クロアチア夫婦旅1 ~さよならスロヴァニア・こんにちはクロアチア~

6月6日 11日目

ドバル・ダン

スロヴェニアお別れの日。
昨夜(日曜日)は早い店じまいでしたが、平日の朝は8時前から服屋などがオープンしてるリブリャーナ…笑

列車で、クロアチアの首都『ザグレブ』へ。一人€13.4(¥1,581)。
たった1,500円で他国へ行けるって羨ましい!!

国境の『DOVOBA』駅で、地元警察がやってきてパスポートのチェックをし判子を押してくれました。
スイス→オーストリア、オーストリア→スロヴァニアの車内では行われなかったこと。

列車が切り離され、クロアチア行きと他の行き先の列車に別れます。
気を付けてクロアチア行きの車両側に乗らないと、他所へ行ってしまいます。

列車が発車した5分後、今度は入国検査で警察がやってきました。
初めての列車での国境越えは、あっけなく終わってしまいました…。


約3時間でネクタイの発祥地のクロアチア『ザグレブ』に到着。
RIMG0952_20150125183337672.jpg
首都は緑が多く、道路がまーーーっすぐ長い。


駅から徒歩で空港行きのバスターミナルへ。
空港まで一人HRK30(¥480)

空港はかなりショボく、セキュリティーチェックを受けた後はレストランやショップが一切ありません。
お腹が空いてたので、また戻らせてもらいました。。

首都『ザグレブ』から、紅の豚の舞台になった『ドブロブニク』へ。
飛行機はネット予約で座席指定ができました。
絶景を楽しめる側を予約してあったはずでしたが、全く逆側だった…苦笑
どんくさい。。

珍しく、ホテルにピックアップの依頼を。
空港から25分、岩山を通り抜け、ホテルに到着。

ホテルは半島の西南に位置する“Hotel Ariston”。
お部屋は180℃シービュー。
RIMG1272_20150125183409606.jpg
わざわざアップグレード(有料)にして、海を見渡せるお部屋にした甲斐があった!


バスで旧市街へ。
RIMG0978_20150125183344f2f.jpg


夕飯は、生ガキで有名な“Kamenice”へ。
RIMG0967_20150125183342b7c.jpg


念願の生ガキ、イカフライ、シュリンプリゾットを。
RIMG0964_20150125183340512.jpg


RIMG0963_20150125183339f44.jpg
お会計HRK360(¥5,760)
生ガキは一人で20個も食べちゃいました 笑
イカフライのイカが超柔らかくて、感動。
日頃食べられないシーフードは格別に美味!!

猫が多くて、なんだかギリシャのミコノス島みたい。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム