FC2ブログ

天津姦旅3 ~B級グルメとお土産~

今回、天津へ行った理由は、観光地の事前調査。

しかし、いつの間にか食の調査に・・・笑


煎餅果子@五大道
1903年創業の老舗店。
中国の色んな地域で食べられるけど、天津が発祥。
IMG_5154.jpg


天津煎餅の特徴は、生地が緑豆。
生地を鉄板に乗せ、トンボで広げる。
IMG_5157_20170721213109049.jpg


卵を割り、黄身を潰して広げ、ネギを散らす。
IMG_5159_20170721213110c6a.jpg


裏返し、味噌だれを全体に塗る。
唐辛子味噌、油条(揚げパン)、薄脆(薄いパリパリの揚げパン)などをお好みで。
IMG_5162.jpg


天津煎餅(唐辛子味噌・薄脆入り)RMB12(¥240)
日本人女性なら、朝食やおやつでは、1個食べきれないくらいのボリューム。
北京の駅前の屋台でRMB6だから、これはかなりお高い!
IMG_5168.jpg


耳条眼炸糕@和平路 
天津三大名物の内の1つ、餡子入り揚げもち。
油っぽくなるので、揚げ立てが食べられるお店で!
IMG_5195_20170722110619733.jpg


1つRMB4(¥80)
中国の餡子は日本の餡子より甘くないので食べやすい。
北京でも食べられるんだけど、北京っ子にも非常に人気のあるスナック。
IMG_5303.jpg


麻花@和平路
天津三大名物の内の1つ、小麦粉生地をねじって揚げた素朴なお菓子。
和平路には、麻花店が点在。
皆、同名なのでどれが本物なのかかなりわかりにくい!
こちらが本店。
IMG_5201_20170722110807976.jpg


量り売りシステム。
プレーン、胡麻、栗、胡桃、ピーナッツ、サンザシなど様々な味。
ガチガチに硬いもの、サクっとしたもの、日本のかりんとうの様なもの、食感も様々。
とてもじゃないけど、1人で食べきれる大きさではありません。
IMG_5190_2017072211135225d.jpg
こちらの写真は、本店ではなく他店で撮影したもの。
本店には量り売りはありませんでした。


本店で小袋入りを1つ購入。RMB3.5(¥70)
味見したいだけなので3人でシェア。
これはドーナツのような食感でした。
IMG_5305_201707221105105c7.jpg


栗子小窝头@和平路
本店のスタッフが超お勧めしてくれた一品。
子包装の小さいサイズがあったのでまずはお試し。3個でRMB2.1(¥42)
栗を丸ごと包んだお饅頭を想像してたんだけど、栗ペーストと粉を捏ね合わせたもの。
粉っぽくて、美味しくない・・・。
箱買いしなくて良かったー!
IMG_5205_20170722110801d25.jpg


栗羊羹@和平路 RMB48(¥960)
日本土産にしたことがある友人曰くなかなか美味らしい。
羊羹好きの母へのお土産。
あまりかわいくないパンダだけど、中国っぽさが出て良いね!
IMG_5269_20170722110804708.jpg


麻花の本店↑のお隣に人気栗店、小宝栗子。
友人がこちらの殻付き栗を購入。RMB10(¥200)
ほんのり甘くホクホク食感。
ネットではRMB14.8+送料。
IMG_5352.jpg


崩豆張@南市食品街
崩豆張は、天津で最も有名な豆菓子メーカー。
IMG_5221_20170722110802a25.jpg


トマト、カレー、サテ―、ワサビ、イカ味など。
試食させていただき、イカ味を購入RMB8(¥160)
まさにイカピーナッツ。
ビールに合うこと間違いなし!
IMG_5311.jpg


食べることが好き、好き嫌いが無い、屋台や食堂やゲテモノが平気、お酒好き。

そんなメンバーとの小旅行は実に楽しいね~♪

スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム