南イタリア夫婦旅2 ~アクセスが悪いアマルフィ海岸~

5月29日(月)・30日(火) 1・2日目

ボンジョルノ

赴任国から、南イタリアにある人口約4,000人の町『ポジターノ』へ。
1997年世界遺産に登録さた、『ソレント』から『サレルノ』までのアマルフィ海岸。
約40kmの海岸線は、世界で最も美しい海岸線の一つと言われています。
その間に『ポジターノ』、『アマルフィ』、『ラヴェッロ』などの小さな町が点々と続きます。
日本人が想像してる断崖絶壁の家々は『アマルフィ』ではなく、『ポジターノ』という町にあります。
mapb (1)
(赤い点線は定期ボートのルート)


赴任国からイスタンブルへ。
ターキッシュエアラインはコックが乗ってることをウリにしてます。
だからって食事が美味しいわけではありません…笑

イスタンブル空港は何度か利用したことがあるし、前国在住中に友人と一緒にトルコを旅行したので思い入れのある空港。
2時間半の乗り換え時間の間、お土産屋をウロウロして懐かしんでました。


いよいよ、ローマに近づいてきました。
P1011554.jpg


飛行機を降りた瞬間、セキュリティーチェック・・・。
今??
何のためにー!??


■ローマ→ポジターノの行き方(この行き方は間違ってることにあとで気付く…。)
ローマ国際空港→テルミニ駅(列車で30分)
テルミニ駅→サレルノ駅(列車で3時間)
サレルノ駅前→アマルフィ港(バスで2時間15分)
アマルフィ港→ポジターノ港(ボートで30分)


まずは、ローマ国際空港フィウミチーノ空港→ローマの玄関口テルミニ駅。
レオナルドエクスプレス(Trenitalia社)でノンストップ30分。一人€14(¥1,680)
窓口で購入すると一人€2上乗せれ、€16に。
レシートを見ると、手数料という文字が印刷…。
自販機は、前の人がとろくさければかーーなーーりーー待つことになるので、タバッキ(キオスク)で購入するのが一番◎
(後日、もう一度こちらの駅を利用するのですが、タバッキで購入しても手数料はかかりませんでした。)
それにしても、30分で1,680円って、交通費高~い!
IMG_4349_20160616220839d5a.jpg


テルミニ駅に着くまでの道のり、ポイ捨てや落書きだらけ。
ローマいちのテルミニ駅はあまり活気が無いし、イタリアが経済危機状態ということを早速肌で感じました。。


お次は、テルミニ駅→サレルノ駅。
列車(Trenitalia社)で3時間。一人€29.5(¥3,540)
IMG_4350.jpg


自販機でアイス€2(¥240)やチョコ€1(¥120)を購入して乗り込みました。
P1012599.jpg


「Ferrero社」のKinderチョコ(上)をイタリア土産にする日本人が多いみたいなので、どんなものか試しに食べてみました。
超美味しければお土産にしようと思いましたが、甘ったるい!
IMG_4352.jpg
日本には安くて美味しいチョコがたくさんあるし、KinderチョコやNutellaは世界のあちこちの空港やスーパーで普通に売ってるので、わざわざイタリア土産にしなくても良いかな。


テルミニ→サレルノ間の車内。
利用者が少ないから列車代が高いのか!?
P1011577.jpg


テルミニ→サレルノの車窓。
P1011567_2016061622564347d.jpg


車内販売のおじさんがやってきました。
チーズ&生ハムのパニーニ€3(¥360)
ビール1本€3.5(¥420)
P1011568.jpg


お次は、サレルノ→ポジターノ。
バス(SITA社)で2時間15分。
チケットを持ってないことをドライバーに伝えると、「とりあえず乗れ!」と。

いよいよ世界一美しい海岸線を走ります。
座席は左側を!
P1011610.jpg


『アマルフィ』から約5kmに位置する『マイオーリ』。
1km続く砂浜はアマルフィ海岸いち。
P1011621.jpg


『アマルフィ』から約3kmに位置する『ミノーリ』。
P1011648.jpg


とにかく、サレルノーアマルフィ間の道幅が激しく狭く、対向車が普通車でもスムーズにすれ違えません!!
大型バス同士のすれ違いはもう最悪です。
ドライバーがバスを切り返し切り返し、ちょっとずつちょっとずつ進みます。
その為、めちゃくちゃ時間がかかります。
P1011593.jpg


約15km、バスの時刻表では1時間15分。
実際は、2時間15分かかりました><
この時だけこんなに時間がかかったわけじゃなく、道路状況的に常にこんな感じだと思います。
P1011628.jpg


見て!!
すっれすれ!!
P1011602_2016061623445800b.jpg


このバスとすれ違うだけで30分は切り返したりなんだかんだやってました・・・苦笑

すれ違った瞬間、車内のイタリア人は、「ブラボ~~~!!」という声と共に拍手喝采。

一方、旅行者の英語圏の人たちは「なんて間抜けなんだ。」って小声でグチグチ。
悪口言う時だけは、マイナー言語で良かった!って心底思います 笑

てか、一通にするか、大型バス禁止にするべきじゃない?!


そしてー!!
サレルノからポジターノ行きの直行バスはありません!
サレルノからのバスの終点はアマルフィ。
アマルフィで必ずバスの乗り換えが必要だったんです・・・。


アマルフィ到着後、バスのチケット代を払おうとしたら「今日は良いよ~!」って受け取ってもらえませんでした。
5日間の滞在中何度かバスに乗りましたが、チケットが無くてもとりあえず乗せてくれ、後で払おうとしても受け取ってくれない・・・。
かなりアバウト。。


アマルフィからポジターノ行きのバスは既に行列。
ボートは1時間先。
全く時間が読めず座ることも出来そうにないバスに乗るよりも、確実に座れ30分で到着するボートを選ぶことに。
ビールを飲んで一休み。
P1011651.jpg


お次は、アマルフィ→ポジターノ。
ボート(Travelmar社)で30分。一人€8(¥960)、荷物代一つ€1.5(¥180)
P1011660.jpg


船内。
スナックや飲み物の売店もあります。
P1011661.jpg


向こうに見える家々は、さっきまでいたアマルフィ。
P1011665.jpg


アマルフィ→ポジターノ間の集落。
P1011672.jpg


そして!!

ついに!!

ポジターノ到着!!
サマータイム中なので18時半でもこの明るさ!
でも、光は既に無いので写真がショボい。。
P1011688.jpg 


赴任先のお家を出てから、ホテルにチェックインするまで28時間!!笑

てか、事前にネットで行き方を調べました。
かなりのイタリア通っぽい旅行者のブログには、「ポジターノへ行くには、サレルノ経由が一番!」とのことでした。


帰りもこのルートを使うのウンザリー!
本当にコレが最短なの!??
最短ルートを、ホテルのスタッフに念の為確認してみると、、、

■ローマ国際空港からポジターノの行き方
ローマ国際空港→テルミニ駅(列車で30分)
テルミニ駅→ナポリ駅(列車で1時間)
ナポリ駅→ソレント駅(ローカル列車で1時間)
ソレント駅→ポジターノ(バスで30分、もしくはボートで40分)

というのが最短ルート且つローカルが利用する通常ルートなんだそう。

ソレントーアマルフィ間の道幅は、サレルノーアマルフィ間よりも狭くないので対向車とすれ違うことが可能。
ソレントからポジターノまでは直行バスがあるので、乗り換えも必要ありません!

他人のブログを信用した私が本当にバカだったー!!


この日は37回目の私の誕生日!
去年の誕生日も寝台列車で移動してたな~笑

ホテルのスタッフにお勧めレストランを聞き、誕生日ディナーへ。
(ホテルに併設されてるレストランは月曜日がお休み 涙)

紹介していただいたレストランはかなり賑わっていて、期待できそう!

が、メニューを見ると惹かれるものが無く・・・。
誕生日だったし本当はお店を変えたかったけど、移動で疲れ果ててたのでとりあえず今夜はココで。。

ミックスグリルドフィッシュ€25(¥3,000)
めっちゃしょっっっぼ!!
てか、こんなにショボいのに3,000円って!!
P1011700.jpg


ロブスターのパスタをオーダーすると売り切れ。
↓なら出来るよ。と。
ボンゴレパスタ€16(¥1,920)
これでこんな金額って…。
P1011701.jpg


イタリア生まれのティラミス€5(¥600)
P1011702.jpg
お会計€70(¥8,400)
ショボいお料理だし、接客も超イケてないのに、金額だけはちゃっかりしてる~。

37歳の誕生日は、時差の関係で、ものすごーくものすごーく長い一日となりました。
赴任国とイタリアの時差は6時間なので、5月30日が30時間ありました。

そして、初日から夫は早速、イタリア人に間違えられてます 笑
南米では南米人に、東南アジアでは東南アジア人に。
都合の良い顔だ…笑

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム