パタゴニア(チリ側)夫婦旅21 ~パタゴニアの火遊び~

12月21日 旅に出て96日目

オッラー

ホテルの近辺を散策しているとこんな看板を見つけた。
IMG_5873.jpg

え!??

こんな小さな町にナイトクラブがあるとは!!

路地を曲がるともう一軒別のナイトクラブが。
更にその先にももう一軒。
よくよく周りを見渡すとその周辺には10軒以上の夜のお店が。

なんじゃこりゃ~~~!

ナイトライフとは全く無縁の町の様に見えるが、実は夜は違った一面を持っているのかもしれない。
夜遊び好きの私の好奇心が揺さぶられた。
これは行くしかない!!

まだ昼間だったので、夜改めて出直すことに。

そして夜9時。
パタゴニアの夜は長いため、まだ外は明るいがナイトクラブのドアをノックした。

コンコンコン

すると中から、アフリカ系のいかにも水商売っぽい服装をした女性が現れた。

「オッラー」
夫が挨拶をして建物に一歩踏み入れた。

満面の笑みで迎え入れるアフリカ系の女性。

夫に続いて私も中に。

すると突然女性の顔つきが変わった…。

一瞬戸惑った顔を見せた後、スペイン語で何か言っている。
何を言ってるかは正確には分からなかったが、私を指して、
「セニョリータ(未婚女性)は入店できない。」と言っているようだ。

間髪入れず、
「これはセニョリータじゃなくて、俺のセニョーラ(既婚女性)だ。」
と夫が説明をしたが、

「セニョーラもダメだ。」
と言い返された…。

男の遊び場であるため、女性は入店禁止らしい。

それでも粘っていると、中からママが出てきた。
どうしても女性は入店をさせてもらえないらしい。
ガクっっ...

しょうがなくそのお店を後にした。


だがしかしBut、このままお宿に帰る気にもなれなかったので、別のお店に行くことに。
IMG_5881.jpg
ナイトクラブと看板に書いてるお店は、女性は入れてもらえない可能性が高いので、バーの様なお店のドアをノックしてみることに。だが看板の写真はナイトクラブと変わらない。

コンコンコン

今度は中からポン引きの様な男が現れた。

「ビールを飲みたい。」とポン引き男に言うと、
あっさりと中に入れてくれた。


IMG_5885.jpg


お店の中にはいかにもそれらしい女性が10名程。
そのうち何人かは男たちのテーブルについていた。

ビールを2杯注文し、しばらく様子を見ることに。

どうやらここも客は男性ばかりのようだ。
お店自体くたびれているが、男性客もくたびれた奴が多い…。
この町に来た時、やけに酔っぱらいが多い気がしたが、こういう所で飲んでいたんだな。

お店の奥には別室がある。
話がまとまれば客はその部屋に入って行くんだろう。

充分人間ウォッチングを楽しみ、このお店を後にした。

しかし、まだ外は薄明るい。この町の夜の世界がどんな感じなのかまだまだこの目で見てみたい。
次のお店へ行ってみることに。
IMG_5897.jpg

コンコンコン

今度はアミアミのワンピースを着たアフリカ系の女性が扉を開けてくれた。

アミアミの下は、下着だけ。
露出度が半端なく高い…。

入ってみると更にビックリ。

何じゃこりゃ~!!!
IMG_5896.jpg

どうやらデブ専のお店の様だ。

まだ客が入ってない店内は女の子同士が楽しそうに話をしている。

IMG_5893.jpg

どこの国にもデブ好きな男がいるということか。
しかし、我々を除いて客は2人しかいない。デブ専というより、場末のディスコに近い感じだ。。。
ここでもビールを2杯注文した。

さすがに、これだけでは満足いかない。
私の心のどこかで、とんでもないことが起こることを期待しているのかもしれない。

まだ、夜は始まったばかりだ(23時)。パタゴニアの夜は長い。もう一軒行ってみるしかないっしょ!!
IMG_5904.jpg

コンコンコン。

こちらもポン引き男が扉を開けてくれた。
夜の商売にどっぷり浸かっている顔をしている。

怪しい雰囲気の店内だが、こちらも多少酔いが回っている。ここまで来たら怖い物無しだ。


店内にはまあまあレベルの高い女の子たち。
だが客は一人もいない。

IMG_5907.jpg

飲み始めると、店内にいた女の子たち全員が奥の部屋へ入ってしまった。
なんかいや~な予感…。

しばらくして戻ってくるとハイテンションで5,6人が私たちを取り囲んだ。
全員がスペイン語で一斉にガヤガヤすごい勢いで話しかけてくる。
カウンターの中からは、眼つきの危ない男がこっちを凝視している。酔っぱらってはいるが、危機感を感じた。
これは怪しい。。。
どうやら、ここに座ってあげるからCLP60,000(¥12,000)でどう?と言ってるみたいだ。ここでは法外な値段である。ぼったくりバーか。。。

スペイン語がわからないからと、適当に返事したらマズイことになりそうだ。
この場は何とかしのぐしかない。

のらりくらりとかわしていると、マネージャーのおっさんが「もう止めろ。」と合図をした。その瞬間、彼女たちは私たちから離れて行った。こちらが全っく怯まなかったからおっさんのストップの合図が出たようだ。どうやら諦めてくれたらしい。。。ホっ。。。

こういう所では弱気な態度を見せてたら、一巻の終わり。
強気な態度が必要。
さすがにここでは落ち着いて飲むことができず、残ったビールを飲み干して足早に去ることにした。
昼間っから飲んでいてかなり酔っぱらっていたし、次の日は朝早くからツアーに参加する予定だったので、おとなしくホテルに戻った。



どのお店にも看板にはスタイル抜群のかわいい女の子の写真があるが、実際にその様な娘は一人も見かけなかった 笑
ただ、プンタアレナスの夜の世界を垣間見たような気がする。
興味がある人は是非覗いてみてほしい。

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム