南イタリア夫婦旅4 ~断崖絶壁の町ポジターノ~

5月30日(月)~6月4日(土)

ボンジョルノ

5泊した人口約3,900人の町ポジターノ。
アマルフィ海岸沿いにある町の中でも最も有名で観光客に人気の高級リゾート地。
mapb (1)


ボートでポジターノ入り。
崖に張り付くような町並み全体を、海から見渡せます。
P1012367.jpg


近くで見ると、ペンキなどが剥がれていて、ぶっちゃけ美しくない…。
ギリシャのサントリーニ島は、景観を保つために毎年ペンキを塗り替えてるんだけどな。
P1012364.jpg


6月初旬でもこの人の数。
ヨーロッパが一番盛り上がる7、8月は一体どうなっちゃうんだろう。。
P1012380.jpg


海岸から見上げたポジターノの町。
傾斜に沿って並んだ家々。
P1011724.jpg


クリーム色の建物は、ポジターノのシンボル“サンタマリアアッスンタ教会”。
マヨルカ焼きのクーポラ(半球形の天井)が印象的。
P1012396.jpg


6月初旬のポジターノ、日中は暑いけど、朝晩はかなり冷えます。
治安はめちゃくちゃ良く、のんび~りした雰囲気。
P1012430.jpg


石畳の小道にはお土産、衣類、靴、アクセサリーなどのお店、カフェ、レストランがずらり。
ギリシャのミコノス島みたい。
P1012425.jpg


韓国人経営のお店があるし、アジア人観光客は韓国人が多め。
P1012426.jpg


高級リゾート地のせいか、若者はあまりいなくて、年配者が多め。
P1012397.jpg


アマルフィ海岸の表札はとってもオシャレ。
P1011638.jpg


レモン栽培が盛んなアマルフィ海岸。
あまり伝わらない写真だけど、すっごい大きなレモンなの。
日本のレモンの2、3倍ありそう。
P1012424.jpg


バス通りにもお店やレストランがずらり。
P1012442.jpg


海岸側はホテルがずらり。
ある日は結婚式。
P1011957.jpg


またある日は日光浴。
P1012446.jpg


「Sponda(スポンダ)」というバス停近くのヴューポイント。
P1011917.jpg


P1011908.jpg


泳いでる人はたくさんいるけど、茶色い砂浜が残念な感じ。
P1012443.jpg


ホテル近くの「Viale Pasitea(パシテア通り)」から。
P1012417.jpg


バスの時刻表やチケット売り場などの標識が全然無くて、観光客に優しくない町。
P1012251.jpg


サマーシーズン中で、暗くなるのは21時頃から。
P1011992.jpg


ライトアップされた家々は日中とはまた違った表情。
P1011989.jpg


ポジターノ周辺は見所が多く、日中やお天気が良い時は他の町へお出掛け。
その為、ポジターノの陽が当たった写真があまり無いのが残念><

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム