FC2ブログ

重慶夫婦旅6 ~辣子肥腸が絶品~

1月3日(水) 5日目

ランチ

温泉

夕食

ホテル


重慶名物、エンドウ豆入りピリ辛ラーメンの名店へ。
12時前からこの賑わい~!
P1033223.jpg


紅油猪耳朵RMB5(¥100)
ミミガーのピリ辛和え。
座ると自動的にでてくる看板メニュー。
IMG_1852.jpg


重慶啤酒1本RMB7(¥140)
アルコール度数3.3%
IMG_1860.jpg


豌豆面RMB8(¥160)
こちらが重慶名物、エンドウ豆入りピリ辛ラーメン。
IMG_1856.jpg


豌豆朵醤面RMB10(¥200)
エンドウ豆と肉みそ入りラーメン。
こちらは辛くないスープで。
IMG_1874.jpg


紅焼肥腸面RMB12(¥240)
ピリ辛モツ煮ラーメン。
エンドウ豆入りよりも、やっぱりモツ煮入りの方がスキだわ。
IMG_1864.jpg


肥腸RMB12(¥240)
モツが美味しかったので、ビールのおつまみにラーメンのトッピングのみをオーダー。
こんなオーダーの仕方はしないので、「本当にこれで良いの?」って何度も確認されました 笑
IMG_1876.jpg
隣のテーブルのカップルと「どこから来たの?」なんておしゃべりをしました。

私たちより先にお店を後にする彼らがとった行動は・・・

なんと!!

私たちの分までお会計してくれたのー!

これで何度目だろう、たまたま居合わせた方が、ご馳走してくれるの。

私も母国で外国人に対してこんな粋な計らいをしよう!

中国に住んで、中国人に学んだことの内の一つです。


重慶、特にやることがない。。

お風呂嫌いだけど、温泉へ行ってみることに。。

重慶にはいくつか温泉があり、中心地から近い融汇温泉へ。

中国サイズの巨大温泉!一人RMB129(¥2,580)
P1033229.jpg


女子更衣室。
IMG_1938.jpg


お掃除が行き届いてます。
P1033232.jpg


水着必須。
めっっっちゃダサいけど水着売り場もありました。
私たちはホテルのジム用に水着を持って行っていたので、購入しないで済みました。
P1033231.jpg


室内温泉。
IMG_1932_20180309224322a2c.jpg


ワイン、コーヒー、ミルク、緑茶、ココナッツ、チョコレート、バラなどなどたくさんの温泉がありました。
IMG_1888.jpg


日本はクリスマス直後にお正月だから一気にお正月モードになるけど、
中国は2月の旧正月までクリスマスの飾りつけをしてることが多いです。
IMG_1914.jpg


砂風呂、岩盤浴、ドクターフィッシュなども。
IMG_1926_20180309224318b49.jpg


タオルは3回まで交換してくれます。
お水、ナツメ茶、ジンジャーティーなどのサービスも。
IMG_1912.jpg


美味しそうじゃない売店も。
IMG_1904.jpg


休憩所。
IMG_1952.jpg


サービスのお菓子。
左下は東南アジアなどでも食べられるライチに似たフルーツ龙眼。
IMG_1934_201803092243236ec.jpg


仮眠室。
有料でマッサージもありました。
プール感覚の温泉だったので、お風呂嫌いな私でも楽しむことができました。
IMG_1956_20180309224419c65.jpg


夕食は秘書と合流。
サービスの煎りエンドウ豆。
IMG_1974_20180309224422370.jpg


辣子肥腸RMB58(¥1,160)
辣子鶏のモツバージョン!
モツのから揚げを大量の唐辛子や花椒などと一緒に炒めたお料理。
これ、めっちゃくちゃ美味!
IMG_1978.jpg


仔姜蛙RMB48(¥960)
カエルの生姜山椒煮。
IMG_1982_201803092244133d1.jpg


青椒皮蛋RMB16(¥320)
ピータンとピーマン炒め。
IMG_1984.jpg


豌豆炝炒RMB12(¥240)
エンドウ豆の葉炒め。
IMG_1986.jpg


上から、
金蛋銀蛋RMB10(¥200) 卵を取り出して、もち米や卵などを詰めたもの。
鼻筋RMB20(¥400) 豚の鼻肉串。
五花肉RMB15(¥300) 豚バラ肉。
豚バラ肉は、脂身が多かったり質が良くないことが多いけど、ここのは素材もお味も◎
鼻肉や卵料理も感動レベルの美味しさ!
IMG_2001.jpg


烤脑花1つRMB15(¥300)
豚の脳みそピリ辛煮込み。
IMG_2007.jpg


青梅酒(梅酒)
IMG_2017.jpg


木瓜酒(パパイヤ酒)
芒果酒(マンゴー酒)
VERR2028.jpg


サービスのピーナッツ炒め。
IMG_2015.jpg
どれを食べても本当に美味で、もし北京にあったら頻繁に通っていたに違いない!

後半は、レストランのオーナーたちも一緒に宴会。

20代の4人の男女がオープンさせたお店。

中国は今、若者のパワーがすごい!


お酒も入り、1人のオーナーがぶっちゃけトークをしてくれました。

「私は日本が大キライだった。友人から日本旅行を誘われ日本に行ってみたら、自分が想像していた国・人たちではなかった。日本という国が人が大スキになった。」

中国に住んで感じたけど、日本人も中国人も同じなんだよね。
日本を訪れたことがない人や、日本人の友人がいない人に限って、日本のことを嫌ってる。
中国を訪れたことがない人や、中国人の友人がいない人に限って、中国のことを嫌ってる。

テレビやネットで見たり聞いたりしただけの情報で判断。
実際、訪れてみたり、接してみたりすると全く違うのに…。
メディアの影響力って本当に強い…。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム