スイス夫婦旅8 ~ベルニナ急行~

6月3日 8日目

グーテン ターク

朝食は、食堂からレイクが見える開放的なところでいただきます。
大きな大きな窓からレイクを眺めながらゆっくり飲む紅茶は格別。
RIMG0827_20150123012534c0c.jpg


スイスの東端とイタリアを結ぶ“ベルニナ急行”(スイス四大列車の内の一つ)に乗って大迫力のアルプスと氷河を堪能。
RIMG0660_201501230121556a9.jpg
何だこの絶景は~!
まるで長~い長~~いアトラクションに乗っているみたい。
2時間の間で標高差1,828mを下るので、気候や風景の変化を楽しめます。
川の水も半端なくキレイ!
ここから1時間も走れば、イタリアのティラノ。
陸続きの国って良いな~良いな~。


途中下車して、2時間程ハイキングをすることに。
マーブル。
RIMG0661_20150123012211a22.jpg


アルプグリュム駅。
RIMG0755_20150123012202dfc.jpg


90度に近いカーブ。
RIMG0723_201501230122036fb.jpg


湖と氷河。
RIMG0709_20150123012157492.jpg


指定席列車の窓が開かないということは学習したので、普通列車で窓を開けてサンモリッツの空気やニオイを感じながらの旅。
普通列車でもかなりキレイ!
お手洗いもキレイだし、トイレットペーパーもちゃんとあります。
車内には、大型犬とチャリを持ち込んでる人を多く見かけます。

今までの列車全てそうでしたが、出発時に合図がありません。
合図があるのはむしろ日本だけなのかな?


帰り道。
RIMG0766_2015012301235304b.jpg


RIMG0757_20150123012400245.jpg


サンモリッツを散策。
オイルフォンデュやチーズフォンデュ用のスティックを購入してみました。
RIMG0780_20150123012357758.jpg
スイスっ子は、キックボードで通学。
小さな子どもも、上手く乗りこなしてます。
車が道を譲ってくれます。はぁ~紳士な国~。


夕食は、“STEFFANI”へ。
配膳係はなぜか男性の年配。若い女の子にしてよ~。
オイルフォンデュと豚ステーキ。
RIMG0818_20150123012359102.jpg


RIMG0819_201501230124032ee.jpg
お会計CHF112(¥10,640)。
チーズた~っぷりの豚ステーキは格別! 


スイスのお金、フラン。
RIMG0821_20150123012537661.jpg
縦の図柄が珍しい。


ナンバープレート。
RIMG0825_20150123012535cbb.jpg
GRはグリンデルワルトの略。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム