南イタリア夫婦旅6 ~見所の無いアマルフィ~

6月1日(水) 4日目

ボンジョルノ

アマルフィ海岸の中央部に位置する人口約5,200人の町『アマルフィ』。
アマルフィから北北東へ約2kmに位置する人口約2,500人の天空の町『ラヴェッロ』。
今日はこの2つの町へ。
mapb (1)


まずはラヴェッロへ。
ポジターノ→アマルフィ。
バス(SITA社)で40分。
車内は大混雑でまたまたチケットを購入することはできず…。

アマルフィ到着後、バスを乗り換えラヴェッロへ。
こちらは車内で購入できました◎
バス(SITA社)で30分。一人€1.2(¥144)


ラヴェッロの広場。
P1011945.jpg


イギリス人が建てた広大な庭園“ヴィッラ チンブローネ”へ。
入園料一人€7(¥840)
P1011927.jpg


庭園奥にある展望台からはアマルフィ海岸を一望できます。
P1011938.jpg


P1011931.jpg


バスでアマルフィに戻ります。
大混雑でまたまたチケットを購入できず…。
ほとんど全員がチケットを購入してません。
採算取れてるのか心配になる。。。
てゆうか、何か方法考えたら良いのに。。。


アマルフィの“ドゥオーモ(大聖堂)”。
P1011950.jpg


アマルフィのメインストリート。
アマルフィは、お土産物屋、レストラン、カフェがあるくらい。
見所も良い景色も無いし、あまり行く価値は無いな~。
P1011955.jpg


バスでポジターノに戻ります。
アマルフィはバス停前にタバッキ(キオスク)があるので、事前にバスのチケットを購入しました。
チケット無しでも余裕で乗ることが出来たと思うけど、夫はこういう不正?を嫌う人。
アマルフィ→ポジターノ。
バス(SITA社)で40分。一人€1.8(¥216)


夕食は、5カ国目時代のグルメな友人お勧めのレストランへ。
友人がアマルフィを旅行してたのを思い出し、事前に教えてもらいました。
レストランからの眺め。
P1011977.jpg


オープンキッチンなので作ってる様子を見ることが出来ます。
P1011981.jpg
ポジターノで何度か見かけましたが、各レストランがお料理教室(一人€120前後)を開催しています。
もっと時間があったら参加してみたかった~!


イタリアンビールPeroni Rossa1本€6(¥720)
アルコール度数5.2%のラガービール。
スタッフがお勧めしてくれたんだけど、夫も私もあまりタイプではなく、2本目からは他のビールに。。
P1011962.jpg


ポルポ グリリアート€15(¥1,800)
グリルしたタコ、ソテーした茄子とプチトマト、ブッラータチーズをバジルソースで和えたもの。
超柔らかいタコに感動した夫は、これまでのタコの概念を覆されたそうな。
P1011964.jpg


イカフライ€20(¥2,400)
P1011968.jpg


グリルドミックスシーフード€25(¥3,000)
P1011965.jpg


ナポリ名物ババ€8(¥960)
ラム酒をたっぷり浸み込ませたスポンジケーキ。
たまたまこのレストランのが微妙だったのかな?
他店でリベンジしよう!とさえ思え無い程ヤバかった><
P1011971.jpg
お会計€95(¥11,400)

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる