FC2ブログ

貴州&広西夫婦旅2 ~1ヶ月振りの貴陽~

3月30日(木)・31(金) 1日目・2日目

北京から、まずは貴州省の省都 貴陽へ。

今回も預け荷物は無しで、手荷物のみ。
いや~、手荷物のみって本当に楽ちん!

空港で夕食を。
選択肢は、怪しいイタリアン、台湾レストラン、スタバのみ。

しょうがないので台湾レストランへ。
台湾小鹵肉RMB27(¥540)
台湾風豚の角煮。
「空港にしてはめっちゃ安いな~。」と思ったら、1皿1皿がすごく小さいの。
割高になっても良いから、中華あるある大皿どっか~んより少量の方が◎
IMG_1681_2017051307093575e.jpg


梅菜扣肉RMB29(¥580)
皮付き豚バラとからし菜蒸し。
IMG_1683.jpg


小籠包RMB12(¥240)
小籠包と言うより、肉まん。
IMG_1687.jpg
お会計RMB122(¥2,440)
美味しいレストランじゃないけど、スタッフが感じ良い◎


中国の空港にはお湯のサービスがあちこちにあります。
ローカルが常に持ち歩いてる魔法瓶にお湯を補充したり、カップラーメンを作ったり。
IMG_1694.jpg


お手洗いには、便座シートまでありました~!
IMG_1691.jpg


飛行機が遅れてる・・・。
1ヶ月前の雲南旅行でフライトがキャンセルになったので、飛ぶまでヒヤヒヤ。

なんとか1時間遅れで飛んでくれました。
21時35分北京発、0時35分貴陽着
中国国際航空往復1人¥47,917


国内線ですが機内食が出ます。
IMG_1696.jpg


貴陽空港到着後、タクシーでホテルへ。
メータータクシーRMB93(¥1,860)


ホテルは、“Bo Le Hotel”1泊2人で¥3,364
ホテルにチェックインしたのは深夜1時頃><
翌朝、貴陽北駅へ行くので、立地重視で駅近のホテルに。
P3310001.jpg


翌朝。
貴陽から列車で従江という田舎町へ。
6時、まだ薄暗い中タクシーを探したけど、すぐ見つかりました。
ホテル→貴陽北駅 交渉でRMB10(¥200)

1ヶ月前にも来た貴陽北駅。
相変わらず無駄に広い・・・。
1ヶ月前との違いは、もう寒くないー!
P3310005.jpg
※写真ボケボケ・・・汗


高鉄(新幹線)や列車に乗車する時は、発車直前の乗客しかホームに入れません。
その為、ホームはかなり整然としています。
P3310008.jpg


貴陽北→従江2人でRMB175(¥3,500)二等席。
事前にCtripで購入し発送していただいたので、郵送費込み2人で¥4,111。
貴陽北7時16分出発。
P3310012.jpg
高鉄だと1時間半、車だと約5時間の距離。
時間を節約するため、従江まではとりあえず自力で。


売店車両。
P3310013.jpg


時間通り8時45分、従江駅に到着。
P3310016.jpg


この高鉄、広東省の広州まで行くんだよー。
大都市間の交通網はめちゃくちゃ整備されてます。
P3310015.jpg


従江駅。
P3310017.jpg


事前手配した専用車のドライバーと合流。
これから少数民族巡り~。

専用車代は、ガイド無しRMB4,000(¥80,000)
ガソリン・高速道路・ドライバーの食事や宿泊費込み。

1日目
貴陽北駅→芭沙村→ランチ→岜扒村→小黄村→黄崗村→肇興村

2日目
午後から、肇興村→堂安村→紀堂村→肇興村

3日目
肇興村→広西チワン族自治区龍勝棚田で解散

スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム