貴州&広西夫婦旅14 ~相公山・漓江遡り~

4月5日(水) 7日目

この風景を見るため、日の出前に起床。
li-river-8.jpg


山水画の世界!
P4051042 (2)


幻想的~。
P4051048.jpg
興坪鎮に宿泊しない限り、この景色は見られません。
波があると山の影は水面にキレイに映らないので、クルーズが通る前の時間に訪れる必要があります。


日中との違いが一目瞭然。
P4040967 (2)


3~4億年前から雨水などによって形成されたカルスト地形独特の奇岩群。
P4051036 (2)


漓江沿いにヴューポイントがこんな風にいくつかあります。
ここよりも岸辺に下りた方が眺め◎
P4051025.jpg


朝食を食べに老街へ。
道中、マンゴーを盗む収穫するトゥクトゥクのおばちゃん。
P4051050.jpg


漓江の奇岩群を一望するため、今日は別の山、相公山へ。
渡し舟に乗って対岸へ。片道1人RMB2(¥40)
P4051052.jpg


通学や通勤にも使われるエンジン付きの筏。
P4051055.jpg


2、3分で対岸に到着。
待ち構えてた複数の改造タクシードライバー。
高額な値段をふっかけてくるので、徒歩で行くことに。
P4051094.jpg


しかし、徒歩での道のりはかなり厳しかった~。
P4051091.jpg
とても徒歩じゃ辿り着けそうにないので、途中でタクシーを拾いました。往復RMB150(¥3,000)
片道約45分、その内35分は悪路で揺れる揺れる。


相公山の入り口。
昨日の老寨山は無料でしたが、こちらは1人RMB60(¥1,200)
下山するまでドライバーは待ってくれてます。
P4051079.jpg


約10分で頂上に。
老寨山より、かなり楽に登れました。
お手洗いはあるけど、売店はありませんでした。
相公山は人が全然いなくて◎
P4051063 (2)


P4051065 (2)


P4051082 (2)


P4051084 (2)


陽朔を起点にしたツアーもいくつかあります。
ボートで興坪漁村へ行く、漓江遡りツアーに参加。1人RMB68(¥1,360)

人気ツアーで、頻繁に出港。
14時20分出発~。
P4051114.jpg


船内は全席指定席。
ガイドの説明があるけど、中国語のみ。
P4051117.jpg


船内の簡易キッチンで揚げたお魚を販売。
P4051134.jpg


P4051119 (2)


P4051123 (2)


P4051148 (2)


P4051126.jpg


P4051149 (2)


約30分で興坪漁村に到着。
P4051142.jpg


クリントン元大統領が訪れた村。
今では観光名所に。
P4051139.jpg


興坪漁村の滞在時間はたった15分!
14時20分に出港し、興坪鎮の船着場に戻って来たのは16時頃。
興坪漁村自体は行く価値ないけど、漓江遡りを楽しめました。
P4051145.jpg


雲南に引き続き、夜中またまた吐いてしまいました。
食べ過ぎか、屋台が原因。。。

明日は興坪鎮を去る日。
興坪鎮を起点にしたのは大正解でしたっ!

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム