世界のワークライフバランス

我が家から、韓国大使館と米国大使館などが見えます。
PA082994.jpg
米国大使館の屋上は駐車場。
キッチンからよーーく見えるのですが、朝8時くらいから車が駐車され始めます。
そして、夕方17時半を過ぎると車は一斉にいなくなります。
超健康的!


キッチンから、現代(韓国自動車メーカー)の自社ビルも見えます。
たまに5時や6時に起床すると、現代には既にたくさんの明かりが。。
もちろん夜中も煌々と明かりが。。
PA082998.jpg


韓国友人に真相を訪ねてみました。

私:「現代さ、5時から明かりが点いてるんだけど、どういうこと?まさか残業?」

友:「あっそれね、余裕で残業だよ!うちの夫(韓国大使館員)も朝5時に帰宅して、シャワー浴びて、ご飯食べて、7時頃また出勤する時がしょっちゅうだよ。」

私:「効率悪くないですか?!(心の叫び)」

ちなみに、韓国も日本と同じく、上司が残ってたら退勤しにくく、飲み会も断れない国民性。


------
別の韓国友人の場合。
ご主人はイギリス人。

友:「うちの夫、帰りが遅いから夕飯の時間も遅くなって困るんだよね~。」

私:「あれ?ご主人イギリス人だよね?帰り遅いなんて超意外!!」

友:「うん、必ずジムに寄って帰って来るんだけど、だいたい19時過ぎかな~。」

私:ポカ~ン。


------
タイ友人の場合。
ご主人はイタリア人。

シエスタ(お昼休憩が3、4時間)があります。

ランチタイムに優雅にアパートのプールで泳いでおります 笑

先日、お家にお邪魔した時は、お昼寝しておりました 笑


------
この国の場合。
残業はしません。
IMG_5991.jpg
オリンピック期間中。
ランニングマシンのTVで、ジムの会員とトレーナーが自国の選手の応援を。
仕事をサボってTVに夢中のトレーナーたちのことを誰も避難しません。
この国のこういう緩さ、ダイスキです。


------
最後に我が家のどうでもいい情報。
夫は基本的に19時には帰宅。

海外に住むメリットの1つは、残業が少ないこと。
なのに、この国で働く日本人は働き方までもが日本のまんま。
友人たちのご主人も朝から夜遅くまで長時間労働なんだそう。

我が家、夫の帰りは早め?だし、長期旅行も行くでしょ。
日本人夫婦が、一生の内に夫婦で過ごす時間の5回分くらい?いや10回分くらい?もう一緒に過ごしてる気がする…笑

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる