パタゴニア(チリ側)夫婦旅4 ~急遽一時帰国~

一時帰国し、富士山へ。
PC016448.jpg

なんてねっ。

富士山にそっくりの山がチリのプエルトモンにあります。
今日はそのツアーに参加。
ブラジルのボニートという町の美しい川巡り以来。
久々のツアーです。



11月30日 旅に出て75日目

オッラー

韓国製の車で11時出発。
スタートが遅めです。
その理由は後程。
総勢10名。メンバーは、私たち以外全員チリ人。
ドライバー兼ガイドのおっちゃんはマイクを付けひたすら説明をしています。
が、私たちはちんぷんかんぷん。
PB306405.jpg


まずは、プエルトモン市街を一望できるビューポイントに。
天気悪っ!
PB306401.jpg


お次は、『プエルトバラス』という高級リゾート地で30分散策。
PC016407.jpg


ご当地特産品の土曜市開催中。
PC016408.jpg


お次は“ジャンキウエ湖”へ行き、ボートで遊覧。
ボート代はツアー代金に含まれておらず、乗るかどうかは選択できます。一人CLP1,500(¥300)

こんな森の中を走って行った先には、
PC016425.jpg


“カルブーコ火山”登場。
PC016424.jpg


この時期なのか、たまたま滞在した4日間がこんな天気だったのかどうかわかりませんが、
午前中は曇りがちな天気で、午後はピッカーンと晴れ間が続きます。
そのため、ツアーのスタート時間が遅いのではないかと思います。


ボート遊覧後、レストランへ向かう途中に、チリ富士(オソルノ山)どーん!
PC016481.jpg


も一つどーん!!
PC016485.jpg


ツアーに参加する際は、必ず左側の座席をゲットしましょう◎

リャマかわいっ!
PC016461.jpg


リャマもチリ富士を眺めまーす。
PC016465.jpg


15時、ようやくランチタイム~。
一人CLP9,000(¥1,800)。(飲み物代別)
こちらもツアー代金には含まれておらず、選択制。
高いため、私たち以外のツアー参加者は全員食べないと言うではありませんか!!
10人中8人が食べないランチってどうよ…苦笑

メインはビーフ・チキン・ポーク・サーモンの中から選べます。
サラダはブッフェ形式で食べ放題。
サーモンとポークをチョイス。なかなかのお味。
レストランはチリ富士が眺められる絶好の立地。
IMG_5128.jpg


この辺りの絶景を見ながらの国境を越えることもできますが、結構値が張るルートらしいです。


1時間チリ富士を眺めながのランチタイムを終えるとお次は国立公園へ。
こちらもツアー代金には含まれておらず、園内に入るかどうかは選べます。入場料一人CLP1,500(¥300)
PC016488.jpg



こちらからもばっちりチリ富士が見えます。チリ富士に手が届きそう!
PC016516.jpg


雪解け水が、とてもキレイな青色。
PC016512.jpg


お次は、ボートに乗って“トドスロスサントス湖”を遊覧。
こちらもツアー代金には含まれておらず、乗るかどうかを選べます。ボート代一人CLP2,500(¥500)
PC016584.jpg


またまたチリ富士どーーん!!
PC016573.jpg


PC016575.jpg


最後に、“ラーゴベルデ(緑湖)”へ行きましたがいまいち。
PC016594.jpg


プエルトモン市内に戻ってきたのは20時半。
盛りだくさんのこのツアー、一人CLP10,000(¥2,000)ポッキリ!

余分にボート代等1,000円、ランチ代に2,000円かかっちゃいますが、かなりお得なツアーかと思います。
場所が離れているし遠いので自力で行くよりもツアーに参加するのがベスト!
バスターミナルの旅行代理店で申し込みをしました。


夕日に染まるプエルトモンの街。
PC016622.jpg

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム