FC2ブログ

四川夫婦旅11 ~旅路周辺の観光スポット~

9月15日(金) 8日目

甘孜から、中国で最も美しい集落に選ばれたことがある丹巴ヘ。

四姑娘山から甘孜へ行った時と同じ道のり。

行きは観光無しで一気に甘孜まで北上したので、帰りに観光を。

8時15分出発。

炉霍県の中心地。
海抜3,050m~5,484m。
P9120661.jpg


この辺もかなり特殊な雰囲気を醸し出していたけど、亜青の後に訪れるとココが至って普通に思えました。
P9151599.jpg


一般道に普通にマニ車がずらーっと。
P9151596.jpg


チベット柄と小振りサイズがかわいらしいマニ車。
P9151598.jpg


17世紀に創建された“寿霊寺(ダンゴゴンパ)”。
炉霍県一の僧院。
P9151563.jpg


本堂に集まる僧侶たち。
P9151573.jpg


お祈りに来た近所の住民。
P9151585.jpg


五体投地で祈りを捧げるおばあちゃん。
P9151572.jpg


女性は、三つ編みに紐をねじ込むヘアスタイル。
P9151584.jpg


寿霊寺は高台にあるので、炉霍の町を一望できます。
P9151567.jpg


山の斜面にへばりつくようにして人家が点在。
P9151578.jpg


車窓。
P9151609.jpg


大型トラックだけが、交通規制をかけられてました。
渋滞かと思ってめっちゃ焦った。。
P9151612.jpg


1356年建設の“然姑寺”。
P9151635.jpg


お寺の上には、巨大タルチョ(チベットの祈祷旗)。
P9151621.jpg


一般道から見るとこんな全体像。
P9151644.jpg


新しいタルチョーを作る僧侶たち。
P9151613.jpg


どこの寺院内にも必ず売店がありました。
薄暗さ、品揃え、汚さなど、まるで途上国の万屋。
P9151630.jpg


チベット仏教のゲルク派(黄教)の重要な僧院“恵遠寺”。
入り口に並ぶチョルテン(仏塔)。
P9151674.jpg


1792年、ダライラマ7世が建立。
ダライラマ7世は7年間ココに住んでいたんだそう。
P9151661.jpg


寺内。
P9151656.jpg


P9151668.jpg


小僧が生活してます。
P9151651.jpg


校舎。
P9151663.jpg


校内。
P9151664.jpg


P9151666.jpg


寮。
P9151653.jpg


ポイ捨てがかなり激しい!
ノンアルコールだけど、まさかのビールの空き缶まで!
P9151665.jpg


食堂。
P9151671.jpg


他のお寺と比べて随分立派な売店。
P9151669.jpg


清潔感もあります。
P9151677.jpg


なんと、アルコール入りのビールが!!
亜青では信者以外の飲酒もムリだったのに~。
P9151670.jpg


漢族に見える私が、ダライラマ14世の写真を撮ろうとしたら、僧侶に阻止されました。
後からやって来た漢族に見えない夫が、「日本人だよ。」と言うと、速攻許可が下りました。
やはり漢族のことは嫌悪感・・・。
北京では漢族に見られる日本人は得することしかないけど、少数民族エリアでは逆。。
P9151675.jpg


お手洗いのこの汚さ!
どうやったらここまで汚せるのか不思議。
P9151676.jpg


恵遠寺を後に、目的地の丹巴を再び目指します。
P9151696.jpg


行きも寄った“亜拉雪山展望台”。
この日も生憎のお天気・・・。
P9151700.jpg


キャンプ場がありました。
P9151701.jpg


ヤクの干し肉を車から売店へ素手で運ぶ女性。
P9151703.jpg


亜拉雪山展望台の麓に流れる川。
P9151705.jpg


川のほとりには天然温泉。
足湯は1人RMB5(¥100) 
スキニーを履いてたので、私は浸かれず。
夫が浸かってみたけど、激熱で1分ももたない・・・苦笑
P9151710.jpg


温泉卵。
P9151709.jpg


1つRMB3(¥60)
トロトロを期待してたのに、超固ゆで。。
P9151728.jpg


掘っ立て小屋に見えるけど、超人気温泉。
ひっきりなしにお客がやってきてました。
P9151706.jpg


個室なので水着不要。
1人RMB10(¥200)
お客が入れ替わるたび、新しいお湯を入れてくれます。
私たちは入浴しませんでしたが。。
P9151726.jpg


18時頃、丹巴のホテルに到着。

ランチを食べたり、観光地を廻りながら、甘孜から約10時間かかりました。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム