南米&南極夫婦旅1 ~本帰国後の予定~

日本に本帰国したばかりですが、9/17から南米と南極へ行ってきます。
仕事ではなく、休暇です。
夫は1カ国働いたらしばらく休んで、また働くというスタイル。

帰国日は未定。
旅資金が尽きたり、事件事故に遭遇したり、身ぐるみ剥がされたりしたら、予定よりも早く帰ってきます。
何が起こるかわからないので予定は未定です 笑

夫は2度目の南米周遊。私は初南米。
ワクワク~♪

お肉の国アルゼンチン
Argentina.jpg


アマゾンのボリビア
Bolivia.jpg


サンバの国ブラジル
Brazil.jpg


シーフードの国チリ
Chile.jpg


犯罪国コロンビア
Colombi.jpg


ガラパゴスのエクアドル
Ecuador.jpg


南米で唯一英語圏のガイアナ
Guyana.jpg


フランス領のギアナ
Guiana.jpg


海が無い国パラグアイ
Paragua.jpg


マチュピチュのペルー
Peru.jpg


何も思い浮かばない国スリナム
Suriname.jpg


サッカー大国ウルグアイ
Uruguay.jpg


エンジェルフォールのベネズエラ
Venezue.jpg


ペンギンの南極
photo.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

8月のいただきもの

タイ&ベトナムへ行っていた友人から。
001 (7)
左下の焼き海苔の品名が夫の名前と同じ 笑


一時帰国していた友人から。
001 (9)
毎回私好みのお土産を選んでくれる彼女。


タイへ行っていた友人から。
001_201309061101544f7.jpg
皆で食べたんだけど、久々に栗を食べたらもっさもさして、皆大変なことになりました 笑


一時帰国していた夫同僚から。
002 (6)
夫は甘いものがキライなので(特に和菓子)、必ず持って帰ってきてくれます。


一時帰国していた夫上司から。
009_20130906110206afd.jpg
また新商品ですか!すごっ!


一時帰国していた友人から。
028_20130906110251caa.jpg
スタバのカードをいただきました。素晴らしい発想だ!


送別会で心友たちから。
019_2013090611054600b.jpg


020_20130906110545e83.jpg
ムービーをアップしたいけれど、お下品な部分もあり、とても人様にお見せできる内容じゃありません。。


送別会で夫の職場の子どもたちから。
016_2013082311301882f.jpg


いつか一緒にお酒を飲める日がくると良いな。
008_201308291109265a1.jpg


送別会でローカルから。
016_201308131104433bc.jpg


アルマーニのネクタイセットは、もちろんニセモノです!笑
026_20130906110250c1f.jpg


送別会で夫仕事関係者から。
002_2013090611020253e.jpg


なんと似顔絵!
001 (4)


夫にシャツ、私には肩こりマッサージ器 笑
005 (4)


写真入り写真立て。
032_20130906110253544.jpg


撮り忘れの写真、載せられない写真(笑)などなどありますが、離任するにあたりたくさんの方から送別品やお手紙をいただきました。
ありがとうございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

久々の日本社会で感じることやついついやっちゃうこと

無法地帯の国から文明社会にやってきた私は注意されたり、戸惑いながら生きてます…。

久々の日本で感じたことや、クセが染みつきうっかりやっちゃうことをまとめてみました。

特に感じたことは、
・日本人謝りすぎ。そして「申し訳ございません。」と言えば、何でも解決されると思ってない?
謝りすぎてお詫びに重みを感じられない。


お店
・夫がちょっと離れてる所にいる時、大声で呼び寄せてしまう。(二人とも携帯を持ってません。)
途上国ではみんなが大声出してるので、大声出しても誰も何も気にしない。

・空港内や電車内やデパートなど、暑すぎ!!
・お店に入った瞬間、途上国だと「臭っ!」が口癖ですが、日本では「暑っ!」と大声て言ってしまう。
常に感情を声に出してしまうクセが染みついている。

・コンビニなどのレジのスタッフが機械的で仕事が恐ろしく早い!

・スタッフがマニュアル通りにしか動けない。応用力無さすぎ。

・Fixプライスなのでついつい値段を見ないで買っちゃう。

・過剰包装が半端ない…。次から次へとゴミが出る出る。
(日本はモノが溢れかえっているので私もそれだけ色々と購入してるんでしょうけど、それにしてもゴミの量が半端ない。)



・他人のことを小声ではなく普通の大きさで突っ込みを入れてしまう。
海外だと言葉が違い、相手に伝わらないのでついつい。。

・ティッシュ配りの方からティッシュをもらった瞬間「やったー!」と声を出して喜んでしまう。
常に感情を声に出してしまうクセが染みついている。

・ティッシュ以外のモノを配られると、「いらないし…。」といちいち声に出して言ってしまう…。
海外では、日本語で口にしても相手に伝わらないのでついつい自分の感情を口に出すクセがついてる…。

・赤信号で車が来ていても何も考えずに渡ってしまう。
赤信号でも渡るのが“普通”だったので。

・道を譲ってくれる車がウザい。
譲ってくれたら早歩きしなきゃいけないじゃん…。

・外国人を見ると安心してしまう。



・切符を機械で購入するのに、他人の3倍くらいの時間がかかってしまう。

・電車内がカオス状態。。
なんかほんとーーーに色んな人いますね…。

・日本人男性、お年寄りや妊婦が目の前に立っていても知らん顔し過ぎ!

・階段で赤ちゃんや重い荷物を運んでる人を見て見ぬふり。

・上ったり、下ったり、走ったり、隙間のない所に入ったり、何かのレースをやってるみたい 笑



・日本人女性、どうしてそんなに美白を追及しているのですか?

・このクソ暑い中、スーツを着ているサラリーマンの方々、お疲れ様です。


Simカード
ダメ元で、Simの購入を試みましたが、電話会社は×。
ヨドバシには売ってましたが、半年の縛りなどがある且つ高いので断念。
Simを簡単に購入出来、通話やネットが出来る海外の携帯事情は素晴らしい!こんなイケてない携帯事情日本くらいだよ…。
自国なのに携帯電話が簡単に持てないなんて…。
数日間しか日本に滞在しないけど携帯が欲しい場合は日本通信が一番良いのかな?


WiFi
カフェやレストラン、空港ですらできません…。
スタバにあるとの情報が入ったのでスタバへ行ってみると、WiFiが出来る環境でまずは事前登録が必要なんだと。イミないじゃーん!
カフェで「WiFiありますか?」と聞いても「え?WiFi?」WiFiの意味すら分からず…。
ネットカフェでは、身分証明書が必須で、運転免許証・保険証・パスポートの無い私が入るのは一苦労 涙
それだけセキュリティーがしっかりしてるんでしょうけど、マニュアル化され過ぎ…。

2020年のオリンピックが日本に選ばれたみたいですが、SimとWifi事情を本気で何とかしないと、外国人から苦情きちゃうよっ!


駅のホームにあった衝撃の自販機!!
1642.jpg


なんかもう別世界過ぎて、怖くて触ってみることも、買う気にもなれませんでした 笑
1640.jpg


毎度のことですが、我が夫は見た目が日本人じゃないので、ヨドバシ等の外国人が訪れる場所へ行くと必ず英語で話しかけられます 笑
日本語で返事すると、「あら、日本語お上手ですね。」と言われる始末…笑

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

実家ごはん

我が実家での夕飯。

父作、お刺身。
夫リクエスト。
1593.jpg
サンマがぷりっぷり。


父作、ミョウガ・きゅうり・茄子の和え物。
私リクエスト。
1598.jpg
ミョウガなどの雑魚キャラが大スキ!


母作、レンコンの酢の物。
私リクエスト。
1595.jpg
レンコンの食感たまんなーい。味もお酢好きにはたまんなーい。


最近の母のお気に入りらしいトマトと厚揚げの煮込み。
1606.jpg
あっさり味で◎


父作、牛筋煮こみ。
毎度夫のリクエスト
1600.jpg
夫、大のお気に入り。



母作、豚肉と梅シソ蒸し。
毎度私のリクエスト
1604.jpg
私、大のお気に入り。


ビーフステーキ。
1609.jpg
誰もリクエストしてないのに買っておいてくれたステーキ。
家でのステーキって期待してなかったけど、お肉やわやわで美味しかった~!

たったの1泊しかできなかったけど、ご馳走様でした!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : おうちごはん
ジャンル : グルメ

一時帰国組との再会 ~新宿鳥茂~

4カ国目時代の憧れの先輩駐妻が一時帰国中だったので日本で再会。

東京で必ず行くお店、新宿『鳥茂』。
店名に鳥がつくけど鶏肉は一切なく、豚肉か牛肉だそう。
ハッキリ言って、以下の写真、海外在住者には目の毒です 笑


お通し。
1661.jpg
このお店は、お箸ではなく、串で食べます。
正直、食べにくいです!笑


ハラミ刺し。
1663.jpg


脳刺し。
1665.jpg


ハツ刺しだったかな?
1666.jpg


豚レバーだったかな?
1662.jpg


サーロイン。
1664.jpg


何だか忘れちゃった。。
1667.jpg


1671.jpg


つくね。
1668.jpg


ミョウガ!オクラ!生卵!
1669.jpg


お新香。
1670.jpg

以前は新橋のおっさん系のお店でしたが、移転後すっかりオシャレなお店に変身!
味は変わらず大変おいしゅうございました◎

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ :
ジャンル : グルメ

帰国組との再会 ~友人夫妻宅~

4カ国目在住中、ラオスとベトナムを一緒に旅した心友一家に再会。
ベトナムで妊娠発覚したお腹の子どもは今ではお喋りもできるし、走り回ることもできます。
お腹の中にいた子がいきなり2歳。
心友はすっかりお母さんになってるし、変な気分でした。
上は魔の二歳児、下の子を妊娠中にもかかわらず、相変わらず素晴らしいおもてなしをしてくれました。

こういうの、うれしいねっ!
015_20130909125245ab2.jpg


長芋サラダと冷奴。
022_20130909125246b36.jpg


ゴーヤサラダ。
024_20130909125248db4.jpg
大人でも苦味を感じるのに、2歳児喜んで食べてました 笑


こちらもモリモリ食べてました。
026_201309091252492f0.jpg
将来酒飲み間違いない!笑


お刺身の盛り合わせ。
028_20130909125250df6.jpg
盛り付け上手過ぎ~!

日本にはドライバーがいないので、お泊りコースになりましたっ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ :
ジャンル : グルメ

帰国組との再会 ~渋谷ヒカリエ~

既に本帰国してる夫の仕事関係者と渋谷ヒカリエ『タコニョッキ』。

渋谷が大変身!驚
そして、昔外国人ってあんなにいたっけ??

フローズンビール。
037.jpg
いやいや、ホント色々と研究されるね日本。


お通し。
040_20130909125944235.jpg


レバーのパテ。
041_20130909125938797.jpg
レバー好きにはたまりませ~ん!


タコやニョッキや。
042.jpg


ラタトゥイユ。
038_20130909125943899.jpg


カマンベール焼き。
044_20130909130013b07.jpg


ムール貝。
045_201309091300155a7.jpg


和風味なピザ。
047_201309091300122f9.jpg


お肉肉肉~!
046_201309091300179d5.jpg


お店選びからオーダーから全てお任せしちゃったのですが、お店も食べ物も私たち夫婦だと選ばないモノばかりで、とっても新鮮で、とっても美味しかったです!
受け身な私たちの方から声をかけることってなかなかないので、誘ってもらえてうれしかった~!
ありがとうございました!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ :
ジャンル : グルメ

南米&南極夫婦旅2 ~ブラジルビザについて~

南米大陸で唯一、ビザが必要な国ブラジル。
ブラジル周辺諸国で取得した方が簡単みたいですが、ブラジルが1カ国目なので日本で取得して行かなければなりません。
ブラジル査証総合案内

準備するもの
パスポート
・残存有効期限が6カ月以上のもの。

申請用紙
事前にこちら→https://scedv.serpro.gov.br/frscedv/index.jspで作成するか、
領事館に置いてるPCで作成し、プリントアウトすることも可能。

往復航空券
(日本に帰国する日が未定なので)南米→日本のエアチケットを購入してませんが、旅行会社で偽の予約書を作ってもらい、それでOKでした。

陸路移動証明書(陸路でブラジルを出入国する場合)
特に決まったフォーマットは無く英語で書きます。
(今思えば、ブラジルを出国するという書類さえあれば良いので、ブラジル→日本の偽エアチケットを作成してもらったんだから、陸路移動証明書はいらなかったんだ…。)

証明写真
4.5cm×3.5cm。
一人一枚。

預金残高証明書
最低25万円以上の残高があること。
口座を開設した銀行であれば、2,30分程で出してもらえますが、それ以外の銀行だと1週間程かかります。
郵便局だと口座を開設してない郵便局でもその場で出してもらえるそうです。

戸籍謄本
夫婦で残高証明書を提出する場合のみ必要。

ビザ代一人¥2,750
その場で日本円で現金払い。


5営業日で発給してもらえます。(9/3申請、9/10発給)
申請は本人でなければなりませんが、ビザ(パスポート)を取りに行くのは代理でもOK。

領事館のPCで申請用紙を作成したのですが、スタッフの方が「分かる範囲で結構ですのでご記入下さい。」と。
滞在先情報を書かなければならなかったのですが、未定だし、ガイドブックも持って行って無かったし、ネットも繋がらなかったので空欄で提出すると、担当の方は特に何も言わず、書類を受理しました。

数日後、記入していた(姉の)携帯番号に電話がかかり、「滞在先が記入されてないので、至急ご連絡ください。」と…。
書類受理した時、何でチェックしてないんですかー!?

私たちは日本の携帯を持ってないので、姉からメールで連絡をもらいました。
翌朝、電話連絡すると「HPのメールアドレスに滞在先情報をメールして下さい。本日中に滞在先をメールしていただければ予定日にビザは発給できます。」とのこと。

口約束なのであまり信じてませんでしたが、予定日(電話した翌日)にちゃんと出来上がってましたー!
いやー、ココはさすが日本だ!!
口約束でもちゃんと守ってくれるなんて本当に素晴らしい!!

事前にビザ取得についてネットで調べると、ややこしいなどという記事をかなり見かけましたが、ぜーんぜん、そんなことありませんでした。
ココは日本だもの!


ビザが出来上がってるかどうかHPでチェックできます。
https://scedv.serpro.gov.br/frscedv/index.jsp (CHECK VISAをクリック)
赤い○が4つ揃えば出来上がった証。
009_201309110909213b0.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

オーダージュエリー

オーダーしていたK18YGダイアモンドハートリングと、
1.jpg


K18YGダイアモンドエタニティリングが出来上がりました~!
2.jpg
1カ国目時代、大変お世話になった方(日本人)が現地で宝石商をやってます。
サファイアが有名なあのお国です。

指にはめた状態で写真をアップしたかったのですが、人様にお見せできるような手ではないので、断念しました 笑

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 宝石・天然石・パワーストーン
ジャンル : ファッション・ブランド

夫の誕生日はパークハイアット東京でお祝い

4カ国目時代、インド&トルコを一緒に旅した心友がパークハイアットのお食事券をプレゼントしてくれました。
今回の東京滞在は南米へ旅立つ前なのでバタバタ。
有効期限があったので、予定を開けておいた夫の誕生日に使わせてもらうことに。

こういう場で食事の写真を撮るのはマナー違反。
夫が写真を撮るのを猛反対。
食事の写真がないのが残念…。

お天気がいまいちだった昨日。
虹がかかった瞬間、生演奏が「Somewhere Over the Rainbow」を弾き、52階のレストランから大きな拍手が送られ、盛り上がりました。
唯一虹の写真は許可が下りました 笑

夜は学生時代の心友家族がお祝いしてくれましたー♪
026 (2)

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ :
ジャンル : グルメ

南米&南極夫婦旅3 ~持ち物リスト~

夫のバックパック40L
私のバックパック25L

夫婦共用のモノ→共
夫婦別々のモノ→別
夫のモノ→夫
私のモノ→私

今回新調したモノはコメント前に●印。
普段の旅では持って行かないモノはコメント前に▲印。
(長旅だからと特別に持って行くモノはほとんどなく、通常の旅と同じ様なモノばかり。)
貴重品数量コメント
現金1万ドルATMが無い地域で主に使っていきます。
クレジットカード1海外では主に現金派ですが、念の為。
キャッシュパスポート2●▲被害のリスクを最小に。
海外保険の紙1●何が起こるかわかんないので海外へ行く時は必ず加入。
パスポート1夫のパスポートの有効期限が旅中に切れちゃいそう><
パスポートコピー1パスポートをパクられた時などに。
エアチケット1●とりあえず行きのチケットのみ。
マイルカード1飛行機移動はほぼしない予定ですが、一応。
イエローカード1今まで打ったのがまだ期限が切れてないので、今回新たに打ったのは無し。
証明写真1パスポート作成などで。
電化製品
PC・充電器1●▲ACER ICONIA W510D-2
ミラーレス一眼・予備充電・充電器1●OLYMPUS PEN Lite E-PL6
デジカメ防水ケース1滝や海で。
SDカード2●San Disk 32GB
iPhone・充電器・イヤフォン1大きいカメラを出すのが危険な時はこちらのカメラを。
変圧器1電化製品を壊さないために。
マルチアダプター1●世界中対応のRW75CR
ハードディスク1▲写真のデータ保存に。
USBメモリカード1▲写真のデータ保存に。
マグライト1●小さ目サイズを新調。停電時用に。
衣類
ビーサン1機内や宿のスリッパ代わり、街歩き用。
スニーカー1移動時用。
ナイロンブルゾン1●▲防寒、雨が降った時用。
ヒートテック1●▲寒い地域で。
水着1本当は3着くらい持って行きたかったんだけど、我慢。
ジーンズ2寒い時、移動時用。
ハーフパンツ2街歩き用。
Tシャツ4クタってきたら現地購入。
パンツ4クタってきたら現地購入。
靴下3クタってきたら現地購入。
ベルト1ジーンズ用。
サングラス1街歩き、海用。
ジーンズ1寒い時、移動時用。
ショートデニム1街歩き用。
ハーフパンツ1移動時用。
ワンピース2寝間着兼海で水着の上から着る用。
Tシャツ2クタってきたら現地購入。
キャミ2クタってきたら現地購入。
ブラ3日本製が一番。
パンツ3日本製が一番。
生理用パンツ2荷物増えるー。
靴下3▲旅先でスニーカーを履くのはお初。
ストール1防寒、日除けに。
日用品
速乾タオル大1・小1●▲すぐ乾くし、嵩張らない。
シャンプー1●無くなり次第現地調達。
洗顔UNO1●夫はコレがないとイヤらしい…。
歯磨き粉1無くなり次第現地調達。
ゴシゴシ1ゴシゴシ洗いたいので。
かみそり1少しでも荷物を減らすため夫と共有。
かみそり替刃2Schickの替刃は世界中どこでも手に入ります。
小鋏1お手入れに。
毛抜き1お手入れに。
爪切り1お手入れに。
耳かき1お手入れに。
綿棒50本海外のは質が悪いので。
カットバン20枚海外のは質が悪いので。
ムヒ1●無くなり次第現地調達。
ポケットティッシュ5無くなり次第現地調達。
ウェットティッシュ1無くなり次第現地調達。
日焼け止め1海のみで使用。街歩きでは普段から使いません。
洗濯洗剤少量無くなり次第現地調達。
アイマスク1暗くないと眠れません。
耳栓1うるさいと眠れません。
マスク1これさえあれば、機内でヨダレを垂らそうが大口開けて寝ても大丈夫。
歯ブラシ3日本製が一番。
ヒゲトリマー1お手入れに。
すき鋏1夫は海外ではいつも自分でカット。
ヘアクリップ1暑いとき、海用。
顔用かみそり1お手入れに。
化粧水300ml●メイク道具よりも荷物の軽さを選びました。最低限の化粧水のみ。
アイブロウ1●眉毛だけは…。
1ブラシは嵩張るので櫛。
リップ2唇の感想を防ぐために。
マニュキア1●せめてペディキュアだけでも。
タンポン40本●生理用品は日本製が一番。
ナプキン89個●色んなサイズを。
その他
ガイドブック3●地球の歩き方派。
ブックカバー1歩き方はすぐに表紙がペロペロになるので。
小説2父が垣根涼介の『ワイルドソウル』をプレゼントしてくれました。
アーミーナイフ1手荷物に出来ないのが残念。
南京錠5防犯用に。
ワイヤーロック1●▲防犯用に。
チェーン1●▲防犯用に。
リュック1●▲防犯用に。
折りたたみトート2荷物が増えた時用。
貴重品入れ(腰用)2●▲現金、カード類、USBメモリ等を常に携帯。
貴重品入れ(首用)1●▲現金、カード類、USBメモリ等を常に携帯。
ナイロン袋7日本製が一番。
洗濯ロープ1▲どこにでも干せる様に。
S字フック2お手洗いなどで荷物掛けが無い時など。
輪ゴム7▲あると何かと便利。
安全ピン8▲あると何かと便利。
裏紙4枚メモ帳代わりに。
ボールペン3日本製が一番。
タバコ40箱超ムダな荷物・・・
時計1●アラーム・日付・防水・ライト・ストップウォッチ付きのNIXSONを新調。

IMG_2393_20130916190003167.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ドイツ夫婦旅1 ~ドイツは寒かった~

9月17日

グーテンターグ

経由地のフランクフルトに到着!
7時間程乗り換え時間があるので、街へ行ってみることに。

寒いっ寒すぎるー!
15℃切ったヨーロッパを半袖で上陸するアホな二人。
そう、南米でしばらく必要のない長袖は預け荷物にしちゃったんです。
おまけにフランクフルトの事前学習はしてないわ、ガイドブックもないわでチンプンカンプン。

とりあえずフランクフルト中央駅へ。
電車のチケットの自販機はなぜか駅のホームに。
これって無賃乗車する人たくさんいるんじゃないの…?
IMG_2437_201502052051465dd.jpg
チケットの買い方がややこしい~!


改札もありません!驚
赤字にならないのかな。。
IMG_2411_201502052051084eb.jpg


駅前の大きな通りは歩行者天国。
ソーセージやチーズやピクルスなどの屋台が。
IMG_2426_20150205205111429.jpg


チーズ屋。
IMG_2428_20150205205112c9a.jpg


フルーツ屋。
IMG_2427_20150205205112822.jpg


日本語の新聞が。
在住日本人が多いエリアなのかな。
IMG_2416_20150205205112527.jpg


景色そっちのけで、ソーセージのレストラン探しに必死。
一通り歩いてみたけど目ぼしいお店が見つからず、駅前の屋台でソーセージを食べてみることに。
IMG_2430_201502052051438b5.jpg
あれ?あれれ?
改良されまくってる日本のソーセージの方が美味しいぞ!笑


リベンジ!
駅構内にはたくさんの立食店があり、もう一度チャレンジしてみるも……
IMG_2434_201502052051445d2.jpg
日本人の“食”への追及はすごい!!ということで。

数時間だけのドイツ滞在は、とにかく寒かったよー!

長い長い移動時間も残りわずか!


会計報告
1ユーロ=135円
食費1,607
移動費1,917
合計¥3,524


続きを読む

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅1 ~南米一カ国目ブラジルに到着~

9月18日 旅に出て2日目

ボンジーア

ブラジル第二の都市『リオデジャネイロ』に到着~!
大都会の空港を想像していたけど、かなりショボい。

両替所は国際線の中にしかありません。
既に国際線のエリアから出ちゃったんだけど。。。
もう一度国際線の方へ何事も無かったかのように入ろうとすると、「両替?」とセキュリティーの方から聞いてくれ、すんなり入ることができました。

まだまだゆっくりできません。
お次は国内線に乗り換えて、目指すはブラジルのジャマイカと呼ばれる『サンルイス』へ。
(目的地のシーズンが終わりそうだったので、ここだけ飛行機移動。そして事前手配。)

リオデジャネイロから飛行機で3時間、『サンルイス』に到着。
IMG_2448.jpg

日本から、ここに到着するまでトータル43時間!!
南米遠いわー!!

そして、あっつー!フランクフルトとは打って変わってめっちゃ暑いじゃないの~。

今回は貧乏旅行なので基本タクシーは使いません。
空港を出て左手にローカルバス乗り場。
旧市街地のホテルへ向け出発~。一人R$1.6(¥72)
AC無しのバスの中で1時間揺られた私は茹蛸状態。。

ガイドブックで目をつけていたお宿“Hotel Lord"を発見。
部屋をチェックし、こちらに決定~。
行き当たりばったりの旅なので、宿も事前手配していません。
疲れと時差ボケがあるので、とりあえず2泊することに。
IMG_2451.jpg
朝食付き一泊R$100(¥4,500)AC・水シャワー・TV・冷蔵庫・ロビーのみWiFi可。
高い~!こんなレベルで1泊4,500円もするなんてー!
それもそのはず。宿があるエリアは、街自体が世界遺産になっているのです。

建物は暗~く、何かの気配を感じる…笑
ひょっとしてココ元病院!??

近所のドラッグストアでBaygon(殺虫剤)を購入し、部屋中に撒き散らす。
安宿ではこれ鉄則ね。

お次は、世界遺産の街サンルイスの旧市街地をご紹介。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅2 ~世界遺産サンルイスの街並み~

9月18~20日 旅に出て2~4日目

ボンジーア

通過点の『サンルイス』の旧市街地はどうやら世界遺産だそうです。
到着後ガイドブックを読んで知ったマヌケな私です 汗

ブラジルで唯一フランス人が築いた街『サンルイス』。
ヨーロッパの古い街に迷い込んだような感覚になります。
P9190040.jpg


P9190043.jpg


P9190014.jpg


P9190049.jpg


街のシンボル“セー教会”。すぐ傍に観光案内所有り。
P9190061.jpg


1855年に造られた歴史ある“カーザ・ダス・チュルハス”市場。
P9190035.jpg


IMG_2455.jpg


旧市街と新市街を結ぶ橋。
P9200075.jpg


治安がよろしくないらしく、あちこちに警官が。バギーに乗った警官。
IMG_2454.jpg


夕飯を食べた“Dom Francisco"レストラン。
IMG_2459.jpg


P9190067.jpg

宿前の広場は夜通し賑やか。
P9190068.jpg
ブラジルのジャマイカと呼ばれる程レゲエが浸透しているだけあって、音楽ガンガン。
奴隷制度の名残なのか、黒人が目立つ。
日曜日は教会、博物館、土産物屋などあらゆるお店が休みになり、街はゴーストタウンに。

お次は、いよいよお目当ての場所へ、ゴーゴゴ~!

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅3 ~お目当ての場所へ~

9月20日・前半 旅に出て4日目

ボンジーア

ツアーに参加し、この旅一つ目のお目当ての場所へ。
ツアーは『サンルイス』の観光案内所で予約しました。

7時30分、ホテルまでピックアップに来てくれ、総勢20名程で『バヘリーニャス』という町へ向け出発~。
こんな道を走りながら……
P9200080.jpg


5時間で地方都市『バヘリーニャス』に到着。
P9210083.jpg


各々のホテルに送ってくれ、各自昼食を済ませます。
IMG_2510.jpg
AC・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・ロビーのみWiFi可。


昼食はツアーに含まれていないので近所の食堂へ。
IMG_2521.jpg


IMG_2516.jpg


IMG_2518.jpg


再び14時頃、今度は四駆の荷台を12人乗りに改造したジープでのお迎え。
四駆で走れない川はフェリーを使って。人も乗り込みます。
P9210096.jpg


P9210100.jpg


P9210106.jpg


IMG_2534.jpg


道なき道をどんどん進んでゆきます。
P9210110.jpg


IMG_2541.jpg

ツアー参加者の95%がブラジル人なんだけど、みんなテンションアゲアゲで、ボコボコ道を車がジャンプする度、きゃっきゃはしゃいで、それでけで超楽しい♪

1時間半のジェットコースターを楽しんだ後私たちを待っていたのはー!!

次回のお楽しみっ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅4 ~白い砂!青い空!限られたシーズン~

9月20日・後半

ボンジーア

前回のツアーの続きです。
車が到着した先には、、、

P9210118.jpg



どーーーん

P9210128.jpg


P9210125.jpg


P9210131.jpg


P9210190.jpg


P9210148.jpg


P9210246.jpg


P9210301.jpg


P9210277_20130925052729c72.jpg



P9210229.jpg


P9210342.jpg


4カ国目の駐在を終え日本に本帰国したばかり。
会いたい人に会うのも我慢し、一刻も早く日本を発ったのはこの景色に出会うため。
『レンソイス・マラニャンセス国立公園』

砂丘の砂粉は石英という水晶の一種。
東京都二つ分の広大な砂丘に雨季の間に出来たいくつもの湖。
乾季になるとお水は引き始め、湖は消えて無くなってしまいます。
雨期が終わった直後のほんのわずかなシーズン。
なんとか間に合いましたー!


帰り、フェリーに乗る手前に、食べ物や手工芸品の屋台がでてました。
P9210374.jpg


P9210373.jpg


P9210378.jpg


ブラジルのおやつ“タピオカ”。
P9210372.jpg


日本的感覚ではありえない硬さのお肉もこの雰囲気で食べると美味しく感じられる。
P9210367.jpg

お次は、川下りと小レンソイスのご紹介~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅5 ~川下りと小レンソイス~

9月21日 旅に出て5日目

ボンジーア

一泊二日の『レンソイス』からのこのツアー。
翌二日目は、“プレグィシャス川下り”と“小レンソイス”へ。

8時半にボート乗り場に集合。
P9210387.jpg


IMG_2585.jpg


ジャングルの中を1時間程走った先に……
P9210392.jpg


“小レンソイス”だー!
P9210398.jpg


島ではお猿さんがお出迎え。
P9210405.jpg


こちらはシーズンを逃し、干からびていました。残念!
来るタイミングが非常に難しい場所レンソイス。
P9210420.jpg


バーもあります。
P9210430.jpg


島を移動し、展望台へ。
P9210458.jpg


展望台からの景色。
P9210442.jpg


島の様子。
P9210470.jpg


お土産物品を作る島の女性。
P9210472.jpg


島の少年たち。
P9210474.jpg


こちらにもバーが。ホントどこへ行ってもハードリカーのあるお国。
P9210482.jpg


島を移動し、お次はランチ。
ランチで3,4千円するんですけどー。
はあ!?足元見過ぎでしょー!!怒

15時までここで過ごさなきゃいけないし、他に選択しないし、二人ともお腹ぺっこぺこなので仕方なくここで食べることに。
IMG_2599.jpg


ハンモックに揺られながら寝たり、川で泳いだり、日光浴をしたり、各々思い思いのまま過ごし、
P9220486.jpg

ボートで『バヘリーニャス』の町へと戻ります。

預けておいた荷物をホテルで受け取り、17時頃ピックアップが来てくれ、『サンルイス』のホテルへ送り届けてくれます。

2泊3日のこのツアー、お値段お一人R$315(¥14,175)
送迎、ホテル(朝食のみ)、ツアー代が含まれてのお値段。
(お金を積めば、ホテルのグレードをアップすることは可能。私たちが宿泊したホテルは一番安いプラン。)


『サンルイス』に戻ってきましたが、病院みたいなあのお宿は勘弁なので、お宿移動。
本日のお宿は“Pousada dos Leoes”。
IMG_2602.jpg
朝食付き一泊R$112(¥5,040)AC・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・部屋でのWiFi可。
スタッフは親切で、宿全体明るく、清潔で、朝食は美味しい◎
たったのR$12(¥540)の違いなら、こちらのお宿の方がお得!

お次は、『サンルイス』から『ベレン』へのバス移動の様子です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅6 ~夜行バスでサンルイス→ベレン~

9月22日 旅に出て6日目

ボンジーア

夜行バスで『サンルイス』から港町『ベレン』へ。


『サンルイス』の長距離バスターミナル。
IMG_2611.jpg


ブラジルは長距離バスが発達しており、バス会社の競争が激しい国。
“TransBrasiliana”というバス会社を選択。一人R$118(¥5,310)
IMG_2610.jpg


待合所。
IMG_2608.jpg


バスは広々、水平に倒せるシートもしっかりしていてとっても快適。ACは寒いくらい効いています。
IMG_2614.jpg


IMG_2621.jpg


12時間で到着する予定でしたが、1時間半遅れての到着。


ベレンのお宿は“Hotel Unidos”
IMG_2624.jpg
朝食付き一泊R$90(¥4,050)AC・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・部屋でのWiFi可。
なかなかキレイじゃないの~。
この通りにはお宿がたくさんあり、競争率が激しいので質が良くなる◎


近所のレストランで腹ごしらえ。R$31(¥1,395)
IMG_2628.jpg

お次は港町『ベレン』の街並みをご紹介~。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅7 ~港町ベレンの街並み~

9月23~25日 旅に出て7~9日目

ボンジーア

日系人が多く住む港町『ベレン』。

“ヴェロペーゾ”市場。
IMG_2633.jpg


IMG_2636.jpg


IMG_2637.jpg


P9240492.jpg


ローカルバスに乗って“マンガル・ダス・ガルサス”公園へ。バス代一律一人R$2(90)
『サンルイス』のバスも『ベレン』のバスも前乗り、前払い制。
どのバスも入口付近にコンダクターがでーんと座り、運賃を徴収しています。
IMG_2652.jpg


世界の車窓から。
IMG_2654.jpg


公園内にあるベレンの町を見渡せる展望台目当てで行ったのですが、展望台は改修中のため入れず…涙
公園内を散策することに。
カメの親子。
P9240544.jpg


赤い鳥って初めて見ました。
P9240561.jpg


アマゾン河に繋がる河。
P9240595.jpg


イグアナ?
P9250625.jpg


『ベレン』から『マナウス』まで船で5日間かけてアマゾン河を遡って行くことを計画。
船の予約へ。
IMG_2641_20130926014219254.jpg


『ベレン』から水曜日と土曜日の週2便運航。
スイートの個室を抑えることに。(AC・冷蔵庫・バスルーム付・食事別)
二人でR$1,200のところ、R$900(¥40,500)まであっさり下がりました。
ハンモックで寝る大部屋は安いのですが、貴重品もあるので安全を買うことに。

『ベレン』から『マナウス』へ行くには飛行機、バス、船の3つの方法があります。
飛行機やバスの方が断然安いし早いのですが、アマゾン河を肌で感じながら移動するなんて、贅沢じゃない?
船乗り場の下見へ行くとチケット売り場があったので値段を聞いてみましたが、旅行代理店の方が安かったです。


二夜連続で食べた近所のビーフステーキ。
ビールは置いてないから近所のお店へ買い出しに。
IMG_2644.jpg


店構えは、ただの通路にテーブルとイスを置いただけ。
いいね、こういうの。
IMG_2670.jpg


お次は、アマゾン河を船で遡って行く様子でーす。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅8 ~アマゾン河5日間の船旅~

9月25~30日 旅に出て9~14日目

ボンジーア

港町『ベレン』からアマゾンの『マナウス』まで船で5日間かけてアマゾン川を遡って行きます。


『ベレン』の船待合所。
IMG_2672.jpg


1時間半遅れで出発。


さよなら『ベレン~』!
IMG_2683.jpg


我等の船名は、“Amazon Star”
AC・水シャワー・冷蔵庫・WiFi不可。
はい、こちらはスイート。
二畳くらいの広さしかないんですけどー笑
IMG_2709.jpg


私たちのお部屋は外側だったので眺めバッチリ。
P9260646.jpg


アマゾン河に沈む夕日。
P9270689.jpg



通路側にもお部屋が。
P9260643.jpg


下の階は、所狭しと並べられたハンモックたち。難民キャンプ状態。。
いくら安いとはいえ、5日間ハンモックはキツいよね…。
P9260656.jpg


更に下の一番下の階にはたっくさんの荷物が。
P9260657.jpg


夕食時間は、17時~19時。
ライス、パスタ、お肉と少しのお野菜が入ったお弁当。一つR$10(¥450)
お肉は、ビーフ、チキン、ポークが日替わり。
売店で食券を購入し、下の食堂へ行き、配給してもらいます。
IMG_2690.jpgランチは、11時~12時。
夕食と内容が変わらず、同じくアルミに入ったお弁当。一つR$10(¥450)
12時~13時の間はビュッフェで食べ放題。一つR$15(¥675)

朝食前、6時~7時半の間にコーヒー(お替り自由)と、パン一つだけ無料でいただけます。

朝食時間は、7時半~9時。
コーヒー、パン、チーズ、ハム、目玉焼き、パイナップル、スイカ、パパイヤ、バナナ。一つR$5(¥225)
コーヒーはお替り自由ですが、食べ物は一つずつしかもらえません。
パンにチーズとハムをサンドした後、焼いてもらえます。
IMG_2688.jpg


売店では、カップラーメンやポテチやクッキーなどの食べ物、歯ブラシやかみそりやシャンプーなどの基本的な日用雑貨は何でも手に入ります。
私たちのガソリン(ビール)もガンガンに冷えた状態で1缶R$3(135)で購入可能。


アマゾン河に昇る朝日。
P9260641.jpg


小さな町(港)に寄っては、乗客や荷物の積み直し。
なんと便器や電気の笠やタイヤまで船に!
そりゃそうだよね、小さな町では便器など売ってないもんね。
P9260675.jpg


現金収入の手っ取り早い方法。
それは、食べ物を売ること。
町に着いては、売り子が乗り込んできて、パウンドケーキ、アイス、お菓子などを売ってました。
IMG_2695.jpg


アマゾン河が鏡に変身!?
P9260684.jpg


P9270685.jpg


『ベレン』と『マナウス』の中間辺りの『サンタレン』という町では7時間程停泊していました。
上陸してみることに。久々の陸。
P9300797.jpg


近くに食堂兼万屋があったので、朝食はここでいただくことに。
厚化粧の愛想の良い店主。
P9280717.jpg


Nissinのご当地カップラーメン。
この他にも何種類かありました。
シュラスコ味を食べてみましたが、やっぱ日本のが一番ですね!
容器は日本のと同じく、かなりしっかりしてました。
IMG_2702.jpg


そろそろ出発しますか。
P9290771.jpg


河ではボートが人々の足に。
男性も、
P9290774.jpg


女性も、
P9260674.jpg


子どもも、上手にボートを操ります。
P9290761.jpg


こんなど田舎にも電気が通っています。
P9260678.jpg


P9260682.jpg


酪農一家。
P9300808.jpg


アマゾン河はごみ箱か!!

唾、痰、タバコの吸い殻はまあ許せたとしても、お菓子の空き袋、ペットボトル、缶、瓶ありとあらゆるモノをポイ捨て!
アマゾン河の底には一体どれくらいのゴミが眠っているのでしょう…。

食堂では、残飯をいちいち河に放り投げてる人も。
今あなたが通り過ぎたところに、ゴミ箱置いてますけどー。

教育と環境って本当に大切だなー。アマゾン河の上でもしみじみ考えることに…。


夕日に照らされる町。
P9300821.jpg


ピンク色をした川イルカを何度も見かけましたが残念ながら写真に収めることはできませんでした 涙


ネグロ河とソリモインス河の合流地点。
ナイル河にもこの様な場所がありましたが、二つの河は混じり合いません。
原因は、それぞれの河の比重と流速の違い。
PA010840.jpg


『マナウス』が見えてきたぞー!
PA010852.jpg


途中河に落ちた青年がいたり等ハプニングもありましたが、無事5日間のアマゾン河の船旅が終わりました。
終わってみるとあっという間で、最後は船を降りるのが寂しくなりました。


旅に出る前、父がプレゼントしてくれた垣根涼介の「ワイルド・ソウル」を船上で読書。
まさにブラジルの、アマゾン河に関する内容で、日系移民について実話を元に書かれた本。
お恥ずかしいことに、これまで日系移民のことをほとんど知らずにいました。
今自分がいるブラジルで過去の現実を初めて知りました。
ブラジルで、それもアマゾン河で読んだからこそ余計に心に響いた本。
このタイミングで、この本をくれたことに感謝!ありがとう!

お次は、『マナウス』の街並みをご紹介。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブラジル夫婦旅9 ~マナウスの街並み~

9月30日~10月3日 旅に出て14~17日目

ボンジーア

『マナウス』に着いたのは18時前。
暗くなってから大荷物を持っての移動は危険。
港からお宿まで徒歩5分ですが、タクシーを使うつもりが、タクシーおらず…。
めっちゃ気合を入れてお宿まで歩きました 笑
ふ~怖かった~><


マナウスのお宿は“Kyoto”。
IMG_2712.jpg
朝食付き一泊R$100(¥4,500)AC・ホットシャワー・TV・冷蔵庫・部屋でのWiFi可。
Kyotoという名前のお宿ですが、日本とは何の関係もございません。

ACはあったのですが、全く効かず…。
夜中あまりにも暑く、部屋を替えてもらいました。
移動先の部屋は、ダブルベッドが一つ、シングルベッドが二つあり広々快適。ACもバッチリ。(写真は移動前)


“アドウフォ・リスボア市場”へ。
改装中のため入れず。ガイドブックに2011年中には完成予定と書いてましたが、完成しそうな気配は感じられず。
お隣に仮設してありました。
まずはお魚コーナー。
PA010864.jpg


PA010863.jpg


お肉コーナー。
PA010879.jpg


内臓系。
PA010878.jpg


足も!
PA010877.jpg


顔の原型が!
PA010866.jpg


お野菜コーナー。
PA010870.jpg
とにかく他国の市場より清潔で活気があります。
市場内にはATMまで。


青空美容院はブラジルにも存在。(おいちゃんの右後ろ)
おいちゃんを撮りたかったわけじゃないのに、すっごい決めポーズ 笑
IMG_2731.jpg


途上国ではよく体重計屋(家に体重計がないので、数十円払って道端に置いてる体重計に乗る)を目にしますが、
こちらは、血圧計屋!??
IMG_2732.jpg


1896年に建てられたイタリア・ルネッサンス様式のオペラハウス“アマゾナス劇場”
19世紀後半、アマゾンで天然ゴムが発見され、一攫千金を夢見たヨーロッパ人がここマナウスにやってきました。
彼らはヨーロッパと同じ生活水準を求め、その象徴として建てられたのがこのアマゾナス劇場。
建築材は全てヨーロッパから輸入、イタリア大理石の階段、オーストリア製のイスなど。
R$10(¥450)で、中に入ることができますが、建物に興味の無い私たちは、外観のみ。
PA020885.jpg


お宿のある通りは商店街。
IMG_2743.jpg


お土産屋もズラリ。
IMG_2746.jpg


二晩連続で通った近所の屋台。ビーフ1本R$3(¥135)
IMG_2718.jpg


アフリカ系の姉弟がやってるお店。大繁盛。
IMG_2719.jpg


シュラスコ屋。
IMG_2738.jpg


シュラスコとは、鉄串に牛肉や豚肉や鶏肉を刺し、お塩を振って、炭火でじっくり焼いたブラジル料理。
刺したお肉をスタッフがテーブルまで運んでくれ、食べたい量を切り分けてくれます。
食べ放題のお店が多いみたいですが、ここはサラダやライスやお肉を自分が食べたい分だけ器に盛り、グラムを計って払うシステム。
食べ放題は日本人は絶対に損だし、太るし、この方が良いね!
IMG_2735.jpg


100%天然オレンジジュース屋。
IMG_2759.jpg


アサイーという飲み物。1杯R$5(¥225)
強気なお値段!
こんな色だし、どんな味がするのかドキドキでしたが、スムージーで、とーっても美味!
バナナなど他の果物も混ぜてるのかな?飲みやすいお味。
ブラジルのアマゾン原産のヤシ科の植物で、かなり栄養価が高く、最近日本でも話題なんだとか?
IMG_2753.jpg



お宿近くの公園にあるお店でいただきました。
IMG_2755.jpg


タカカというブラジルのスープ。1杯R$10(¥450)
スープの色的にお味噌汁?お椀やお箸的に日本の味がするんじゃない!?とものすごく楽しみにしていたのですが、強烈なお味!!
舌はピリピリし出すし、かーなーりーしょっぱいし、これ大丈夫なの??
かなり不思議な食べ物。
値段を聞かずに注文したのですが、お会計の時に値段を聞いてひっくり返りそうになりました。
ローカルも同じ金額払っていたのでボラれてはないと思うのですが、高っ!!
IMG_2762.jpg
何料理なのか気になったのでお宿に帰って調べてみると、、
ジャンブーというジャングルに生える山菜(舌がしびれる香草)と小さな川えびを、トゥクピー(マンジョカ芋からつくるアマゾンの 調味料)で煮て、タピオカの粉でとろみをつける。
これを、「クウヤ」という、ヤシの実のような丸い実を半分に切って作った容器に入れて、お箸代わりの楊枝をつけて出すアマゾン料理だそうです。


顔的に日系人のご夫妻がやってるお店かな?と思ったのですが、違うようです。
IMG_2763.jpg


『マナウス』からベネズエラの『シウダーボリーバル』へ行く為バスの予約へ。
マナウスからは火曜日と木曜日の週2便。

チケット購入の際、パスポートと、イエローカードの提示が必要なんだとか…。
パスポートのコピーなら携帯してるけど、、現物もイエローカードもお宿だよ…。
「乗車日に見せるから~。」と言ってみましたがダメでした。出直し…。
皆さん、パスポートとイエローカードをお忘れなく!

次回は、『マナウス』からベネズエラの『シウダーボリーバル』への移動の様子でーす。

ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム