陝西夫婦旅4 ~やかしっ!~

8月5日(土) 2日目

道教の聖地として仙人が住んだ華山。

花崗岩の険しい岩山が連なる標高2,154mの山。

西安市内から華山北駅まで高速鉄道(新幹線)でたったの1時間。

しかし、華山北駅から無駄に時間がかかるのでした。。

そして9時15分、全長4,211mの世界最長クラスのロープウェーに乗車。
P8051267.jpg


9時30分、西峰ロープウェイ乗降場に到着。

夏は気温40度以上になる西安。
下界はかなり暑かったけど、華山の日陰はヒンヤリ涼しいので救われました◎


2,000m級の険しい岩山だけど、アウトドアスタイルの人はほぼいません。
スカートだったり、サンダルだったり、ハンドバッグ持ってたり。
そんな私も思いっきり街歩きスタイルで挑みました。
P8051278.jpg


現地語、英語、日本語、韓国語で書かれた注意書き。
ネイティブ並みの日本語スピーカーがごまんといるんだから、ちゃんと訳してもらえば良いのに・・・。
日本にある外国語標識もかなりヤバいみたいだけど・・・笑
P8051331.jpg


人の手によって削られ、階段となった花崗岩。
P8051288.jpg


9時45分、西峰着。
P8051281.jpg


登山道の案内標識があるので迷うことはないんだけど、距離が書かれてないのが残念!
P8051292.jpg


10時30分、南峰着。
P8051298.jpg


中国では赤い布を巻いて祈願する風習があります。
日本でいえば絵馬的な。
南京錠もたくさんかけてあるけど、これは恋愛祈願かな。
RMB10(¥200)で売ってました。
P8051300_201708082131514c3.jpg


こちらは池にお金を投げて祈願。
P8051302.jpg


遠くの方にはさっきまでいた西峰が。
P8051299.jpg


華山には、道教のお寺が多数あります。
P8051306.jpg


道はかなり整備され、ゴミも落ちていません。
P8051312.jpg


11時、長空桟道着。
P8051323.jpg


P8051318.jpg


有料の鐘。
何でも商売になります。
P8051321.jpg


幅30㎝程の板の足場を命綱をつけて歩くアクティビティ。
3時間待ちだったので断念。
並んでるのは、ほぼ若者。
P8051326.jpg


11時半、東峰手前でランチ。
こんな風に休憩所があちこちにあります。
オーダーしてるのは私たちともう1組くらい。
その他大勢は、お菓子、バナナやリンゴなどのフルーツ、キュウリやトマトのお野菜を持ち込んで、ちゃっかり日傘の下でランチ。
オーダーしなくても誰も何も咎めない心の広~~~い国!
北京のカフェでもこの現象は起こります 笑
P8051346.jpg


西紅柿鶏蛋麺RMB38(¥760)
トマトと卵炒めヌードル。
キャベツ×人参の和え物とスープ付き。
夫とシェア。

山で食べるご飯、汗をかいた後に食べるご飯ってどんなものでも美味しく感じる!
しかし、史上最悪に美味しくなかったー!笑
おまけに虫や毛まで入ってたし。。
ココ、高級レストランじゃなくて山だし、言ったところでどうにもならないし、取って食べたけど・・・笑
P8051336.jpg
ダルくなるのに、ビール4本も飲んじゃった・・・汗
冷えてないビールを売ってるところもあったけど、ここのは冷えてました。
そして山なのに大瓶1本RMB20(¥400) 良心価格!
ちなみにお水は場所によって違うけど、500ml1本RMB8(¥160)~RMB15(¥300)くらい。


一杯ひっかけた直後にこの階段はキツかったー。
P8051332.jpg


そしたらなんと!
「ヤカシっ!」おじさん発見!!
見て!この足筋!
こんな重いモノを担いでるのに、手ぶらの観光客をどんどん追い越し、軽快な動き。
P8051337.jpg


12時30分、東峰着。
P8051363.jpg


午後になるとやはり雲が増えるね。
P8051353.jpg


こちらでも命綱をつけて度胸試しのアクティビティがありました。
空いていたので並んだけど、なかなか順番が回ってきません。
待ちきれない夫が列を離れた直後、私たちの順番が!
何度も携帯に電話したけど、電波が無い><
夫を探しに私も列を離れ、断念。。
1人RMB30(¥600)でした。
P8051366.jpg


夫を探しに行くと、大興奮で私の方へ歩いて来てるところでした。
「板の上を歩くアクティビティより、この奥にもっとすごいの発見したよ!」
いつ崩れ落ちるかわからない岩場での写真撮影。
速攻挑戦しました!笑
見栄えを良くするため、命綱は洋服の中に隠してつけてくれます。
やってみると意外と平気!
夫曰く、見てる方が恐怖!と。
女性チャレンジャーが多く、男性はあまりいません 笑
P8051372.jpg


その場でプリントアウト→ラミネート加工をしてくれます。
B4サイズで1枚RMB30(¥600)
P8051389.jpg


一見かなりハードな山に見えますが、この横には上り下りし易い階段があります 笑
駅やバス停付近で軍手売りがいますが、軍手は必要ありません。
北京のお家にあったので持って行ったけど、一度も使いませんでした。
P8051391.jpg


14時20分、五雲飯店着。
P8051398.jpg


書道と絵画の融合「花鳥字」がありました。
花や鳥を用いて描かれた文字。
色鮮やかでとても美しいアート。RMB10(¥200)P8051401.jpg


P8051405.jpg


P8051444.jpg


金鎖関と北峰の間にある、幅1mの断崖絶壁の道、蒼龍嶺。
P8051427.jpg


15時10分、北峰着。
P8051439.jpg


P8051434.jpg


15時20分、北峰ロープウェイ乗降場に到着。
ロープウェイに乗る手前で、グループ毎に記念撮影コーナー。
P8051442.jpg


15時50分、ロープウェイ出発。
片道1人RMB80(¥1,600)
P8051449.jpg


15時55分、北峰バス乗り場付近着。
ロープウェイを下りてすぐの所に手洗いコーナーが!
ロープウエイ乗車前に撮影してくれた写真をこのお隣で販売。1枚RMB20(¥400)
P8051456.jpg
華山でお手洗いの心配は必要ありません。
トイレットペーパーは置いてないけど、ちゃんと扉のついた(笑)お手洗いがあります。


お土産屋を通り過ぎ、華山入口行きのバスのチケット売り場。
北峰ロープウェイ乗り場→華山入口 片道1人RMB20(¥400)
P8051457.jpg


16時、バス出発。
P8051459.jpg


16時15分、華山チケット売り場に到着。
バスを下りてから、迂回させられます。
まずはフードコート。
P8051465.jpg


次にお土産屋がずらーり。
この後、ようやく華山北駅行きのバス乗り場へ行くことができます。
P8051467.jpg


16時35分、バス出発。
華山⇔華山北駅のバスは無料だけどACが無いので、めっちゃくちゃ暑い!

16時50分、華山北駅着。
北峰ロープウェイに乗車してからちょうど1時間。

華山北駅構内は小規模。
P8051475.jpg


西安北駅行きの高速鉄道。
17時16分、華山北駅発。
P8051480.jpg


17時55分、西安北駅着。
西安北駅から地下鉄に乗り換えてホテルへ。
西安北駅→鳳城五路駅RMB2(¥40)
P8051484.jpg


北大街駅のホテルに移動。
鳳城五路駅→北大街駅RMB3(¥60)
Ramada Xi'an Bell Tower(西安华美达兆瑞酒店)1泊¥6,584
P8051486.jpg




華山の感想は、、、

山なのに、人だらけ!

これだけ人の手が加わり、整備され、人々が押しかける山は、雄大さの欠片もない。。

まさに、テーマパーク。

大自然とはほど遠い。

中国国内に住んでたり、長期旅行中ならアリかもしれないけど、日本から華山の為だけにわざわざ行く価値は無いっ!



ブログなどで超危険な山!なんて書いてあるけど、ハッキリ言って超大袈裟!笑

登山道がかなり整備され、危険な山ではありません。

板の足場を歩くのは、絶対通らなければいけない道ではなく、ただのアクティビティ。



肝心の「ヤカシっ!」は、この地方の方言だということがわかりました。

「ヤカシっ!」をポーターから実際聞くことが出来なかったのがちょっと残念 笑



華山でかかった費用
華山入山料7,200
バス(華山麓→西峰)1,600
ロープウェイ(西峰)5,600
ランチ2,360
写真600
ロープウェイ(北峰)3,200
バス(北峰→華山麓)800
合計(2人分)¥21,360
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム