ボリビア夫婦旅1 ~アタカマからウユニへ1日目 アルティプラノ疾走~

1月23日 旅に出て129日目

オッラー

大スキなチリにさよならをし、これからボリビアへ。
チリの『アタカマ』から、最終的にボリビアの『ウユニ』へ抜ける2泊3日のツアー。

数々の湖と野生動物に出会いながらアルティプラノを疾走します。

後になって分かったのですが、このツアーはコスパがかなり高いっ!!
様々な見所を訪れ、飽きることなく楽しませてくれます。
日本人にはあまり人気がないようですが、一押しのツアーです。


移動費、食事、宿代込み一人CLP80,000(¥16,000)
別料金を払えばまたアタカマまで送り帰してもらえますが、我が家はそのままボリビアへ。
“Nomade expediciones”
7 anos de experiencia en San Pedro Atacama
851158・09 77625719
www.sanpedrodeatacama.net
ガイドブックに載ってる旅行代理店ではCLP75,000でしたが英語が出来なかったので、上記の代理店で申し込みました。

持ち物は、、、
・飲み水
旅行代理店に大量に持って行くことを勧められますが、二人で5Lで十分でした。

・トイレットペーパー
1泊目のお宿はトイレットペーパーがありません。また途中の公共お手洗いではトイレットペーパーをもらえますが、かなり少ないです。

・ボリビアのお金
国立公園入園料等を途中で払うため、絶対に両替して行かなければなりません。両替え所はアタカマにたくさんあります。


8時30分、中型バスに乗ってチリのイミグレを目指します。
メンバーは、イギリス人1名、ウルグアイ人2名、オーストラリア人3名、チリ人2名、フランス人3名、ポルトガル人3名、日本人3名の総勢17名。
まさに多国籍軍!


セントロから15分程で、チリのイミグレに到着。
イミグレの係員が1名しかいなかったうえ、既に大勢の観光客で長蛇の列が!
出国手続きには40分かかりました。
IMG_7038.jpg


国境付近にそびえる“Volcan Licancabur(リカンカブール山)”高さ5,916m。
P1234153.jpg


1時間弱車で走るとボリビアのイミグレです。
IMG_7048.jpg


ここで朝食を済ませ、四駆に乗り換えます。
まさか朝食まで出るとは思ってもなかったのでみんな大喜び。
IMG_7055.jpg
私たちの四駆には、24歳のイギリス人女性、22歳のポルトガル3人娘、そして私たちの合計6名。
男性は夫一人だし、年齢差が…汗
他のグループもここまでは若くないけど若めで、私たちが最年長でした。
2泊3日かけて4,000~5,000mの未舗装道路をガタガタ走るので、体力がいる為かな?


四駆は荷台部分に座席を付け足し、ドライバー含め7人乗りに改造されてます。
このメンバー的に、助手席に一人参加のイギリス人でしょ、すぐ後ろの列は3人席なので当然ポル3人娘でしょ。
そして私たちは、一番後ろのせっまーーーい部分に。。。
男女比も年齢もメンバー構成的にも、かなりイケてないグループになっちゃいました。。
荷物は屋根の上なので、壊れ物などパッキングに注意!


少し走って国立公園入園料を払います。一人BOB150(¥2,250)
半券は翌日必要なので、無くさない様に!
お手洗いもありましたが、一人BOB3(¥45)

“Laguna Blanca(白い湖)”
白くはないですが(笑)、山々が湖面に映し出され、とってもキレイ!!
P1234157.jpg


P1234159.jpg


P1234166.jpg


P1234164.jpg


お次は、“Laguna Verde(緑の湖)”“Volcan Licancabur(リカンカブール山)”
湖の標高約4,300m。
P1244182.jpg


ビクーニャ!フラミンゴ!
P1244185.jpg


お次は“Aguas Termales de Polques(天然温泉)”水温35℃。
一人BOB2(¥30)
温泉の周辺はこんな絶景が広がってます!
P1244222.jpg


P1244227.jpg


P1244190.jpg
更衣室とお手洗い有り。


そして、お手洗いの建物は日本の援助で作られてました。
こんな所にまでっ。
P1244229.jpg


温泉ではしゃぎすぎたポル人一名、高山病でダウン。。
かわいそうに。。

次の瞬間、ドライバーが持っていたコカの葉をものすごい勢いでみんな必死に噛みました 笑
コカの葉を噛むと高山病にかかりにくくなります。
なんせ、このツアーは標高5,000mまで一気に駆け上がるのです。
IMG_7057_20140209032900261.jpg
進むにつれてメンバーが次々に高山病の症状を訴え始めました。
みんな美しい景色を前にして、ちょっと興奮気味だったしね。
私も軽い頭痛が。。。
車内の雰囲気もだんだん暗くなってきました。

そんな中、ドライバーともう一人だけ平然としている輩がいるではありませんか!!
その人物とは、、、

ツアー参加のぶっちぎりの最年長者、我が夫…苦笑

そういえば、温泉でも一人だけ長時間浸かってたけど(温泉は高山病を促進すると言われています)、憎たらしいほどあっけらかんとしています。

さすが、あの魔のドレーク海峡で船酔いしなかった、瀬戸内のトビウオ!!
こいつは不死身なのか!!?もしや異星人!??


お次は“Geyser Sol de Manana(間欠泉)”標高4,990m。
P1244241.jpg


P1244239.jpg


P1244238.jpg
この後、先ほどのポル人の高山病がさらに悪化…。
ついに吐いてしまいました。かなり危険な症状です。
が、4,000mを越える高所ではどうしようもありません。
アタカマに引き返すわけにもいかず、ひたすら耐える時間が続きました。


そして14時半、標高4,500mくらいの山小屋に到着。
P1244243.jpg


ご飯を食べるスペース。
P1244247.jpg


本日のお部屋。
標高が高いので朝晩冷えます。
P1244249.jpg
共同部屋しかありません><
おまけに、男女別に分かれるもんだと思ってましたが、グループ毎の部屋に…。
私たちのグループは、夫1人だけ男、残る5人は女性…笑
逆に隣のグループは、女性1人、男性4人というグループ…。
さすがにこの年で、赤の他人と同じ部屋で寝るのは抵抗が…涙
荷物も心配だし。。
どうしても、共同部屋がイヤな場合は、倍くらい払うと個室にすることも可能。
倍は痛いので諦めました。。


キッチン。
なかなかキレイにしていて逆にビックリ!
P1244251.jpg


お腹ペコペコ。ようやくランチにありつけました。
ウィンナー、チーズ、トマト、キュウリ、アボカド、マッシュポテト。
IMG_7059.jpg


ランチ後、お宿近くにある“Laguna Colorada(赤い湖)”へ。面積60k㎡。
ジェームズフラミンゴとチリフラミンゴの生息地。
P1244333.jpg


白っぽく点々と見えるのは全てフラミンゴ!
P1244343.jpg


P1244307.jpg


P1244299.jpg


リャマの親子!
P1244267.jpg


夕食の時間までグループでトランプをして遊びました。
日本にはないゲームも知れて、楽しかった!
夕食もグループ毎いただきます。
お皿だけ準備されていたので、みんなで何がでてくるか当てたんですが、私が見事正解!
スープとパスタでした。
IMG_7069.jpg


シャワーを浴びたければ、10分間でBOB10(¥150)
10分という張り紙があったにも関わらず、夫は「6分よ!」と言われたそうです 笑

とっても盛り沢山な一日でした!!

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
カウンター
検索フォーム