FC2ブログ

安徽夫婦旅2 ~仙人の住む山、黄山~

8月26日(土) 1日目

「黄山を見ずして、山を見たということなかれ」と言われたほどの名山へ。

週末を利用して弾丸ツアー。

金曜日、仕事終わりに北京→黄山行きのフライトは無し。

土曜日、朝一のフライトで出発~。

朝便は、遅延や欠航になることが少ないです。

北京6時35分→黄山8時50分。


黄山空港到着後、タクシーで黄山景区南大門へ。
RMB190(¥3,800)+高速代RMB30(¥600)
タクシー乗り場に料金表があるので安心。
P8262147.jpg


約1時間で黄山景区南大門に到着。

まずは、ロープウェイ乗り場までのバスチケットを購入。

ロープウェイは、玉屏索道(慈光閣)ロープウェイと、雲谷索道(雲谷寺)ロープウェイの2カ所。

バスチケット購入前に、どちらのロープウェイを利用するか決める必要があります。


黄山景区南大門→慈光閣 専用バス1人RMB19(¥380)
P8262150.jpg


慈光閣行きと、雲谷寺行きに分かれます。
P8262159.jpg


満席になり次第出発。
9時50分出発~。
P8262161.jpg


約20分で玉屏索道ロープウェイ乗り場(慈光閣)に到着。
今度は、黄山入山チケット1人RMB230(¥4,600)と、
ロープウェイチケット1人RMB90(¥1,800)を購入。
P8262164.jpg


なんと!
故宮と同じく、人数制限をしている!
黄山に入れる人数は1日5万人。
P8262167.jpg


そして、やっとロープウェイ乗り場。
華山と同じく、ロープウェイに乗るまでが長いよー><
10時25出発~。
P8262168.jpg


P8262176.jpg


霧の中を突き進む。
P8262189.jpg


断崖絶壁をスレスレ。
P8262185.jpg


約15分で玉屏索道に到着。
ココからは徒歩。
まずはホテルへ向かいます。
P8262196.jpg


海からの湿った空気で霧や雲が発生。
P8262194.jpg


P8262197.jpg


体力に自信が無い場合、篭屋サービスがあります。
P8262200.jpg


椅子に料金表を貼ってあるので、ボラれる心配無し。
意外と良心的な金額。
IMG_6854.jpg


人数制限する程、観光客いないじゃん!

なんて思ってたら~!!
P8262210.jpg


山へ来ているとは思えない。。
テーマパークだ。。
整備し過ぎ&これだけ人がいると、何もかも台無し。。
P8262201.jpg


11時、ロープウェイ下車後約20分でホテル着。
黄山玉屏楼賓館(Huangshan Yu Ping Lou Hotel)朝食込み1泊17,119円。
P8262207.jpg


お手紙と、
IMG_6874_201709222110028c1.jpg


箱の中には、クッキーが入っていました。
そんなに美味しいものじゃなかったけど、この心遣いがうれしいっ!
IMG_6876_20170922211003e6a.jpg


お部屋に荷物を置いて、外に出てみると、、、

人・人・人!!

ホテル前にヴューポイントがあります。

霧で何も見えないので、霧が無くなるまで、みんなココで待機してるらしい。。
P8262206.jpg


ランチ後、、、

霧だらけ、人だらけなので、ホテルでお昼寝。

18時頃、霧が消えたので行動開始。


黄山のシンボル迎客松。
ホテルの目の前にあります。
P8262218.jpg


黄山一高い峰、天都峰(1865m)へ行ってみることに。
最終ロープウェイ後なので、人がいなくて快適~!
P8262229.jpg


アップダウンが激しい~><
P8262230.jpg


天都峰の山にへばりつく、断崖を削ってできた階段。
P8262234.jpg


ホテルから天都峰の麓まで約30分。
P8262237.jpg


断崖絶壁に建つ我がホテルが見えました。
P8262244.jpg


1年の内200日以上が霧と雲で覆われる黄山。
P8262250.jpg


幸運なことに、夕焼けを見ることが出来ました。
P8262245.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム