タヒチ夫婦旅2 ~長い道のり~

9月1日(木) 1日目

イアオラナー

赴任国から、南太平洋に浮かぶ島、フレンチポリネシア(通称タヒチ)へ。
面積は4,167k㎡(石川県くらい)、118の島々が点在し、人口は約30万人。
img20131030233359146.jpg
東京から約9,500kmに位置し、直行便で11時間。
赴任国→東京→タヒチが距離的にも時間的にも経済的にも最も効率的な移動。
しかし、夫の職場のルールで、日本経由で他国へ行くのは禁止×

しょうがないので、
赴任国→香港→オークランド→タヒチという、距離も時間もお金もかかる道のりで行くことに…。


到着するまで災難の連続でしたー( ;∀;)

前夜深酒をしてしまい、二日酔いの最悪な状態で出発。

・空港に2時間前に到着すると、16時半の便が1時間早まってた→空港内猛ダッシュ。

・機内では(二日酔いの為)、揺れの度に吐き気に襲われる…苦笑

・機内で生理が始まる…苦笑

・乗り換え先の香港では、21時のフライトが22時半に変更。

・オークランド着陸時、機内から写真を撮ると写真の様子が変!←カメラ壊れてる…苦笑

本当に災難続きでした 笑
が、災難はこれだけでは無かったのです。。。

なんと!

(私)人生初!

ロストバゲージ!!
2つ預けた内の1つ。

ロストバゲージのスーツケースの方に、タヒチで必要なモノが全て入ってんの!笑
水着、洋服、下着、洗剤、タバコ、洗面用具、日焼け止めなど、とにかく旅行で必要なモノぜーんぶ!!

手元にあるスーツケースの中身は、タヒチの後に行く日本で必要なモノのみ!笑
日本用の秋服や靴、そして家族や友人のお土産!←旅行中いらな~い!笑
むしろこっちが行方不明になって欲しかったよー!


オークランド空港のターンテーブルでのこと。
日本はターンテーブルの手前にカート横付け禁止テープが貼られてあって、日本人はみーんな守ってるでしょ◎
でも、他国では横付けが当たり前。←要領悪い。
で、で、オークランド空港も日本と同じシステム!
そして、守らない人がいたらスタッフがちゃーんと注意してた!驚
日本以外で初めて見たかも!


ニュージーランド航空はチェックインも預け荷物も全てセルフ。。
ハイテク~!
つうか、スタイリッシュなチェックインカウンター!
IMG_6383_20161012172855834.jpg
次のフライトまでにやったこと。
それは、タヒチでの洋服や下着の購入。
ロストバゲージのスーツケースは通常宿泊先まで届けてくれるけど、いつになることやら…。
本当に痛い出費とムダな時間。。

ニュージーって禁煙超推奨国みたいなの。
空港の免税店ですら人目に触れるところにタバコを置いてなくて、棚に隠してるの。
そしてお値段、10箱でNZD109(¥8,175)!
超物価が高いタヒチでもっと高かったらイヤだから買っておくことに…。
つうか、夫、タバコなんて止めてしまえー!


そして、オークランドから5時間後。
フレンチポリネシア(タヒチ)唯一の国際空港、ファアア空港に深夜1時到着。
P9023998.jpg
深夜1時にもかかわらず、歌とダンスでお迎え。


お家を出発し既に29時間経過…笑

が、ここから更に地方へ。

翌朝7時のフライトなので、今日は空港で一夜を明かします。

空港の両替所は4、5人並んでるだけなのに、30分は待ったよ。。
島人ってのんびりしてるけど、この先も思いやられそうだね~。


ファアア空港のお土産屋は、国際線のフライト3時間前から営業でそれ以外の時間は閉まってます。←意外と効率的!
翌朝7時発の国際線があったので、4時からオープンし始めました。IMG_6391.jpg
成田を含む7都市くらいしか就航してないのに、深夜発着便が多い…。
お店の人も大変だ><
ファアア空港でも水着を探したけど、欲しいのは無く…。


空港のレストランでヒナノビール1杯CFP42(¥420)
使い捨てカップなのにロゴ入りでかわいい♪
IMG_6409_20161012172900e13.jpg


あっという間に、7時。
Air Tahiti片道一人¥23,847
タヒチ島→ボラボラ島(50分)

国内線の座席は自由席。
タヒチ島→ボラボラ島の直行便の場合は、以下の景色が眺められます。
左側の座席、モーレア島、ライアテア島、タハア島、ボラボラ島
右側の座席、オープンハート形のツパイ島


2列2列の小型機。
P9034000.jpg


環礁に囲まれたボラボラ島が見えてきました。
IMG_6427_20161123224812add.jpg


IMG_20160903_020349 (2)


まるで絵具で塗った様な海の色。
P9034042 (2)


P9034053 (2)


ベリーズのブルーホールを思い出します。
P9034003.jpg


本島を取り囲む様に浮かぶ環礁の小島には、高級リゾートホテル。
P9034058 (4)


IMG_20160903_020456 (2)


雄大なボラボラ島。
IMG_6654 (2)


右側に座った私。
オープンハート形の「ツパイ島」。
国内線は、低空飛行なのでオープンハートの全貌を見るのは困難。
P9034065 (2)
帰り(タヒチ→成田)で上空から見ることに成功しましたっ!


ボラボラ空港にお土産屋は2軒。
水着を探すけど無いよー><
P9074948.jpg


ボラボラ空港からホテルまでの足。(個人旅行の場合)
ホテルに送迎依頼すると、往復1人12,784(¥12,784)!苦笑
どう考えても、自力で行くことを選択するでしょ!


ボラボラ空港は離島にあるので、まずは本島に行かなければなりません。
バイタペ港までの無料のシャトルボート“Navetta”。
フライト時刻に合わせて運航してるので便利◎
P9034073.jpg


船内。
美しい海が日常のローカルは船内、観光客はもちろんデッキへ。
IMG_6646_20161025132310352.jpg


ボラボラ島空港周辺。
P9034074.jpg


南国のシンボル、椰子の木がたくさん!
P9034090.jpg


空港周辺にもリゾートホテルがありました。
P9034093 (2)


私もタヒチに欲しいな、別荘。
P9074930.jpg


約20分でバイタペ港に到着。
P9034096.jpg


バイタペ港から見る、ボラボラ島いち高い“オテマヌ山”
標高727m。
P9074895_20161123233527196.jpg


港前にあるインフォメーションセンター。
P9074899_2016112323352934c.jpg


お家を出発して既に37時間!苦笑
しかし、まだホテルへ行けません><
ボラボラ島のダウンタウン“バイタペ”でやらなきゃいけないこと。
それは、水着や衣類の調達。。
は~、ロストバゲージ痛過ぎるよ…。

普段のお買い物は速攻終わらせる夫でも2時間もかかりました。
500mに満たない小さなダウンタウン。
品物の選択肢が相当少ないから、一軒一軒しらみつぶしに。。

私も何とか水着を調達することが出来て、一安心。
リゾートで水着無しで過ごすなんてシャレになんないところだったー。


バイタペからホテルは、タクシーで。
バスなどの公共交通機関はありません。
バイタペ→ホテルCFP2,500(¥2,500)約15分
流しのタクシーは走ってないので、お店の方にタクシーを呼んでいただきました。
(シャトルボートで港に到着すると、タクシーが待機してます。)

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム