貴州&広西夫婦旅12 ~金抗大寨・ヤオ寨~

4月3日(月) 5日目

早起きして隣の山、金抗大寨へ。

平安寨から金抗大寨まで、欧米人にはトレッキングが人気。
片道約4時間、更に山の麓から頂上まで2時間のトレッキング!
迷わず文明の利器を選びました 笑

バスがあるけど乗り換えが必要&出発時刻が微妙。
前日ホテルに車の手配を依頼。
平安寨→金抗大寨片道RMB150(¥3,000)
往復の方が安くなったけど、どれくらい金抗大寨で過ごすかわかんなかったので片道だけお願いすることに。

平安寨の駐車場から、金抗大寨の駐車場まで車で約45分。


入り口に金抗大寨の地図がありました。
IMG_1846_20170702085505a26.jpg


往復徒歩はキツいので行きはロープウェイで。
前日ホテルのスタッフにロープウェイの営業時間を確認すると8時からという回答。
しかし、実際は9時から・・・。
わざわざ早起きして8時前に到着したのに~><


片道約20分 1人RMB60(¥1,200) 9:00-17:00 
P4030810.jpg


金抗大寨はかなり大規模。
P4030818 (2)


1300年前後に開墾が始まり、現在の姿になったのは1600年頃。
P4030839 (2)


最大傾斜は50度!
田んぼ1枚の面積がものすごーく狭い。
P4030824 (2)


なんと!!
まだお水が溜ってない~><
P4030820 (2)


お天気もいまいち~><
P4030827 (2)


P4030829 (2)


P4030843 (2)


農作業中のヤオ族。
P4030851.jpg


筍乾燥中。
江西チワン族自治区は筍の栽培が盛ん。
P4030870.jpg


ところどころにヤオ族の物売りが。
山価格でお高め。
P4030871.jpg


ゴミ拾いのお仕事。
観光客が訪れるようになり、様々な仕事が生まれました。
P4030882.jpg


P4030880 (2)


P4030865 (2)


P4030910 (2)


子守り中のヤオ族。
P4030883.jpg


日向ぼっこしながら民族刺繍作成中。
P4030886.jpg


パンダ柄が何とも中国らしい玄関扉。
P4030911.jpg


5つのヴューポイント全てを廻って下山。
P4030908 (2)


P4030856 (2)
平安寨が最も観光地化されてるってガイドブックには書いてあったけど、金抗大寨の方が観光客もホテルも多いんじゃないのかな?
大規模な金抗大寨より、こぢんまりした平安寨の方がスキ。


9時のロープウェイに乗り、下山したのは13時頃。
麓でランチをした後、 黄洛紅ヤオ寨(ヤオ族の村)へ行ってみることに。
その辺のドライバーに交渉し、RMB90(¥1,800)で成立。
金抗大寨から約30分で到着しました。
P4030914 (2)


かなり観光地化されたヤオ寨。
P4030918.jpg


P4030920.jpg


女性の髪の毛が特徴的。
一生の内に髪の毛を切るのは成人(18歳)の時だけ。
140cm以上のロングヘアのヤオ族が60人以上も。
ギネス記録になってるんだそう。
P4030917.jpg


民族刺繍を作成しつつ店番。
龍勝棚田では女性の働きが目立ちました。
過酷なポーターやゴミ拾い、食堂も売店も物売りもぜーんぶ女性!
P4030919.jpg


帰りの足が無い・・・。
来るか来ないかわからないバスを道端で待ってると、ワゴンサイズの乗り合いタクシーが運よく通りかかりました。
黄洛紅ヤオ寨→平安寨 約20分 1人RMB10(¥200)


お天気がいまいちだったのと、まだお水が溜って無くてとても残念でした 涙
が、龍勝棚田自体めっちゃくちゃ気に入った~!
桂林から日帰りツアーもあるけど、絶対に宿泊した方が良いっ!
(ヤオ寨は行く価値無し。)

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム