南イタリア夫婦旅12 ~さよならイタリア~

6月13日(月) 16日目

ボンジョルノ

ローマ最終日。
夕方のフライトで駐在国へ戻ります。

またまたバスに揺られ、ユダヤ街へ。
お目当ては、夫が愛してやまないカルボナーラ!
「ローマいち美味しいカルボナーラ店」に選ばれたRoscioli(ロッショーリ)へ。
昨夜のリベンジ!笑

2日前の夜も訪れたこちらのレストラン。
満席で、数時間待ちだったため、断念…涙
予約無しでは厳しいみたい。。

レストラン兼食材販売のこちらのお店。
食材店が朝早くから開くので、直接ランチの予約をしに行きました。

普段、英語の訓練のために、夫は予約やオーダーなど何から何まで私にやらせます(鬼だよ鬼!)
しかし、この日は絶対に席を確保したい!
私のショボ過ぎる英語ではナメられる…笑
見た目もイタリア~ンな夫に(笑)、ビシっとキメてもらいました 笑
こちらがレストランの外観。
P1013596.jpg


レストランオープンの12時半に予約。
それまで周辺をブラブラ。
トラステヴェレのコジマート広場の朝市。
P1013531.jpg


ローカルや観光客で大賑わい。
P1013532.jpg


様々な品種のトマト。
P1013535.jpg


人参の奥のお野菜。
これが、欧米でよく食べられるアーティチョークだよっ。
P1013552.jpg


味も形も色も違うパスタと、乾燥パスタソースがずらり。
P1013536.jpg


路上で絵の販売。
他にも色んな路上販売人がいましたが、以前住んでた国の人が多い多い…。
P1013540.jpg


たまたま通りかかった、ナヴォーナ広場。
P1013544.jpg


壁に描かれた不気味な絵。
芸術のことはさっぱりわかりませぬ。
P1013545.jpg


ローマの信号機。
P1013546.jpg


マルタで多くのイギリス人が、リキッド式電子タバコを吸ってました。
何種類かフレーバーがあり、禁煙を補助してくれるみたい。
私たちは初めて見たんだけど、日本にもあるんだね?
P1013554.jpg


こちらはタバコの自販機。
イタリアはタバコ文化。
P1013549.jpg


路地裏散策。
P1013553.jpg


そろそろレストランの予約の時間になりました。
店内の壁はワインや食材がずらり。
P1013582.jpg


今朝予約した時、テーブル席は既に満席でした。
通路に臨時設置した席。
冷蔵庫の横で、食材や生ハムのカットの仕方などを見ることができて、逆にラッキー。
P1013584.jpg


無料のパンがめっちゃくちゃ美味!!
全部食べたかったけど、パンだけでお腹いっぱいになりそうだったので諦めたよ 涙
P1013566.jpg


サービスのチーズ。
濃厚~!
P1013574.jpg


他店ではシーズンオフの為、提供出来ないって言われたアーティチョークがあった~!!
冷蔵庫横に座れたおかげで、発見できたの~!
アーティチョークのマリネ€10(¥1,200)
酸味が絶妙~!
(フライはやはり無い。。)
P1013570.jpg


アンチョビパスタ€19(¥2,280)
「私がアンチョビ食べたがってたから。」って、夫がこのパスタを選択。
私が食べたかったのはアンチョビじゃなくてアーティチョークね!!苦笑
P1013577.jpg


カルボナーラ€15(¥1,800)
これがローマでナンバー1なの!??
日本のカルボナーラとは全く別物ね!
カルボナーラを愛してやまない夫は不完全燃焼。
てゆうか、「イタリアで日本みたいなカルボナーラなんて食べられないよ!」って何度も言ったのに…。
これでようやく納得したかな?
P1013579.jpg


ティラミス€11(¥1,320)
値段に見合った美味しさ!
P1013588_20160822074122205.jpg


クリームブリュレ€11(¥1,320)
こちらも美味!
P1013590.jpg
お会計€112(¥13,440)
他にも食べてみたいメニューがたくさんありました。
カルボナーラはいまいちでしたが、まだローマ滞在の日数が残ってたら絶対に再訪してた!
オーナーのおばちゃんはだいぶ怖いけど、スタッフは感じが良くスマートな接客をしてくれました◎
月曜日のランチだというのに、1階も地下も満席!
さすが大人気店だけあるっ!
レストランの数軒隣にあるセレクトショップ“EMPRESA”が超かわいいです。


イタリアの車のナンバープレート。
P1013537_20160822074859b2b.jpg


ローマフィウミチーノ空港には3時間前に到着し、免税手続きを。
が、アジア人の長蛇の列が。。
怪しい人たちが全部商品をチェックされる為、めっちゃくちゃ長い間待ちました。
イタリア人スタッフも超キレまくってるし 笑
最後に空港でお土産を買い足したかったのに、全く時間が無かったー!涙


飛行機に搭乗してからのこと。

「これ、誰のバッグですか~?」

私の真後ろの席のアジア人男性が、周りの乗客に大声で尋ねる。

周りの人、誰も名乗り出ない…。

え?誰の?

CA現る。

CA:「このバッグはどういう状況でどこにあったんですか?」

男性:「僕がこのシートに来た時、既にシートの上にバッグがありました。」

CA動揺。。

全員に聞きまわる…。

が!!

持ち主がいない…。

どういうこと??

ありえなくない??

もしや爆弾入り??

え??テロ!??

機内、騒然。。。

とりあえず、全員降りましょう。

機内のチェックしましょう。

乗客の荷物検査もやり直しましょう。

私の心の願いは全く通じず、持ち主がわからないまま出発…。

私の斜め後ろのアラブ系の男性の顔がいっちゃってるよーー。

怖いよーーー。

ビクビクビクビク機内で過ごすこと数時間。

無事、イスタンブルに到着しましたー笑

何だったんだろう、あのバッグ…。


乗り換えのイスタンブルアタテュルク空港。
サウジアラビアのメッカに巡礼に行く、ラマダン中の世界中の超大量のムスリムが!!
女性は全身黒ずくめ、男性は白の民族衣装。

ラマダン中で腹ペコのせいか、空港内のレストランのスタッフはぜんっっっぜん働かず。。
レストランはすっかすか、スタッフは何人もいるのに、ビール持って来るだけで10分くらいかかったわ!
ラマダンは、非イスラム教徒の生活にまで影響を及ぼす…。
はあー、今住んでる国がイスラム圏じゃなくて良かったって心底思ったよ。。


イスタンブルから駐在国へ向かう機内で観た、日本トルコ友好125周年記念映画『海難1890』に号泣。
1985年イランイラク戦争勃発時の実話を元に作られた映画。
以前住んでた国でも似たようなことが起こったので、感情移入しちゃった。。


今回の旅行は、マルタのついでにイタリアも行くことになりました。
終わってみれば、イタリアの方が楽しかったし、マルタは行っても行かなくてもどちらでも良い感じの国 笑

イタリア料理は日本人に馴染みがあるので(もはや日本食の一部)、旅行中一度も日本食が恋しくなりませんでした。
はあー、食に飢えない国に住んでると、旅行先で毎食ローカルフードを食べられるのが最高っ!
(食に飢える国に住んでると日本食を食べたくなるので。)

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム