マルタ夫婦旅4 ~マルタ必見 天然アーチとプール~

6月7日(火) 10日目

マルタ島の北西6km、面積約67㎢、長さ14km、幅7km、人口約3万人。
マルタで2番目に大きな島、ゴゾ島へ。
road-map-of-malta.jpg


ホテル(メーリッハ地区)→チェルケウア港
バス一人€1.5(¥180)

9時45分のフェリーに乗るべく、9時10分にフェリー乗り場に着くと、人で溢れかえってる!!
P1012954.jpg
ゴゾ島行きのフェリー乗り場。別日撮影。


私たちの後からもどんどん人がやってくる…。
もしや、乗れないってオチじゃないよね…?


フェリーは24時間運航!驚
P1013134.jpg
チケットはマルタ島で購入する必要は無く、ゴゾ島からの帰りにのみ購入する仕組み。


恐ろしい人の数だったけど、無事全員乗れました。
車も乗れちゃうかなりの大型船。
P1012866.jpg


船内でマルタ人に声をかけられ、色々と話してると、今日が祝日(1919年6月7日記念日)だってことがわかったー汗
だから、乗客が多いのかな?
P1013076.jpg


デッキもいっぱい。
P1013074.jpg
帰り撮影。


10分遅れの9時55分に出発し、25分でゴゾ島に到着。
P1012970_20160815162128787.jpg


ノープランでゴゾ島に来ちゃったんだけど、フェリーを降りたところにツアーデスクが何社かありました。
ゴゾ島も自力では効率よく見所へ行けません。
乗り降り自由な観光バスHop on Hop offバスがあったので、即決し申し込み。
値切ってないけど、通常一人€20のところ、一人€15(¥1,800)にしてもらえました。
後日、ホテルのツアーデスクにも同じツアーを取り扱ってるのを見ました。値段を聞いてみると€20でした。
P1012972.jpg


10時半発のツアを申し込んだけど、15分遅れの出発。
フェリーから降りてくるお客を全員待ってからの出発。
焦らなくても、待っててくれるみたい。
P1012973.jpg


まさかの日本語アナウンス有り~。
P1013136.jpg


それでは出発~!
屋根無しバスなので見晴らし◎
P1012976_20160815165301cc2.jpg


1つ目は、②のRamla Bay(ラムラベイビーチ)で下車。
Mgarr Harbour(港)から20分で到着。
出発時刻も遅れ、到着時間ももちろん時刻表通りではなく…。
それって、これから私たちが乗り降りするバスも同じことが起こるよね…苦笑
Hop on Hop offバスのイミが半減じゃない?笑

ラムラベイビーチ。
祝日のせいか、ローカル客で大賑わい。
オレンジ色の砂浜が印象的。
P1012979_2016081516530527a.jpg


透明度はなかなか良いけど、やはりホワイトサンドの方が良いよね。
P1012981.jpg


レストランもありました。
ビール1杯€3.2(¥384)と、フレンチフライ€1.5(¥180)をいただきました。
ビーチレストランだけど、良心的な金額◎
てゆうか、マルタはめちゃくちゃ物価が安いんです。
P1012985_2016081516555329a.jpg


2つ目。
次に降りたい所は、⑤のCalypso Cave(カリプソの洞窟)。
洞窟に行きたいわけではなく、ヴューポイントがあるので、お目当ては景色。
洞窟は崩れる恐れがあり、現在閉鎖中。


ラムラベイビーチのレストラン横の山を登れば、カリプソの洞窟。
レストランのスタッフに聞くと、15分もあれば登れると。
時間短縮にもなるし、歩いて行ってみましたー。
P1012992.jpg


そして、ヴューポイントに到着。
P1012996.jpg


P1012997_20160815170212f84.jpg


ヴューポイントから景色を堪能した後、ちょうどバスが出発するところだったので乗り込みました。
かなり時間短縮することが出来ました◎


3つ目。
次に降りたい所は、⑩のAzure Window(アズールウインドウ)。
⑤のCalypso Cave(カリプソの洞窟)からの所要時間は50分なので、しばらく車窓を堪能。


素朴なゴゾ島。
P1013000.jpg


ホテルやレストランが多い、Marsalforn Bay(マルサルフォーン湾)。
P1013001.jpg


マルタは、マルタストーン(蜂蜜色の石灰岩)の産地。
マルタ島の旧市街ヴァレッタやスリーシティーズなどの建築物はマルタストーンが使われてますが、ここゴゾ島でも使われています。
P1013005_20160815173547f16.jpg


ヨーロッパの1国とは思えない様な異世界。
まるでアラブ世界に迷い込んだような錯覚。
P1013007.jpg


タピーヌ教会。
P1013008_20160815173700a17.jpg


3つ目の目的地、アズールウインドウに到着。
P1013018.jpg


数千年、数万年かけて風と波によって作られた天然アーチと天然プール。
P1013023_201608151845431f2.jpg


人の大きさでアーチの巨大さがわかります。
P1013038_201608151848122bf.jpg


アーチからの眺め。
P1013050_20160815184301cf7.jpg


いつ崩れてもおかしくない天然アーチ…。
P1013062_201608151841391dd.jpg


逆サイドには入り江。
P1013066.jpg


私たちは行かなかったけど、洞窟の中はBlue Grotto(青の洞窟)。
P1013064_20160815183049277.jpg


コミノ島にもあった、トラックを改造したファストフード店。
ハンバーガー・サンドイッチ・ケバブ・お菓子やドリンクなどを販売。
ココのソフトクリームがめっちゃ美味。
小学生くらいの男の子が店番やってたからかわいくて思わず2回も買っちゃった。
P1012978_201608151606536c7.jpg


アズールウインドウで5時間くらい過ごしました。
足場が悪いので、マリンシューズがあった方が歩きやすいけど、ビーサンor素足で乗り切りました。

アズールウインドウ17時45分発の最終バスに乗り、Mgarr Harbour(港)に到着したのは18時半。
18時45分発のフェリーでマルタ島へ帰ってきました。
マルタ島⇔ゴゾ島のフェリーチケットは、帰りのゴゾ島のみで購入。一人往復€4.65(¥558)。

ヨーロッパの夏は日が長いから、夜遅くまで遊べて楽しいし、得した気分~!

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム