FC2ブログ

レバノン夫婦旅1 ~中東のスイスへ~

4月19日(木) 15日目

ボンジュール

中東一の富裕国カタールから、内戦続きのレバノンへ。

2017年6月、カタールが近隣諸国から国交断行され、フライトも無くなりました。
その為、今回の中東4カ国をスムーズに移動することが出来ず、効率の悪いスケジュールになってしまいました。
幸い、カタールからレバノン行きのフライトはあったけど、サウジ上空は通らせてもらえないので迂回ルート。。

レバノンのビザは、入国審査と同時に無料で取得できます。
「ココは地方空港!?」と勘違いしてしまう程、首都の国際空港は小さくめっちゃ廃れた状態。
同じ中東、同じ小国でも、石油が採れるバーレーンやカタールと比べ、ここまで歴然の差が出るとは。。


迷彩服を着てライフルを持った軍隊が、空港や街中をパトロール。
P4266966.jpg


ベイルートから120km離れた村、ブシャーレへ。
レバノン北西部の内陸に位置し、標高は1,450m。

空港からブシャーレ行きの公共交通機関はありません。
レバノン市内のバスターミナルはややこしいことに3カ所に分かれてます。
ブシャーレ方面のバスはダウラバスターミナル発着。

空港からダウラバスターミナルはタクシーで。
タクシーは交渉制。

しばらく走ると、バスターミナルがどこにあるかなんて120%知ってるはずなのに、ドライバーがわからない振りをし、彷徨い始めました。
(運賃をセビる作戦)

これ以上このタクシーに乗っていてもムダ!
タクシーを降り、海沿いの大通りまで出て、ブシャーレ方面のバスを拾うことに。

タクシーの交渉額はLBP40,000(¥2,800)だったけど、目的地まで連れて行ってくれなかったので LBP23,000(¥1,610)だけお支払い。
入国早々、とんでもないヤツに当たってしまったわ!怒


ブシャーレまでの直行便は1時間に1本しかないとのこと。
レバノン第2の街トリポリ行きのバスが何本もあったのでとりあえず乗り込みました。

海沿いの大通り→トリポリ1人LBP3,000(¥210)
P4196169.jpg
バスの乗客は「ボンジュール!」とフランス語で挨拶をしながら乗車します。
イスラム教徒が70%、キリスト教徒が30%のレバノン。
キリスト教徒は欧米や日本と同じようなファッションを、イスラム教徒でもスキニーを履き体のラインが出るようなファッション。
アルコールの制限も他のアラブ諸国と比べると緩いし、ファッションに関しても緩いみたい。


バスは激しくノロノロ運転!
途上国のバスって、どこでも乗降りし放題の場合が多く、至る所でお客を拾ったり降ろしたりします。
レバノンのバスは、うっかりお客を通り過ごしてしまったら、バックしてまでお客を拾いに戻ります 笑
1時間で到着するところ2時間もかかり、11時トリポリ着。

トリポリ到着後、ブシャーレ行きのバスに乗り込みました。
トリポリは過去にテロなどがあり治安がよろしくないので、長居したくない場所。
トリポリ→ブシャーレ1人LBP5,000(¥350)


しばらく走るとこの景色!
P4196185.jpg


レバノン北西部に広がるカディーシャ渓谷。
P4196190.jpg


山並みに民家や教会や修道院が点在。
P4196197.jpg


P4196203.jpg


リンゴやオリーブや松の木が生い茂っています。
P4196206.jpg


P4196214.jpg


建物の色に統一感があってステキな景観。
P4196216.jpg


ブシャーレの街並み。
P4196219.jpg


P4196220.jpg


12時半、ブシャーレに到着。
トリポリから1時間、空港からはトータル3時間半の道のりでした。


ホテルは、Chbat Hotel。
エコノミーツインルーム朝食無し1泊13,664円。
P4196223.jpg


お部屋からの景色。
P4196234.jpg


P4196240.jpg


P4206306.jpg


P4206307.jpg


レバノン山脈に積もる雪。
P4206311.jpg


ブランコや屋外プールもありました。
せっかくプール付きのホテルを選んだけど、寒すぎて泳げるレベルではありませんでした 涙
P4196230.jpg


P4196249.jpg


夕焼けに照らされるブシャーレ村。
P4216534.jpg

スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
6カ国目(夫は7カ国目)の駐在生活スタート。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア→オセアニア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム