エクアドル夫婦旅17 ~赤道記念碑で怪しい大実験~

3月7日 旅に出て172日目

オッラー

今日は赤道記念碑へ。
スペイン語でエクアドルとは、「赤道」という意味。
北半球と南半球の境界がキトの北22キロの地点にあります。

夫の友人アレハンドロ宅にお世話になってるので、もちろんお車付き 笑
アレハンドロ宅から車で30分くらいで赤道記念碑に到着。入場料一人USD3

こちらがエクアドルの赤道記念碑。
敷地内にはレストラン、お土産屋や教会などがあり、観光客で賑わってました。
P3080165.jpg


そして、こちらが赤道のライン。
左が南半球、右が北半球。
18世紀、フランスのミッションが来た時、計測して決めた場所。
近年、GPSの開発によって赤道の地点からはズレてることが判明したらしい…。
P3080168.jpg
表側は人が多いけど裏側に行けば人が少なく、思う存分写真が撮れますよー。


赤道上では遠心力がないためモノが安定するんだとか。
卵が立つらしく、やってみると5秒くらいであっという間に立った!笑
ココ、赤道上じゃないんだけどなー笑
P3080182.jpg



実際の赤道は、この公園内とは別の所。
そちらへ行きたいのであれば、上記の記念碑へ行く必要はありません。
記念碑を一旦外に出て、左折したらこの看板があります。
P3080188.jpg


看板を更に左折すると、“赤道博物館”に到着。
P3080189.jpg


ここはGPSで計った正式な0度が通っているそう。
色んな実験をして証明してくれます。

が!!ここもGPSで計った0度ではない!と言われてるそうです。
(最初の記念碑、この博物館以外にもキトには赤道と言われてる所が数カ所あります。)


こちらの博物館ではガイドをつけたければ、一人USD4で色々と説明してもらえます。
前半は、アマゾン・キトゥス文明、プレインカ時代の紹介。
P3080198.jpg


“ZANZA”いう本物の干し首
P3080203.jpg


白いのは、サボテンに寄生する“コチニールカイガラムシ”。
天然着色料として、布の染色、食品や化粧品にも使われているものです。
P3080209.jpg


P3080210.jpg


こすると手が真っ赤に染まりました。
P3080211.jpg


お待ちかねの実験コーナーへ!
太陽カレンダー
P3080213.jpg


こちらにも卵コーナーがありました。
P3080226.jpg
卵の形とセンスの問題?


卵を立たせられた人には認定書が配られました。
IMG_9613.jpg


水が吸い込まれる際にできる渦はどうなるか。
赤道直下にシンクを置くと、渦が発生せず真下に流れ落ちる。
北半球へシンクを移動すると左周りの渦、南半球へシンクを移動すると右周りの渦になります。
P3080219.jpg
数メートルしかシンクを移動してないのに、違いが出るとは思えないんだけど…。
ガイドの実験の仕方もかなり胡散臭かった。


目を閉じて、線の上を真っ直ぐ歩けるかどうか。
赤道上では真っ直ぐ歩きにくくなるそうなんですが、、、
P3080191.jpg
あのー、目を閉じてたら、赤道上じゃなくても真っ直ぐ歩けないと思うんですけどー。


抵抗力の人体実験。
赤道上で親指と人差し指をくっつけてそれを引き離せるかどうか。
赤道から離れると力が入って指が離されることは無いけど、赤道上だと簡単に指が離れるらしい。
P3080232.jpg
ナゾ…。

1時間程ガイドが色々と説明してくれますが、説明の全てに関して、ほんまかいな~という疑念を抱きました。
だって、赤道から数メートル離れただけで重力とか遠心力とか抵抗力とかそんなに変わんないでしょ!
そもそも、この赤道も違うと言われてるしね…。

敷地を出た瞬間!!
私たち3人は口を揃えて「あれはなんか胡散臭い!!」と珍しく意気投合しました 笑

スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介

R

Author:R
5カ国目(夫は6カ国目)の駐在生活中。

これまでの駐在先は、(アフリカ)→アジア→アジア→アフリカ→アジア→アジア。
諸事情により、駐在国名や地名や店名などは敢えて伏せてます。

万一このブログを見つけてしまった友人・知人の皆様、ご一報を!笑

趣味は旅。過去の旅日記も追加していきたいと思います。

過去記事一覧

全ての記事を表示する

カテゴリ
新着記事
カウンター
検索フォーム