貴州&広西夫婦旅3 ~芭沙村~

3月31日(金) 2日目AM

貴陽から従江は高鉄(新幹線)で。
従江駅からは、事前手配しておいた専用車で少数民族巡り。
まずは芭沙村へ。
貴陽駅→芭沙村(専用車で約1時間)

芭沙村は思いっきり観光地化された村。
入村料1人RMB80(¥1,600)
P3310027.jpg


山の斜面に吊脚楼(木造高床式住居)が密集。
P3310026.jpg


昔の日本みたい。
P3310033.jpg


黒瓦葺きの屋根。
P3310028.jpg


ワンコとニワトリ。
P3310035.jpg


豚様はお昼寝中。
P3310037.jpg


稲や杉の皮を干す時に使用。
稲作・果樹・木材などで生計を立てています。
今は観光収入も多いんだろうな・・・。
P3310042.jpg


芭沙村にも棚田。
P3310031.jpg


芭沙村には約2,000人のミャオ族が暮らしてます。
ミャオ族自体は、貴州省の他に四川省・雲南省・広西チワン族自治区・湖北省などに約900万人。
ミャオ族は地方によって文化やお祭りが異なります。
P3310050.jpg


生きた鶏を籠に入れて運ぶ村人。
P3310049.jpg


芭沙村のミャオ族の特徴は、猟銃民族。
世界で最後の銃士部落で、政府が銃の所持を許可。
14歳を迎えた男子は火薬銃と腰刀を身につけて生活。
写真撮影をすると、チップ1人にRMB10(¥200)
P3310062.jpg


男性は、辮髪風のユニークな髪型。
P3310068.jpg


女性は、一生髪の毛を切ることがないんだとか。
P3310091.jpg


携帯電話を持つ21世紀のミャオ族の少女。
P3310072.jpg


雨天中止のショーが11時40分から始まりました。
ずっと小雨が降り続いていたのでラッキーでした。
P3310078.jpg


ダンスや伝統音楽。
P3310097.jpg


鎌で髪剃り。。
P3310142.jpg


射撃の実演。
P3310157.jpg
この日のショーは11:40から始まり、約30分。
芭沙村には約2時間半滞在。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム