FC2ブログ

鎧塚シェフのデザートコース

2016年7月1日にオープンした鎧塚シェフの海外1号店。

アパートの隣にあるのに、オープンしてから1年以上経っての来店。。
IMG_9573.jpg


クッキー1袋560円・ジャム1瓶700円・焼き菓子1つ200円~
IMG_9575.jpg


ホールケーキは13cmで13,000円~
ショートケーキは1個1,500円~
IMG_9583.jpg


シュークリームが1個800円!笑
IMG_9585.jpg


↑のーキ類はお持ち帰り専用。
店内は、カウンター席のみで、デザートコースしか食べられません。
鎧塚シェフの愛弟子、南里シェフが常駐し、目の前で実演して下さいます。
IMG_9591_20171104160422129.jpg


メインのみ3,600円
メイン+ノンアルコール4,000円
スープ+前菜+メイン+アルコール6,000円
スープ+前菜2種+メイン+アルコール10,000円
IMG_9595_20171104160449c27.jpg


6,000円のコースをオーダー。
スープは、じゃが芋スープにピスタチオとカダイフ乗せ。
カダイフは、中東で食べられる小麦粉から作られる極細麺状の生地。
キプロスで食べたので記憶にあったー。
IMG_9597_20171104160450c8e.jpg


前菜は、どら焼き、洋ナシケーキ、ピスタチオアイス
こちらは「和」をイメージしているんだそう。
IMG_9605_20171104160453222.jpg


メインは、フォンダンショコラ、アップルタルト、ゴルゴンゾーラのパウンドケーキ、モンブラン、かぼちゃスフレ、マスカルポーネムースの6種類から選択。
フォンダンショコラとゴルゴンゾーラを迷って、フォンダンショコラに。
盛り付けが美しい~。
IMG_9613_2017110416052953c.jpg
友人は、ゴルゴンゾーラのパウンドケーキに。
こちらは、東京店にもあるみたい。


中からカシスとショコラのソースがどばー。
大人のお味。
アイスは、栗アイス。
IMG_9615_2017110416052982a.jpg
コースに含まれている飲み物は、赤・白ワイン・スパークリングワインの中から選べて、赤ワインに。
お会計6,600円(内サービス料10%)

「6,000円の味がしたか?」「再訪するか?」と聞かれたら、答えは「ノー」。

庶民の思い出作りですな・・・笑


めっちゃくちゃお天気の良い日で、ノースリでも店内は暑かったー。
相変わらず冬でもノースリ 笑

おかげでアイスは速攻溶けました 笑

これだけのお値段なので、材料は日本から空輸してるのかと思いきや、全て現地調達なんだそう。

ブランド料??


おフランスに住んだことがある南里シェフは、ペキソを大層気に入っているらしく意気投合!笑

この国は本当に住みやすい!ということを語り合いました 笑

おフランスや米国などの先進国に住んだことがある日本人からしても、この国は本当に住みやすいということをよーく耳にします。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外情報
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

隔世の感

 いつも楽しく拝読しています

 ¥800円のシュークリームですか!
 この値段で営業が成り立つ世界になったのですね

 私が新入社員のころ 外国人観光客が泊まれるホテルは
 3軒のみ。 前門飯店、友誼賓館、北京飯店だけ
 何処に泊まれるかは 北京空港到着時に 出迎えの
 ガイドさんから 神のお告げのように 聞きました

 新僑飯店は長期滞在者用
 貿易関係の会社さんは
 全部 ここと決まっていたようです

 凄い進歩を感じます
 

Re: 隔世の感

>夢見るセブン様

こんばんは。

いつもコメントありがとうございます!

ローカル富裕層相手の商売価格は恐ろしいことになっています。

夢見るセブンさんの新入社員の頃は、いつなんでしょう?←どさくさに紛れて聞いてみる 笑

外国人観光客のホテルが3軒って!驚
到着時に空港でホテルを知らされるって、テレビのバラエティ番組みたい><

急速な発展ですよね。
私は発展後しか知らないので、発展前を知っている夢見るセブンさんがうらやましいです!

私が住んでいたこれまでの国も、数十年後には大発展するのかな。
(ないな・・・笑)
自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム