FC2ブログ

バーレーン夫婦旅2 首都マナーマ散策~

4月8日(日)~12日(木) 4~8日目

アッサラーム アライクム

宿泊先のホテルはマナーマの中心地から離れた辺鄙な場所。
中心地のモールまでの送迎バスサービスがホテルにありました。
こんなところに宿泊する人たちはみんな車持ってるから、私たちの専用車に…笑
IMG_7583_20181212151134041.jpg


バーレーンは車社会なので、歩行者のことは全くもって考えられてません。
車は高速道路並みのスピードだし、中央分離帯があるから横切れないし、歩道橋もありません。
P4095133.jpg


そもそも歩行者もチャリもほぼいない…。
歩行者が利用する信号機は、押しボタン式。
アラビア語、英語、下部には出稼ぎ者用の言語を表記。
P4125376.jpg


バス停は屋根付き。
10年程前に行ったドバイのバス停にはACがついてたよー。
P4115364.jpg


セントラルマーケット。
ここで働く人もみーんな出稼ぎ者たち。
P4095172.jpg


マナーマの繁華街。
P4095182.jpg


P4095181.jpg


娼婦らしき女性とムスリム男性。
P4095203.jpg


1945年建設のバブアルバーレーン(門)。
以前は、政府庁舎と市街への門。
現在は、官公庁のオフィスに。
P4095184.jpg


携帯電話で写真撮影する21世紀のムスリム女性グループ。
P4095185.jpg


ムスリムと言えば、お茶文化。
お茶屋は男性陣の憩いの場。
P4095179.jpg


モスク。
P4095194.jpg


スーク(市場)。
P4095191.jpg


ここで働くのももちろん出稼ぎ者たち。
P4095198.jpg


昭和の香りがプンプン。
P4115337.jpg


スークでお買い物中の女性。
P4095199.jpg


男性も女性も非常に合理的な衣装。
肌を出すと痛いくらいの日差し。
砂漠の砂が舞ったり、超乾燥地帯なので、頭皮や髪の毛は隠した方が安全。
P4095200.jpg


幼少期からこの衣装。
P4095197.jpg


街のあちこちにどデカい王様の絵画。
P4115362.jpg


バーレーンと言えばF1。
P4125406.jpg


奇抜な建物がやたら多い。
P4125369.jpg


P4125371.jpg


P4125373.jpg

スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム