FC2ブログ

クウェート夫婦旅2 ~スークとモスク~

4月12日(木)~14日(土) 8~10日目

アッサラーム アライクム

クウェート中心に位置するスーク(市場)。
食品、日用品、工芸品等何でも揃います。
アーケード付きなので、暑さからほんの少しだけ解放されます。
P4125440.jpg


入ってすぐの両替ストリートは、パレスチナ人が切り盛り。
P4125445.jpg


クリーナーはインド人。
P4125447.jpg


種類豊富なフルーツ。
P4125461.jpg


お魚も豊富。
P4125464.jpg


アラビアンアート?
P4125472.jpg


日没後のスーク。
P4135568.jpg


P4135579.jpg


アルコール無しで長時間も男だけで何を話すことがあるんだろう…。
P4135580.jpg


絨毯屋はTHEアラブ~。
P4135566.jpg


途上国などでよく見かけるフレーム店。
様々な大きさや色やデザインをオーダーできます。
P4135595.jpg


アラブの富豪とインド人のポーター。
P4135598.jpg


あまりにも見所がないクウェート。
建造物や宗教施設に全くもって興味がない私たちがモスクへ。。
P4135564.jpg


そして、モスクツアーなんかに参加しちゃったよ。
平日の夕方、モスクを案内していただける無料ツアー。
P4125490.jpg


1986年に開業した一度に一万人収容できるクウェートいちのグランドモスク。
P4135549.jpg


モスクに到着すると、セキュリティーが待合室まで案内してくれました。
P4135562.jpg


ツアー開始時間を待ってる間、お茶やお水のサービス。
IMG_7979_20190113155811ef0.jpg


非イスラムの女性も、アバヤと髪の毛を隠すスカーフが必須。
無料レンタルがありました。

女性スタッフに個室に連れて行かれ、服の上からアバヤを着せてくれました。
イスラム教徒の格好をした、明らかに出稼ぎ者のスタッフ…笑

国籍を聞いてみると、なんとネパール人!
ネパール人がムスリム??
聞いてみると、ムスリムの格好をしているヒンディー教徒でした 笑
神聖な場所でアリなの?笑


ガイド、イギリス人カップル、私たちでツアー開始。
世界中から集まった子どもたちがムスリムについてお勉強中。
P4135513.jpg
最終日の試験の賞金は700万円!
過去に日本人ムスリムも賞金を獲得したらしい。


1日5回のお祈り。
足腰鍛えられそう。。
P4135544.jpg
エジプトからお勉強にやって来た姉妹に遭遇。
大大大の日本ファンらしく、写真撮影をお願いされました。
一緒にツアーに参加してたイギリス人よりも、日本人を選ぶという 笑
英語が話せて、顔が超小さくて、色白のかわいい姉妹でした。


ツアーは2時間弱。
イギリス人カップルと私たちだけの少人数のツアーだったので、ガイドに色々質問できて退屈せず過ごせました。

が、最後の最後に、、、

「寄付をお願いします。」と。。。

なるほどね、待合室でお茶などのサービスしてくれるわけだ!笑


スークに戻って、大繁盛の食堂で夕食。
P4125453.jpg


自家製窯で焼いてくれるアラブパン。
P4125456.jpg


カメラを向けると喜ぶスタッフ。
P4125459.jpg


コックもウェイターもみーんな男性。
P4135586.jpg


Hamoor Broth KWD2.5(¥900)
ハタ科の白身魚(クエ)カレー。
IMG_8011.jpg


Fried Zebaidi KWD4(1,440)
クロアジモドキのフライ。
IMG_7994_20190113155811692.jpg


セットで出てくるサラダはこんなに大量!
IMG_7992.jpg
お会計KWD5.5(¥1,980)
もちろんお酒は無しっ!

スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム