ベネズエラ夫婦旅2 ~シウダーボリーバルの街並み~

10月5日 旅に出て19日目

オッラー

シウダーボリーバルのお宿は“Posada Angostura”
朝食付き一泊BsF1,125(¥3,375)AC・ファン・水シャワー・TV・WiFi不可。
こんなにオシャレでこのお値段!
PA060899.jpg


PA060896.jpg


IMG_2850.jpg
疲れていたので少し良いところに泊まろうということで、最初隣にある同じ系列の格上のホテルに行ったのですが満室のためこちらになりました。


外出するのは怖かったのですが、ツアーの予約等しなければ。
恐る恐る外出してみると、結構平気でした。
バスの乗客情報は大袈裟だったのか、それとも運が良かっただけなのか…。


タクシーは、アメ車の超ポンコツが多く、オシャレな音楽を大音量で響かせながら走っています。
途上国ではドライバーの好みで音楽をかけている車が多いけれど、特にアジアはわけのわかんない曲が多く、決して私好みの曲ではなく(笑)、「音止めてくれない?」ということが多いけれど、
ベネズエラのドライバーのセンスは◎
もし、日本のタクシーが音楽をかけて良い社会なら、日本のタクシードライバーはどんな音楽をかけるんだろう?


カラフルな家がズラリ。
IMG_3347.jpg


ブラジルのサンルイスと同じくこちらも坂の町。
PA060906.jpg


近所のゲストハウス内にあるバー。
IMG_2881.jpg


我がお宿もオシャレですが、他の建物もオシャレ。
ベネズエラって建物のセンスが良いのかな?

どの家もグリルの数がすごいのなんの。
普通のグリルしか今まであまり見たことがなかったのですが、ベネズエラのグリルは色んなデザインがあります。
オシャレなグリルをつけることによって、少しでも気分を晴らすことができそう。

よっぽど危険なのか、ホテルの入口にまでグリルがあり、常にロックしています。
ベルを鳴らすと、中の人が開けてくれるようになっています。

ベネズエラは世界一美女が多いと聞いたことがありますが、そんなことを言ってるのはどこのどなたですかー!?笑
田舎だからかもしれないけど、残念ながら美女には遭遇できませんでした。


“オリノコ川”に面した町。川イルカもいました。
PA060909.jpg


パーンパーンパーン
音が鳴った瞬間、二人して音の方角を確認し、咄嗟に私をかばった夫。
ただの花火だったのですが、銃声に聞こえた私たち…。
過去に住んでた国で銃撃戦に巻き込まれた私たちはいまだにこの手の音が鳴ると反応してしまいます。
なんてたってここベネズエラだし…。


屋台で食べたこちらのホットドッグがすごく美味しい!
具は、ソーセージ、玉ねぎやキャベツをみじん切りにしたもの、チーズやポテチを細かくしたもの。
ケチャップ、マスタード、マヨネーズがかかっています。一つBsF25(¥75)
IMG_3352.jpg


屋台は大繁盛。
IMG_3353.jpg


エンジェルフォールのツアーの申し込みへ。
ガイドブックに載っているツアー会社を探すも見つからず、たまたま通りかかった“Conexion Tours”へ。
(後日談)私たちが探していたツアー会社のオーナーは、銃で撃たれて亡くなられたそうです。
IMG_2853.jpg
こちらも扉は鉄製で、インターフォンを鳴らすとカギを開けてくれるようになっています。
オフィス兼ゲストハウス。
ここでツアーの申し込みをすると、朝食込で無料で宿泊できます。


エンジェルフォールへ行くにはツアーに参加しなければなりません。
3泊4日のツアーで、一人$255(¥25,500)
オプションで遊覧飛行をすることに。一人$170(¥17,000)
私は普段からとことん値切り倒すのですが、夫は自分が納得のいく金額だとそれ以上値切らない人。
言い値で納得したらしく、一切値切らず決めてしまいました。
値切ればもっと安くなるはず。

お次は、いざエンジェルフォール!世界遺産カナイマ国立公園へ。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム