は厳しい~!!!

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ヨルダン夫婦旅5 ~ぺトラ遺跡はやっぱり… 砂漠で大揉め…~

6月2日 5日目

アッサラーム・アライクム

今日は、全く興味のないぺトラ遺跡へ。(満足度:★★☆☆☆)
旅程を考えている時、ぺトラ遺跡に行くかどうか最後まで迷いましたが、通り道なので行くことにしました。
“行かない後悔”よりも、“行って後悔”を取ることに。(行く前から後悔前提に考えてるし 笑)


ホテルの朝食は、びっくりする程美味しくないです。
RIMG1493.jpg
7時、チェックアウトをし、荷物を預かってもらいました。
ぺトラ遺跡から帰ってきて、シャワーを浴びたければプールにあるシャワーを貸してもらえます。


暑くなる前にぺトラ遺跡へ行っちゃいましょ~。
RIMG1494.jpg
ホテルの隣のコンビニ。
オープン前の状態ですが、シャッターもしないし、ドリンクもチェーンロックだけかけて外に出したままだし、冷蔵庫のコンセントが外にあったり、安全な町なんだなー。


ぺトラ遺跡へ行くまでにお土産物屋があります。
RIMG1495.jpg
商品はかなり色褪せ、入ってみようとも思わない様なお土産物屋がずらり。


チケット売り場。
RIMG1686.jpg
入場料がなんと!!!一日券一人50JD(¥7,000)
ディズニーランドよりも高い!
そして、なんと!ローカルは1JD(¥140)…苦笑


こんな道を40分くらい歩いた先に、、、
RIMG1522.jpg


ウワサのものが見えてきました。
RIMG1652.jpg


エルハズネ 高さ43m、幅30m。
映画『インディジョーンズ/最後の聖戦』の舞台になったところ。
RIMG1638.jpg


道中、何軒かお土産物屋があるのですが、ガラクタ系…。
RIMG1612.jpg
ここで取ったであろう、“石”も販売中。


さらに歩くこと2時間弱。
エドディル 高さ45m、幅50m。
RIMG1597.jpg


頂上に登って遊んでるローカルガイド二人。
RIMG1592.jpg
全く怖がってません…。
てゆうか、こういうのって大切に扱わなきゃいけないんじゃないっけ。
ガイドがこんなことするって…。


ここまで来るのに、トータル2時間半…。
めっちゃ暑くてしんどい!
もうビール飲むしかない!ビールビール!
RIMG1596.jpg
しかし、この頂上のカフェにはビールが無い…。
コーラで我慢 涙 1本2JD(¥280)。
ちなみにお手洗いもありません。


来た道を戻ります。
RIMG1613.jpg
博物館近くのBasin Restaurantにはビールが!
復活~。1本7JD(¥980)。
キレイ目の公衆トイレもありました。
入場料高いんだからトイレくらいキレイにしといてもらわなきゃね。
レストランの真横がドンキーのたまり場なので、かーなーりーの数のハエがいます。
半端ないです!


何時間も炎天下の中を歩き、疲れ果ててる私たち。
最後は馬さんの力を借りることに。
598.jpg
めっちゃ楽~!!ケチんないで、最初から乗れば良かった…笑


私たち遺跡に全く興味がないので、ぺトラ遺跡に何も感じませんでした。。
(カンボジアへ行ってもアンコールワットに行かなかった、ギリシャへ行ってもパルテノン神殿に行かなかった、それくらい興味がないのです。)

私の中で、世界三代がっかりメジャー観光地堂々3位に選ばれました!
1位:スペイン サグラダファミリア
2位:エジプト ギザのピラミッド
3位:ヨルダン ペトラ遺跡


気を取り直して!

ぺトラ遺跡を後にし、昨夜ビールが飲めることが判明したPetra Kitchenでガソリン補給。
RIMG1693.jpg
欧米人が大スキなスタイル、外で飲むこともできます。
バテバテの私たちは何の迷いもなくACの効いてる店内へ。


このお店は、毎日18時~20時まで料理教室を開催しています。
一人35JD(¥4,900)食事飲み物込み。
2時間前までに予約したら良いそうです。
RIMG1690.jpg


食事のみの提供はありません。
お腹ペコペコ。近所のレストランへ買い出しに。
テイクアウェイをし、ビールと共にここで食べさせてもらうことに。
RIMG1687.jpg
中東料理シャワルマ。1セット4.5JD(¥630)。
ヨルダン来て5日目にして、ようやくローカルフードらしきもの食べられたけど、いまいち…。


2階のお土産屋が他店より洗練されてます。
RIMG1689.jpg
営業時間8:30~23:30。


そろそろ次の目的地へ行かなきゃ。
タクシードライバーと交渉し、ワディラム砂漠へ。(満足度:★★★★☆)
タクシーはその辺にかなりの数いるので、すぐ捕まえられるし交渉も楽。35JD(¥4,900)。
RIMG1710.jpg
ヨルダンの車のナンバープレート。


貨物列車が走っていました。
RIMG1701.jpg


タクシーで1時間半。
ワディラム砂漠に入りました~。
RIMG1707_20150112220536367.jpg
ビジターセンターという所で、砂漠に入る入場料を払います。一人5JD(¥700)。

ここのスタッフが、組織ぐるみで入場料をパクってます!!

夫が入場料を払いに行き、
夫:「レシートは?」
スタッフ:「無い。」

夫:「そんなわけない!出せ!」
ス:「レシートを出すには1時間かかるんだ。」(あきらかにウソ)

夫:「今すぐ出せ!!!」

速攻出てきました。。。

そして、スタッフの行動があたふたあたふた。
あきらかに、ちょろまかそうとしたのがバレバレ。

夫は20年近く、私は10年途上国に住み、途上国の人がどんな風にお金をちょろまかすかくらいさすがにわかります。

私たちにレシートを出さなかったら、私たちはここに来てないことになります。
来てないことにされた人たちの入場料を、みんなで山分けします。

私たちが損するわけでもなんでもないんだけど、こういう汚い奴らが許せません。
ここに訪れた人数を、レシートでカウントしているみたいなのですが、実際はもっと多い!


キャンプのスタッフが迎えに来てくれ、砂漠の中をどんどん進んで、宿泊先まで行きます。
RIMG1730.jpg


本日のお宿Khaled's Camp(¥18,600)
ジープツアー、夕朝食込み。(満足度:★☆☆☆☆)
RIMG1759.jpg


お部屋。
RIMG1733.jpg
AC、ファン無し。


共同シャワールーム。
RIMG1765.jpg
着替える場所も、洗面道具を置く場所もないので、女性にはキツいかも。
水シャワーのみ。暑いので自然にお湯になってますが 笑


男女共用お手洗い。
RIMG1761.jpg


アラブ式トイレ。
RIMG1763.jpg
洋式もありますが、男女共用で便座が汚そう(尿が飛び散る)なので、こっちのがかえって楽。


蛇口高すぎるでしょ…笑
RIMG1762.jpg
お水が跳ねちゃうよ。


夕日の時間、裏山へ。
RIMG1736.jpg


砂漠に沈む夕日。
RIMG1751.jpg


夕飯はこんなところで。
RIMG1757.jpg
地べたに座る習慣がない欧米人は大変そうでした。


ビュッフェの品数も少なく、夕飯の時間は予定時刻よりも1時間半遅れました。
RIMG1758.jpg
時間通りに進まないことは途上国では、よーーーくあることですが、もてなす気あるんですかー?


あえてこじんまりした宿を希望したのですが、全てが中途半端。
ベッドも無し、トイレもシャワーも無い様な所が良かったのですが、ここは電気だけが無いキャンプ。

あ、電気も無いけど、ホスピタリティも一切無い!!
お勧めしません!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ヨルダン夫婦旅6 ~砂漠ジープツアー 最南端の紅海の町アカバへ~

6月3日 6日目

アッサラーム・アライクム

朝食もイケてませんでした…。
RIMG1781.jpg


パンと、茹で卵と、チーズと、クッキーのみ…。
RIMG1790.jpg


ジャムには巨大な蟻が何匹も。
RIMG1791.jpg
途上国でこんなこと全然普通だし、いつもなら許せるんだけど、若干イラっと。。
昨日からのホスピタリティーの無さや、スタッフの態度の悪さに、イライラが溜まっていて…。
そう!スタッフの態度が悪いからイライラするんだ!

私たちの他に2組ドイツ人の宿泊客がいたんだけど、彼らも不満たらたら。
口コミや写真を見る限り、夕飯はバーベキューで豪華そうだし、夜は楽器を演奏してくれてる写真なんかもあるんだけど、全然違うじゃん!ここまで違うと詐欺でしょ!


さ、気を取り直してジープツアーへ。
RIMG1913.jpg
ワディラム一帯は720k㎡。
どれくらいの広さかというと、都内が2,187k㎡なので、都内の約1/3の広さ。


その広大な砂漠に、こんな岩山が辺り一面に。
RIMG1866.jpg


どれくらい巨大岩なのか、車の大きさでわかるでしょ?
RIMG1867.jpg


石の橋。
665.jpg


ロレンスの家。
689.jpg
映画「アラビアのロレンス」の舞台に。


砂漠と言えばこういう砂丘を想像するけど、ワディラムは巨大な岩山だらけ。
702.jpg


ワディラム、同じ地球上とは思えない程ステキなところでしたが、
ビジターセンターのスタッフにしろ、キャンプのスタッフにしろ、“人”がかなりイケてませんでした…。
非常に残念!!!
現地在住の日本人の旅行代理店の方はこの事実を知ってるんだろうか…。


2時間半のジープツアーを終え、宿泊先が手配してくれたタクシーでアカバへ。25JD(¥3,500)。
RIMG1961.jpg


45分程走ったら、さっきまでの砂漠の景色とは打って変わって、南国らしくなりました。
RIMG1964.jpg


そして、とうとうヨルダンの最南端、紅海の町アカバに到着。
RIMG1966.jpg
向こう側はイスラエル。


ホテルはKempinski Hotel Aqaba Red Sea一泊一部屋¥19,950。
お友だち関係で、なんと無料でアップグレードしてくれました!
ソファーセットと、ベッドルームが別室!!
RIMG1981.jpg


RIMG1988.jpg
もちろん、バスタブとシャワーブースはセパレートタイプ!


RIMG1982.jpg


お部屋からの眺めも最高◎
RIMG1985.jpg
向こうに見えるのはイスラエル。


砂漠で体力消耗したので、ランチはACの効いたお部屋でルームサービスに。
Wagyu beef burger!!
RIMG1992.jpg
これ、またリピートするの間違いないでしょ 笑


早速プールへ。
RIMG1999.jpg
大スキなプールバーが!!
プールに浸かりながら、ビールを飲む至福の時。
ひたすらプールバーで生ビールを。生ビールが飲めるって幸せ~。

てか、アカバ恐ろしく暑い!!
風が熱風状態。
タイやインドの暑さとは話にならない程暑い!
3カ国目に住んでた国と同じ暑さだ。久々に味わったこの暑さ。


あっという間に夜になり、外の世界へ。
RIMG2010.jpg
サウジまで車で行けちゃうなんて不思議な感じ。


夕食は、Flokaでお刺身!!
RIMG2013.jpg


ロブスター、エビ、名前のわからない白身魚2種。
お刺身とビールだけで満腹にするって幸せ~笑
RIMG2017.jpg
お会計80JD(¥11,200)。


夜、部屋から見えるイスラエル側のライトアップがすごかった!
RIMG2020.jpg
イスラエル側から見たら、ヨルダンもこんな感じなのかな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ヨルダン夫婦旅7 ~Kempinski Hotel Aqaba Red Sea~

6月4日 7日目

アッサラーム・アライクム

肉眼でお隣の国。
RIMG2046.jpg
目と鼻の先にあるイスラエル。
だけど行っちゃダメな私たち。
夫のオフィスのルールでイスラエル立ち入り禁止…。


アカバ湾は、ヨルダン、イスラエル、エジプト、サウジアラビアの国境が集中。
RIMG2052.jpg


朝食のレストランからの景色がまたステキなんですわ。
734.jpg


このホテル全室、シービュールームです。
RIMG2071.jpg


朝食後、プールサイドで日光浴。
RIMG2063.jpg


RIMG2066.jpg


RIMG2079.jpg


RIMG2081.jpg


ランチは、何を食べるか昨日の時点で決まってます 笑
737.jpg
プールバーで「Wagyu Beef Burger」を。
お会計80JD(¥11,200)。


夕方までプールで過ごし、夕日はお部屋のバルコニーから。
RIMG2093_20130704011416.jpg
ちょっと目を離してる隙に沈んでしまいました 涙


夕飯を食べに街へ。
RIMG2115_20130704011423.jpg
お土産物屋が軒を連ね、サンドアートを目の前で作ってくれるお店もあり賑わってました。
ヨルダン人も日が沈んでから、活動し始める人たち。


ブラブラしてると、見覚えのある人にばったり。
ミャンマーから出稼ぎに来ている、ホテルのプールバーのスタッフでした~。
プールバーで2日間ミャンマー情勢を語り合った仲 笑
声をかけてくれてうれしかった~。

ホテルの多くのスタッフは、ミャンマーやタイやフィリピンからの出稼ぎ者たち。
アカバにもこんなに出稼ぎ者が働いているとは!
イスラム圏の女性はなかなか外で働くことができません。
出稼ぎ者は仕事が出来るチャンスが増え、お客もホスピタリティーの高い東南アジア人に接客してもらった方が良いだろうし、お互いにとって良いですね。


今日は、シーフードレストランAli Babaへ。
ローカル食堂で食事したいけど、やっぱビールが飲めないのさ…。
RIMG2104_20130704011425.jpg
暑いので、迷わずACの効いた店内へ。


RIMG2118_20150112232342c3c.jpg


サービスのスイカが一口サイズで食べやすく、氷付きで冷え冷えでうまうま~!
RIMG2124.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ヨルダン夫婦旅8 ~アンマン観光 さよならヨルダン~

6月5日 8日目

アッサラーム・アライクム

たったの2日でアカバとお別れ。。
RIMG2134.jpg


朝食レストランからの眺め、素晴らしい。
734.jpg


今日はローカルバスで首都アンマンへ。
朝食時、「今日はバス移動だから食べ過ぎない様に。」と夫からアドバイスされました。(バス移動中、お手洗いに行きたくなると大変だから。)
夫の言う通り、少ししか取りませんでした。
前日食べた唐辛子のピクルスが美味しかったので、今朝は欲張って2つ取りました。
RIMG2130.jpg
食べてみると、昨日より断然辛い!!
食事は残さない。特に自分で取ったものは自分で責任を取る。というのが我が家の掟。
このピクルスを二つも食べると絶対にお尻が痛くなっちゃうよ…。(辛いから。)
が、夫の許可が下りず、2つ平らげました。


Kempinski Hotelから、徒歩2分。道路を渡ってすぐ右手にJettバスターミナルがあります。
アカバーアンマン間は飛行機もありますが、時間が微妙なのと、陸路の方がその国の景色を楽しむことができるので、空移動よりも陸移動の方が断然スキ。


チケットは事前にネット予約。
乗車24時間前にリコンファームの電話が必要。
支払いは当日。一人8.8JD(¥1,232)。
RIMG2138.jpg


支払をしている間に、お尻が・・・・・・

やっぱり・・・・・・

トイレにかけつけました。


時間通り9時出発。
RIMG2139.jpg
バスガイド(女性)付き。
びっくり!!


9時半、アラビア語でのアナウンス後たくさんの乗客が降りて行きます。
なんだ?なんだ?
英語での説明は一切無かったのですが、こういう国には必ず親切な人がいて、「預け荷物のチェックがあるから、行った方が良いよ。」と教えてくれました。

アカバは免税の町。
ですが、アンマンにそのまま持ち込めず、ここで税関チェック。
1つの種類について1人1個だけ免税になるそうです。

お尻の痛みがなくなったので、ここで調子に乗って、持っていたお水を飲んでしまいました。


バスはこんな道を走っていきます。
右側に座った方が景色が◎
RIMG2146.jpg
突如強烈にもよおしてきました…。
お水を飲まなければこんなことにならなかったはず…。
こんな道を走るので、お手洗いをどこかで借りることも出来ません。
後3時間、耐えられるかな…。
襲って来る痛みと何度も戦いました。


途中、バスが止まりました。
RIMG2156.jpg
やったー!!トイレ休憩だー!!
が、建物らしきものが無い…。
まさか、たばこ休憩??
ありえないんですけどー。

どうにか4時間耐えました!!
日頃の訓練(途上国に住んでると日頃から緩い)が、役に立ったんだと思われます 笑


アンマンのバス到着所。
RIMG2163.jpg


今日の深夜便でヨルダンを出国。
アンマン観光時、荷物を置くためのお宿SUN RISE HOTEL。一泊一部屋10JD(¥1,400)。
RIMG2171.jpg
ここのオーナー?のイケメンヨルダン人、かなりつまらないジョークの連発…笑
相当軽いので女性はお気を付け下さい。
日本にも彼女がいるんだそうな。
よくある話…。


お部屋。
RIMG2165.jpg
フロント横の共用スペースではWi-Fiができます。


早速、買い物へ~。
お宿からCITY MALLまでタクシーで3JD(¥420)。
モール内には、ZARAやMANGOなどのショップが。
RIMG2175.jpg
ヨルダンすっっっげー!!
お腹ペコペコなので早速フードコートでランチ。
久々のマック美味しー!!3.35JD(¥469)。


お土産は、死海グッズの老舗Rivageの泥パックなどを、隣のスーパーCarrefourでゲット。
RIMG2193.jpg
スーパーや空港で購入するのが一番安いそうです。
空港は無かった場合大変なことになるので事前に購入。
City Mall近くのMecca Mallに入ってるAl-Afganiというお土産物屋が良い。
とネットで見かけたので、行ってみましたが、ガラクタ系しかありませんでした。


夕飯は、Meridienホテル内の、日本食レストランBenihanaへ。
とーっても楽しみにしていたのに、本日水曜日は定休日…。

がーーーーーーーーん。


他の場所にも日本食レストランがありますが、時間がもったいないのでホテル内のレバノンレストランへ。
RIMG2176.jpg
ケバブが美味しかったので良しとします。。
お会計50JD(¥7,000)。


(イスラム圏ですが)私たちのゲストハウスの近くにバーがあるみたいなので、行ってみることに。
なんと!!パーティーで貸切の為、一般人入れず…。
踏んだり蹴ったり…涙

私たちのゲストハウスにはさすがにお酒が無さそうなので、近所のホテルへ行ってみよう。

無い・・・・・・

「この近くに酒屋があるよ!」と教えてくれたのですが、

定休日・・・・・・

もう諦めましょう。。。


そろそろ空港へ行く時間に。
ゲストハウスで車の手配をしてもらいました。25JD(¥3,500)。
開いてる酒屋があったので、寄ってもらうことに。アル中かよ…。
RIMG2181.jpg
リカーパーミット無しでも普通に購入できました。


空港で、最後の生ビールを楽しみました。
夫はこの時代に愛煙家。
灰皿があったので普通に吸い始めました。
一本吸い終わった時、吸い殻の入った灰皿を持って行ってくれました。
ヨルダン人にしては、サービスが行き届いてるじゃない!
が、新しい灰皿を持ってきてくれません。

数分後また夫がたばこに火をつけると、スタッフが、「このレストランは禁煙です。」
えーーーーーー!??
RIMG2189.jpg
禁煙なのに、灰皿置いておく~!??
灰皿に×マークついてるけど、灰皿あったらOkだと思うでしょ~笑
ヨルダン人のギャグはよくわかりません。


ヨルダンのお金。
RIMG2187.jpg


RIMG2186.jpg


国自体がまるでテーマパークの様な国オマーン。

死海あり、世界遺産あり、砂漠あり、海あり、見所満載のヨルダン。

久々に、興奮する旅でした。


会計報告
1リアル=255円
1ディナール=140円
食費273,595
移動費154,732
ホテル190,075
入場料20,555
マッサージ77,199
その他45,345
航空券198,900
合計¥960,401


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

帰ってきてしまいましたー

どんなトコロに住んでいても、帰ってくると、あー帰って来たー。と落ち着くものです。
(現在の国よりも2カ国目、3カ国目はもっともっとヤバかったのですが、そんな国でも思えてた。)

オマーンもヨルダンも、自然があり、とーーーってもステキな国でした!!
久々に感動する国へ行けて楽しかったー♪

残念だったのは、、、
ローカルレストランで食事したくても、ローカルレストランにはアルコールがありません。
酒飲みは、ローカルレストランという選択肢がなかなか無く、ホテルか外国人向けレストランでの食事になっちゃいます。
そして、ローカル移動したくても、専用車での移動になったりしてしまいます。
ローカルが存分に味わえないのが悲しよー!


ステキなトコロがありすぎたのですが、とりあえずベタベタなこの写真を!笑
RIMG1151.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

5月のいただきもの

一時帰国していた夫の同僚から。
001 (3)
初めて見ました納豆パスタの素。
それにしても日本は商品開発がすごい!


一時帰国とタイへ行っていた夫の同僚から。
012_20130608124412.jpg
温泉は、オマーンのホテルで使いました♪


以前この国に住んでいた方が、救援物資を送ってきてくれたらしく、我が家の分も入れてくれてました。
016 (2)
不二家、復活して良かったですね。


一時帰国していた友人から。
019_20130608124416.jpg
北海道はお土産の選択肢がたくさんあってうらやましいぞー。


友人が日本からの出張者のお土産をおすそ分けしてくれました。
025.jpg
日本の包装って色んなイミで世界一だよね~。


一時帰国していた夫の同僚から。
029.jpg
肉食の私たちのことをよくわかってくれてます 笑


皆さま、5月も温かいいただきものを本当にありがとうございました!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

運転レベル

旅に出る前夜、問題児のドライバーを解雇しました。
ドライバーの不祥事その1
ドライバーの不祥事その2

帰国後、新ドライバーを雇うため、何人も面接に来てくれました。
我が家の車はマニュアル車。

「マニュアル運転できる?」

「イエス!」

実際運転席に座ると動かすことすらできない…。
面接に来たほとんどの人とこんなことを繰り返してます。
なんで速攻バレてしまうウソをつくのか…はああ。
面接してる私の時間返してー。

そもそも途上国には運転免許センター等がありません。
賄賂を払って免許証をもらう人がほとんど。
日本から輸入されてくる車がオートマなので、マニュアルを運転できる人はほぼいません。

新しいドライバーが一昨日から働いてくれています。
新ドライバーは一応マニュアルを動かすことはできるけど、エンストしたり、登り道で止まれなかったり、がっくんがっくんしたり、それはそれはヒドイものです。

一昨日、買い物などであちこち行ったのですが、乗ってる間気が気じゃありませんでした。
私自身運転免許を持ってないので、口出ししたくても出来ないのが非常にもどかしい。。

一般道路が、教習所状態。
徐々に上手くなっていってもらうしかありません 笑


現在住んでる国はイスラム圏。
DSC09666.jpg
日本の中古車が輸入されてくるのですが、何て書いてるか知ったらびっくりするでしょうね…。
(イスラム教徒はお酒が禁止。)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

あわや火事 レンジから火がー!!!

ランチ女子会から帰宅したのは20時前。
夫が帰宅してきそうな時間だったので大慌てで夕飯を作っていました。

乾燥ゴボウを使うことに。(ゴボウが手に入らない国です。)
008_20130615103538.jpg
説明書を読むと、レンジで3分チン。

乾燥ゴボウだけをレンジでチン??
大丈夫??
2回読み直しました。

レンジをかけてる間、他の部屋に行ってると、何かが臭う!
キッチンの方を見ると、煙モクモク!!

猛ダッシュでキッチンへ行き、慌ててレンジを開けると、ゴボウに火がつき、激しく燃えてる…。
お水をかけ、なんとか火事は免れたのですが、貴重なゴボウが~涙


レンジで3分。って書いてたよね?
もう一度説明書を読むと、
009_20130615103539.jpg
「水を入れて」と書いてました…。
おかしいと思い読み直しもしましたが、酔っぱらいの目には入らなかったみたい…。

酔っぱらった状態で料理するのは危険!!
皆さんもお気を付けください 笑


ゴボウの残骸。。(火を消した後なのでお水が入ってます。)
007_20130615103536.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

衝撃的な事実

旅から帰ってきて、左奥の口内に違和感と痛みが。
口内炎でもできたんだろう。

そのうち治ると信じていましたが、治る気配無し。

昨日よくよく見たら、親知らずが生えてきてるーーー!!
夫婦揃って親知らず…。

夫のことをネタにしようとしたから、罰が当たったに違いない…。

夫は職場のルールで、年間に国外へ出ても良い日数が決まっています。
先日のオマーン&ヨルダンで使い果たしてしまったので、緊急時以外もう国外へ出られません。
私は随伴家族なのでどれだけ出ても良し。
我が家の任期は残り2カ月半。うむー、一人バンコクで手術か!??


旅先のインドにて。
ガンジス川でうがい中。
493.jpg
夫は、こちらの医者に言われた通り毎日塩水でうがいをし、温存中。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

渋滞の原因 その2

どういう状況かわかりますか?
005_20130619105657.jpg
車道に何台ものチャリがごっちゃごちゃに突っ込んできたり、逆走する車がいるもんだから、誰も身動き取れなくなってます。
梯子運んでる人までいるし…苦笑
つうか、これ車道ですよ!!

ルールを守ればこんなバカ渋滞になることはありません。
みんながみんなやりたい放題するから、余計に渋滞になるってこと、早く気付いて!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

お土産のマンゴー

今が旬のマンゴーを、夫が出張先から大人買い。
046.jpg
10kg(35個)で450円。


首都で売っているライチとマンゴーの抜き打ち検査があり、ライチ100%、マンゴー94%の割合で過剰なホルマリンが検出されたと、先週の新聞に載ってました。

生産地で購入すれば問題ないらしい。(怪しい 笑)
夫の出張先は、生産地だったのでホルマリン漬けのマンゴーではない。と思いたい 笑

日本では、中国の食品が危険と言われていますが、他途上国と比べてむしろ安全なのでは?と思います。
日本への輸出が多い為、日本がちゃんと検査したりするから発覚するわけであって(表に出る)、
私が住んでる国や他途上国は、中国に比べあまり輸出しないから、問題にならない(表に出ない)だけなんじゃないかと思います。
中国人の行動など、はっきり言って超途上国と比較したら、全然かわいらしいレベルだし。

途上国で農薬だの気にしてたら、はっきり言って生きていけません。
食べられるものが無くなっちゃいます 笑

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

友人のお見舞いへ

友人(日本人)が原因不明の高熱が2週間続き、とうとう入院してしまいました。
018_20130622105558.jpg
こんな病院……
停電中のため、日の明りのみ。

入院しても、いまだ原因わからず…。
この国では、原因不明の病気がかなり多いです。
医者のレベルが低く、原因を突き止められない…。

この病院にかかる日本人が多いのですが、理由は医者が日本語ができるから。
また、緊急輸送になった場合、手続きがスムーズにいくから。
私は以前、目玉焼きの黄身サイズの水泡が足に出来、超難病(今すぐ帰国して治療しないと死亡する)という誤診をされ、それ以来この病院を避ける様になりました。

天井に穴開いてたり、全然知らない人が部屋に入ってきたり、停電中はACも効かないし、外はちょーウルサイし、外国人居住区から車で1時間もかかったり、メリット無し。。

おまけに、
腸チフスで入院した日本人が、院内にいた蚊に刺されデングになった!!
ヒド過ぎ…苦笑

経営者の方針で、富裕層や外国人だけじゃなくて、貧しい人も来られるようになってます。
払える人はめっちゃくちゃ医療費が高くて、貧しい人はタダ。
ローカルの病院に行けば10円(固定額)くらいで診てくれる所もあるので、ちゃんと分けた方が院内感染になるようなこともないと思うのですが…。

まさにイスラム的な考えなんですかね。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

車の手続きで省庁へ

「担当者がたった今食事に出たので、1時間程ここで待っていて下さい。」と通された部屋は書類が山積み。
023_20130623110001.jpg 


この部屋では5人のスタッフが事務仕事をしていました。
どこに何があるのか探すの大変そうですねー。ここ一応省庁なんですけどねー笑
しかし、書類等の整理の出来なさは、途上国では至って普通。
日本人は整理整頓が得意です。
025_20130623110003.jpg



待っていると、ピーナッツを出してくれました。
021_20130623105958.jpg
みんなピーナッツの殻をオフィスの床にふつーーーーに捨てます。
何の悪気もありません。
ゴミを床や道路にポイ捨てするのも、途上国では至って普通。


↑の棚に散らかってた裏紙を使い、ゴミ箱を折りました。
022_20130623110000.jpg
すーーーっごく気に入ってくれたので、折り方を伝授。
折ったものを、引き出しに大事そうに大事そうに入れました。
今後もピーナッツを食べる時はこのゴミ箱を利用してくれると良いな。


大雨が降り出しました。

「今日は雨なので担当者はオフィスへ戻ってこないそうです。」
こういう言い訳も、途上国では至って普通。

現在、お昼の12時…。
早いご帰宅ですね…。

戻って来るって言ったから、私待ってたんですけど!!?イラっとしましたが、
日本文化(折り紙)と、ゴミを床に捨てないということを伝えることができたので、まいっか。

また出直します。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

5年振りの再会

3カ国目時代の知人が、私たちを訪ねてくれました。
いやー、よくこんな国に来たもんだ 笑

この後、数カ国周った後、エベレスト行くらしい。
見に行くんじゃなくって、登るんだって 笑
もう、変人でしかない!!笑

共通の知人友人も本当に多く、“悪いことはできないこの世界”(笑)と改めて思った一日でした。
またどこかの国で逢いましょう。


3カ国目時代。
ナイル川。
DSC04940.jpg


お茶屋。
DSC05051.jpg


マーケット。
DSC05048.jpg


バオバブの木。
DSC05204.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

中国文化研究会の送別会

週に一度の中国文化研究会(マージャンの会)に参加しています。
メンバーのシンガポール人が離任することになったので送別会を。
シンガポール人お気に入りのチャイニーズレストランへ。
004 (3)


008 (3)


012 (3)
他にも、牛肉の炒め物や、角煮や、青梗菜の炒め物などなど。
これだけ食べて5人で5,000円くらい。(この国ではお酒は持ち込みなのでお酒代含まず。)
チャイニーズは安い!


そして!!!
見てーーー!!!
一番搾りだよー!!!
011 (3)
メンバーの日本人が、日本から運んできてくれました!
ご馳走さまでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム