デリバリー大国

先週、友人が我が家に遊びに来てくれました。
前日から何も食べてない友人は腹ペコ。

携帯電話を取り出し何やら操作。
オンラインでデリバリーのオーダーを始めました。

この国、デリバリーシステムがめっちゃくちゃ整ってます。

中でも外国人を驚かせるデリバリーは、

・スタバから、コーヒーやフラペチーノ

・フレンチレストランから、フレンチのコース

・お鍋のレストランから、お鍋の具材とスープ、お鍋やコンロなどのお鍋セット、お鍋を作ったり後片付けまでしてくれるスタッフ

・お肉屋から、お肉、コンロや網や炭などのバーベキューセット、お肉を焼いたり後片付けまでしてくれるスタッフ

などなど。

要は、不可能はデリバリーは無い!


こちらはデリバリー専用のフリー冊子。
IMG_5269.jpg


在住日本人も、子どものいる家庭は頻繁に利用するみたいだけど、我が家は在住1年半にして、この日初めて利用しました。(←しかも友人が。。)
デリバリーするくらいなら、作るか食べに行こう。というのが夫と私の考え。
冷めたものはやはり味が落ちるし、レストランや食堂で食べるのは雰囲気も含めて美味しかったりするわけなので。


レストラン専属のドライバーがデリバリーする場合もありますが、大半のレストランはデリバリー会社に依頼。
ドライバーはものすごく儲かるみたいで、一月15万円くらい稼げるんだそう。
(ペキソの平均月収は約10万円なので相当良い。)
人気のあるレストラン前では、たくさんのドライバーが待機しています。


この日デリバリーしたのは、ビャンビャン麺のお店で。
IMG_5221.jpg
器やデリバリー代も含めてお会計1,520円。
このレストランの場合、器代が100円、デリバリー代が1,200円以上のオーダーで20円。
O.K.ボタンを押してから20分程度で届きました。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる